【彼女の束縛や嫉妬がきつい例】束縛彼女がウザいと思った男性たちの体験談

彼女よ恋

付き合い始めは何とも思わなかったのに、男性が徐々にウザいや嫌だと感じ始めること、それは、

「彼女の束縛」

“なんで連絡してれないの!”

“今なにしてるの?”

“さっき誰と一緒にいたの?誰と話していたの?”

“寂しい・・・一緒にいたい!会いたい!会いたい!会いたい!”

等、様々な例がありますね。ここでは実際に彼女の束縛がウザいと感じたことのある男性の体験談を紹介します。

彼女のどの言動がウザいと感じ、男性はそのような彼女とどのように付き合っていけば良いのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう!

1.なにをするにも一緒にいたい!彼氏に依存する束縛彼女との付き合い方

当時私は2つ年上の彼女がいました。

私はあまり積極的な方ではなく、自分からガツガツいくタイプではないです。いわゆる草食系男子の分類だと思います。でもその彼女の場合は違っていました。

出会いは友人主催の飲み会でしたが、なにか惹かれるものがあり自分から積極的にアプローチし、見事付き合うことになりました。付き合い始めから「私、付き合ったら同棲するタイプだから」と言われ、当時24歳の私はまだ同棲経験はなかったのですが、そんなことから2つ年上の彼女との同棲生活がスタートしました。

生活習慣の違い(お皿の洗いかたや洗濯の仕方など)から喧嘩したりイライラすることが多々ありました。私が一方的に怒られてましたが。生活習慣の違いは仕方ないのでそれは私が合わせていましたが、それだけでなくその年上彼女は、自分(彼女自身)の友達と遊ぶ時、ちょっとしたコンビニなどへの買い物、お風呂入る時、トイレへ入る時など、どんな時でも一緒にいたがる彼氏に依存しすぎる彼女でした。

トイレまで一緒に入りたがるって相当ですよね。

さすがにそれは拒否しましたが、それでも度々入ろうとしてきました。

他にも、例えば銀行へお金をおろしに行く時、車のオイル交換をしに行く時など、とにかく一緒にいたがる彼女でした。

そんな性格なので、男友達と遊びに行くのも大変でした。

「遊びに行ってくる」と言うと、「えーなんで?行かなくていいよ」という言葉が返ってきます。

結局、遊びに行くと彼女の機嫌が悪くなってしまうので、極力控えるようになってしまいました。でも私はもちろん友達とも遊びたいです。それを友達に相談すると、「彼女も一緒に連れてくるしかないのでは?」とアドバイスをもらいました。

彼女自身が友達と遊びに出かける時は、私も連れて行かれていたので、その方法ならば全く問題はありませんでした。

実際、そうすることにより、友達と遊ぶ回数は増えましたが、たまには男だけで遊びたい時だってあります。とは言え、いつでも一緒にいたがる彼女ですので、友達と遊ぶ時も一緒に連れていくのが一番かもしれません。でも、正直私は「これだけ一緒にいたいと思ってくれるほど好きなのか」、「これほど自分のことを必要としてくれてるのか」と考えることもあり嬉しく思う時もありました。

結局、度が過ぎるとお互い無理が生じるのでほどほどがいいと思います。束縛という問題は男女交際でよく聞かれますが、それでも相手の事が好きなら上手に付き合っていくしかないですね。

2.彼女の束縛がきつくて嫌になった男性の体験談

付き合ってからの悩みだったのですが、彼女がとても束縛がきつくなりました。

私は異性の友人も多く、誰とでも仲良く話すことが多かったです。もちろん、そこで浮気をすることなど一切ありませんでした。しかし、彼女は私があまりにも仲良くするから不安になり女性がいる食事会は行かないでほしい、女性と話さないでほしいと強く提案してきました。私も彼女のことが大好きだったので、この問題をどうにかして解決しようとしました。

では、どのように解決しようとしていったかというと、まずは私の友人に会わせるようにしました。

彼女は、知らない女性と会うのが不安と思っていそうだったので、私の女性友人と会わせて仲良くなれば何か変わるのではないかと思い、彼女を私の友人との遊びに誘いました。あらかじめ、友人には今回呼ぶ理由は、仲良くなってもらって信用してもらい束縛をなくしていきたいという内容を伝えて、彼女と仲良くなってもらうようにしました。

