【恋人と時間や予定が合わない】彼氏彼女とすれ違い、会える時間がないときの対処方法

彼女よ恋

学生のときに付き合い始めたカップルがそのままお互い社会人になった時や、職種を変えた時によく起きる問題。

「会える時間が合わなくて、すれ違う」

休みの日が合わなかったり、勤務時間が合わないことから、恋人と会えないという問題が生じます。

“デートできないし、寂しい”

“こんなんで付き合ってるって言えるの?”

“もう嫌だー!!”

と悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、そのような彼氏・彼女と会える時間が合わないという悩みを抱えたことのある経験者の体験談とアドバイスを紹介します。

1.恋愛中にすれ違いで会う時間がとれない場合の対処法

私も経験したんですが、大学生の頃、朝から昼は学業、夜は夜中までバイト、後は寝るだけという生活を繰り返している時期があり、その間も恋愛はしていたものの、彼女に会えないのが辛いと言われたことがありました。

社会人であっても学生であっても、同じように会える時間をとれないとか、お互いすれ違いで恋愛中なのに会えない寂しさや辛さを味わっている人も多いはずです。

まず、私が当時行った解決法なんですが、思い切って活動拠点を彼女の一人暮らしの家にしてしまいました。

私の環境の場合は彼女が一人暮らしをしていたこと、そして学校やバイト先が彼女の家からでも通える距離だったこともあって、転がり込んでしまいました。生活サイクルは変わらないものの、彼女と顔を合わせる機会は増えましたし、自分が寝ているだけという状態でも近くにいるというだけで彼女も安堵したり、嬉しく思ってくれたようです。

私のように運が良い環境であることは少ないでしょうが、出来ることなら思い切って同棲か半同棲という環境にしてしまうことで、会えないという悩みからは開放されるはずです。

その手段がとれない場合には、とにかく少しでも会う機会を増やすことです。これも一応私の経験になるんですが、極端な話、五分しか会う時間がないという場合でも会う機会を設けると、会いたいと嘆く相手なら間違いなく喜んでくれます。会う時間よりもなによりも、会いたいと思ってくれたことや会ってくれたという気持ちが相手に響き、好感度をぐっと押し上げることも出来る上に、会いたいという希望も叶えることができます。

これは友人に聞いた話になりますが、遠距離恋愛の場合でも短い時間であろうと会える機会ができることは嬉しさもひとしおだということですし、少しでも寂しいと思う気持ちを癒やしていくことは長期的にみても有効のようで、友人の遠距離恋愛は長く続き、最終的に結婚というゴールまで行き着いたので、短い時間でも会い、少しでも会う回数を増やすというのは大事な要素なのです。

もしもすれ違いで困っている場合は時間を気にせずとにかく会う機会を増やして、少しでも二人の時間を確保していくということを心掛けていくべきだと思います。

2.社会人のすれ違い生活が恋愛を難しくさせるけど、コミュニケーションは大切に!

私は平日勤務のOL、彼は土日が忙しい居酒屋の店長さんでした。学生時代から付き合っていたので彼氏と毎日会うというのが当たり前の生活をしていましたが、就職を機にすれ違う生活が増えていきました。

私の空き時間は平日夜と土日、彼の空き時間は平日昼間とお店が終わった後だったので、会える日数が限られていました。メールや電話は頻繁にしていましたが、学生の頃のように会いたくなっていきなり約束をするという事が出来なくなり寂しい思いをする事が多くなりました。特に、周りの友達や同僚が仕事終わりに彼氏とデートの約束をしていたり、土日に旅行へ行く話を聞くたびにどうして私は彼と会えないのだろうと切なくなっていました。

かといって、会えないのは彼が悪いわけではありません。生活をする為に働くのは当たり前だし、やりたい事を一生懸命している彼を応援したい気持ちはあったので、すれ違って寂しいという気持ちは伝える事なく押さえていました。多分彼の方も同じ気持ちでいてくれたので、どんなに遅い時間でもメールで帰ってきた報告をしてくれたし、私もメールに気づいてお疲れ様メールを送って毎日コミュニケーションをとる努力はしていました。

連絡はとれても会えるタイミングは難しかったです。彼の平日休みの日に有給を取ったり、残業がないように仕事をして定時退社でデートしたり、時には彼の仕事終わりを待って翌日仕事があるのに睡眠を削りながら会ったりして体調を崩さない程度に時間を作っていたと思います。
結局その彼とは別れてしまいましたが、理由は別の部分だったのですれ違いが悪かったわけではありません。

とにかく学生時代から付き合っている人が社会人になると会える時間が少なくなるのは間違いないです。ましてや職種が違うともっと会う事が難しくなります。大切な事は相手も頑張っているんだから会えない事を寂しがるより会えた日にどれだけ楽しむかだと思います。自分を犠牲にしても相手の為に頑張った恋愛はいい思い出として残っていくのかなって感じました。

