【付き合ってもすぐに別れる、別れてしまう】短期間で飽きる、冷める人必見のアドバイス

彼女よ恋

付き合っても、すぐに別れてしまう。

愛情が冷めてしまう。

付き合い始めたのにもう飽きてしまった。

等と恋人と付き合ったもの、すぐに別れてしまう悩みを持った人に向けて、ここでは実際に”恋人とすぐに別れる”悩みを持ったことのある経験者の体験談とアドバイスを紹介します。

1.付き合った途端、急に冷めて別れてしまう私

ある人を好きになり、夢中になっているときはドキドキして、とても楽しいのだけれど、念願叶っていざ付き合ってみると、その人に対して興味をなくしてしまう・・・。こんな経験、皆さんも一度はあるのではないでしょうか?

「恋愛は、付き合うまでが一番楽しい」という話を、いろんなところで良く耳にします。それは本当のことなのでしょうか?

わたしは昔から、飽きっぽい性格でした。そのせいか、恋愛に対しても熱しやすく冷めやすい傾向があるようです。ある人を好きだったのが、一か月もすると、また別の人に夢中になることが頻繁にありました。そんな私を見て友人は「心変わりしやすい」と言って笑いながらも非難してきましたが、そのことは私も十分承知していて、だからこそ苦しかったのです。

自分が片思いをしていた、初めの段階は良いのです。好きな人が自分に振り向いてくれるかわからないスリルがあり、そのときは恋愛を楽しむことができます。しかし、両想いになってみると、”この人じゃない”と思ってしまうのです。隣の芝生が青い、とはよく言ったもので、欲しいものが手に入るとまた別のものが欲しくなってしまう。もしかすると、自分はものすごく意地汚い性格なのかもしれない・・・と自己嫌悪に陥ったこともありました。

しかしある日、当時付き合っていた人と一緒にご飯を食べていた時のことです。

私はその恋人のことが好きでいた反面、また急に冷めてしまったらどうしようという不安も同時に抱えていました。そんなとき、相手が何気なく「君は最初思っていたイメージと全然違う人だったけれど、それはそれで楽しい」と言ってくれたのを聞いて、はっとしました。

恋愛とはそもそも、自分だけがドキドキして楽しむものではなく、お互いが歩み寄って、少しづつ育んでいくものだったのです。しかし今までの私は、恋人のいいところだけを見て満足し、自分の理想と少しでも違うところがあればすぐさま目を背けていたので、冷めやすかったのです。

もちろん相手の嫌な部分も見なければいけないこともあるでしょう。しかしそれはこちらだって同じことなのです。恋愛とは不完全な人間同士がお互いを尊重しなければならないものであり、自分だけが楽しめばいいという身勝手な考えを持っていた自分を反省しました。

それ以来、その恋人とは喧嘩も何回かしながらも、いまだに付き合うことができています。恋愛とは、以前の私が思っていたよりずっと難しいものではありましたが、それだけ奥の深い、人を幸せにしてくれるものだと気づくことが出来ました。

2.付き合ってもすぐに別れてしまう人は「本当に好きな人ができるまで我慢!」

私には、付き合うことが出来てもすぐに別れてしまう友人がいます。彼はイケメンなのですぐに付き合う所まではいくのですが、すぐに飽きてしまい気持ちが冷めて別れてしまうと私に相談してきました。

私は「本当に好きな人だと思えるまでは、付き合うのを我慢してみたら良いと思うよ」とアドバイスをしてみました。

そうアドバイスしたのは、彼はまだそんなに好きではない段階の時点で告白してしまっているように見えたからです。彼はイケメンで性格も良くて普通にしているだけで凄いモテる人なので、告白すれば今までは大体成功していました。そのために、少し好きな人が出来たらすぐに告白をしてしまい付き合って相手と少しでも合わないと別れを決断してしまっているのです。

私のアドバイスを受けてから彼は、本当に好きな人が出来るまで告白はしないと決めました。良いと感じた人がどういう性格なのか、相手の趣味や話し方など細かい部分まで友達として接しながらも深く観察するようになりました。そして、ある時彼は本当に好きだと思える人に出会うことが出来ました。

彼は勇気をもって告白をして、付き合うことになりました。彼は「今までした告白と今回の告白では全く緊張感が違った」と私に言ってきました。私は、初めてこんなに嬉しそうな彼を見ました。それからデートを何回も重ねているうちに、相手の嫌な部分も見えてきたそうです。しかし、そんな相手の嫌な部分もしっかり話し合い解決することが出来ました。

