【彼氏に嫌われやすい彼女の特徴】振られる不安がある女性が取るべき行動

彼氏よ恋

「彼氏との恋愛が不安で仕方がない」

彼のことが好きすぎるがゆえに、

彼氏より私の方が彼氏に対する愛が強いがために、

彼氏の気持ちが伝わってこないため、

“裏切られたらどうしよう・・・嫌われないか、振られないか、怖い”

と不安に押しつぶされそうになることがあるかと思います。

ここではそのような不安を解消するために、実際に彼氏に対して不安を抱いた経験のある女性たちの体験談とアドバイスを紹介します。

みなさんの不安が少しでも解消されれば、嬉しいです。

1.彼氏に嫌われやすい女性の特徴

まずは、付き合っても彼氏に飽きられたり、嫌われたり、振られたりする女性の特徴です。

「付きあっても彼氏に振られてしまうのはどうして?」

彼氏ができてもいつも自分が振られて恋愛が終わってしまう、なんて人はいませんか?

実をいうと、私もそういう振られやすいタイプでした。でも今では、一人の人と長くおつきあいすることができています。今回は、私が「脱・振られ体質」のために心がけたことをご紹介しましょう。

まず、男性はとにかく「面倒くさい」女性が苦手です。

束縛が激しかったり、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、しつこく責めてきたりすると、「もう面倒くさい!」と思ってしまうようです。「私のこと好き?」と何度も聞いたり、彼を試すようなことはしていませんか。特に愛情表現の薄い彼氏だと「この人は本当に私のことが好きなのかな」と不安になりがちですが、むやみに不安に呑み込まれないようにしましょう。「きっと大丈夫」と彼を全面的に信じ、あまりくよくよ考えないようにしてくださいね。そういったことを延々考えてもしょうがないので、その時間にあなたの好きなことをしたり、やるべきことをしたりするようにしましょう。

さらに、彼にのめり込みすぎるのも禁物です。ラブラブの絶頂期なら「あなたしかいらない!」状態でもいいかもしれませんが、付きあって、ある程度期間が経ったのであれば、彼のことだけでなく自分の世界も大切にしましょう。いつも彼氏にべったりだと、彼に「たまには一人で(あるいは友達と)過ごしたいのに」と思われてしまうかもしれません。適度な距離がある方が、お付きあいも長続きしやすいものです。あなた自身も時には友達や家族と楽しんだり、自分の趣味をエンジョイしたりしましょう。

他には、「本当に役に立たないんだから」、「男らしくない」など、男性のプライドを傷つける言動には気をつけましょう。彼が何も反発しなくても、実は腸が煮えくり返っている場合もあります。ちょっとしたことでも積もりに積もると我慢の限界に達してしまい、別れの原因になってしまいます。彼に何か言いたくなった場合でも、そのまま怒りをぶつけるのではなく、冷静になって言葉を選びたいものです。

2.彼の裏切りへの不安が消えないときは自分を愛してあげる

恋愛経験を積み重ねると、その中で悲しい出来事もあるでしょう。

浮気などの裏切り、相手の気持ちが離れていく…そういう経験をすると、「また恋をしても同じ悲劇があるのではないか」と不安になってしまうものです。

確かに、その不安は次の恋愛に良くない影響を与えます。必要以上に疑心暗鬼になってしまい、その結果、相手に不快な思いをさせてしまう。そして、恋愛がうまくいかなくなる。そんな悪循環を起こしてしまいます。

実際、私がそうでした。

気持ちが離れていないか知りたくて、相手を試すような行動をとっていました。浮気していないか携帯を見たりしていました。相手が期待する行動をとれば、安心し、そうでないと不安になりました。

相手はちゃんと私と向き合ってくれているにも関わらず、私は彼をちゃんと信じられなくなっていたんです。ちゃんと愛してくれているのに、日々試される彼の立場を思うと不快でしょうがなかったでしょう。

この問題は、自分を変えるしか解決策はないと気づきました。

なぜ、起こってもいない未来に不安をもってしまうのか、考えてみました。

その答えは「自分を愛せていない」ためでした。答を出してから、「自分を愛せるようになろう」と意識するようになりました。

まず、自分の長所を書き出しました。それを読み返すと「私って魅力的!」と思えるようになってきました。

次に短所を書き出しました。そして治すよう心掛けました。たまに同じ失敗をしても「そんな私も可愛い!」と心の中で許してあげました。

そして、何をするにも「自分が心地よいか」を優先するようにしました。人の目なんて関係なく、好きな服を着るようにしました。人の意見なんて関係なく、自分の思うように生きるようにしました。小さな雑貨から服、音楽、人、すべて「自分が心地良い」お気に入りだけを傍におくようにしました。