その時期は、夏場で友人と川に遊びに行く予定があったので、彼女には友人が彼女に会いたいと言っているので一回来てくれないかと頼み、参加してもらうことになりました。当日は、私が間を取り持ち、話を展開させて場づくりをしました。

実際川に着くと、みんな仲良くなり楽しく川遊びをしました。この日の目標は、私が間に入らなくても仲良くなっているというものだったので、後半はなるでく彼女と別行動するようになりました。何とか、目標を達成して、帰宅し感想を聞くと、私の周りの友達はとてもいい人で、変な下心があるような人はいないとのことでした。後日、その友人とたちと遊びに行くと言っても特に何も言われなくなり、私の作戦は成功しました。

もう一つアドバイスなのですが、付き合う前に異性も含めた友人が多いというのはあらかじめ伝えておいた方がいいと思います。その中で、この友人たちは恋愛対象として見ることはできないなど伝えておくのも一つだと思います。

3.彼女の嫉妬が怖くて、別れた男性の恋愛体験談

「愛だの恋だのって面倒くさーい!」なんて言っていた女友達が彼氏が出来た途端に大変面倒な事になったお話をしたいと思います。

バイト先の同僚で私と同じく彼氏がいなかった友人A。このAさんは「もうさ~恋愛なんて面倒くさいだけじゃん?男なんていらないよね~」なんて言っていたにも関わらず、合コンで知り合った年下の男性といつの間にかお付き合いする事になったらしく、暫く心ここに有らず…といった感じでした(笑)

そして私には「カッコいいんだよ~これがまた!凄いイケメンだから○○もきっと好みのはずだよ!」と言って写真を見せてもらいました。しかし残念ながら、私の好みでもなく、凄いイケメンでもありませんでした…。

そんな彼氏にご執心なAは段々とおかしくなってきました。仕事中もスマホやPCで彼氏のツイッターやらFBをチェックして行動を把握しておかないと気が済まなくなってきていて、ちょっとでも彼氏に女の影が見えると私に「これ浮気じゃない!?」とか「どうしよう、やっぱり若い子の方がいいのかな」とか言ってくるようになりヤキモチを焼き過ぎて怖いくらいでした。

ちなみに彼氏はカフェの店長さんをやっているらしく、ツイッターやFBにはお店のバイトの女の子や男の子と一緒に載っていたりするので、あくまでも「仕事」の一環だろうと私は考えていたのですが、Aは違ったようで、お店を見張りに仕事が終わった後に私も彼氏の店まで連れて行かれた事がありました。

挙句は店まで見張っていたようでした。それだけ彼氏が好きなんだろうとは思いましたが、これじゃストーカーです。

そんな行動が彼氏にも怖かったらしく私に相談がありました。付き合い始めて半年くらいしたら落ち着くのではないかと言ったのですが、結果半年彼氏は頑張ったのですがAのストーカーの様な行為は落ち着きませんでした。結局、彼氏の方がAを怖がり別れてしまいました。

相手を思う気持ちは勿論大事な事ですが度を超えると、ただのストーカーとなります。相手が好きなのは分かりますが束縛しすぎてはいませんか?束縛し過ぎると相手が怖がって逃げてしまいますよ。一度自分の行動を振り返って考えるようにしてみましょう。

4.彼女の束縛で、すごく辛い恋愛体験をした事

私が経験した恋愛経験の中で”別れてないのに辛い恋愛”をした事、そしてそれを解決した方法を記事にしたいと思います。

その女性とは合コンで知り合い、最初は付き合う予定も普通に友達数人で食事に行ったりカラオケに行ったりと二人で何処かに出かける事はない関係性でした。

そして出会って2ヶ月後、女性から話があるからお茶しないと電話を頂き、初めて二人でお茶をすると同時に彼女からの告白をきっかけに付き合う事になりました。

付き合って分かった事はたくさんありましたが、その中で何が辛かったかと言うと“束縛の激しさ”でした。束縛って気づかないもので最初は「優しいとか、自分の事を本当に愛してくれているんだ」と言う気持ちでいましたが、全くの正反対で彼女の場合は「浮気されないか心配で、束縛していた」事が付き合って半年ほどで分かり、私は引くしかない状況になりました。