2人は、それから2年後に結婚することになりました。色々な喧嘩をしながらも話し合って解決していくことでより絆は深まり幸せに暮らしています。付き合っても長く続かないのは、付き合う前の段階で相手の事をほとんど知らないの事が原因の一つだと思います。そんな方は、付き合う前に好きになった人の事を良く知って相手の悪い所も受け入れられるようにすることが重要です。そうすれば、私の友人のように幸せな結婚が出来るでしょう。

3.しばらくすると冷めてしまう性格の人は「相手を一度見つめ直す」

私は、31歳女です。

私は自分から好きになった人ではないと付き合いたくないタイプなので、いつも私の方からアプローチや告白をしていました。

学生時代(中学生頃から)常に「恋」をしていたいし、その好きな人に対してアプローチすること、また友人と恋バナをしてキャーキャー盛り上がる事も大好きでした。そして何度振られても、数日後には立ち直ってまた次の恋を探します。

何度か気のない男性から好意を寄せて頂いた事もありましたが、いつも違う「好きな人」がいたので、断っていました。

そして、私の最大の問題点は、自分から猛アプローチをしてやっとお付合いできたとしても「すぐに気持ちが冷めてしまう」ことです。

すごく熱をあげていて素敵だと思っていた人も、憧れが強すぎた分、いざ身近になってしまうと「何か普通の人だ」と残念に思ったり、少しの嫌な言動や癖が目につくと「気持ち悪いかも…」とひいてしまうようになります。なので、お付き合いできたとしても、長くて1ヵ月もてば良い方でした。(そうやって中学生から大学卒業まで、お付合いできたのは6回でした)

自分でもこれは相手に失礼だし、何よりせっかく頑張って好きな人とお付合いできたのに気持ちが段々と落ちていくのが辛いと思うようになりました。

そうしていくうちに、段々好きな人ができて頑張ってアプローチして、もし付き合えたとしても「また自分の気持ちが冷めてしまうんじゃないか」と怖くなり、社会人になる頃には好きな人に気持ちが伝えられないようになり、恋をする事すら怖くなっていました。

そして20代前半から27歳頃まで彼氏ができず、今までとは全く違う日常を過ごしていました。そして27歳にもなると、まわりの友人や会社の先輩同期も結婚や出産時期を迎えだし、気持ちは焦る一方です。知り合いにも「一番先に結婚すると思ってた」と言われることも多く、苦笑い…。
合コンや婚活パーティに参加する事もありましたが、気持ちが前向きになれません。

28歳半ばで、友人に紹介してもらった人とお食事をする機会がありました。お相手の方はすごく素朴でよく言えば真面目、悪く言えば「少しつまらない人」でした。いままで自分が好きになったタイプの人とはかけ離れています。ただ、とても優しく誠実で一生懸命なので私も軽く後にひけず、そのまま何度かお食事やドライブに行くことも増えていきました。

そのうちに相手に告白され、お付き合いがスタートしました。

その事は自分やまわりも驚きで、本当に穏やかなスタート、そしてその穏やかなお付き合いも長く続きました。

その後30歳になって、その方と結婚をしました。31歳、いま新しい命を授かっています。

今までは先に理想だけが先走って気持ちが高ぶっていた分、身近に感じた時に理想とのギャップが激しすぎて冷めてしまっていたんだな、と最近になって気付きました。今の夫とは自然な気持ちのまま知り合い、良い所も悪い所も落ち着いた気持ちで知っていくことができたので、相手をきちんと見つめる事ができたのだと思います。

「しばらくすると冷めてしまう性格」の人へ。

誰でもやっぱりドラマや漫画みたいな素敵な恋はしたいです。でも、相手も自分と同じ「ひとりの人間」として一度落ち着いて見つめ直す事で、相手の悪い所も良い所も受け入れることができます。ぜひすぐに冷めてしまう「自分」や、理想ではない所がある「相手」を責めたり諦めたりせずに、相手を一度見つめ直し、素敵な所をたくさん探してみてください。

4.モテる女もすぐに別れる傾向がある

魅力的で周囲の視線を一気に強奪する、生まれながらのモテ女子っていますよね。私の友人がまさにその典型で、どこに行っても注目を浴びる。恋人と別れたと思ったらすぐ新恋人がいたりと人生順風満帆で、毎日楽しそうです。私からしたら毎日幸せそうでただただ羨ましいの一言に尽きます。そんな彼女ですが実は悩みの一つに、男を見る目が無いと言います。

