【恋人との宗教の違い】彼女は仏教徒、彼氏はキリスト教徒・クリスチャン

彼女よ恋

宗教による生活スタイルの違いを乗り越えた私の体験談を紹介します。

恋愛している男女が抱える悩みもいろいろあると思いますが、中でも一番大きく葛藤するのは【生活スタイルの違い】という事ではないでしょうか。それまで20~30年近く別々の生活を送ってきた二人ですので、それぞれの生活スタイルは既に確立されているはずです。今更それを相手に合わせようとすると、あるいは相手を自分のスタイルに合わせようとすると無理が生じてくることもあるでしょう。

20代半ばに私は現在の妻と出会いました。職場の同僚だったのです。そして付き合い始めたのですが、彼女と私ではいろいろな面で生活スタイルが違いました。中でも一番大きな問題は【宗教の違い】でした。彼女はクリスチャン、私は仏教徒ですので事あるごとに対立していました。仕事休みの日曜日にデートに誘っても、彼女はデートよりも教会の日曜礼拝を優先しました。たとえデートに行くにしても、デート場所の事で揉めました。私は各地の神社仏閣を巡ることが好きなのですが、彼女は宗教の違いを主張してそのような場所へは絶対に出かけようとはしませんでしたので、私にとっては不満でした。

その他の些細な違いはいろいろ噴出していました。食事にしても彼女は洋食を好み、私は和食。きれい好きな私に対して彼女は少々部屋が汚れていても平気でした。私も彼女もそれぞれに違った家庭環境で育ってきましたので、いまさらその生活スタイルを変える事には無理があったのだと思います。

そのような問題をどう乗り越えたかというと、とにかくお互いに【相手の領域には踏み込まない】という事でした。彼女の教会行きに対して私は何も文句を言うまいと決め、彼女も私がひとりで神社仏閣へ行くことには反対はしませんでした。何も恋愛しているからといって、これから家庭を持つからといって、ふたりが同じ生活スタイルでなければならない、という必要性はないのです。無理に相手に合わす必要も、相手を自分の思い通りにする必要もないのです。

お互いに相手の事を思うなら相手の好きなようにさせてあげる、その事が恋愛が成功する秘訣なのではないでしょうか。彼女と結婚してから20数年がたちますが、私たちはいまだに幸せに暮らしています。