【彼氏の事が好きすぎる】彼氏中心の生活に依存し、優先し、重い女になった結果

彼氏よ恋

「彼氏の事が大好きすぎて、いつも彼氏のことばかり考えてしまう」

「彼氏優先でいたいの!」

「彼氏から連絡がこないとすごく不安になって、いてもたってもいられなくなる」

「彼氏に尽くすことが何よりの幸せ!」

⇒これって彼氏依存!?

ここでは、このように彼氏が好きすぎて悩んでいる女性に向けて、以前彼氏依存について悩んでいた女性の体験談を紹介します。

皆さんの悩みの参考になれば嬉しいです。

1.自分の趣味や生きがいを他にも見つける

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%aa%e6%89%93%e9%96%8b%e3%81%ae%e8%b6%a3%e5%91%b3

恋愛をしていると相手のことが好きすぎて、いつも一緒にいたいと思うようになります。

そのことで相手を苦しめたり、相手にとって重い女と思われてしまうこともあります。

恋愛はとても難しいものです。自分の気持ちを押し付けるだけでなく、自分の気持ちを抑えることも必要な時もあります。相手に依存しすぎるとそれだけの人生で自分には何もない空っぽの人間になってしまいます。

だから解決策としては相手のことを考えて相手に依存しすぎるのではなく、自分の趣味や生きがいを他にも見つけるということが大切です。

私は相手がいれば何もいらないなんて思ってしまっては人生それだけで終わってしまいます。しかも、万が一相手とうまくいかなくなって別れることになったりしたら大変です。相手に依存して相手だけが生きがいのような生活を送ってきたわけですから、相手を失った後のダメージは計り知れません。

毎日泣いて、やけ食いして、無駄使いをして、そんなことで気が済めばいいのですが、中には死にたくなったりする人もいると思います。それくらい恋愛は危険と隣り合わせでもあるのです。

よく恋愛体質という言葉を聞きますが、恋愛に依存しすぎることは病気でもあるのです。それがもっとエスカレートするとストーカーなどの行為に及んでしまう人もいます。だから相手を選ぶこともとても大切です。いつ相手が豹変するかもわかりません。少し付き合ってみてこの人は少しおかしいなと感じたら相手が傷つかないように別れることも必要です。

長々と付き合い続けていると束縛どころでは済まないことになりかねません。自分の身は自分で守ることが大切なのです。いい人に巡り合ってお互いを尊重しあえる恋愛の末に結ばれるのはごくわずかのカップルだけなのだと思うと本当に奇跡のような出会いなんだなと感じます。いい恋愛をしていい人生を歩んでいきたいと思うのなら、相手に依存することなく自分というものを確立することが重要なことだと考えます。

2.私の彼氏依存だった高校時代

彼氏 嫉妬

私が高校生のときに体験した恋愛です。

私は周りの人を笑かすのが大好きなので、学校では盛り上げ役のタイプでした。そのため気になる人ができても友達以上に見られたことはなく、いつも友達止まりで終わっていました。

というのも、盛り上げ役=全く乙女な部分をだしてはいけない空気があったので、私が少しでも乙女っぽいことを言った時は「全然似合ってないから、そんなこと言わないで」と笑いながら、皆言ってきます。

そのため”本当は乙女なんだ!”ということを誰にも言えませんでした。でも盛り上げることはとても大好きだったので特に気にすることなく高校生活を楽しんでいました。

そんなある日、友達が「友達呼ぶからみんなで遊ぼう。」と言ってきました。

その日はバイトもなかったので遊ぶことになりました。

男2人、女3人ぐらいで遊ぶことになり、まずはご飯を食べに行きました。そして、その中の男の人一人と意気投合し、連絡先を交換することになりました。

その日は皆でわいわい遊んだだけでお開きになりました。

その男の人とはそれ以来メールをする仲になり、ある日急に告白をされました。彼が私のことを女として見てくれる人は初めてだったと思います。

もしかしたらこの人になら乙女の部分も見せることできるかも…と重い、OKの返事をしました。それから順調に付き合いを続けていき、高校を卒業してから一緒に暮らすことになりました。女として見て、優しく接してくれる彼に私はどんどんはまっていき、私は彼に依存し始めていました。

何をするにも一緒で、どこにいくにも一緒に行動していました。

そんな私のことが嫌になったのか彼は頻繁に友達と遊ぶようになりました。

私は悲しくて泣いて困らせたこともあります。

それの繰り返しに彼も疲れたらしく、ついに浮気をしてしまいました。すごくショックで悲しくて悲しくて全く食べ物を口にできず、体重は激減し、あのときの変わり様は周りの人にすごく心配されました。

