記念日やイベント時に何もしてくれない彼氏!興味ない,適当,無関心に対する対処法

彼氏よ恋

「彼氏が記念日やイベント事にうとすぎる…適当すぎる」

「何で忘れるの!何で特別のことをしようと思わないの!」

と無気力彼氏を持つと、こういった不満が生まれてくるかと思います。

“このような彼氏・・・なんとかしたい!”

ここでは実際に記念日やイベント事を気にしない、好きじゃない彼氏を持った経験のある女性たちの体験談をご紹介します。

イベントで何もしてくれない彼氏への対処方

念願の理想の彼氏ができたらあれがしたい、大好きな彼とお付き合いスタートしたからどこへ行きたい、など、彼氏ができるとこれからの毎日が楽しみになるものです。彼氏がいることで、1年のイベントも色づきますよね。

交際が始まってしばらくは一生懸命自分から誘って、楽しいデートを堪能しているつもりでも、ふと、「あれ、わたしからばかり誘ってないかな」と気づく人も多いのではないでしょうか?草食系男子のブームのかげで、実は無気力気味の男子がのうのうとしていることがあるのです。

「クリスマスどうしよっか」という質問にも「まかせるよ」とか、「いつも通りでいいんじゃない」など、無気力発言されたことはありませんか?嫌いじゃないけど、いつも自分からばかりで、寂しいなと思ったことがある人は、友達の彼氏の話を聞いて、いいなぁと思ってしまうでしょう。かといって、何もしてくれないと不満を彼氏にぶつけて、ワガママなやつと思われるのもしゃくですよね。では、彼氏を奮い立たせるにはどうすればよいのでしょうか?

まず、おそらくそのような彼氏はイベントで楽しかった思い出がそんなになかったり、嫌な思い出があったのかもしれません。まずは自分が彼氏を喜ばせるつもりでお手本を見せることが必要です。そしてその際は、決して自分本意にならず、「あなたが楽しんでくれてすごいうれしい」という態度やセリフを発することが大切です。

次に、相手には自分はこれをしてもらうと嬉しいということ分かりやすく伝えておくと、相手も一念発起した際に行動に移しやすいです。例えば、一緒にデートスポットがでていれば、テレビを観ているときに「ここ行ってみたいな」と呟いてみたりするのもいいかもしれません。

そして、何かしてもらったらすごい喜んであげて、感謝することです。小さな子供でも、お手伝いをしてお母さんにすごく喜ばれると、次もお手伝いしたいと思うはずです。小さなことでも、また喜ばれたいなと思わせることで、彼氏の原動力に繋がるはずです。