【彼氏の家族に好かれて、仲良くなる方法】彼の父親・母親が嫌いな人も必見!

彼氏よ恋

「彼氏の親と会わないといけない。好かれるためにはどうすれば良いの?」

「距離感が分からない…仲良くなれるかな?」

「むしろすでに苦手、というか私とは合わない」

等、彼氏の両親と会うことで発生する悩みはたくさんあるでしょう。

そこで、ここではそんな悩みを解決する経験者たちのアドバイスを紹介します。

彼氏の父親・母親のことが”嫌い!合わない!”と感じても、上手い付き合いをしていた方が絶対に良いですよ!

1.彼の親と合わない時の付き合い方

自分の彼氏とは相性抜群だけど、彼の親とはなかなか気持ちがマッチしないなんてことは今の時代でもよくあることでしょうし、それがネックになって、彼と別れようと思っている人もたくさんいます。

そんな方に向けた、彼の親と合わない時の付き合い方についてご紹介しましょう。

①あまり親とはかかわらない

一番良い方法というか、簡単な方法というか、すぐにできることは、彼の親とは近づかないということでしょう。そうすれば、彼の親から嫌味なことを言われる心配もなければ、こちら側としても気を使う必要はないので、ずっと安泰していられますが、親交は深められないというデメリットがあることも忘れないでください。特に彼の親とどうこうなりたいというのでなければ、それで問題ないはずです。

②あえてタメ語で接する

何度か彼の親と会った際に、あまり良い印象を与えられなかったという場合、あえてタメ語を使ってみましょう。「うん、そうなの?」など、まずは愛の手でタメ語を使ってみると、お互いに心の距離が明らかに近づくのでおすすめです。これは、彼の親だけでなく、親友の親などにやっても必ずと言ってよいほど、親側はあなたに対して心を開いてくるので、すごく使える方法です。

ただ、あまりにもフランクになりすぎてしまうと、「何なの、この子」といった感じなるので、そうならないように気をつけましょう。

③お土産攻撃

彼との旅行でもそうですが、自分が単独でどこかに行ったとか、家族旅行や友達との旅行へ行った際に、彼へのおみやげとは別に、彼の家族への思いや下を買ってくるということを忘れないようにしましょう。
これをしてあげるだけで親世代としては「できる子だな」と思ってくれますから、旅行などのたびにそれをしてあげると、あなたの評価も徐々にアップしていくはずです。

彼の家族との仲がいまいちという方はこんな風に徐々にステップを踏んで、彼の家族と近づいていくようにしましょう。

2.タメ語が仲良くなる秘訣!?

彼の家族と結婚を前提としていなくても、付き合うことがあると思います。

そんな時はどういう対応をすれば良いのでしょうか?

ここでは、彼の家族に好かれ、仲良くする方法をご紹介したいと思います。

皆さんは彼の家族に対して”特に結婚していませんから”と1歩引いてしまうことがありませんか。そうなると、もちろん、しゃべり方は終始「敬語」というのがほとんどかと思います。ですが、敬語で彼の家族と話してしまうと、それなりの距離感ができてしまうと自分自身でも感じてしまうと思います。

そのため、私は『自然にタメ語を用いる』ことをおすすめします。もちろん友達感覚で話すタメ語とは違います!

「お母さん、お久しぶり♪疲れてませんか?」と、最初のうちは敬語とタメ語をうまくミックスして使いましょう。そして、慣れてきた所で、「お母さん、大丈夫?」、「疲れてない?」などと、まるで家族の一員のような話し方をするのです。

こうすることで、心の距離も一気に彼の家族と近づくことができます。敬語を使われていたら、自分としても「なんか距離があるな、なんでこんなに敬語を使われなきゃいけないのだろう」と、思う人は少なくありません。だからこそ、こうしてうまくタメ語というよりも、家族のような自然な言葉を使うことで、人も「味方」として相手にしてくれる傾向があります。しかし、最初から、馴れ馴れしい感じでタメ語を話すのは悪い印象を持たれるので、”徐々に相手との雰囲気を読みながら、家族用のタメ語を駆使して、距離を詰めていきましょう”。

これを貫き通せば、すぐに相手はあなたを家族として、もしくはその仲間として受け入れてくれるので、話し方というのは重要なポイントです。

ちょっとハイソな感じの家庭が相手であっても、この言葉遣いを通すようにしましょう。それだけではなく、最低限の食事マナーや気遣いを身に着けておけば彼の家族に気に入られます。

「基本」さえ押さえておけば、一族から気に入られますし、ちょっとくらい言葉遣いが悪くても、家族の中に入っていけるので、「家族の食事マナーや習慣」について、以前に彼から聞いておくと、より受け入れられやすくなります。

3.彼氏の親との接し方

彼氏と付き合っていて、彼氏の親と会うという時、これを新たな恋愛ステップだと感じる方は多いと思います。

ここでは彼氏の親に気に入られる方法をご紹介します。

①あえて敬語は使いません!