そんな私を見ても彼は見向きもせず毎日のように女の人と遊びに行きました。

このままじゃだめだ、壊れてしまうと思った私は決心しました。

1人暮らしをするための家も借りて、家具なども新しく買い、もうこれからは一切関わらないんだと覚悟し、彼に別れを告げました。すると、彼は私が別れを言い出すとは思ってもみなかったのか、動揺し始め「別れたくない!」と言ってきました。私は少し揺らぎそうになってしまいましたが、ぐっと堪え、彼の前から立ち去り、恋が終わりました。

私がこの恋で学んだことはずっとそばにいることは悪くはないけれど、やっぱり一人の時間は大事なんだなと痛感させられました。長く付き合いたい相手ほど相手の時間を大切にしてあげなくちゃと勉強になりました。この恋を思い出すと、あのときは子供だったなーという思いといい経験ができたなと思います。

3.彼氏の重荷にならないために

遠距離恋愛 束縛

恋愛していると、彼または彼女に

「少しの時間でも会いたい!」

「何をしているか気になる!」

「全てを知りたい!」

と相手の事で頭がいっぱいになってしまいます。しかし、相手も同じ熱量であなたを想ってくれていれば良いのですが、それは人それぞれ。あなたを一番に想っていても、一人の人間として生きているので、あなたの思い通りにはなりません。

学生の頃、初めての彼氏ができ、何もしていなくても楽しかったです。毎日会いたい気持ちが抑えらず、会ってバイバイした直後から電話をし、朝起きてからはメールをし、全ての時間を彼で埋めようとしていました。

私としては、それがとても満足で、彼もそうだと思っていました。友達よりも彼氏優先になり、友だちに誘われても断る事が多くなっていました。私からすると、「友達よりもあなたが優先!」って気持ちなのですが、彼氏からすると「友達よりもあなたを優先しているのよ!」と彼氏に無言の圧力をかていたのかもしれません。

その結果、何の前触れもなく、彼氏から「距離を取りたい。会うのを少しやめておこう」と言われました。

これぞ寝耳に水です。昨日まで何も言ってなかったじゃないと怒りさえ覚えました。彼氏に他に気になる女性ができたのではないかとそればかりが不安で、メールをし続けても彼は無視。私も疲れてしまい、一週間以上連絡を取らなくなりました。

「なんか、このままでいいかも。」と彼への熱が冷めそうだった頃、彼から連絡がありました。会って話をすると、私に気持ちが無くなったのではなく、私の休む暇もないアピールに自分の気持ちがわからなくなっていたようです。私は「好きな物は好き!」とアピールできるものの、彼氏はそういう事が苦手で、私の気持ちと釣り合わないと考えたようです。

しかし、私から連絡が来なくなると不安になって連絡し、謝ってきました。私は初めて彼の気持ちを知り、彼の事を全く考えず行動していた事に恥ずかしさを感じました。「彼も生活をしているんだ。私の都合のいい人間なわけではない」と。そして、彼の人生を邪魔するような恋愛をしてはいけないと反省しました。

彼氏で頭がいっぱいになっている方、私と同じようなことをしていませんか?無意識に束縛していませんか?女性は恋愛に対してパワフルですが、男性は違います。彼の事が大好きなら、彼の邪魔になるような恋愛をしてはいけません。2人でする恋愛です。彼の状況を察する事で、彼に必要とされる彼女になっていきましょう!居心地のいい彼女になれますよ!

4.彼氏のことしか見えなくなってしまった経験のある私が言えること

%e9%87%8d%e3%81%84%e5%a5%b3

恋は凄く不思議なもので好きな人と想いが通い合っているだけで世界の色がキラキラに変わって見えます。世の中で、彼氏を優先してしまうタイプの人は一定数いますが、私もその一人でした。それはそれは、彼氏しか見えてなくて世界は彼氏だけで回っているような感覚に陥っていて、後から考えると完全に自分でも痛い人になっていました。

恐らく、私はタイプ的に依存してしまう人間なのだと思いますが、この様な事をしていると家族も友人にも失礼な事をしてしまい、彼氏以外の人にはあきれられてしまうという恐れがあります。更には、恋愛している相手も自分しか見ていない事が分かるとおごりが出てきてしまい、こいつなら何をしても俺を嫌いにならないだろうという風に思われる可能性も高いのです。

そんな風になると、人生全般に置いて損ですし、折角の大事な人間関係にひびが入ることがあるので、早急に対策を練った方が良いと思います。とはいえ、恋愛真っ最中で痛い目に遭わないと気が付かない事もあるので何とも言えないのですが、失敗した者としては、是非恋人中心にだけはならない方が良いと思いアドバイスをしたいです。

