優しすぎる完璧すぎる真面目な彼氏(男性)は物足りない、つまらないと感じる女性の気持ち

彼氏よ恋

「彼氏は気が利いて、すごく優しいんだけど、なんだか物足りない」

「優しすぎる男性は、つまらない!」

と感じる女性の実態を紹介します。

“優しい人が好きと言う女性が多い中、なぜ優しいだけの男性がダメなのでしょう?”

ここでは女性視点で実際に物足りないと感じた経験のある人たちの恋愛体験談を紹介します。

1.なんだか物足りない男性との恋愛

いつも優しくて気が利いて、穏やかな男性っていますよね。誰しもがそんな男性は素敵だな、理想だなって思うと思いますが・・・、「なぜか物足りない」と思う方もいるんではないでしょうか?

私が以前出会った彼はまさしくそうでした。彼とは友だちの紹介で知り合い、彼の方から猛アプローチをしてくれました。押しの弱い男性が苦手な私は、彼のそういったはっきりした所が好印象で気になる存在になっていきました。

連絡を取るようになり、あっという間に初デートに行くことになりました。彼の誠実さは友人に聞いていたので、初めてでも抵抗なく2人で食事に行きました。しっかりエスコートしてくれて、ほどほどにお酒も嗜み、楽しい時間を過ごすことができたと思います。

そして2度、3度とデートをしました。同じようにエスコートしてくれて何も不満はありません。ですが、なぜかドキドキしないのです。嫌な部分は全くありません。むしろ尊敬する所が多いくらいです。しいて言うなら顔がタイプではなかったですが・・・。

結局、何度デートをしてもどうしても好きという気持ちが湧いてこず、彼から告白をしてもらった際に丁寧にお断りさせてもらいました。彼からしても、何がいけなかったのかわからないとのことでしたが、私からしても何がいけないのかよくわからないのです。ただただ物足りない。それ以外の言葉は見つかりませんでした。

女性はどこかで、スリルや相手の影や、理解できない部分があったほうが興味が湧くのだと思います。何も欠点のない、誠実な男性は逆に面白みのないつまらない男性になってしまうのでしょう。

女性の年齢が若ければなおさらです。ある程度の年齢になっていれば、落ち着いて真面目な男性が1番!と思うようになると思いますが、20代の女性は特にドキドキを求めます。なんだか物足りない…初めにそう思うなら、その彼とはもう進展はしないかもしれません。ズルズルと進展のない男性と時間を過ごすよりも、新しい出会いに目を向けたほうがいいかもしれないですね。

2.私が優しすぎる彼氏が物足りない、と感じてしまう時

「優しい彼氏だけど、なんだか男らしさに欠けるな」

昔付き合っていた彼氏にはそんな印象がありました。その彼氏は一つ年下で、私から見ると、「カワイイ」タイプの男性でした。それまでの私は、「年上の男らしい人」がタイプで、見た目にもワイルドな感じの、ぐいぐいと引っ張っていく様な男の人が好きでした。でもその彼氏にはずっとアプローチされていて、なんとなく付き合おうかなと思い、付き合うことにしました。

それまでは男性が勝手な行動をして、私が付いていく様な恋愛が多かったのですが、その彼氏は全く逆で、私のしたいことに合わせてくれました。私が「今日はあなたが決めて」という時でも、私が喜ぶであろう場所を選んで、「自分が行きたかった場所だから」と言ってくれていました。

私は感情の起伏が激しかったので、もっとぶつかる様な恋愛がしたいと思っていましが、その彼氏とは結局一度も喧嘩にならず、二人でいると穏やかな時間が流れていました。

その環境に慣れてきた時に、大きな転機が訪れました。彼氏が就職で県外に出ることになったのです。私は遠距離恋愛の自信がありませんでしたが、彼氏は「絶対大丈夫」と言ってくれました。私が寂しい思いをしない様に、慣れない環境の中で、毎日明るい声で電話をしてくれました。たまに手紙もくれました。

しかし、やはり私は遠距離恋愛の寂しさに耐えられず、というよりもその優しい彼氏よりもやっぱり自分が好みの男性に目がいく様になりました。その結果、私が浮気をしてしまいました。その罪悪感に耐えられず、私からその彼氏には別れを告げました。

最近になってよく思うことですが、男の人の真の強さとは「優しさ」ではないかということです。その彼氏は私のわがままにも耐え、深い愛情で接してくれていました。その時に「ただ優しいだけ」と思っていたことは、実は誰にでもできることでなく、本当に強い心を持った男でないとできない、と気がつきました。

