【地元愛が強い彼氏や彼女】家族や地元の友達と離れられない!その飲み会や集まりが嫌だ!

彼女よ恋

「地元愛が強く、地元から出たことのない彼氏や彼女がいる」

「その恋人はよく地元の友達と遊びに行き、私も連れて行かさせることもある」

「私は表面上は良い顔しているけど、実際はそういうのは苦手で知らない人と楽しめるわけない!」

「家族や地元の友達が好きすぎて、若干引いている」

と彼氏や彼女の地元愛で将来やっていけるのかな…などの付き合いに悩んでいる人に向けて、ここでは実際にそのような状況に直面したことのある経験者のアドバイスを紹介します。

グループ付き合いをするならこんな対処がおすすめ!

私が付き合っていた彼というのは、都会でありながら田舎というような、微妙な位置に暮らす人で、地元を出たこともなければ、地元にこれからも根付こうとマイホームを、結婚する予定もないのに地元に構えていた人でした。

そんな地元にアツい彼を持っている人というのは、彼の地元友達との付き合いも欠かせません。そんな時に色々と、「よそもの」の彼女には問題が起きてくるので、その際の対処法をご紹介しましょう。

1.グループでの集まりでは、彼の横をキープ

グループの集まりが地元にずっといる人の場合、すごく多いですし、かなり結束も硬く、その付き合いは、幼少からということが多いです。ですので、新しい彼女ができた際にはすぐさまお披露目という感じなのですが、そんな際にも、新参者である自身は、その場に溶け込むことはできませんよね。

そうなったら気分が悪いので、ずっと彼の横をキープするようにしましょう。そうすれば、彼が助けてくれたり、彼に弱音を吐くことがいつでもできます。

2.グループの中では気が合う人としか話さない

グループでの付き合いは、地元にいる限りずっと続くと言ってよいでしょう。

私が付き合っていた際にもそういうことがあり、私が苦手だなと思う人は、おそらく私のことを苦手としていたので、あまり近づかないようにしていました。あえて火種は起こさなくてよいので、苦手だなと思ったら、他にも多くに人がいるので、そういう人から離れることがベストです。それだけで、その場は柔らかい状態をキープできるので、自分にも他人にも良い方法となります。

3.できる限りグループの集まりに参加しない

もし、誰もが自分に合わないのであれば、グループの集まりには何かしらの言い訳をつけて参加しないようにしましょう。それで彼が納得しないのであれば、最初は行くと伝えて、ぎりぎりになって熱が出たとか、仮病を使えば、あなたたち2人の関係にひびは入りません。

こんな風に対処すればグループ付き合いを含めた交際はうまくいくはずです。

地元が好きすぎる彼女!地元愛が強すぎるので別れた

これは、男友達から聞いた体験談です。

男友達には、永く付き合っている彼女がいました。とても可愛らしくて社交的で、自慢の彼女で、周りも当然結婚するものだと思い込んでいました。

しかし、そんな矢先に突然の破局宣言。お互いの両親とも仲良くしていたのに、何があったのか本当に不思議でした。

落ち着いた時に、男友達から聞いた話が以下のようなものでした。

趣味も合い、お互いの仕事にも理解がある本当にいい彼女だったようなのですが、唯一、価値観が違ったことが、彼女があまりにも家族を愛しすぎていることだったようです。

それ自体は決して悪いことではありません。しかし、あまりにも家族がいる地元から離れることを嫌がるため、全国規模で転勤の可能性がある男友達との結婚に二の足を踏んでいたというのです。

「結婚しても、転勤になったら、別々に住みたい。それでもいいなら、結婚しよう。」と彼女に言われたようです。逆に男友達は、家族になる以上、いつでも一緒に暮らすことを強く希望する考えでした。

思い起こせばそれまでも気になることが色々あったようです。

彼女が一年に一度は、家族旅行に行くこと、誕生日や季節ごとのイベントは家族と共に過ごすと決めていること、中学までの義務教育時代の友人とつるんでいることが多いこと、転勤のない地元企業に勤めていることなど。

日々の行動も、人生の選択の基準も全て、家族や地元ありきのことばかりだったのです。

繰り返しますが、これらのことが決して悪いわけではありません。地元にいたいという想いと、家族を大切にしたいという想いを人生の基盤にしていくことも、その人の人生です。

しかし、そこに彼氏の家族のことや、仕事のことは考慮される余地は無かったのです。そのことが男友達を寂しい気持ちにさせ、彼女と一生を共にする上での大きな違和感になったというのです。

なんだかとても納得しながら、話を聴きました。地元主義で、家族に対する依存が強いタイプの女子にあるあるなことばかりだったからです。

男友達はとても賢明な判断をしたと思います。

もしも、パートナーとの結婚を考える人がいれば、相手がどれだけ人生の選択肢の幅を広く持てる人なのかの見極めも、とても大切だと思います。

関連記事:【彼女,彼氏の友達優先!】恋人の友人と会う、一緒に遊ぶデートが嫌い