将来プロの音楽家になると夢を追いかける彼氏との恋愛は不安だらけ

彼氏よ恋

20代・30代にもなってまだ夢を追いかけている彼氏。

アルバイトをして生計を立て、もし夢が叶なわなかったらどうするつもりなんだろう?

いつになったら現実的に先を見据えれるよういなるの・・・。

結婚について考えらない人と、このままずっと付き合っていくなんて時間の無駄なのかな?

今回は夢見る彼氏の実態について紹介します。

夢を追いかけている彼との恋愛

夢がある男性ってすごく魅力的に見えますよね。キラキラしていて未来に向かって必死に努力している男性はとても輝いていますし、平凡な毎日を淡々と送っている人と比べると会話も刺激的だったり自分の知らないことをたくさん知っていたりして惹かれてしまうものです。

ですが、実際そういった男性と恋愛をし先を見据えた時に現実にぶつかってしまうこともよくあると思います。

私も20歳くらいの頃に、音楽で将来は成功したいという同い年の彼と付き合ったことがありました。友人の紹介で知り合い、みんなで遊ぶうちに仲良くなり自然と付き合うことになりました。彼が一生懸命夢を語る姿は私にとって刺激的で、私が今まで出会ったことのないタイプの男性でした。私はどちらかというと引っ込み思案で、自分の夢など語ったことなどなく、むしろ夢らしいものなど考えたこともありませんでした。田舎から出て一人暮らしを始めたばかりだったということもあり、なおさら彼が特別輝いて見えたのかもしれません。

そんな彼と毎日過ごすようになり、私も夢や目標が欲しいと思うようになりました。そんな時にちょうど仕事が楽しいと思い始めていたのもあって、自分は今の仕事で責任者をさせてもらえるようになりたい!と考え、それが私の目標となりました。彼とお互い目標に向かって刺激し合い、高め合うことができるような関係になっていったと思います。

ですが、私が実際に責任ある仕事ができるようになり始めた頃に少しづつ彼とのズレを感じるようになりました。

彼は夢を見つつも自分に甘いところがあるということに気付いたのです。それは私が仕事で人材育成をすることで、目が肥えたことが理由だと思います。初めは夢を追いかけている彼を下から見上げていたのに、いつの間にか私が追い越し上から見おろすようになってしまっていました。
夢があって輝いていたはずの彼は、好きなことだけしかできない頼りない男性でした。

しばらくして自然と私たちは別れることになりました。

夢を追いかけている男性は素敵に見えますが、私はあれから現実的に男性を見るようになり、ただ夢を語るだけでなく結果を出せているかどうかを見るようになりました。若いうちはいいかもしれませんが、先を見据えれば夢見がちな男性は友だちでいた方がいいかもしれないですね。