恋愛依存体質の人が他に目を向けるという事は難しいと思うので、徐々にで良いので、恋人が出来る前の生活、例えば家族と旅行したり、友達とランチしたりという時間を大切にして他の人のありがたさを思い出す事が良いです。また、趣味を作って自分の時間を作る事も大切だと感じます。結果的には恋愛相手だって、自分の事しか興味ない人間より色々な事をして刺激的な生活を送っている人の方が魅力的だと強く思うからです。

実は、こんなにも力説してしまうのには原因があり、私は本当にある恋愛中その人しか見えず、相手も結構な束縛するタイプで共依存的な感じになっていたのですが、ある時相手からこっぴどく振られてしまった時に、かなりお先真っ暗状態になってしまったからです。

辛く悲しくて、生きているのもしんどくなった、その時に助けてくれたのが、私がそれまでほったらかしにして失礼な態度を取ったり、彼氏のためにドタキャンを繰り返して最低な事をしていた家族や友人達でした。家族は、酷かった行動を責めたりせずに温かく励ましてくれました。友達も今までの無礼をきっと内心は怒っていたのでしょうが、また迎え入れて励ましてくれました。ありがたすぎて、今後は絶対に大切にしようと誓いました。

こういった経験から、是非恋愛相手だけではなくその他の事にも目を向けてほしいのです。

5.彼氏に会いたくて、繋がっていたくて、夢中で接した結果

%e9%81%a0%e8%b7%9d%e9%9b%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab

彼のことがだーいすきなあなた、どのぐらいの頻度で連絡をとっていますか?彼に夢中になりすぎていませんか?これは私が彼のことしか見えてなかった時のお話です。

私が彼と出会ったのはオーストラリアのバックパッカーでした。はじめて会ったその日に何か惹かれるものを感じ、彼もまた同じように感じてくれているみたいでした。毎日のように連絡を取り、会うことでどんどん惹かれ合っていく私達。同じ音楽の趣味もあってか、話の話題は尽きることなく、久しぶりの恋に私はウキウキ。

彼も楽しそうで、程なくして告白されました。私達二人はカップルになった後も、毎日会い、一緒に過ごす時間を重ねました。そして、それが私のちょっとした自慢でもありました。今考えると、なんでこんなことにこだわっていたのかと思いますが、私に会ってくれる回数が多い=私をこんなに好きでいてくれる、と本気で考えていました。

1ヶ月程たった頃、彼からの連絡が減り、私がいつもはじめに連絡を取る側だということに気づきます。メールをしてもなかなか返ってこない。彼の気持ちが離れていっているのかもという思いがよぎることもありましたが、その予感と向き合うのが怖くて、あまり悪いことは考えずにいました。

そして、3日間連絡なしから突然の呼び出し・・・別れを告げられます。理由は、自分のスペースがほしい、私のことは好きだが、もっと自分の時間がほしい、と。それなら、別れずに会う回数を少なくすればいいじゃない、と食らいつく私。結局、彼が数日間考えた後、話し合ってもう一度やり直すことに決めました。前と同じく優しい彼ですが、私の中では彼がまた離れるのではという怖さでいっぱい。不信感が二人の間に溝を深めます。

その後、彼はビザの関係でオーストラリアを離れます。別れを告げずに発った彼に、まだまだ未練いっぱいな私。なんとか連絡を途絶えないようにと必死にメールをする私をよそに、もう彼は他のことに夢中になっているようでした。日に日に途絶えていく連絡に、私は私達がいかに違うものを求めていたかに気づきます。一年後再会しますが、その時、もう私に気持ちはありませんでした。

恋愛は楽しい。特に燃え上がっている始めの時期はそれしか見えない。でも、お互い想い合っているとはいえ、彼も同じように思っているでしょうか。これもしたい、あれもしたい、そして恋愛もちょっと、というのが多くの男子の特徴だと思います。それに比べて女子は、私のような人も多くいる。”好きになったら一直線!それしか見えない!”という気持ちはわかります。しかし、男性の性質を知った上でスマートに行動することが、自分を守り、彼をハッピーにする近道だと思います。

最近彼に依存しているなと思ったら、連絡する回数を減らし、もっと自分のことに集中してみましょう。そして久しぶりに会った時は、最高の笑顔で一緒に楽しくすごぜば、彼もあなたの魅力を再確認するはず!