魅力的ですから多くの異性が、興味を持ちますし誘ってきます。向こうは是非彼女にしたいと思い近づいてくるので、多少の誠実さアピールや自分は危険ではない風を装っているので本質が見抜けないようです。しかもこれまた悩みの一つが惚れやすいらしくそうやって来た相手をすぐ好きになってしまうようです。交際経験は少なくないどころか、豊富なのに異性と二人っきりですとかキュンとする出来事にめっぽう弱いと言います。Aさんと交際し始めますが、不満が出てきてBさんに相談します、そしてBさんといい感じになり乗り換えます。

ノンフィクションでこういうことがあるなんて、私は彼女に会うまで信じてませんでした。これって見方によっては軽い子なの?とも勘違いされそうですが、性格は本当にいい子なんです。一件一件の恋愛は本当に真剣だし毎回結婚意識してるらしいですし遊びじゃないんですよね。彼女が私に恋愛相談をする際は大体もう答えは決まっていて、あと一押しが欲しい時です。

私が彼女にいつも言ってる事は、いっぱい笑える道を選べば私も幸せだから頑張って、です。なんせ惚れやすいので相手を良く知らないまま好きになってあとで問題発覚で難有りな恋愛になるので、それがいつも心配なんですよね。周囲に反対される恋愛してた時もあるし、逆境がより盲目さを助長し危ないことに足突っ込みそうな時もありました。本気の軟禁生活レベルの束縛男とか、一日中一緒にいたいからが理由で会社辞める男とか…。結婚するなら入籍後は実家に一度さえも帰ってはいけないというしきたりがある家の長男とか、さすがにそんな時は私も応援できませんでした。本人は意図せずそうなってる時があるので無防備で危険な時は周囲が気遣い方向転換させてあげる必要もあると思います。

モテるがゆえにアプローチしてくる異性の母数が多いため、本当に自分が求めている相手に出会える確率が低いのが問題なのかな?と私も真面目に考えたことがあります。本当にいい子だし私と話してる時なんかあっけらかんとして、見た目だけじゃなく性格も可愛い子なので幸せになってほしいです。モテる子ならではの苦労もあると思うので、そういう時恋愛話で愚痴ったり息抜きできる場所を用意して上げれれば、彼女達からいい情報も貰えるかもしれませんね。

5.好きな人と付き合っても長く続かない人は「短所ばかり気にする」

誰しもが経験している恋の悩み。

中でも価値観のズレやすれ違いで互いに冷め、そのままお別れ…なんていう方は多いのではないでしょうか。

では、なぜそうなってしまうのか。答えは簡単です。

⇒自身に余裕がなく、相手を思いやる気持ちがなくなってしまうためです。

最初は『相手にもっと近づきたい』『相手のことをもっと知りたい』という気持ちが強く、思いやりの気持ちを持って接することができるのですが、いざ付き合ってみると『こんなはずじゃなかったのに…』『この人って、こんな一面があったの!?』と思わぬギャップに一気に冷めてしまうことがあります。

理想としては、自身と相性がピッタリの異性と出会うのが一番なのですが、100%相性ピッタリの人なんてなかなかいません。というより、まず出会えないでしょう。

皆さん、それぞれに長所、短所があるように考え方も十人十色なのです。周りの友人や知人の話を聞いていて思いますが、だいたい付き合ってもすぐに別れてしまうという人は【相手に求めるものが多すぎる】といった共通点があります。

自身の理想だったり、価値観を相手に押し付け、良い部分も悪い部分も受け入れていこうという姿勢がないのです。

それでは、うまくいくものもうまくいくわけがありません。

完璧な人間なんていないのです。

それまで幸せな日々を送り、時間を共有し合うことができていたのに、ほんの些細なことですれ違い、結局分かり合えないままお別れ…なんてことになるのは非常に勿体ないことであると思います。

相手の短所ばかりに目を向けず、良い部分に目を向けてみると考え方や付き合い方も変わってくるのではないかと思います。ですが、どうしても馬が合う合わないはあるので、相手の短所ばかりが気になってしまったり『一緒にいても楽しくない』という思いが強いのであれば自身のため、相手のためにもお別れをし、新たな出会いを求めるのはアリでしょう。

