別れた恋人(元彼,元カノ)とやり直したい!付き合いたい!復縁した体験談

彼女よ恋

振ったor振られた恋人と復縁したい!

別れた彼氏or彼女ともう一度やり直したい!

など、一度はさよならした元彼や元彼女の大切さに気づき、付き合い直したいという気持ちが強まってきている方もいることでしょう。

ここでは、そのような元彼氏・元彼女と再びやり直そう思い、動いた経験のある人たちの体験談を紹介します。

彼らはいったい、どうなったのでしょうか?

1.1度振った彼氏にまた惚れて付き合った女性の体験談

私と彼は中学校のときに出会いました。最初は同じクラスなのにお互いのことを知らない関係で、席が通路をはさんで隣だったから喋る程度でした。

でも私はそんな記憶が全くなく、彼は私とお喋りした内容を覚えていてくれたんです。

学年が上がって、私が失恋したときに良き理解者として隣に居てくれるようになったのがきっかけで私は恋に落ちました。

それから月日が経って、高校入学した夏に1度別れました。理由は私が他の人に恋をしてしまったからです。彼は何も言わずに立ち去り、それからは朝の電車通学のときに会う以外は見かけませんでした。

しかし私がアルバイトを終えて帰ろうとしたとき、家の近くで彼が待っていたのです。ずっと前に彼にハンドタオルを貸していたのを返しに来てくれたのです。そしてまた寄りを戻したいとは言わないけど、少し悲しそうな顔で「相談ならいつでも乗るから何かあったら連絡して」と言い残して帰っていきました。

その日がきっかけで私は毎日彼のことを考えるようになりました。

あそこまで優しくて自己犠牲型な彼を私は振ってひどい人だと思い落ち込みました。そして彼の寛大さと忍耐強さ、男らしい所に惚れ直し、また復縁したいと思いました。でも私は自分からは言えませんでした。振っておいてまた寄りを戻したいと言うのはおこがましく、向こうの行動を待つしかありませんでした。

それから夏休みが終わり秋になり、また朝の電車で見かけるようになりました。私から話しかけてまた友達から始めようと話し、感情を押し殺して明るく話しました。それから数日後に彼は私の感情に気が付き、寄りを戻そうと話しを持ちかけてくれてまた付き合えることになりました。

彼はその件のことを今でも悔しい気持ちでいっぱいだったと私に話します。そのときは何も言わずに耐えて部活と勉学に励んだと言います。

私と彼のように復縁を望んでいる方は、相手の気持ちを尊重してあげる優しさが大切だと思います。そして、伝えることが大事です。いくら待っても気が付かないので、自分から話しかけたりアプローチするのも大事ですので頑張ってください。

2.別れた元彼は彼女持ちだけど、復縁したい

付き合っていると、段々とお互いエゴが出てきてちょっとしたケンカも起きる様になります。

信頼し合えている関係ならば、そのケンカを通じてより絆が深まるのですが、中には自己主張をし過ぎて別れに発展してしまうカップルもいます。別れた直後は自分の方が正しいと思って怒りを感じていても、しばらくすると未練が湧きあがってくることもあるでしょう。

素直に自分の気持ちを伝えて謝り、復縁ができれば良いのですが、月日が経っていると元彼に既に新しい彼女ができていることもあります。
そうなると復縁は元より、連絡を取ったり会うのも難しくなりますね。
そんな時には、二人の共通の友人に協力して貰いましょう。
飲み会やイベントにグループで行く計画を立てて、その友人から元彼を誘って貰うのです。

もしも既に新しい彼女ができているのならば、あなたのことはさほど気にせず参加してきます。
但し、余程あなたに対して悪い印象を持っている場合断ってくることが考えられます。
その時には自分から元彼に連絡をして、「昔のことはごめんなさい、でも今は友達として付き合いたいので是非参加して下さい」とお願いして良いでしょう。
今回の目的は、あくまで元彼と友人関係になることであり、復縁をする為ではありません。

私の男友達で、一度別れて新しい彼女ができてラブラブだったものの、元カノが連絡をする様になると、付き合っていた時間が長い為に、元カノの方が気楽に付き合えると感じたそうです。
それからしばらくすると新しい彼女とは疎遠になり、いつの間にか復縁していたそうです。

まずは元彼と友人関係になり、色々と話を聞いてあげる様にします。
新しい彼女のノロケも、ちょっとした不満も笑顔で聞いてあげましょう。
段々と元彼も「なんで自分はこんなにペラペラと話してしまうんだろう、元カノの方と一緒にいる方が自分に素直になれる」と思う様になります。
その気持ちが段々と「元カノの方が自分を分かってくれる」に変わり、新たな信頼関係が生まれてくるのです。

コツはとにかく焦らず、1年位の余裕を持って少しずつ元彼と良い関係を築いていくことです。

3.やり直そうかな・・・思わず復縁したくなる相手の行動とは?