もし、あなたが彼の思いに寄り添うのがしんどい場合は、もっと周りに目を向けてみるのもいいかもしれません。あなたが恋愛に求めるものと、彼が恋愛に求めるものが圧倒的に違えば、最初はごまかせても、あとで必ずボロがでてきます。男性でも毎日のように彼女に会いたい、という人はいますし、実際に私の今の彼がそうです。相手としっかりお互いの恋愛観を話し合って、歩み寄れなければ、自分の恋愛観に合った人を探すのも、一つの手だと思います。

6.恋愛依存症の人は夢中になれる趣味を持ちましょう♪

%e6%81%8b%e4%ba%ba%e4%be%9d%e5%ad%98%e9%87%8d%e3%81%84%e5%a5%b3

恋人から電話の折り返しがなかったり、LINEの返事がなかったり、相手が常に何をしているのか把握出来ていないと不安で頭の中がいっぱいになって仕事や勉強が手に付かない!なんて経験ありませんか?

実は私も恋人が出来ると生活の全てが恋人中心になってしまう超恋愛体質でした。いわゆる「重い女」です。

1日に3回は電話してほしいし、LINEでメッセージを送ったらすぐに返事が欲しい。相手がそれをしてくれないと頭がおかしくなりそうで何も手につかずに「なんで電話でないの?」、「なにしてるの?返事してよ?」などと余計なことまでメッセージを送ってしまう始末。

彼が友人と出かけている休日は一日布団でゴロゴロして何もせずにただ帰りを待つ。恋人がいる間は友人との関係はおろそかになり、いつの間にか女友達も減っている。彼が中心の生活が自分の理想のはずなのに、いつも満たされることはない。彼の行動一つで喜んだり悲しくなったり、恋愛体質ってはっきり言って苦労が多いです。

十代の時からこんな恋愛を繰り返していたお陰で歴代の彼氏にもかなり迷惑をかけて来ました。相手にフラれる理由はいつも「愛が重い」。そしてある酷い失恋をきっかけに決心したのです。重い女を卒業しようと。

自分がなぜ恋愛に振り回されるのか、それは自分の自信のなさから来ているのだなと気づきました。今まで相手に求めていた行動の全ては「私を安心させてほしい」という自分の身勝手さから来ているものだったのです。

では、「なぜそんなに自分に自信がなかったのか?」

答えは簡単、私は本当に中身がカラッポでなんにも出来ない人間だったのです。だからいつも不安になって、その不安を解消してもらうために相手を求め続けてしまっていたのです。いい加減この失恋サイクルから脱却したいと思った私は自分の中身を磨く事から始めようと思い、英会話教室に通い家では独学で英語の勉強を始めました。やり始めると夢中になって1日があっという間に過ぎて行くので、スマホを無駄にいじっている時間が圧倒的に減って行きました。

それに比例するように恋人に対する不要な要求も減り、今の恋人とは非常に良い関係を保っています。そして夢中になって勉強した英語も今ではTOEIC900点を取得し仕事でもステップアップする事が出来ました。恋愛依存症を卒業すると自分磨きも出来て必ず素敵なパートナーに巡り会えますよ♪

7.友達と会う、趣味に没頭すると辛い気持ちが和らぐ

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%81%ab%e8%bf%bd%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b

恋をしていると絶対にぶち当たる問題が、大好きな彼と毎日会いたい、話をしたい、触れ合いたい、といったことですよね。

私も大好きな人とはいつも一緒に居たいタイプなので、その悩みは胸が痛くなるほどよくわかります。つい何度もメールやラインをしてしまったり、電話してしまったり…。

迷惑かな、と思いながらもその行為が止められないんですよね。そして彼から返事がなかったり、電話に出てくれなかったりすると、色んな事を考えてしまって落ち込んでしまったり。こういうときってなぜか良い方向に考えられないのが辛いところ。

そんなことがエスカレートすると、彼の方も重荷に感じて余計に距離を取ったりしてし悪循環になってしまうのです。

そんな時に助けてくれるのが「女友達」です。

辛い気持ちを打ち明けてみたり、ランチに出かけてみたりしてみると、家にいるといつも彼のことばかり考えてしまって辛い気持ちも和らいでいくものですよ。

人と会う事以外で気分を紛らわす方法として、「自分の趣味に没頭する」ことも良い方法です。私の場合は絵を描いたり、本を読んだり、スマホのゲームをすることが好きです。そういう趣味って物凄く夢中になっちゃうので、いつの間にか時間が経っていたり、気持ちが落ち着いていたります。

特にスマホゲームはおすすめです。パズルゲームのような単純なゲームよりも、RPGや育成タイプのものが、熱中しやすくて良いですよ。私の場合、彼もゲームが好きだったんで、レベルアップした報告をするためにその間は頑張れたりしました。

いつも会いたい気持ちは変わらないけれど、そうやってちょっと距離を持ってお互いの時間を持つ事って、次に会えたときに新鮮に感じたり、余計に二人の愛が高まっていたりするものです。

また次に彼に会えることを考えながら、おしゃれに磨きをかけたり、洋服を選んだり、どんなところにデートに行こうかと考えるだけでわくわくしませんか?そうやって考えると、また彼に会いたくなっちゃうけど、その切なさを感じるのも、恋愛には必要なことだと思います。ぜひ頑張ってくださいね。

8.彼氏中心の恋愛はうまくいかない?自分の時間を大切に!

