彼氏が無口になった!無口過ぎる彼に不安!付き合って口数が減った理由は?

彼氏よ恋

「付き合いはじめてから彼氏の口数が減った」

「彼氏が無口で無表情になったんだけど、どうしちゃったのかな?」

等と、あまり話さなくなった彼氏を見て、不安になっている女性もいるかと思います。

ここでは無口になった彼氏の理由と、その体験談を紹介します。

付き合いだしてから彼氏が無口になったのはどうして?

お付き合いに至る前は、色々な話をして笑わせてくれる明るいキャラクターだった彼氏。でも交際してしばらく経ったら前のようにあまり喋らなくなり、私嫌われたのかも?と心配になっている。そんなことで悩んでいる方、いませんか。

私の彼氏もそうだったので、もう愛情が冷めちゃったのかな、と一時は不安に思ったものです。でも安心してください。多くの場合、特にあなたに対する愛情がなくなったわけではないようですよ。

男性は「この子とお近づきになりたい」と思ったら、頭をフル回転させて気を引こうとします。女の子の興味を引きそうな面白い話で笑いをとったり、「いつもどんなことしてる?」とあなたに関する話を引き出そうとしたり、とにかく色々喋って頑張るわけです。

だけど狙っていた女の子と無事おつきあいできるようになると、段々安心して素の自分を見せるようになります。あなたはまだ、彼の仮面の部分しか知らなかっただけなのです。やっと仮面を脱いで本来の自分の姿を見せられるようになったということは、あなたに対して安心しきっているという証拠です。だから「彼、最近おとなしくなっちゃったな」と不安に思うより、「ようやく私に気を許してくれたんだ」と、むしろ喜びましょう。

人にもよりますが、男性は女性に比べて無口な人が多いものです。あなたのお父さんもそうではないでしょうか。また、男性は男同士だと競争関係にあるので、パートナーの女性にだけしか自分の弱い部分は見せないそうです。彼の弱音や愚痴なんかも、「男らしくない」と一蹴しないで「私にだけ弱いところを見せてくれているんだな」と思ってしっかり耳を傾けてあげましょう。常に競争にさらされる男同士のつながりの中で生きている彼にとって、彼女の存在が大きな安らぎになるのです。

男性は女性よりも思っていることや本音を言葉にするのが苦手なので、本心がわからずヤキモキすることもあるでしょう。でも、あまりマイナスに受け取らず、聖母のような優しいまなざしで彼を見てあげましょう。

無口な彼氏に不安な時はまず自分からアクションを起こそう!

好きだった相手と恋人同士になれると、誰もがとても嬉しく舞い上がってしまうのではないでしょうか。特に付き合いたての時期は常に気持ちが高ぶっていて盲目的になり、お互いに相手の悪い部分も目に入らない事が多いでしょう。しかし段々と時間が経ち冷静になって行くに連れて、お互いの悪い部分がハッキリと分かるようになり、それぞれで不満や不安を抱えてしまいがちです。

そんな恋に関する不満や不安は様々な物がありますが、相手が口数の少ない人で何を考えているのか分からないと悩んでいる人もいると思います。一緒に過ごしていても話すのは自分ばかりで、相手はほとんど何も言わなかったり必要最低限の事しか話さない場合が多いと、自分と一緒にいて本当に楽しいのかな・・・と考えてしまうのは当然の事です。

私自身も大好きな人と恋人の関係になれて舞い上がっていましたが、無口な彼氏に段々と不満や不安を感じるようになり悩んでいた時期がありました。普段からあまり彼氏の方から話しかける事も多くなかったので、自分だけが空回りしているような気分になった事もあります。でもそうなってしまったのは自分にも責任があるのです。

彼氏から話かけてくれるのを只管待っていて、こちらからはそれまで話さないようにしようと躍起になっていた時期があります。でも彼氏からすれば自分が口数が少ないのは元々の事なので、私が何故不安に思っているのか全く分かっていないのです。お互いの意思の疎通が出来ていないので、これでは分かり合えるはずがありません。

黙っていても何も解決しないので、私は躍起になって彼氏から話しかけられるまで待つと言う事をやめ、自分からアクションを起こしました。具体的には自分が不安に思っている事をきちんと言葉にして彼氏に伝えると言う行動をしたのです。彼氏に対する不安をハッキリと本人に伝えるのは少し怖かったですが、思い切って話してみると、彼氏は私がそんな不安を抱えていた事を全く知らなかったと驚いていました。こうして初めて言葉で伝えた事で私の不安を知り、そんな気持ちにさせて申し訳なかったと謝ってくれました。

今回彼氏が謝ってくれた事で、不安な気持ちも消えました。頭の中で悩んでいるだけでは何の解決にもならないと経験する事が出来ました。

無口な彼氏に不満や不安がある時には、向こうからの行動を待つよりもまず自分からアクションを起こした方が良いと思うので、同じような悩みを持っている方には是非お勧めしたい方法です。