ドライブデートの注意点!彼氏や彼女の車デートで喧嘩をせず楽しく遠出する

彼女よ恋

「明日は彼氏とドライブデートだ!」

「初めて彼女と車でデートをする」

“気を付けておくべき注意点はない?”

ここでは恋人とドライブデートをする際のポイントを、実際の経験者の体験談を元に紹介していきます。

1.ドライブデートする際の注意事項!

車を運転する人に限った悩みかと思いきや、免許を持っていなくても彼氏や彼女が運転する車の助手席に座って移動したり旅行に行く人にも関係してくるのが、ドライブが絡む恋愛の悩みです。

どういう悩みがあるのか、どういう方法で悩みを回避したり解決していけばいいかということを実体験を紹介しながら説明していきますので、現在悩んでいる人だけではなく、これから車を所持している彼氏や彼女と付き合うことになりそうだという方も参考にしてみてください。

まず運転する側の悩みですが、相手が免許をもっていないとか運転についてよく分かっていない場合は車や運転に関する専門的な会話や助力を求めることは極力避けましょう。

例えば運転の感覚について詳しく話しても分からないでしょうし、交差点などでの左右の確認時などは助手席に運転経験者がいれば二人で確認作業をするということもできてより安全に運転できるわけですが、そういう助力は最初からないものとして自力だけで運転するということを大事にしましょう。

実際、運転の疲労が蓄積していた時にまったく知識や経験がない助手席の相手に運転に関する助力を願ってしまって喧嘩になったこともあるので、運転に関しては一人ですべてやりきることが重要です。

車内の匂いに関しては敏感な人もいますので注意しましょう。

自分が好きだからと強い香りが出る道具を車内に置いたり、かなりの香りがでる食べ物を車内で食べるということをすると、車にあまり強くない相手だと匂いによって酔いやすくなってしまったり、嫌いな匂いがすることでドライブ中がずっと不快になるということもあります。

この点に関しては個人的に車内は無臭が好きなのでトラブルになったことはないんですが、香りが強い食べ物を食べる時は同乗者とよく相談して食べたり、換気をすることを心掛けています。

助手席に座る人がすべき努力は、運転手の疲労やストレスをできるだけ和らげてあげることです。

地図が読めるなら地図を読むとか、食べ物関係なら両手が塞がっている運転手に信号待ちなどで上手く食べさせてあげるとか、色々サポートできることもあるはずです。

助手席で眠ってしまうことは運転手の価値観によって大きく違います。

私の場合は眠ってもらうと安心して眠れるような運転をしているんだなと思えて嬉しくもあるんですが、人によってはこっちが運転しているのに眠って楽をしているとか、呑気なものだと思われる場合もありますので、相手次第となります。

車内の空気次第で旅行やドライブはもちろん、今後の恋愛にも影響が出ることもあるので、過度に神経をつかう必要はないですが、お互いの距離が近い密室であることを考慮してドライブと恋愛を楽しんでみてください。

2.恋人と車で遠出するデートでは、お互いの分担をハッキリとさせておく!

私も彼女もお互い地方都市住みなこともあり、デートで車は必須です。私も彼女も車を所持しており、二人とも運転は出来ます。

近場しか行かないなら、特にトラブルはありません。しかし遠出するとなると、結構揉めたりします。

初めて遊びに行く地域だと、当然初めて走る道路ですし土地勘なんてありません。片側一車線の田舎道なら道なりに走るだけですが、都心部を走るとなると同じように行きませんよね。

アタフタしながらの運転なんて危険きわまりないですし、事故の元です。

今はほとんどの車にカーナビをつけてありますし、カーナビの無い人でもスマホアプリで代用は出来ます。でもちゃんとカーナビの指示を理解しながら運転するのって難しいんですよね。

500m先を右折だ・・・という場合、普通は右折に備えて右車線を走行しますよね。

ところがその交差点は高架の下にあり、一番左の車線から高架を避けるように走って高架の下をくぐるように右折する・・なんて事が都心部だと結構あるんですよね。

片側二車線の道路ならすぐ左車線へと移れますが、都心部なら片側3車線以上の道路なんていくらでもあります。

数車線を横切って左車線まですぐに移動となると危険ですし、結局左車線へ行くのはあきらめて遠回りして目的地に着いたりします。

その結果、ドライバーは何も教えてくれず他人任せでボーっと助手席に座ってる恋人にイラつくでしょう。

助手席に座ってる恋人は、何運転間違えてるの?しっかり運転してよ!おかげで時間間に合わなくなったらどうするの!とドライバーにイライラします。

お互い口にこそ出さないでしょうが、こんな精神状態で楽しくデートなんて出来ませんよね。

私もこういう事が昔ありました。

そこで工夫したのが、出発前にお互いの役割分担を決めるようにしてます。ドライバーは運転だけする、助手席側はドライバー任せだと考えずにカーナビからの指示をきちんと理解してドライバーに教えるという感じでそれぞれの分担をハッキリさせます。

この方法だとドライバーは助手席側からの指示通りに運転すればいいだけなので、運転中の負担はかなり軽減出来ます。それにもしドライバーが道を間違えたとしても、それはドライバーだけではなく正確な指示を与えられなかった助手席側にも責任は発生します。

つまり相手を責めるのではなく、今回は自分が悪かったと自然に感じるようになるんです。

遠出する際に役割分担をきちんとしておくだけで、運転手が道間違いをしても楽しくデート出来ちゃうんですよね。

それにこのようにしておけば、助手席側もちゃんと道を指示しなければ!と気合入りますから、運転中に寝ちゃうなんてこともなくなりますしね。

車デートするカップルの方で、今回のようなトラブルに心当たりある方は一度試してみてください。

デートに関する関連記事:

男性から次回のデート(2回目のデート)に誘われない女性の特徴

2017.10.12

デート代がきつい男性必見!金欠だから正直払えないと言った結果

2017.09.21

夏デートの注意点!女性は忘れないで気を付けて!

2017.07.11

初めて好きな女性と遊ぶ時のポイント!初デートで失敗しないコツは?

2017.05.11

【デートに誘ってくれない彼氏へのデートの誘い方】自分から誘えない女性必見!

2017.03.25

忙しくて彼氏や彼女とデートする日や会う時間が合わない時の対処法

2017.02.25

【初デートで緊張する女性へ】自信を持ち成功させる方法,服装,メイク

2017.01.20

【彼氏彼女の食い違い】買い物デートつまらない,食事合わない,服装うるさいカップルの体験談

2017.01.15

【デートで出すお金の割合】デート代は男性が奢る?それとも割り勘?

2017.01.07

【やばい!彼女とのデートに遅刻】待ち合わせ時間に遅れる時の言い訳

2016.12.26