恋愛をすると、どうしても彼氏中心になってしまうという方、いますよね。実は私もそうだったんです。私はいつも恋愛が長続きしなくて悩んでいて、原因はなんだろうと考えました。

それで分かったのが、私が彼に合わせすぎているということ。

例えば、自分の用事があったとしても、彼に会いたいといわれればその予定はキャンセルしたし、彼と会う予定もないのに、自分が休みの日は「もしかしたら連絡が来るかもしれない」と予定を入れられなかったり。自分の予定を決めるすべての基準が彼になっていました。それで、「私は彼のために時間を空けて待ってあげてるのに、彼は連絡もくれない」と、理不尽な不満を持つようになり、だんだん彼の前でも不機嫌になることが多くなっていきました。彼からしてみれば、自分は何も悪いことしてないのに、彼女の機嫌が悪いので、面倒くさいですよね。だんだん会う回数も連絡も少なくなっていきました。

彼中心の生活ではいけないということに気づいてからは、少しづつですが、自分の予定を優先させるようにしました。彼と会う予定がないと分かっている日は自分の予定を入れてしまって、その日は彼のことを考えないようにしました。最初は彼のことが気になって仕方なかったんですが、だんだん自分のことを優先することに慣れてきて、彼のことを気にする事が少なくなりました。そうすると不思議なんですが、彼の方から頻繁に連絡が来るようになったんです。今まで彼から会いたいと言われたことなんてほとんどないのに、向こうから会いたいと言ってくるようになったんです。恋愛の駆け引きをしたつもりはないんですが、結果そういうことになっていたのでしょうか。

彼を好きすぎて、彼中心の恋愛になってしまっている方は、ちょっと立ち止まってみてください。今していることが、本当に自分がしたいことなのか、自分の時間を犠牲にしていないかどうか。一緒にいることだけが恋愛ではないことに気づいてほしいです。二人がお互いを尊重しあって、大切に思うことが、相手を好きということだと思います。

9.彼氏に依存しないようにするには、どうすべき?

彼氏ができると彼氏にべったりになり、ついつい頼りすぎてしまうという女性は少なくないのではないでしょうか。私も以前は恋人に依存してしまうタイプでした。でも、依存し過ぎると彼氏に疎ましがられてしまい、別れを切り出される原因にもなってしまいます。

今回は、脱・彼氏依存の方法をご紹介しましょう。

①まず、「彼氏が世界のすべて!」になっている人は特に注意が必要です。

何よりも彼氏を優先してしまうタイプは、交際が破局してしまうと心の支えがなくなってしまうので、非常に危険です。恋人のこと以外にも目を向けて、自分の世界を広げていきましょう。友人や家族とのひと時や趣味に没頭する時間などもぜひ作るようにしてください。

彼氏が一番、友達が二番、など優先順位をつけるのではなく、一つ一つを大切にしましょう。過去の私も「彼氏がすべて!」だったのですが、振られてからいかに自分が彼に依存していたのか気が付きました。

②また、彼氏を独占したいがために束縛するのも禁物です。

依存傾向にある人は自分以外の異性に目が行ってしまわないようとことん恋人を束縛したがりますが、実はそれは逆効果です。一番大切なのは、とにかく彼氏を信じる気持ちです。信用のない関係ほど悲しいものはありません。不安は誰しも多少ありますが、きっと大丈夫だとしっかりパートナーを信じてあげましょう。これも、私が失恋から学んだことの一つです。

③そして、依存してしまうということは自立していない証拠なので、ぜひ自分の足でしっかり立てるよう大人になりましょう。自分ばかり何かしてもらうのではなく、パートナーのために何かできることを探してやるようにしましょう。

どちらかに依存しない、自立した大人同士の関係はとても理想的です。バランスが取れているので穏やかな関係が長く続きます。「彼女は俺がいなきゃダメなんだ」と思わせることで父性本能を刺激して彼の気を引くこともできますが、二人の立場は対等なものでなくなり、お互いをダメにしてしまう関係になってしまいます。

恋人は何をしても許してくれる親ではなく、私生活におけるパートナーなのです。お互い気持ちよく日々を過ごすためにも、どちらかに依存し過ぎない対等な関係を築けるように努力してみましょう。