彼の親、もちろん会うのが初めてであれば緊張して自然と敬語になるでしょうし、目上の人ですから、敬語を使うのは当然です。しかし、そこを敬語ではなく、あえてタメ語を使うのです。

こうすることで、お互いに距離が縮まりますし、親としても「ああ、私って接しやすい親なのかな」と、気分をよくすることがあるからです。ただ、100%タメ語ではなく、ある程度敬語を混ぜて話すのがポイントで、「うん、そうした方がいいですよね」などと話しましょう。私もそうした結果、気さくな子だと思われたのか、彼のお母さんはよく私と2人で話をしたそうにしていました。

②お手伝いは買い物をメインに

これは人によって異なりますが、例えば、あなたは料理をしている時に誰かに手伝ってほしいでしょうか。私の場合は、あまり邪魔をされたくないので、手伝ってほしくありません。

そんな私の考えから、もちろん、彼の親が何かを作っていたら「何かお手伝いすることはありますか?」と聞きますが、無い場合は、「わかったあ、何か足りないものがあったら言ってください、買いに行くよ」というのです。

そうすることで、お互いリラックスできる時間ができるのと邪魔にならないので、手伝いをする必要がない場合はそうしましょう。

③お土産は彼に聞かない!

そして、お土産を彼の親にもって行くでしょうが、親の好みはあえて聞かないようにしましょう。

そうすることで、「私はあのお店のが好き」なんて言われかねません。だったら、自分の親は彼の親と同じ世代ということが多いので、自分の親におすすめのお土産を聞いて渡した方が無難で、「こんなのもあったわね」と私の場合は言われたので好印象です。

彼の親に気に入られたい!そんな人は、こんな風な対処をとってみると、すぐに距離が縮まりますよ。

4.彼の母親と仲良くできない私は彼氏と別れたが・・・

これは私が24歳彼氏が23歳、彼の両親は離婚していて、母親だけでさらに彼は一人っ子でした。

その彼の母親をどうしても私は好きにはなれずに、とても悩んだときの話です。彼の母親は、保険会社で働いていて、私はとても尊敬していました。ですが、彼の家にお泊りに行った時に、彼が母親に「おやすみ。」と問いかけると、「あぁ、びっくりしたよ!!このくそがきが!!」と言ったのを聞いて、あ、そういう言葉を普通に自然と使ってしまうのだなぁ。とすごく驚きました。

そして、それを言われた彼は、「いつものことやから・・・」と私に言ったのです。私は、とてもさみしいというのでしょうか、なんとも言えない気持ちになりました。彼の心を思うと、とても胸がしめつけられました。いつもそんな悲しい言葉を言われているの??と。

それからのわたしはなんだか彼のお母さんが怖くて仕方ありませんでした。遊びに行くと、こんにちは、とあいさつは交わしますがそれ以上に仲良くなりたいとか、良く思われたいとかそういう感情がなくなってしまいました。

それがいつしか、結婚を考えた時に、この人と身内になるのが嫌だ、と拒絶反応を示すようになっていきました。

それからは、彼は好きだけど、彼のお母さんがなぁ・・・と考え込むようになりました。彼とはすごく考え方とか価値観が合って、結婚したら幸せになれたと思います。ですが、どうしても彼のお母さんが好きになれずに、とうとう私は彼とは別れてしまいました。

今思うと、もっと彼のお母さんを知ればよかったなぁと後悔しています。彼のお母さんの一面を知ったにすぎないのに、彼のお母さんはこういう人間なんだ・・・と勝手に決めつけて、苦手意識ばかりが働いてしまって、自分でダメにしてしまっていました。なので、彼のお母さんとか、お父さんとか、両親、兄弟と上手くいかない、と言う人はもっともっと自分から進んで歩み寄って、もっと知ってから、決断をくだしても良いのかな、と思います。

関連記事:

恋愛結婚したければ打算的に考え、相手を選び、両親に挨拶をさせる

彼氏の両親(父親、母親)に挨拶に行き問題発生!考え方、家庭環境の違い