【デートに誘ってくれない彼氏へのデートの誘い方】自分から誘えない女性必見!

彼氏よ恋

「デートしたいのに彼氏がデートに誘ってくれない!」

「私から誘うのも、断れるのが怖いし、良い誘い方が分からない!」

と悩んでいる女性に向けて、ここでは彼氏へのデートの誘い方を紹介します。

1.断られるのが怖くて彼をデートに誘えない女性のための気持ちの持ち方

断られるのが怖くて彼をデートに誘えない、デートの誘いは彼からしてほしい、と思う女性は多いと思います。

しかし、デートに誘われないなら誘うしかない!と、まずは自分を奮い立たせましょう。

断られると当然傷ついてしまいますが、断られるのが怖くていつまでも誘えず、気がついたら彼にはもう恋人ができていた・・・なんてことになってしまえば、余計に傷つくし、後悔してしまいませんか。

私の経験上、恋愛においては、行動したことによる後悔より、行動しなかったことによる後悔のほうがダメージが大きいと思います。行動をしていれば「がんばってもダメだったんだからしょうがない」と割り切れますが、行動していないと割り切りようがありませんから。

あと、恋愛もやっぱり「慣れ」が大事と思います。

断られるのが怖いからと、いつまでも自分から誘えないままでいても、断られることの怖さはずっと克服できません。しかし、怖いところを勇気を出して誘えば、断られるかもしれないけれど、案外そんなに傷つかないかもしれません。「なあんだ、こんなものか。次誘えば上手くいくかも!」と前向きになれるかもしれませんし、そもそも誘えばOKされるかもしれません。このように、行動を起こすことにはリスクももちろんありますが、プラスの面での可能性もたくさんあります。恋愛は、行動あるのみだと思います!

あと、誘うタイミングも重要と思います。

会うまでの期間が空けば空くほど誘いづらくなってしまうので、デート中に次の約束をしてしまうのが理想と思います。メールやLINE、電話より、直接会って誘ったほうが、その場のいい雰囲気にノって「OK!いいね!」って相手も言いやすくなるのではないでしょうか。デート中に何を話したらいいやら分からなくなってしまう人も多いと思いますが、次は何を一緒にしたいか、どこで会いたいか、という話をふれば、デートの約束にも自然に持って行きやすく、会話にもなり一石二鳥と思いますよ!

2.デートに誘ってくれない彼氏へのデートの誘い方

「恋愛は駆け引き!」

恋愛は駆け引きがすべて。行き過ぎても行かなさ過ぎてもよくないもの。女の子からがつがつ行ってしまうと男の人は逃げ腰になってしまうと言うし、かといって全く行かなければ男の人にはなかなか想いが伝わらない。難しいですよね。

そんな駆け引きでの悩みで多いのは、デートに誘ってくれない男の子だったら、自分から誘ってしまってもいいのか?ということ。

好きな彼がいて、連絡も結構取り合ってるんだけれど中々デートに誘ってくれないっていう場合ありますよね。皆さんはどうでしょうか。自分から誘うべきなのか、それとも誘ってくれるまで待ち続けるべきなのか。

ブルゾンちえみから言わせれば、「誘わない、待つの」が正解なんでしょうけれど、それができるのはよほど自分に自信がある人だけなのであって、普通の人は誘ってくれない時間が長ければ長いほど不安になるし、待ってられないもの。もしかしたら待ってる間に他の女に乗り換えちゃうかもしれないですもんね。

「誘ってくれない彼には、こうする!」

女の子からすると、男の子が誘ってくれない場合は自分に興味がないのだろうかと不安に思ってしまうこともありますよね。でも男の子も男の子で不安を抱えてます。どこにデートに行けばいいのかわからない、ご飯の後どこに行けばいいだろうか、どんな場所が好きなのかわからないといったものです。これらはデート前の男友達からよく受ける質問です。だからこそ、こういった不安を自然な流れで取り除いてあげると向こうからデートを誘ってくれる確率が上がります。