10.重い女のならないために

彼氏のことが大好きで、いつでも一緒にいたい!そんな気持ちも分かりますが、あまりにもベタベタしすぎていたら、彼氏に「重たい」と言われてしまうかもしれません。

実は私も昔は重たい女と言われてしまったことがあります。

そんな私が「重たい女」を卒業した方法は、以下の2つです。

  1. 自分の時間を楽しむ
  2. なんでもかんでも話さない

彼のことが大好きで、いつでも連絡を取っていたい!という気持ちも分かりますが、自分の人生を楽しむことだって大切です。彼氏と付き合ってから減っていた友達と過ごす時間や、自分の趣味の時間を積極的に増やしましょう!彼氏にもきっと、自分の時間も楽しく過ごしているあなたの方がキラキラと輝いて見えると思いますよ。

また、普段からなんでもかんでも彼に相談している、という人は、本当に彼氏に言うべきことか、一旦立ち止まってよく考えてみましょう。

私が「重い女」と彼に言われていた頃、私はなんでも彼に相談していました。少し嫌なことがあった時や、イライラした事など、ほんの少しの悩みでも自分一人で抱え込むことができずにすべてを話していました。しかし、重たい、と言われるようになってからは、少し考えるようになりました。

彼だって、いくら大好きな彼女の相談でも、ほんの些細なことも含めてネガティブな相談だらけでは疲れてしまいますよね。

最近では、彼氏に突発的にメッセージを送る前に一旦自分の書いた文章を読み返して、これは本当に彼に伝えたいかな? こんなことばかり送ってきたら、気分悪くなるんじゃないかな? などと考えるようになりました。

例えば、会社の同期の悪口とかなら、同期の友達に相談した方がいいと思い、最近ではそうしています。

もちろん、彼氏に相談したいことだってあると思います。でも、そういうとっておきの本当に重大な相談のために、普段からあまりにも彼を頼りすぎている人は気をつけた方が、今後のためにいいと思いますよ!

この2点を気をつけて、彼と適度な距離を保てたら、きっと彼もますますあなたの魅力に気づいてくれると思います。彼に依存気味の方は、はじめは少し大変かもしれませんが、彼に「重い」といわれて振られちゃう前に、がんばりましょう♪

11.これまで付き合ってきた彼氏たちに何度も「重い女」と言われた私の特徴

私は過去の恋愛で、歴代彼氏から毎回言われてきたことがあります。

それは「重い」の一言。

いつもそれで恋愛が終わっていったのです。

あなたは彼氏に「重い」と言われたことはありませんか?これまで重いと言われて続けてきた私が自己反省も踏まえて、重い女にならないためのコツをお教えしていきます。

まず重いと言われる女子の特徴を見ていきましょう。

①全てにおいて彼氏優先

彼氏ができると、当然のように何をおいても彼氏優先。友達や職場関係の人の誘いを断り、彼氏との時間を優先する。やってませんか?彼氏から「たまには友達とも遊んだら?」なんて言われたら重い女サインですよ。

②毎日連絡を強要する。連絡がないとすぐに浮気を疑う

「付き合ったら毎日連絡するのは当然」

連絡がないと「今、どこに誰といるの?」と彼氏を責める。やってませんか?男性は強要されるのを一番嫌がります。ましてすぐに浮気を疑うと、「俺を信用出来ないのか!」となるわけです。絶対ダメです。

③結婚願望が強すぎる。付き合ってすぐなのに両親に会わせたがる

結婚願望が強いことは悪いことではありません。しかし、物には限度というものがあります。まだ付き合って間もない頃に両親に会わせるというのは、男性からすると、とんでもないプレッシャーになるのです。両親に会わせるのは、彼氏から「そろそろキミのご両親と会いたいんだけど」と言ってくるまで待っても遅くはありません。

④アポなしで家に行く。勝手に家事をやりたがる

「私は彼女なのだから彼氏の家のお世話をするのは当然」そう思っていませんか?

「アポなしで家に行くのは、私から彼氏へのサプライズ」

「彼氏も素っ気ない態度だけど、内心喜んでくれている。素っ気ないのは照れてるだけだ」なんて思ってませんか?

最悪です。まず彼氏といえど、人の家にアポなしで行くなんて失礼です。サプライズでも何でもありません。素っ気ない態度なのは、ウザいと思われているのであって、照れてるわけではありません。男性は自分の時間を楽しみたいと強く思っています。たとえ彼女でもそれを邪魔する権利はありません。

どうでしょう女子の皆さん。あなたはこれらのこと、やってませんか?