別れた後も相手を忘れられず、どうしてもやり直したい気持ちになることがあります。一緒にいた頃には分からなかった、相手の存在感の大きさに気づかされるのです。何とか復縁したいと考えて、あれこれ悩んでいても、時間と共に焦りが出てくるものです。

今回は、相手の立場にたって、思わず復縁したくなるのはどんな時なのかを検証してみました。

①人伝えに「元カレ(元カノ)が忘れられない」と聞いた時

別れた直後に何度もアプローチされると、避けてしまいたくなるのが人の心理です。だからこそ冷却期間というものが必要で、一旦連絡するのを止めたほうが良いといわれているのです。しばらく時間が経って落ち着いてくると、相手は「もう忘れちゃったのかな・・」と気になります。

その頃に再びアプローチするのが復縁のセオリーですが、直接よりも間接的に噂を耳にするほうが効果的なのです。共通の友人を通して「まだ忘れられないみたいだよ」と聞かされたら、心がキュッと締め付けられるような想いをします。

このように、人伝えによって一途に思い続けてくれていると知れば、復縁を考えやすくなるといえます。

②久しぶりに会って変化が感じられない時

ここでいう変化とは、生活スタイルや外見のことを指します。

復縁したいなら過去を塗り替えるほど、大きくイメージチェンジをするべきという意見もありますね。でも実際は、久しぶりに会った時、別れる前とイメージが変わっていないほうが、懐かしさと安心感を与えるのです。別人のように変わってしまうと「ああ、もうあの頃とは違うんだな・・」と感じさせてしまいます。自分磨きをして復縁に挑むのは良いことですが、ガラリと変化させるのではなく、以前のイメージを残したままのほうが効果的です。

本気で復縁を成功させたいなら、自分の気持ちよりも、相手の立場になって考えることが大事です。自分ならどういう風に再アプローチされたいかを考えて行動しましょう。説明したポイントを考慮しながら、心理に基づいた復縁方法を実行してください。

4.自分から別れを告げて、別れてしまった彼と復縁したい女性の恋愛体験談

私も大好きで結婚も考えていた彼とささいなことが積み重なり別れてしまった、という経験があります。別れ話は私の方から持ち出したのですが、やはりどうしても彼を忘れることが出来ません。

私から別れ話を持ち掛けたのですから、気まずくてしばらく連絡を取らないで我慢していました。でも「彼のことを忘れられない」と、友人に相談したところ、「自分から別れを言いただしたことが理由で彼に連絡を取らないなんて、それで一生後悔しないの?」と聞かれ、「あぁ、このままだったら一生後悔することになる」と気がついたのです。

彼の誕生日を口実に、私の方からもう一度連絡を取りました。自分の未熟さが彼を傷つけてしまっていたことを謝り、もう一度やり直したいという話を正直にしました。

最初はまた喧嘩の繰り返しになるのではないかと、彼は慎重な姿勢でしたが、まずは友達として食事などをすることから提案しました。同じ時間をまた過ごすことが増えるにつれ、私の「きちんとやり直したい」という気持ちを彼も受け入れてくれ、復縁することになりました。

結果として、別れていた期間が「お互いがかけがえのない人だ」と再確認しあうこととなったのです。来年には正式に結婚することになり、近日中に両家の顔合わせを行うことになりました。

もし、あなたが今、「別れた彼のことが忘れられない」と悩んでいるのであれば、勇気を出して自分から連絡をし、正直な気持ちを話してみることをお勧めしたいです。

「家族のメンバーの中で、自分の意志で選べるのは、自分の配偶者しかいない」という言葉を聞いたことはありませんか。親や子どもを自分で選ぶことは出来ませんが、配偶者だけは自分の意志で選ぶことが出来るのです。もし、今、自分の気持ちに正直にならなかったら一生そのことを後悔するのではないでしょうか。

「たとえ結果がダメであっても、やらずに一生後悔するよりは、やってみて後悔する方が良い」と私は思います。

5.彼氏と別れても復縁を繰り返す女性

別れたけどやっぱり好きかも…。もう一度付き合ってみたら何か変わってくれるかも。

そんなことを繰り返して同じ人と付き合ったり別れたり、本当はこの恋愛を清算してしまいたいと心では思っているのになかなか踏み切れない友達がいました。

だんだん本当に好きかどうかわからないけれど意地になって付き合い続けてしまうそこまでは途中から気づけたようでしたが、彼が別れて謝ってくるたびに今度こそ性格を改めてくれるかも、と私に相談してくるたびに本気でそう話していました。

別れる理由は毎回様々で、彼が他の女の人を家に呼んでその後時間差で彼女を呼んでいた事が発覚したり、お酒の飲み方がひどかったり、たまに暴力をふるってきたり…彼女の中でもこの人と一緒にてはいけないとは薄々気づいていたようですが、相談してくるたびに復縁の方向に話が向いていきます。

結局、彼氏に情がわいていたこと、結婚に焦っていたこと、意地で付き合っていただけだったこと、それに気がついたのは彼女に新しく好きな人ができたことでした。

毎回別れるときにはお互いものすごく感情的になって、もう別れる!と軽い気持ちで別れていたそうですが、本気で好きではなかったから、すぐにそういう言葉が出てしまったんだろうと彼女は言っていました。

新しく好きな人が出来ると、彼のことを冷静に見ることができ、新しくできた好きな人と性格を無意識に比較しはじめます。

付き合っているときには彼にしか目が向いていないので周りがどんなアドバイスをしても「でもこんなに彼にはいいところがある私のわがままだったのかもしれない」と周りの私たちから見ても心配になるほど恋に盲目でした。

復縁のループから抜け出すには、結局自分が気づかなければ周りにどんなに相談しても毎回心が「もう一度付き合う」に決まっているので、人に話を聞いてもらいたいだけで何の解決にもなりません。

男性は彼氏だけではありません。

二股をかける事はいけませんが、新しい出会いは決して悪いことではありません。