しかし逆を言えば優しさでもあるので簡単に決めつけるのは良くないと思い、私は友人(男性と女性の友人二人)に相談しました。

自分に何が足りないか…を相談しているうちに彼女は必要だけど、無理に付き合って疲れるより、きちんと距離を持った付き合い方が出来る人はたくさんいるのではないかと考え方を変えることになりました。

最終的に女性の友人の「付き合う女性はこの世に一人だけじゃない」と言うアドバイスから別れを切り出す事が出来ました。

別れる前と別れた後の自分の気持ちは遥かに変わって、気持ちが凄く楽になったのと、自分の時間が出来たので自由に過ごせる時間が増えた事は嬉しい限りでした。

“生活が楽になった!普段の自分になった!”と自分でわかるくらい、彼女は生活の一部で重荷になっていたんだと気づかされました。

今まで半年間の時間を返してほしいと言う気持ちが高ぶり、恋愛も付き合いも、”疲れる事は間違いない”と言う恐怖心に変わりました。前の彼女より疲れる人もいるし、相性が合う方もいるかも知れませんが、恋愛に関して、あれから1年ほど距離をおいて生活をしています。

5.彼女の束縛の悩みと解決策

恋愛をすると必ず発生する悩みの一つに、常に相手の行動が気になってしまう事があります。

片想いや告白前というよりは、彼女や彼氏が出来てからの悩みの一つで、相手が浮気していないか、何をしているのかを常に知っていたい、自分の都合の良いままに束縛したい、不安になる事は恋愛における問題点だと思います。

人のタイプにもよって異なりますが、その不安から束縛をしてしまう事もあります。

私の体験談ですが学生の時に付きあっていた女性が、常に私の事を把握していたい女性でした。

最初はそれほど想ってくれていると感じて特に嫌ではなかったのですが、メールは30分以内、毎日の連絡、こまめに報告をするなど日に日に縛りが厳しくなってきました。

出かける時にも予定を伝えておかないといけないので、束縛されるようになりしんどく感じました。私も特に不満を言わないで、従い続けていたのですが、エスカレートする束縛に精神的に病んでしまい、一方的に別れる事になってしまいました。

気になり始めた時に束縛に目を背けずに、彼女と話し合えばよかったと感じています。

常に行動が気になってしまう相手の束縛には、しっかりと話し合う必要があります。束縛された時には、解決する為にじっくりと話し合い、嫌な事ははっきりと伝える事が肝要です。

相手の事が好きだからこそ束縛してしまう束縛している側でも相手の話を聞いてあげる事も大切です。

束縛されているという実感があるのであれば、放っておかずにしっかりと話し合い、感謝も入れつつ相手を傷つけないように行う事がポイントになります。

束縛する側は特に女性が多く、束縛される男性は多いと思いますが、強く言わずに話を聞いてあげて、やんわりとやめて欲しい事を伝えるとスムーズにいくと思います。お互いの事を愛しているからこそ起こりうる恋愛における問題点の相手の行動が気になる、束縛してしまう事は、しっかりと話し合いで解決する事が大事になります。

6.やきもちがウザい彼女への対応

とにかく「やきもちやきがひどい彼女」と付き合っていた頃の自分自身の話です。

恋愛をしている時に彼女のやきもちやきがひどくて、1つ1つの行動をチェックされて面倒という話はどこにでも、よくある話だと思いますが、自分も大学1年生の時にその状況がありました。

当時、3歳年上の彼女と付き合って、同棲していたのですが、朝起きたところから、1日のスケジュールの確認が始まります。

「どの授業を誰と一緒に受けるのか?」「昼休みは誰とごはんを食べるのか?」「夕方のバイトの時間までは誰と何をするのか?」「バイトは誰とペアで入るのか?」「そのあとの飲み会は誰と飲むのか?何時に帰ってくるのか?」「今、電話がかかってきた相手は誰なのか?」という感じで、ほぼ毎日でした。

毎日あまりにしつこいので、「そこまで色々聞くのはやめてほしい」とイライラした感じで伝え、「なんでそんなに誰と会っているのかを聞くのか?」と聞いたら、「うわきをされるのが心配なんだ」とヒステリックに答えが返ってくるといことの繰り返しでした。