思い当たる節がある人は要注意ですよ。

ちなみに私はかつて、全てやっていましたが。

最後に、重い女にならないためには、相手を思いやる。もう少し相手を信用してみる。決して自分の思いだけで突っ走らない。これらを心掛ければ、重い女だと思われることはありませんよ。

12.好きすぎて、気になりすぎて彼氏に毎日メール

私は、自分に自信がなかったので、「自分に好意を持ってくれる人なんてそうそういない」という考えのもとに、告白されたらすぐ付き合い、なかなか長続きしない・・・というスタイルばかりでした。

彼と出会ったのは、合コンでした。

見た目がタイプだったせいか、ひとりだけ輝いて見えて、ずっと隣でおもしろくしゃべってくれ、もう、その日に好きになっていました。がんばって誘って、何度かふたりで会い、付き合えることになりました。

私が一人暮らしをしていたので、私の部屋に週に何度か泊まりにきて、こんな毎日がずっと続いたらいいのにと思うほど幸せでした。

3年程たったころ、「仕事を辞め、家業を継ぐことにした」と言われました。のんきに「それでも、この幸せは続くだろう」と思っていたのに・・・。次第に会える回数が減っていきました。

最初は「仕事が忙しいだろうから我慢」と思い、連絡もあまりこちらからはしないように、突然家に来ても「待っていた」と言えるようにと、健気な態度をとっていました。

しかし、どんどん連絡がくる間隔があいてしまって。「このままじゃずっと会えなくなるんじゃないか」「仕事というのは嘘で他に好きな人がいるんじゃないか」と悶々と考える日々。

結局待ちきれず、毎日「元気?」「仕事忙しいの?」「ちょっとでも声がききたい」「会える時間はないの?家の近くまでいくよ」とメールを送ってしまい、ついには、「なんで返事くれないの?」「メールを送る時間すらないの?」などと、返事を要求するように・・・・。

彼からやっと返信が来たと思ったら、「もう会えない」でした。

気が付いたら、私は絶対にならないと思っていた、重い彼女になっていました。相談した友達にも「何もするな」と言われたし、今考えてもなんで責めるようなメールを送ってしまったのかと思うし、待てなかった自分が情けない。

好きすぎて冷静になれてなかったんだなーと思います。恋愛には忍耐も必要だと思いました。

13.彼氏に重い女と言われた時、少しでも改善するためには「自分を模索」

私は昔から恋愛をすると、いつも彼氏のことで頭がいっぱいになってしまい、常に彼氏の予定も把握していないと落ち着かないタイプでした。

お付き合いをしていた彼氏と少しでも連絡をとれないと”まさか浮気をしているんじゃ”と疑っていましたし、彼氏のためなら友達との約束もドタキャンしてしまうくらいでした。

彼氏といつも一緒にいたくて、彼氏の予定が空いている日はいつも私は友達と遊ぶ予定を絶対にいれませんでした。とにかくどんなときも彼氏一番で、彼氏と会いたいと思ったときには友達とか会社の飲み会もいかないで彼氏の家にいってしまうこともよくありました。でもそんな私を彼氏は重すぎると言ってきました。

彼氏は、「このままのお前だったらもう別れたい」と言ってきました。私は”いつでも彼氏一筋でこんなに愛しているのになんでそんなことをいうの”、と思ってしまいました。

それを友達に相談したら「たしかにあんたが重いし悪い」、と言われてしまいました。そして「もっと自分を大切にしたら?」と友達に言われ、はっとしました。

今まで彼氏のことばかり優先して考えていたので、自分の気持ちとか自分がどうしたいといったことを考えていなかったからです。

そして”彼氏のことで頭がいっぱいになってしまうのは、自分を大切にしていなかったからかな”、と思いはじめました。その後少しずつ自分の興味があることを模索しはじめました。

模索していくことで、私は料理に興味があることに気が付きました。料理は大好きで彼氏にもよくお弁当を作っていました。私は料理教室に通うことにしました。料理教室に通うようになってから、自分にとって楽しいことが増えてきました。今まで楽しいことといったら彼氏が絡んでいることばかりでしたが、彼氏以外にも夢中になれることができました。料理教室では自分と同じ趣味の友達を多く作ることができ、その友達と料理のことを話しているときは彼氏のことは全く思い出しませんでした。

だんだんと彼氏に会わない日があってもいいかな、等もちろん彼氏のことは大好きですが思うようになってきました。彼氏が何をしているか気にならないといったらウソになりますが、彼氏の予定を把握していなくても落ち着ける自分になってきました。もしも今彼氏に重いといわれてどうしたらいいか悩んでいる人がいたら、一度自分自身を大切にできているか考えてみてください。