3.なかなか会えない彼氏や彼女と予定を合わせる方法

せっかくお付き合いできることになっても、仕事やプライベートでなかなか時間が合わせられないということがありますよね。お互いにやりたいことがあると、デートをする時間を確保できなくて寂しい思いをすることもあるかと思います。

私の場合、彼氏とは仕事の休日が異なり、なかなか会えないことが多いです。そんな時に、私が彼氏とどうやって予定を合わせているかという方法についてお話しします。

まず一つ目には、スケジュールアプリをお互いに共有するということです。

今はスマホのアプリで複数の人のスケジュールを一括管理できるものがあります。そこに仕事の休みの日とか、帰りが早い日などを入力しておいて、予定が合いそうだったらお互いに連絡するようにします。また、泊りがけの仕事が遅くまでになりそうだということがあらかじめ分かっている時もスケジュールに書き込んでおきます。

そういう時は、連絡がなかなかつかなくても「忙しいからだ」ということがわかり、私も不安になることがなくなりました。お互いに忙しくてもスケジュールを把握しているだけで安心できます。時間がありそうな時に連絡をするので、忙しいかもしれないと思ってデートに誘えない、ということもなくなります。

二つ目には、デートの予定を先に入れてしまうということです。

例えば私たちは、月に1日は丸一日デートをすること、月末は一緒にご飯を食べに行くことの2点を前もって決めていました。お互いにやりたいことがあっても、その日だけは最初に確保することで、デートをする時間が取れないということがなくなります。月に1日のデートのために、2〜3週間前から、来月はいつデートをするかを話し合います。

各自で仕事の休みを取ることもありますし、早めに切り上げられるようにあらかじめ仕事を調整することもあります。また、職場で「月末だけは早く帰ります」と宣言して、周りの人にも協力を仰ぐのも良いと思います。私も早めに帰ります宣言をしたことで、月末は早く帰るキャラが確立して、うまくいきました。

いかがでしたでしょうか。多忙なカップルでもうまく予定を合わせてデートを楽しんでくださいね。

4.お互い忙しくて会う時間が取れなくすれ違うことが多くて不安な時「気持ちを伝える」

長年片思いをしていた彼とお付き合いができることになりました。すごくうれしかったのですが、お互い仕事がとても忙しく住んでいるところもそこまで近くなかったので、せっかくお付き合いがスタートしたのになかなかデートができませんでした。

最初は覚悟もしていましたしきっと私たちなら大丈夫と思っていたのですが、会えない日が続くとさすがに不安になってきました。このまま自然消滅してしまったらどうしようと不安になることも多くありました。電話はしていたのですが、やはり直接会わないと相手の表情も見えませんし、ちょっと言い方が冷たいだけで怒っているのかな、と不安な気持ちになることはしょっちゅうでした。

そのせいでお互いぎくしゃくしたり冷たい態度をとってしまったりすることもありました。頻繁に会ってデートができたらこんなことにはならないのに、といつも悔しく思っていました。

そして電話でつい彼氏に、もっとデートすることができたらこんなにぎくしゃくした関係にならないしもっとお互いの愛も深くなっていたのにね、といってしまいました。

そしたら彼氏は意外なことを私にいってきました。「会うことだけが愛情を育む方法ではないよ。」と言ってきたのです。私はその言葉を聞いたときにハッとしました。会ってデートをすることだけが愛情を育む方法だと思い込んでいる自分がいました。

さらに、「会えなくて不安に思ったり不満を感じたりするのは君だけではない、僕も一緒だ。」とも言われました。彼氏にはっきりと言われたことで自分が一人わがままをいっていることに気が付きました。

そして自分はもっと彼氏に甘えたり自分の気持ちをはっきりと伝えることが大事なんだと感じました。彼氏に会えないからお互いの距離が縮まらないと決めつけていましたが、会えなくても電話はできますし電話で自分の気持ちをきちんと相手に伝えることで心の距離は十分縮めることができると気が付きました。

それから会えなくても自分が不安に思っていることや、不満に思っていることはその都度きちんと彼に電話で伝えるようにしました。会えないからすれ違うと思っていたのは勘違いで、きちんと自分の気持ちをはっきりと電話で伝えていなかったからだということがわかりました。

自分の気持ちを伝えるようになってから、彼とはなかなか会えなくてもすれ違うことはなくなりました。

お互い忙しくて会えない日々は相変わらず続きましたが、電話を毎日することでどんどんラブラブになっていきました。そしてお付き合いがスタートしてから2年後に結婚しました。もしも今なかなか彼氏と会えなくてすれ違っているというカップルがいたら、会えない分電話を頻繁にして自分の不安に思っていることをきちんと相手に伝えるべきです。

それだけですれ違うことも少なくなりますし、お互いを思いやる気持ちも芽生えてラブラブになれます。会うことだけが愛を育む方法ではありません。

【結婚前に彼氏、彼女と同棲する意味】お互いの価値観や生活習慣を知る

2017.02.02