どのようなときでも、互いに思いやりの気持ちを持って接することができれば、よい関係を築き上げることができます。

一期一会。

出会いは大切にしていきたいものですね。

6.付き合っても他の異性に目移りしてすぐに別れてしまう

恋人ができてもすぐに他の異性に目移りしてしまい、結局短期間で別れてしまうという人はいませんか。

私の友人にもこのタイプが何人かいて、お付き合いはいつも数か月しか続かないことで悩んでいました。今回は友人達や私の経験談を元に、一人の人と長く付き合うための方法をご紹介しましょう。

まず、「何となく」つきあうのをやめてみませんか。

常に誰かと付き合っていたい恋愛依存症気味の人は恋人が途切れることを嫌い、そこまで好きでもない人ととりあえず付き合うこともあるようです。

でも、あまり気持ちが乗らないままだと結局その人のことを愛することができず他の異性に目移りしてしまいますし、そもそもそのような態度では相手にも失礼です。

一人の友人は「自分を好きになってくれた人の告白を断るのは相手に悪いな」と思ってしまうお人好しなタイプでした。とはいえ、あまり好きでもない人と付き合ってもうまくいかないことが多かったので、逆に気乗りしない時は断る方が優しさなのだと気づいたと言っていました。

また、最初は相思相愛でラブラブだったのに段々恋人のことが鼻につくようになり、結果として他の異性に走ってしまうというパターンもよくあります。これは、色々な面で恋人に期待し過ぎるから起こることだと思います。

「素敵なプレゼントが欲しい」「毎日褒めてほしい」「いつも完璧でいてほしい」など自分のことは棚に上げて恋人に対して過剰に要求していませんか。

このように、期待するから裏切られた時にガッカリしてしまうのです。

反対に、恋人に期待し過ぎることをやめてみたり、素直に「こうしてくれたら嬉しいな」と自分の希望をパートナーに伝えたりすることで二人の関係も改善しいつまでもラブラブでいられるようになるはずです。

さらに、減点法ではなく加点法で恋人を見るようにしてみることをおすすめします。

「してくれなかったこと」を数えるのではなく、「してくれたこと」に焦点を当ててみましょう。年上の友人にこのようにアドバイスされてから私も実践しているのですが、考え方を変えるだけで恋人への感謝の気持ちが強くなり、日々どんどん愛情が深まるように感じています。だから、どんなに魅力的な異性に会っても、今のところ目移りすることはありません。

7.やっと付き合えたのになんか冷めちゃうのはナゼ?

31歳男性です。好きな子のことが頭に浮かぶと勉強も仕事も上の空、ついついあの子のことばっかり考えてしまってはただただ時間が過ぎていく…恋する男性なら誰でも経験のあることかと思います。

気になるあの子に積極的にアプローチし、やっとの思いで連絡先を聞き出し、バッチリ服装を決めて行先もきっちりシュミレーションしつくしたデートを何度か重ねてようやくあの子をゲット!そんな夢のような気分を味わうのもほんの束の間、彼女ができるって決してお花畑のような素敵なことばかりではないということに多くの男子が気が付くのではないでしょうか。

そう、付き合う前と付き合ってからって根本的に別なんですよね。

恋をしているときはその子のやることなすこと全てを好意的に受け取ってしまうし、向こうも好かれたい一心で完璧な鎧を身にまとっているため、次第にギャップが現れ始め、こんなはずじゃなかったのに…という違和感を感じ始めて徐々に冷めていっちゃうんですよね。すっぴんも好きになった顔とは全然違うし、性格もあのおしとやかさはどこへやら…現実を思い知らされ、付き合うことが億劫になってしまうこともあるでしょう。

でも、せっかく実った恋をそこで捨ててしまうのは非常にもったいないので、一度発想の転換をしてみることをおススメします。

彼女の嫌なところや、見たくない部分が見えるというのは喜ばしいことだと考えてみましょう。付き合う前は、良い部分を見つける度に嬉しくなっていったことかと思いますが、付き合ってからはその逆だと考えてみましょう。彼女の素顔や本性を知ることができるというのは、2人の恋が確実に成長していっている証です。それだけ貴方のことを信頼し、全てをさらけ出してくれているということを素直に喜びましょう。

他の男たちが知らない彼女を自分だけが知っているという悦びは男として格別なものです。恋が少し冷めてきたなと感じた時は、共通の友人と会うなどして、外行きの彼女と本来の彼女のギャップを楽しみ、一つの刺激とするのも効果的です。

8.付き合ってもすぐに終わる、別れる人の特徴

せっかく好きな人と付き合えたのに、なぜかいつも長く続かない…なんてことありませんか?