とにかく、とことん自分で自分をチヤホヤしてあげました。

すると、不思議と相手への不安がなくなりました。こんなに愛する自分なのだから、愛されることに疑問がなくなったのです。自分を大事にすることに慣れてくると、相手を大事にするのも上手になってきた気がします。おかげで彼とはより良い関係を築けるようになりました。

3.自分に自信がなく、彼氏と釣り合わないと不安

%e8%84%88%e3%81%82%e3%82%8a%e6%96%b9%e6%b3%95

恋愛に奥手な私が初めて付き合うことになりました。その時私は23歳。世間一般ではかなり遅い方に入ると思います。彼氏となった人は24歳で一つ年上でした。出会いは、街で友人と歩いていた時に、たまたま友人の彼氏も近くにいるということで挨拶をすることになりました。その時友人の彼の隣にいたのが私の彼氏となった人です。

私も友人の彼の親友と言うことで安心感がありました。彼も、私が恋愛をしたことがないというのを聞いていたそうで、私のペースに合わせてお付き合いをしてくれるとても優しい人でした。

しかし、付き合っていくうちに私は自分の自信のなさにとても落ち込みました。彼と二人で歩いていても、彼と釣り合いがとれているかとか服装はおかしくないだろうか、など色んな不安に押しつぶされそうになりました。また、私はあまりお喋りな方ではないので、つまらなくないかなといつも心配でした。彼もどちらかと言えばペラペラ話さない方なので、無言状態になることもしばしばありました。

彼が手を繋いできた時、緊張のあまり手が震えて体がカチコチになってしまいました。手の震えは彼にも伝わり、彼はすぐに手を離して「ごめんね」と謝ってきました。私は彼と手を繋げたことはとても嬉しかったのに、それを上手く伝えることができませんでした。

その日を境に私は彼と会うのがつらくなってしまったのです。彼に申し訳ない、釣り合わないと塞ぎ込みました。彼からの連絡にも応じられない日が増えていき、そのことがさらに自分を追い詰めました。

友人から心配して電話があり、私は自信のないことを打ち明けました。すると友人が「恋愛をしたことがないんだから、自信がないのは当たり前。でもそれと彼を好きな気持ちを諦めるのとは違う問題だよ。自信とか相手の都合とか考えられないくらい伝えたい気持ちないの?」と言われました。

私はその時に気付いたのです。自分の気持ちを無視していたことに。

私は彼に会いに行きました。そして彼に「私は自分に自信がありません。釣り合っているか心配です。でも、あなたのことは大好きです。その気持ちだけは変わりません」と言いました。てっきり別れ話をされると思って暗かった彼の表情はパッと明るくなりました。彼からすれば、私の心の中までは読めないので嫌われたとばかり思っていたようです。しかし今回私が勇気を出して自分の気持ちを伝えたことで、彼に私の心の中がどのような状態から理解してもらえました。

彼に今の気持ちを知ってもらう、その積み重ねが自信に繋がるのだと思います。

4.突然の別れを経験し、相手に心を開くのが怖くなった私

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%80%80%e8%b7%9d%e9%9b%a2%e6%84%9f

恋愛中にもし相手に嫌われたらどうしようと思っている女性へ。

極論、恋愛は相手によりけりというところが大きいですが、恋愛は、あなたを大切にしてくれる相手を見つけるということが重要なポイントです。もちろん、あなたが相手を大切にするということが前提です。

今回は、そのような考えに至るまでの経験談を執筆いたします。

私は、恋愛に自信がない女性でした。初めてお付き合いした人と別れた経験が、私の中で恋愛=恐怖に変えてしまったのです。

初めての恋人は、相手から告白されたのがきっかけで付き合うことになりました。告白されたことが嬉しく、私もその人が気になっていたのですぐOKしました。

付き合い始めはとても楽しかったです。絵文字だらけのメールを一日に何度も交換していました。しかしだんだんと、相手からメールの返事が返ってくることが少なくなっていったのです。「おかしいな?」と思いつつも、私は普段通りに生活していました。

それからしばらく経って、突然ふられました。

理由は分かりませんでした。このことによって私はより深く傷つきました。

相手から好きだと言ってくれたのに、私の何が悪かったんだろう?と思いました。

そのことばかり考えてしまい、夜も眠れませんでした。そしていつの間にか、恋愛恐怖症になっていました。

そんな傷も少しは癒える頃、また一人の男性から告白されました。今回も、私も気になっていた人だったので、付き合うことになりました。

私はそれまでの経験で「どうせそのうち嫌われて、捨てられるんだろう」と思ってなかなか心を開くことができませんでした。しかしそんな私にもその人は優しく接し続けてくれたのです。私がメールをすれば、毎回きちんと返事をくれました。私が不安にならないように、いつも話を聞いてくれました。

