【考え方が古い亭主関白な彼氏】男性の方が地位が高いと上から目線の男尊女卑主義がウザい

彼氏よ恋

「彼氏が昭和なみに考え方が古く、付き合っていて疲れる。」

「亭主関白で威張ることが多い。」

「男性の方が社会的地位が高く、女性は従うものと思っているのがムカつく。」

「上から目線の行動がウザい。」

等と感じている女性に向けて、ここでは実際にそのような男尊女卑主義な男性と付き合った経験のある女性たちの体験談とアドバイスを紹介します。

1.亭主関白に憧れ、昔気質の彼氏

20代後半、結婚適齢期だった私が彼と付き合ったきっかけは友達からの紹介でした。

通った学校は違うのですが同じ年の男性でした。会ってすぐに付き合うことになったのですが、彼の性格は昔気質というか、亭主関白に憧れる男性で、ある意味自己中心的な性格の人でした。

お互いに仕事をしているにも関わらず、毎日デートしたがったりするので付き合ってすぐに私は疲れてしまいました。彼の友人が集まる食事会や飲み会には必ず連れていかれ「俺の彼女です」と紹介してもらったのはとても嬉しかったのですが、せっかくお洒落しても「俺と釣り合うような恰好して」と言われ着替えに帰ったこともありました。彼は、カジュアルなファッションが好きだったので私のワンピースやヒールの高い靴は好みではなかったようです。彼と私の身長が同じということもあって、ヒールを履くのは禁止にされました。

そして、デート中にコンビニなどで飲み物を買った時に私が財布を出すととても嫌な顔をされていました。腹を据えかねたのか「俺の前で財布は出すな」とまた禁止事項が増えました。彼は収入が多いこともあり、結婚したら女は家庭に入って欲しいと思っていたようで私の世話好きなところを気に入ってくれていました。

しかし、そんな彼の懐事情は芳しくなかったようで、親に携帯番号料金を支払ってもらっていたり、借金もあったりとお金使いの荒い人だったようです。彼は、友人には私と結婚することに決めたと話していたようですが、私自身は何も聞かされておらず普通に付き合っていたつもりでした。

が、数か月後いきなり「仕事辞めたらしいよ」と紹介してくれた友達から連絡があり、私からも連絡しましたが応答がなく、心配だったので自宅に行ったのですが会ってもらえず音信不通の状態が一週間続きました。友達とは連絡を取り合っていたようなので話を聞いてみると、私との結婚を考えているからもっと条件の良いところに転職したいが上手くいかないと悩んでいて、なのに毎日連絡してくる私がうざいと言っているとか。私は反省して彼が落ち着くのを待ちました。

しかし一か月経っても何の連絡もなく彼は再就職したと聞きました。私から連絡してみると着信拒否されていて、メールも受信拒否にされていました。友達から聞いた話では、そっとしておいて欲しかったと。男が何かを決断する時に女は邪魔だと言っていたそうです。昔気質の男性には口答えもせず、三歩下がって歩くような女性があっていたのかもしれません。

2.男尊女卑な発言をする彼氏、どう対応すればいいの?

まず男尊女卑とは、「男性を重くみて、女性を軽んじることや考え方。男性の方が社会的地位が高く、女性は社会的地位が低いという傾向」を意味します。

今どきの十代の若い男の子には、男尊女卑な発言をするということはあまりないかもしれません。もしかしたら、男尊女卑という言葉すら馴染みがなく、「知らない」なんてことがあるかもしれないですね。

一昔前に、草食系男子という言葉が流行りましたね。

男女平等と騒がれて久しいこのご時世。そのせいか、結婚しても共働きは当然、お財布管理は別々で、というご夫婦も少なくないようです。

しかし、働いているとわかることなのですが、まだまだ社会では、男尊女卑な発言をする上司や、会社の体制というのは多いですね。

会社や上司である他人ならまだしも、自分のお付き合いしている彼氏がこういう男尊女卑な発言をする男性だったら・・・耐えられますか。

実は、私のお付き合いしている彼氏と喧嘩した場合、決まって男尊女卑な発言をするのです。お付き合いして初めて喧嘩をした時には、その男尊女卑の発言を聞いて、真剣に別れることを考えました。

しかし、今もお付き合いは続いています。というのも、まだ完全に彼のこの『男尊女卑』を攻略(?)したわけではありませんが、一つ効果的な対処方法を発見したのです。

まずは、この彼氏が、喧嘩の時にどういう男尊女卑発言をするかお伝えしたいと思います。

例えば、私が彼といる時に、彼の話の矛盾点を指摘したとします。そして、彼がそれに対して説明をしますが、さらに、その矛盾点を追求したとします(ここで私の行動については棚上げしますね。女性はこういう傾向多いですよね)。すると、彼はその追及されたことに対して怒り出します。

そうすると、彼は決まって、

「どうして、日本の女性はそうなんだ。自分が言ったことについては、簡単に言い逃れをして、くつがえらせるくせに、人の発言についてはギャーギャー追求する。だから日本の女性が官僚や大臣になるとろくなことがないんだ。今のニュースだってそんなことばっかりじゃないか。女性として立派なのは小池知事位で、あとは全部腐ってる」

と言いました。

喧嘩をすること自体は決して悪いことだとは思っていません。喧嘩をしなければ、お互いの本音はわからない。でも、この彼の言葉が本音だとすると、ちょっと許せないですよね。

普段は多少正義感は強いものの穏やかな彼だけに、この発言については、本人にとっても控えた方がよいと思った私は、彼に冷静に、この発言だけは絶対にやめるべきだ、男尊女卑になると力説しました。

すると、どうやら、どれだけひどいことを言っているかはわかっている様子。でも喧嘩になるとどうしても、発言をしてしまう様子。彼にとっては切り札のようなんですね。

そこで、私は彼に伝えました。

「次の喧嘩以降は、もしあなたから男尊女卑な発言が飛び出したら、一切話をしない」と。

そして実際に実行しました。そうすると、もちろん会話はなくなるわけですが・・・それで彼は自分の発言に気づくのです。

しばらくすると「ごめん」と言ってくれるようになりました。

もちろん、これは本質が改善されたことではありませんが、彼の発言を反省させる意味では有効かと思います。

もし男尊女卑な発言をする彼氏にお困りの方、まずは一度きちんとその発言がどれだけ傷つくか、そして、それによって、気持ちが離れてしまうこともあることを説明しましょう。

そして、それに対して、どういう態度をとったら、彼が反省してくれるかを観察してみましょう。

せっかくお付き合いしている彼氏ですものね。大事にしましょう。