付き合ったのに短い関係で終わってしまうのは悲しいですよね。

そこで、1週間~3か月程度で終わってしまいやすい恋愛の特徴をご紹介します。

①自分の素が出せない

いくら相手のことを素敵だな、と思えたとしても、素の自分が出せない相手と長くお付き合いすることは難しいです。

緊張しすぎて相手とうまく話せなかったり、素の自分を出したら嫌われるかも…なんて考えて、いつも素敵な自分を演じていたら、デートのたびに疲れてしまいます。
また、相手もあなたがなかなか心を開いてくれないことをなんとなく感づいてしまうでしょう。

恋愛は二人でいろいろなことを分かち合って、信頼し合うことが大切だと思います。本当に心から思っていることを話せる相手、素の自分を出せる相手とお付き合いした方が、いい関係が築けますよ。

②生活のリズムが全く合わない

せっかくお付き合いしても、生活のリズムが全く合わない相手だと、お付き合いが終わってしまう可能性が高いです。

近くに住んでいるのに仕事の都合などでデートになかなか行けなかったり、またメールや電話などの連絡も取れない相手だと、付き合っている意味がわからなくなってしまいますよね。

お付き合いする相手は、なるべく生活のリズムが似たような相手の方が、関係を深めやすいですよ。

③別の好きな人を忘れるために付き合う

元恋人を忘れられない時や、彼女や彼氏のいる人を好きになってしまったときに、忘れるために別の人と付き合う人がいます。

このようなタイプの人たちは、中には恋愛関係が長く続く人もいますが、ほとんどの場合は長く続きません。

付き合った後に、元恋人や気になっていた人から連絡が来たら、今付き合っているひとよりももともと好きだった方を優先してしまう可能性が高いです。誰かを忘れるために利用するのではなく、本当に、この人と付き合いたい、と思える人と付き合うようにしましょう。

これらの要因だけではなく、お付き合いしたらお互いのことを思いやる気持ちを忘れないことが大切です。二人で素敵な関係を築きましょう。

9.恋愛を長く続けず、必ず別れてしまう人の対策方法

恋愛自体は何回もしているのに長続きしないという人がいます。最初のうちには相手のメリットばかりが目につくのですが、そのうちに相手のデメリットばかりが目につくのです。そして最終的には別れてしまいます。恋愛の期間も数ヶ月といった感じです。

容姿にもある程度自信があり、ある程度才能があるので社会的にも自立している状態です。ですから、特別に異性にすがる必要もないわけです。むしろ自分の時間の方が楽しくて仕方がないという傾向です。それはそれで楽しい人生かもしれません。

ですが、その女性はやはり恋愛がしたい、結婚したいと願っています。なのに、数ヶ月で急に相手に会うのが嫌になってくるわけです。こういった状況というのはなかなか改善することは難しいかもしれません。相手に対する理想像がまず高すぎるという欠点がありますし、まだまだ自分は若いと思っているのです。

そして過去のトラウマから脱却していないという面も持ち合わせています。異性との付き合いは長続きしないということは、異性とのトラブルが自分の中で消化されていないということです。根本的にその部分を改善していかないと、結果的に新たなパートナーに出会ったとしてもまた長続きせずに終わってしまいます。

まずは自分の過去を見つめ直し、自分のことに関するトラウマを自分で癒してあげることが必要です。例えばこういったタイプの人は、異性を信頼してたのに裏切られたというような嫌な過去を持っている場合が多いのです。それが身近な相手であればあるほどに傷ついてしまうものです。

ですが、世の中そのような異性ばかりではありません。数ヶ月という期間内で本当に相手のことを知ることができるでしょうか。もっとよく相手のことを知ることも必要ですし、過去のトラウマと重ねすぎないことも必要なのです。

こういった人は自意識過剰に見られていることが多いのですが、臆病になりすぎてしまい、もうこのまま今の恋愛を継続することができないと思い破綻してしまうのです。このような場合には、自分の過去を清算し、新たな視点で異性を見ていくこと重要です。

10.付き合う人の将来の目標が自分の将来の目標と同じほうが長く続く!