不安を自然に取り除く魔法の会話3つ。

まず不安を自然と取り除く方法の一つ目は、食べ物の話をするということ。

例えば”○○のパンケーキやさんっておいしいんだよね~”とか、”ここのパスタ行ってみたいんだ!”などです。基本的に男の子は女の子が喜ぶごはん屋さんを知らないことが多いです。会話の中で行ってみたいお店を言っておけばそこに連れて行ってくれる可能性も高いですし、男からしても誘う口実ができるのでデートに誘いやすくなるといえます。

次に、二つ目は趣味の話をすることです。コーヒーが好きなんだとか、ワインが好きなんだとか、服が好きなんだとかなんでもいいです。普段から趣味の共有をしておくとデートの行き先を決める際に役立ちます。友達の場合はお互いに服が好きだったこともあって古着屋めぐりなどをよくするようになってましたね。

最後は会話ではないですが、いろんな場面で偶然を装うことです。機会がある場合に限りますができる限り横の席に座ってみたり、外出先でばったり会う機会を演出したりすると良いです。人は会う回数が多いほど無意識のうちに信頼する傾向があるため、会う回数を多くすると自然のうちにデートへ行くまでのハードルが下がります。

こんな感じで工夫をすれば、普段全く誘ってくれない彼が誘ってくれるかもしれません。女の子の方から誘うのももちろんありですが、できるだけ男の子のほうから誘ってもらえるように仕向けると男の子もいろいろ頑張ってくれるのでデートがスムーズに進む傾向があります。今回紹介した3つのこと、是非試してみてくださいね。

3.趣味を優先しデートに連れて行ってくれない彼氏

付き合ってる人が、休みの日にどこにもデートに連れて行ってくれなくて、自分の趣味のことばかり頭がある場合は、はっきり言って恋人失格だと思います。

私は今までに付き合った男性の中で、休みの日にどこにもデートに連れて行ってくれない人がいました。その男性はバイクやハーレーが好きで、その男性は大学生だったので学校に行く時やバイトに行く時にいつもバイクやハーレーに乗っていました。

そして学校やバイトが休みの日は、大体いつも自分のバイクやハーレーをいじっていたり、バイクやハーレーを売っているお店に行ったり、友達と一緒にバイクやハーレーに乗ってツーリングをしていました。

私はその男性と半分同棲をしていたので休みの日にちゃんとしたデートに連れて行ってもらわなくても、その男性と半同棲をしている家で会って2人の時間を作ることは出来ました。

でもその男性と半同棲をしている家で会う時は、ただ一緒に食事をするわけでもなく夜寝る時だけ一緒にいるような感じでした。なので私はその男性とはちゃんとしたデートの思い出がありません。

私は多分その男性に、ただ体を求められていただけの相手だったような気がします。

それでも私はその時はその男性のことが大好きで仕方が無くて、ちゃんとしたデートに連れて行って貰わなくてもただ一緒にその男性と居るだけで嬉しかったので、5ヶ月間くらい半同棲をし続けました。

その男性とデートをしたのは、近所の居酒屋に行った時とバイクに乗せて貰ってラーメン屋さんとファミリーレストランに行った時の3回くらいしかありませんでした。

私はその男性と別れた後に、男性ちゃんとデートをせず何もプレゼントも貰わずに、そんなに大事にされず私はよく付き合っていたな~と思いました。

男性が自分の趣味を持っていて、その自分の趣味に凝っているというのはカッコ良くて素敵ですが、付き合っている女性としてはちゃんとしたデートを月に数回はしたいと思いますし 、趣味のことよりも自分のことをもっと見て欲しいと思うものだと思います。

なので、 休みの日にどこにもデートに連れて行ってくれないような人と付き合っている人は、少しその付き合ってる人と距離を置くと良いと思います

もっと自分を大事にしてくれてたまにプレゼントも買ってくれるような男性を見つけて、付き合った方が将来の自分の為にもなると思います。趣味に没頭して凝りすぎているような男性とは、付き合っても女性として幸せにはなれないと思うので、気をつけたほうが良いです。