そしてだんだんと、私はその人を心から信頼できるようになっていきました。私はその人のおかげで「嫌われたらどうしよう」という感情から解放されていったのです。今は、相手をいかに愛することができるのかを考える素敵な日々を送っています。

5.好きだからこそ、その分不安になる気持ちとの付き合い方

恋愛をすると、普段の生活が倍以上に楽しいものになりますよね。不思議なくらい、仕事も楽しくなるし、日常の生活が気持ち一つでこんなにも変わるものかという程に激変します。とくに付き合う前、お互いに良く思っている状況の時、メールのやりとりがたまらなく楽しい。なんて返信がくるのかドキドキワクワクしてしまいます。そんなやりとりしていると本当に1日過ぎるのがあっという間で、自分でも気づかないくらいに生き生きとしています。異性との恋愛は、同性の友情とは違う歓楽を得ることができます。できるならば、一生恋愛していたいものです。

ただ、それだけの幸せな気持ちを得ると同時に、好きという気持ちがあると必ずついてくるものが『不安』ではないでしょうか。私もお付き合いしていると必ず不安な感情が湧いてきます。自分のことだけを見てほしいし、好きでいてほしい。だからメールの返信がないと、何をしているのかなとか、飲みに行っていると聞けば、誰と行っているのかなとか余計な妄想をして勝手に不安になってしまったり。誰しもがある感情だと思います。時にはそんな感情に押し潰されて不安で苦しくなることもありました。

どうでもいい人にそんな感情は湧きません。好きだからこそ湧く感情だと思います。だから、恋愛をしていれば当然な感情。むしろ、それ程、人を愛せるということは幸せなことではないでしょうか。

不安な感情のせいで、苦しくなるのなんて勿体無い。私は今でも、不安になった際にそう思います。勝手に不安になって、勝手にマイナスな妄想をして相手に冷たく当たってしまう。そんな自分も嫌です。

私が辿り着いた答えは、「自分への自信」です。

自信をつけること。もちろん、急に自信をつけることなんてできません。だから、自分に自信をつけるために自分磨きに励むことです。誰かに気持ちを振り回されないくらい、自分の軸を作る。それは、例えば、興味のあることにどんどん挑戦してみる。運動をして身体を鍛える。何でも良いと思います。何かを一生懸命している人は、自然とキラキラしています。そんな人に、また人は惹きつけられます。自分自身も努力していることで自信がつくはずです。

誰かに依存したり、誰かに気持ちを振り回されるのではなくて、周りに誇れるくらいの自分造りをすることで、自分という軸がしっかりすると思います。私もまだまだ自分造りの最中です。

恋愛は楽しいものです。幸せな気持ちにしてくれる不思議な薬です。だから、その恋愛をもっともっと楽しいものにする為に、自分磨きをして、周りの人を夢中にさせたいものです。

6.恋バナが大好きな女性は要注意!しゃべりすぎると男性が逃げてしまうかも。

女性は恋バナが好きな生き物です。

楽しい出来事、辛い悩み、どちらにしても、ついつい友達に相談したくなってしまいます。

私も、ついこないだまではそうでした。

「彼が出来た」とか「浮気したかも」等と、全てを友人にペラペラとしゃべっていました。しかし、相手の男性にしてみれば、いい気はしません。楽しかったデートの事ならまだしも、自分の欠点や浮気などなら尚更です。

それに気付いた時には、手遅れなのです・・・。

私は、ちょっと前まで結婚を考えていた男性がいました。その男性とは、色々ありましたが、もうすぐ結婚目前でした。しかし、ちょっとだけ気になる事があったのです。それは、彼の家族についての事でした。それも含めて、私はちょっとした事から深刻な悩みまで相談している女友達がいました。

そして、ある時、その女友達を含めて食事をする事になったのです。女友達は私が気になっているのを知っていたので気を使い、彼の家族の事を持ちだして聞いてくれました。彼は、ちょっとビックリしていました。私はというと、私自身が聞けない事を聞いてくれたので、友人に感謝していました。

ところが、その食事の後、彼から別れを切り出されてしまったのです。私は何が何だかわかりません。全く理由がわからなかったので、彼に聞いてみる事にしたのです。その理由はというと、「女友達に全てをこと細かに報告していたのが嫌だった」という事でした。

以前から人に喋っていたのが気になっていたけど、自分の家族の事についてまで知っていた事が最終的に別れを決める事になったという事でした。確かに冷静に考えて、逆の立場だったら私も嫌な気持ちになったと思います。彼の友人が全てを知っていたらと思うと・・・。