お付き合いをする人というのは、やはりその付き合う人の将来の目標が自分の将来の目標と同じほうが上手く行くと思います。

私は今まで複数の男性とお付き合いをしてきましたが、一番長く続いた男性はその付き合っていた将来の目標と、私の将来の目標が同じ方向で家柄も同じような感じの方でした。

私はどちらかと言うと飽きっぽい性格で、男性との付き合いは長くても1年くらいしか続いたことがありませんでした。でも最近までお付き合いしてきた男性は、約2年間続きました。

その男性は、60代を過ぎている母親と実家で二人で暮らしていて、男性はその自分の母親に食事を作って貰ったり洗濯物を洗って貰ったり掃除をして貰ったりしていました。

そして私もその男性と同じように、60代を過ぎている父親と実家で二人で暮らしていて、私は父親の食事をたまに作ったり洗濯物を洗ったり掃除をしたりして、家事手伝いをしていました。

私はその約2年間続いた男性とは、やはり家柄が同じような感じでこれから自分の親を世話していかないといけないという状況が同じだったので、私はその男性と出会ったのは運命なのかもしれない!と思うくらい、私はその男性に惹かれていって心も通じ合うことが出来ているような感じがしました。

やはり、付き合う人の将来の目標が自分の将来の目標と同じ方が、お互いに心を通じ合わせながら協力して日々生きて行けるのでとても良いことだと思います。

逆に、付き合う人の将来の目標が自分の将来の目標と全く違っていると、付き合う人とこれからも長く上手く付き合っていくというのは難しいと思います。

10代や20代前半の若者が恋愛する時は、「その時楽しければいいや!」という気持ちでいてもまだ若くて出会いも沢山あると思うので良いですか、20代後半以降になってくると段々と若さも失われていって出会いも少なくなっていくものなので、お付き合いをする人はなるべく将来の目標が同じ人を選んで付き合った方が良いです。

世界には何億人もの人達が暮していますが、自分の将来の目標と同じ目標を持った人で自分の好みにあった人と出会うのはなかなか難しいです。

でも「自分の将来の目標と同じ目標を持った人と出会いたい!」と自分に毎日聞かせて意識をしたり行動をしていれば、自然と出会える可能性も出てくると思います。

今付き合っている人が居なくてこれから長く付き合える人を探している人は、付き合う人の将来の目標が自分の将来の目標と同じ人を見つけて付き合うと良いと思います。

11.彼氏と付き合っても長続きしない私に訪れた転機

これは私が20代前半の頃の話です。この頃の私には悩みがありました。それは男性と付き合っても長続きしないということです。

顔立ちが整っている方ではないのですが、おしゃれやメイクが好きで小綺麗にしている方だったことや、男女関係なく話が出来て友人が多いタイプだったこと等から、正直半年以上彼氏がいなかったことはありませんでした。しかし、その時は本当に好きだと思ってお付き合いするのですが、付き合っているうちに少しでも嫌な面を見ると急速に冷めてしまいました。

一度冷めてしまうともうどうすることも出来ず、あっという間に別れを告げてしまっていました。そんな私に転機が訪れたのは25歳の時でした。

職場の同期と付き合い始めたのですが、彼は今まで付き合った人とは違っていました。今までの人は好きなところも嫌いなところもあるという感じだったのですが、彼に対しては嫌いなところもあるけれどそれも含めて好きという感じでした。

今までの人だったらすぐに幻滅していたような面を見ても可愛いと感じていました。自分でもそのように感じたことは初めてだったのでとても驚きました。それからも順調にお付き合いを続け、今では夫婦になりました。

この経験からアドバイス出来ることは、本当に好きな人であれば恋愛は長続きするということです。

振り返ってみれば彼と付き合うまでは相手から強めにアプローチされたり、何となく流れで付き合ったりと自分から「好き」と思って付き合ったことはありませんでした。きっと本当の「好き」ではなかったのでなかなか続かなかったんだと思います。

彼と付き合うことで初めて本当の「好き」を知りました。私の中で本当の「好き」はその人の一部を好きになるのではなく、その人の存在全てを好きになることです。

なかなか恋愛が続かないと悩んでいる方は、相手の一部が好きなのか、全てひっくるめて好きなのか自問自答してみてください。きっと本当に好きな人に出会えたら自然と恋愛関係は続いていくと思います。

関連記事:

彼氏、彼女に飽きた!恋人との倦怠期が来た時の乗り越え方や対処方法

長く付き合っている恋人(彼氏彼女)が好きかどうか分からないから別れた結果

【彼氏と長く続かない原因と特徴】いつも振られる、振られてばかりの女性必見の体験談