男性が出すワイルドさというものもかっこいいとは思いますが、やはり男性は「包み込む大きさ」つまりは「優しさ」が一番なのだと痛感した経験でした。

3.今の彼氏が物足りないと思っている女性へ

恋愛ははじめのうちは盛り上がっているので、相手のことも素敵に見えるものですが、時間が経って慣れてくると、少し物足りなく感じてしまう事があるんですよね。

「もう少しドキドキさせてくれるような人が彼氏だったら…」「もっとリードしてくれるような頼りがいのある人と付き合いたい」そんな風に不満が出てきたりすることもあると思います。

私も昔おつきあいしていた相手の事を、「なんでもこっちの言いなりだし、自分というものがないんじゃないの?」と思ったことがありました。

優しくて私を大切にしてくれていることは分かるのですが、すっかりときめきを無くしていたので、ドキドキするような恋愛がしたいなあと思っていました。そんな時に、その彼氏とは全く正反対のタイプの男性と仲良くなったのでした。

その人は気分屋なところがあり、わがままで一筋縄ではいかないような人でしたが、そんな不安定さがその時の私には魅力に感じてしまったのでした。

少し気持ちが揺らいでいるときに、その人から情熱的に言い寄られてしまい、彼氏の顔はよぎったものの、ついそちらを選んでしまいました。

結局別れてそちらの男性と付き合いだしたものの、その人が情熱的だったのは最初のうちだけで、私が手に入った途端連絡もあまりなくなり、デートの約束をしてもドタキャンするし、お酒を飲んではほかの女性にちょっかいを出すような人でした。

その人は自分以外を愛せないような、未成熟なタイプだったのです。

そこで改めて、物足りないと思っていた彼氏が、どれだけ自分の支えになっていたか、私の事をどれだけ考えていてくれたのか、という事を痛感しました。

彼の愛に甘えて、かなりきつく当たってしまったことを後悔しました。その元彼は、私の後にお付き合いした女性と、結婚して幸せに暮らしているようです。

今の彼氏が物足りない、と思っている方は、過ちを犯してしまう前に、彼が自分にしてくれていることを思い直してみるのをお勧めします。

4.生真面目な彼とのデートは、シンプルイズベストがオススメ!

みなさんだったら、生真面目な彼氏ってどうでしょう。

その見た目からも生真面目そうだなとわかるくらい、キチンとしている彼との付き合いは、少々ズボラな私にとっては意外とハードルの高いことでした。でも、付き合ってくれているということは、彼も私のことが好き!という超ポジティブで乗り切ることにしましたが、最初にチェックが入ったことをふたつ書いておきます。

※食事の時には指先に釘付け。そこにはド派手?なネイルが・・・

最初のデートで彼が何より気にしたのは、私の指先でした。自分では可愛いネイルだと思っていたそれも、彼にはかなりド派手に見えたようです。

その爪でご飯を作るのか。まず、話題はそこへ。

私は自分の爪があまり強くないので、お湯で落とせる下地を使っているのですが、お湯で落とせると言ってもまず信じてもらえない。

結局、実験よろしくお湯で落としてみせると驚いていました。が、色気のない指先もつまらないわけです。そこで、彼が似合うと思うネイルをおねだりしてみました。本人が好きな色なら否定しないだろう!と思ってそうしたら、本当にそうでした。

小さめの瓶のネイルをプレゼントされました。最初のプレゼントはかなりプチプラになりましたが、彼の好みが一発でわかったのでこの方法はオススメです。

※ターバンは民族衣装!?髪飾りはデートらしいものを

あるとき、デートの日がとっても寒くて、でも帽子は被りたくないしどうしようと考えた結果ターバンを使って髪をまとめて出かけました。

待ち合わせで、知らないふりをされました・・・。

彼からすると、もうそれは民族衣装だろう?とのこと。

寒かったので、おしゃれより防寒を取ってしまった私の不覚でもあるのですが、さすがに知らないふりは傷つきました。

もちろん女子受けと男子受けもあると思いますが、彼の中の一般常識は、髪飾りは髪飾りとしてそれらしいもの、とのこと。

そう言われ、納得。

雑誌に載っているまま真似をしても受けないので、自分はいいけど、一緒に歩く彼はどう思うかな?と1度冷静になって鏡を見返すとデートファッションは失敗しないかもしれません。

【恋愛に新鮮さや刺激がない】彼氏や彼女への気持ちが冷めた時の対処法

2017.10.06