半年ぐらいして、さすがに、そのようなやりとりに、うんざりして、それでも、相手のいい部分もたくさんあったので、1度冷静になって、きちんと話あったほうがいいと思い、ゆっくり話し合う時間を持ちました。

今振り返ると、いつもは相手が「誰とあうの?」の言葉をきっかけに、「誰とあってもいいだろう」とケンカになるパターンだったので、あの時は「今日は、誰ともあわない。話し合おう」と切り出したのが大きな違いだったと思います。

そしてイライラしていない中で話し合えたのが良かったのだと思います。

彼女からは、「以前、付き合っていた人がうわきをしてすごく傷ついた」「(彼女の)父も浮気性ですごく嫌だった」「そのことを見て無ぬふりする母はもっと嫌だった」という話をしてくれました。

その時にはじめて、彼女がしつこく聞く理由や、そこまでしつこくなるストーリーを聞いたので、「つらかったね」「心配しなくて大丈夫だよ」と伝えたところ、その日以降、彼女が事細かに聞くことは減りましたし、私自身も女性と会う時には自ら積極的に伝えるようになりました。

やきもちやきの彼女との恋愛に悩んでいる方には

①落ち着いている時に話し合いを持ち

②やきもちやきになる理由を見つけ

③安心させてあげる言葉をかけること

が良い方向に行く方法だと思います。少しでも皆さんの参考になれば、うれしいです。

7.彼女の嫉妬がウザい時は腹を割って話す!

私は学生の頃より交際している彼女がいます。その彼女は束縛が激しくあまり私がほかの女性と話していることが気に食わないそうです。

態度には出しませんが、あまり仲良く話している姿を見ると機嫌は悪くなり、連絡も即なくなったりします。そのためできるだけ連絡を取ったり遊んだりはしないようにしました。

しかし今の職場は女性が多く、どうやっても関りは生まれてしまいます。また未婚・既婚・フリーとさまざまであり、私の所属部署の男性職員は私の他に太ったオタク気質な男性のみです。

一応恋人はいるとは周りにも伝えていますが、それでも女性からアプローチされることはたびたびありました。そのたびに断っていましたし、そのことも彼女に伝えて安心させるようにしていました。初めの頃は「断ってくれたんだ」と喜んでいました。

しかし回数が増えるにつれてだんだんと不安になってきたらしく、報告をするたびに不機嫌になるようになりました。しまいには勝手に携帯電話をチェックしたりもします。どうしようもないことに不機嫌になる彼女に私も腹は立ちますが、それでも好きなので許してきました。

しかしどんどんエスカレートするため腹を割って話し合うことにしました。彼女としては「仕事上の付き合いは仕方ないがプライベートでは接点を最低限にしてほしい」とのことです。

信用しているが女性が多いため不安とのことです。完全に連絡を絶つことはできませんが、できる限りのことをしました。連絡はこちらからはしないようにしたことと、ラインやSNSのプロフィールに恋人と順調であることを記載しました(文章は私が作りました)。

その結果、女性からのアプローチはだいぶ減り、彼女も落ち着いてくれました。

これまで私は彼女とは意見の押し付け合いになっていました。しかししっかりと話し合い、彼女と私でバランスが取れる範囲でできることをするようにしました

完全に不満がなくなるわけではありませんが私も彼女に言いたいことを言う機会になり、関係性は深まった気がします。浅い関係なら必要ありませんが、より深い関係性を築きたいならごまかさず向き合うほうがいいでしょう。どれだけ時間をかけても話し合い、結論を出せばいい結果に終わると思います。

関連記事:

【何もかも初めての男性】恋愛経験のない、少ない彼氏との付き合い方

2018.10.18

【年下男性との恋愛】年下男子と付き合う魅力と落とすアプローチ方法

2018.10.18

【恋人(彼氏彼女)にありがとうを伝える】忘れたはダメ!感謝の言葉を言うこと

2018.10.14

同棲はした方が良い?しない方が良い?同棲の意味や別れる原因

2018.10.13

分かりにくい文章の例と文章が下手な人の特徴

2018.10.06