私は酒の肴のような感覚で女友達に愚痴っていたのかもしれません。本当に反省です。ついつい、恋バナは盛り上がってしまうので、口のチャックが緩くなりがちです。でも、相手の事を考えたら・・・。

結婚を考えていた彼なので、かなりのショックでした。恐らく、彼も結婚生活をベラベラしゃべるような女性は嫌だと感じたのかもしれません。そんな失敗を教訓に女友達との恋バナには注意しようと思っています。女性は恋バナが大好きです。

でも、恋バナより相手の気持ち、それが一番大切です。

7.彼氏に連絡しまくって、連絡ないと怒って振られた私が、彼氏と上手く続く方法を学んだ

「彼氏のことが大好きで、連絡がないと寂しい」

恋愛をしているとそのように感じることありますよね。私もそうでした。

前の彼と付き合っていたとき、私はいつでも連絡を取っていたい派でした。

付き合い始めの頃は良かったのですが、3ヶ月も経つと彼の方から、「毎日電話を続けるのは難しい」と言われてしまいました。それから頻度は減りましたが、時々わたしが電話をしたい時に彼と連絡が取れないと、「なんで返事くれないの?」や「なんで電話にでれないの?」などとメールを送ったり、電話を何十回もかけ続けてしまうこともありました。

今思うと最低な彼女です。

こんなことを続けていたせいで、彼は疲れてしまい、「○○とは結婚できる気がしない」と言われて振られてしまいました。

その後、私はなかなか彼氏ができず、3年くらい1人で過ごしました。これまで高校生の頃からずっと彼氏が途切れることがなかったため、初めてこんなに長い期間を一人で過ごしました。社会人になったこともあり、1人暮らしを始めたので、学生時代に比べて更に一人で過ごす時間が増えました。

一人で過ごしてみると、はじめは寂しかったですが、慣れてしまえばとても気楽です。今までは空いている時間に彼氏のことを考えていましたが、自分のことだけを考えられます。マラソンや海外一人旅など、今までやりたいな、と思っていてなかなか始められなかったことをはじめられました。また、男友達と遊びに行っても誰にも文句を言われません。

そして最近、久しぶりに彼氏ができました。しかし、以前のように彼氏に依存したりはしません。

彼と会えない時間は自分の趣味や友達との時間を楽しみ、彼と会える時に彼との時間を思い切り楽しもう、と考えられるようになったのです。1人を楽しむことができるようになったおかげだと思います。

現在の彼とはとてもいい距離感で、お互いにいい関係を築けていると感じています。

彼のことが好きすぎて、いつも連絡を取っていたい!という気持ちも分かりますが、私のようにしつこくしすぎて彼に振られてしまう前に、自分の時間を楽しむように努力することも大切です。

8.今すぐチェック!男性が感じる「あざとい女子」の行動パターン3選

好きな男性の前にでると、いきなり態度を変える女性がいますよね。

ひと昔前なら「小悪魔女子」と言われるタイプで、行動があざとい女性のことを指します。

自分ではそんな行動をしていないつもりでも、無意識にやってしまうケースもよくあります。

今回は、あざとい女子の行動パターンを例にあげますので、自分が当てはまっていないか確かめてみましょう。

①自分のキャラを押し付ける

あざとい女子の口癖は「私って○○なタイプだから~」というものです。

自分のキャラを押し付け、マイペースに巻き込もうという考え方です。

男性との会話によく使われるフレーズで、とにかく自分の都合に合わせて欲しいという、自己中心的な願望の表れです。一見すると、自分自身をよく理解している女性のように感じますが、気分によってコロコロ変わることが多く、男性は疲れやすくなります。

②「男ウケ」という言葉をよく使う

友達同士の間で「男ウケ」という言葉をよく使うのは、あざとい女子の特徴です。

服装もメイクも自分の好みではなく、一般的に男性から好印象とされているものを取り入れます。「可愛い」という言葉を連発する女性は多いですが、あざとい女子の場合は「男ウケしそうで可愛い」のが本音なのです。

どんな些細なことでも、男性目線を気にしながら行動する傾向があります。

③落ち込むフリが上手い

女性同士で話している時は元気でも、男性の前に出た途端、落ち込んでいる様子を見せることがあります。

「メンタル弱ってるの」「励まして~」などと、反射的に落ち込むフリをするのが得意で、かなりあざとい雰囲気が漂います。でも、本人は癖のように繰り返しているので、周りが呆れ顔になっていても気が付かないことが多いです。

あざとい女子の行動パターンは掴めましたか?

どれも男性の気を惹くためにやっている行動ですが、わざとらしいので、男性からウケが良いとはいえません。誰かに指摘されるまで気づかないケースが多いので、日頃からこのような言動をしていないか再確認してくださいね。