私は自分の好きなものを見つけたことで、彼氏ばかりの生活から脱却することができました。そして彼氏に重いといわれなくなりました。今では逆に少し寂しがられるくらいです。自分の好きなこともでき彼氏にも嫉妬されるようになり、前よりも断然幸せを感じることができています。

14.彼氏への依存がいけない理由

以前4歳下の年下の男性とお付き合いしていたことがあります。職場で出会って、どちらからともなく好きなったので、自然にお付き合いに発展しました。

わたしは身体が弱く、病院にかよっていたのですが、彼は懸命に支えようと通院を一緒にしてくれたり、具合が悪いと慰めてくれました。そして、毎日のように会っていました。

次第にわたしは彼に精神的に頼ることが増え、甘えてしまうことが多くなりました。彼も、支えようと頑張ってくれました。しかし、彼からの連絡は途切れるようになりました。

連絡が来ないことが多くなり、最後は別れることになりました。わたしは精神的に自立できなくなり、彼は支えることに疲れてしまったのです。

「お互いが好き」という感情から、共依存の関係に発展してしまったのでした。「相手に愛されたい」、「相手を支えたい」というのは純粋な気持ちだと思いますが、疲れず健康的な関係を保っていくためには、「お互いに助け合う」ということが必要です。

また、2人だけの時間が多すぎて、他の友だちなどと過ごす時間も少なくなったのも共依存になる原因だったと思います。

愛し合う関係であり続けるためには、自分だけの時間も確保し、彼以外の人にも信頼することが必要です。1人だけに信頼するのではなく、いろんな人を信頼しておくと共依存になることが予防できると思います。

「彼がいなきゃわたしじゃない」、「1人で過ごすことができない」、「彼が自分の思い通りに動かない」と思ってしまっている場合は要注意です。共依存になっている可能性があります。

「わたしには相手がいないと生きられない」という関係ではなく、「わたしはあなたがいなくても生きていける。だけどあなたと共に過ごしたい。」という関係になるのが理想でしょう。

彼と楽しく過ごすためにも、1人の時間を楽しみ、趣味や仕事、友だち関係なども大切にするとよいと思いますよ!

そうすることで、お互いを信頼した健康的な関係を築くことができると思います。

15.彼氏に依存しないおすすめの方法

恋愛していて、彼氏に依存してしまいやすい人っていますよね。でも、彼氏に依存してしまうと、あなた自身が辛くなることが多いと思います。

例えば、少し連絡が来ないだけで気になったりイライラしてしまったり。さらにそれで彼を問い詰めてしまって、自己嫌悪に陥ることもあります。

最悪の場合は、犯していない罪を問いただされて嫌気がさした彼氏に振られてしまう・・・なんてことも考えられますよね。彼が大好きだからこその行動なのに、最終的にはどちらも嫌な思いをするなんて悲しいですよね。

そこで今回は、彼氏に依存してしまわない方法をご紹介します!

①自分の時間を楽しむ

彼氏に依存しない一番のコツは、自分の時間を楽しむことです。

自分がひまだと、彼は何をしているのかな?と考える時間が増えて、不安が大きくなってしまいます。逆に自分が楽しく過ごせていれば、彼も彼の時間を楽しんでいるんだろうな~とポジティブに考えることができるようになりますよ。

ぜひ趣味の時間を充実させてください。

②恋愛しない期間を作る

彼氏に依存しやすい人は、恋愛自体に依存している人が多いです。常に彼氏や遊び相手の男性がいるという人は要注意ですよ。

一度、誰とも付き合ったり関係を持ったりせずに、一人の時間を過ごしてみるといいでしょう。じっくりと自分と向き合って、自分自身のやりたいことや、どんな人と付き合いたいのか、結婚したいのか、などをゆっくりと考えましょう。

そうすればあなた自信の軸ができて、彼に振り回されないようになりますよ。

③信頼できる人と付き合う

絶対に信頼できる!と思えるような人とお付き合いできれば、無駄な心配が減ります。

あなたのしている心配はほとんどの場合、あなたが作り出した妄想です。大好きな彼氏を信じてあげましょう。

お互いに信じることができれば、会えない時間も無駄な心配をする必要がなく、自分の時間を楽しめるようになります。

彼氏に依存せずに自立していて、自分の趣味を楽しむいきいきとした女性の方が、絶対に魅力的ですよ。この機会にぜひ、彼氏に依存しない自立した女性を目指してみましょう!

関連記事:

【彼氏、彼女が好きすぎて泣く】恋愛や失恋に不安で臆病になった理由

彼氏、彼女に夢中!恋人のことで頭がいっぱいな時に読んでほしい体験談

私は利用されている都合のいい女?尽くす女?と感じたら読んでほしい体験談