他の男と歩きやがって!男友達に彼氏気取り、彼氏面された出来事

彼氏よ恋

仲の良い男友達だと思っていた男性から、他の男性といたところを見られ、「他の男と歩きやがって!」と怒られた。

“彼氏でもないのに、なんで彼氏気取り、彼氏面するの!?”

とビックリした出来事がありました。

曖昧な良い方は相手を誤解させてしまう恐れがあります。

恋愛って必ず相手がいてこその事なので楽しい事ワクワクする事がいっぱい起きて本当に楽しいですよね。しかし、楽しい事ばかりではありません。はっきり言えない性格が災いして相手に誤解されてとんでもなく面倒な事に巻き込まれる可能性もあるので気を付けなければいけません。

特に、自分は付き合っていないと思ってただの友達、そしてただの知り合いとして会っているつもりが知らず知らずのうちに相手だけ盛り上がってしまっているというパターンもあります。そんな時、その空気を感じた時にはっきりと私たちは付き合えません、などと言える人は良いですが、言えずに曖昧にしてしまう人も多いのではないでしょうか。私もそんな人間の一人です。

このまま、なんとなく相手が気が付いてくれるなら自分は悪者にならないで良いかなという甘い考えが私にはありました。

その相手とは、ある飲み会で出会いました。そして、何度か皆で集まって遊ぶうちに誘われました。その方はかなり男っぽい外見だったのですが、実は甘いもの好きで男同士で行ってくれる人も居なくて良かったら一緒にスイーツのお店に付き合ってくれないかとのことでした。

その時点で、私は付き合っている人や好きな人も居なくて暇でもありましたし軽い気持ちでお店に一緒に行ったのですが、その後何度か色々な場所に誘われることになりました。私は、大体初めに好きにならなければその後一緒にいる事で段々好きになっていくタイプでは無いので完全に男友達として考えていました。

特殊な職業の人で、凄く忙しい時には全然会えないけど暇な時期にはかなり遊べるという感じで私と出会ったのが暇な時期でした。そして、しばらく忙しくなるから会えないと言われて半年くらい経過して私は其の半年の間にある方と出会いお付き合いをすることになりました。

そして、すべて忘れてある時新しく出来た彼氏とデートをしていたら繁華街のど真ん中でその人にすれ違いました。その時、私は彼氏と腕を組んで歩いていたのですがすれ違いざまに恐ろしい形相で私をにらみつけていました。ぞっとして、急ぎ足でその場を後にしましたが、帰宅後メールが届いていて何で他の男と歩いていたの?と来ていました。

かなりまずい展開になったと思い、思い切って電話をして私の思いと事情を誠心誠意お話しして分かって頂けましたが、本当に怖かったです。相手は、あれだけ色々な場所に二人きりで行ったからには私と付き合っている気持ちになっていたそうです。

付き合おう、とかそういう言葉がなくてもお付き合いに発展する事があるので本当に気を付けなければと肝に銘じた出来事でした。