大好きな彼氏に振られそうで怖い!別れたくないときの対処法

彼氏よ恋

恋愛というのは別れ話が付き物ですよね。

中には大好きでどうしても離れたくない彼氏に別れ話を持ちかけられるときもあるかと思います。

そんなときの対処法を3つご紹介します。

①良い思い出を持ち出すこと

男性というのは結構未練がましい人が多いです。

一時の感情で別れたくなってしまっても、良い思い出を思い出すと幸せな気持ちを思い出し、未練が残り別れたくなくなるものです。なので別れ話を持ちかけられたら下記の方法を試してみましょう。

・過去の思い出を振り返る。
・思い出の場所に行く。
・思い出の品を持ち出してみる。
・思い出の写真や動画を一緒に見る。

そうするともう一度うまくやっていけるのではないだろうか。あの時は幸せだったなという思い出に浸り、もう一度やっていきたいという気持ちが出てくるはずです。

②貴重品を預かってみる

貴重品を預かってしまうのも良い方法です。

これは仲が良い時に例えば電子マネー、銀行通帳、キャッシュカード、家の鍵、車のカギなど「将来のためだよ」や「万一なくしてしまうと困るから私が預かっておくよ」などと理由づけして預かってしまいましょう。

仲が良い時であればすんなり渡してくれる場合もあるでしょう。

自分が飽きればすんなり返して、もし彼氏が飽きてしまったら別れるなら貴重品は絶対に返さないという態度を貫きましょう。

③思いっきり追いかけて、思いっきり引く!

押してダメなら引いてみましょう。

男性は基本的に狩猟本能があります。追いかけられると自分を好いているという安心感から飽きてしまい、避けられると何とか自分のものにしたいという思いに駆られます。

特に他の男のにおいをちょっとでも出してみたならば、狩猟本能が働き、追いかけてくる可能性が高いです。なので別れそうになったら一度思いっきり連絡して別れたくないという思いを伝えましょう。

その後に、全く連絡をしないようにしましょう。つまり押しまくった後に引いてみるということです。よほど脈がない場合以外には連絡してきます。

以上が大好きな彼氏と別れなくする方法です。男性は未練がましく、狩猟本能が強い人が多いです。この特性を利用して、別れさせないようにしてしまいましょう。

他の方のアドバイス!「慌てないで、彼氏に振られそうな時の対処法」

最近恋人の態度が冷たい・・もしかして別れたいのかな、と感じた経験はありませんか?じわじわと迫ってくる別れの予感に戸惑い、何もできずに不安を抱えていることでしょう。別れ話をされる前に何とか挽回するチャンスがあるなら、ぜひともチャンレンジしたいですよね。

今回は、恋人に振られそうな時に、別れを避けられる方法についてまとめました。

■共通の趣味を増やしてマンネリ打破!

恋人が冷たくなった理由は、別れを意識しているのではなく、もしかしたらマンネリ化の現象かもしれません。倦怠期ともいえるこの時期は、どんなカップルでも少なからずあるものです。

今の2人の関係に刺激を取り入れるために、何か共通の趣味を増やしてみてはどうでしょう。映画やライブ鑑賞、アウトドアを楽しんだり、スポーツを一緒に始めるのも良いですね。

1人でやるよりも、2人で取り組むほうが面白そうなことを探して、これまでとは違ったデートの提案をしてみてください。

■お互いに1人になる時間を増やす

どんなにラブラブなカップルでも、毎日会っていれば話のネタが少なくなり、デートコースもお決まりになってしまいます。

沈黙の時間ができると不安になりやすく、別れたがっているような気がして詮索するものです。

もしも頻繁に会っているのなら、少しペースを落として、お互いに1人で過ごす時間を作るのはどうでしょうか。そんなの寂しくて耐えられない!と感じるかもしれませんが、その考えこそが恋人に依存しており、負担になっている可能性大なのです。相手に気を使わない自分だけの時間を大事にできれば、会った時にめいいっぱい尽くせるようになるのでお勧めです。

好きな人に振られそうだと感じたら、誰でも慌てて焦ってしまうものです。本心を確かめたくて、あれこれ質問をする人もいますが、それは恋人を遠ざける原因になります。自分の思い過ごしということもあるので、説明した方法を実践しながら、冷静に考えるようにしてくださいね。

別れ話は避けられる!冷たくなった彼氏の愛を取り戻す方法

付き合っている彼氏の態度が冷たくなって、別れ話をされそうな予感がすると怖いですよね。

何だか避けられているようで、このままでは危ないと感じた時、どう対処すれば良いのでしょうか。

今回は、未然に別れ話を防ぐテクニックを使って、彼氏の愛情を取り戻す方法をご紹介します。

■なぜ冷たくなったのか過去の出来事を考える

理由もなくいきなり態度が冷たくなるはずはありません。

何か原因があるからこそ、それが言動になって表れているのです。過去に遡ってみて、いつ頃から、何がきっかけで冷たくなったのかを思い出してください。自分にとっては気に留めないような出来事でも、彼氏にしてみればショックを受けるものだった可能性もあります。

出来る限り、2人の間で起きた出来事を振り返り、冷たい態度に繋がる原因をよく考えてみましょう。

■彼氏の不満を解消するために行動パターンを変える

よく考えてみた結果、思いつく限りの原因を紙に書きとめて、整理してみましょう。

これまでの付き合いのなかで、何が最も不満だったのかを突き止めるのです。彼氏が抱いている不満が分かれば、それを解消するために行動パターンを変えてください。

例えば、細かなことを言い過ぎて嫌がられているなら、もう少し寛容な態度をとると良いでしょう。

自分の我を抑えることによって、彼氏が不満な点を吐きだしやすくなるのです。それからこの時期は、会う頻度やデートコース、連絡する回数なども彼氏に合わせ、しばらく様子を見ることをお勧めします。

■ジタバタせずに堂々と構える

ここまで、彼氏の心理を探るために、原因の追究と行動を変えることをお話しました。

でも、その間ずっと心がけて欲しいのは、ジタバタせずに堂々と構えることです。彼氏に悟られないように水面下で行動を起こし、何となく接しやすくなったな、と感じてもらうためです。

彼氏の口から別れ話がでるまでは、彼女として堂々と構えることが大事なので、慌てずに向き合うようにしてください。

別れ話をされてから行動を起こしても、もはや手遅れという事態になりかねません。

大事なのはその前に出来ることを探して、いち早く対処することです。

たとえ別れようと考えていても、優しく接したり、話を聞いてくれたりすれば、気持ちが変わるかもしれません。

最後まで諦めずに、二人の関係が続くように努力すれば、きっとその想いが彼氏に伝わるはずですよ。

【彼氏や彼女が自分を本当に好きかどうか分からない】不安な気持ちの解消方法

2017.03.16

【彼氏,彼女が冷めた態度を取ってきて不安】冷たい時は引いてみる対処方法がおすすめ

2017.03.07

【彼氏に嫌われやすい彼女の特徴】振られる不安がある女性が取るべき行動

2017.02.10