【好きな人や彼氏,彼女に素直になれない】本音や本心を伝える方法

彼女よ恋

「好きな人になかなか素直な自分を出せない」

「彼氏や彼女が好きすぎて、素直な気持ちが伝えられない」

と悩んでいる人に向けて、ここでは実際に好きな人や恋人の前で”素直になれない”と悩んだことのある経験者の体験談とアドバイスを紹介します。

どうすれば素直な言動や自分をさらけ出すようになれるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう♪

1.彼氏に素直になれない

恋愛において、素直になれなくて後悔したことはありませんか?素直に「好き」と言えなかったり、「会いたい」とわがままを言いたくても言えなかったり、相手に不満があっても我慢してしまったり…。そんな時、素直に自分の想いを伝えられるようになる方法をお伝えします。

①考え方を変える

「想いを伝える=言葉で表す」って考えて、言葉が出て来ないことってありませんか?道順や何かの使い方などは「説明」しなくてはいけないので、「言葉」が必要です。でも、人を好きになる時っていつの間にか好きになっていて、「説明」することってほとんど無いですよね。要するに、「伝われば」いいんです。

人は言葉以外にも、視線、態度、表情、行動など、コミュニケーションの方法はたくさんあります。飼っているペットが全速力で寄ってきて、ちぎれそうになるくらい尻尾をブンブン振っていたら、「あ、好いてくれてるんだな」って感じるように、人間同士でも言葉以外で伝えられることもたくさんあると思いますよ。

ちなみに私も恥ずかしがりであまり言葉にできるタイプでは無いので、会えて嬉しい時は犬を撫でる時のように、彼氏の髪をくしゃくしゃになるぐらいに撫でて、愛情表現をしています(笑)。

②相手を自分に置き換えてみる

「わがまま」を言いたい、でも言えない時。そもそも、なぜそれが「わがまま」なんですか?「相手にとって、迷惑だから」ですよね。じゃあ、相手を自分に置き換えてみて、「今から会いたい」と相手から言われたとしたら、どうですか?もし会える状況でなくても、嬉しく感じませんか?もしかしたら、「明日ならいいよ」って代替え案を出してもらえるかもしれません。きっと、「明日ならいいよ」って言いながら、相手はニヤニヤが止まらないでしょう。自分が言われて嬉しいことは遠慮せず言ってみましょう。

③自分の気持ちを整理する

相手に何か不満がある時、そのまま伝えようとしていませんか?例えば、約束をドタキャンされた場合。「約束破るなんてひどい!」と怒るのは普通のことかもしれませんが、もしかすると相手はそんな風に怒られても、「どうしたら機嫌直るかな」「いつまで続くかな」と、場を収めることばかりを考えて約束を破ったことへの反省や、あなたの本心を考えるところまではできていないかもしれません。そんな時は、まず自分の気持ちを整理してみてください。「楽しみにしてたのに」「一緒に食事したかった」「話したいことがあったのに」「1週間先まで会えないから寂しい」「約束を守ってくれるところが好きなのに」等、怒る原因となっている自分の感情を分析してみると、自分も冷静になれますし、相手も「寂しかったんだな」「がっかりさせちゃったな」と、受け止めてくれやすくなると思いますよ。

2.好きな人に素直になれないなら、第三者を連れて会話をしてみよう!

恋をするとその人の事を常に考えてしまったり、いざ話す機会が回ってきても空回りしてしまいます。

私は好きな人に対してなかなか素直になれず、折角話しかけてくれてるのに冷たい態度をとって後から自己嫌悪に陥る事も度々あります。恋をした事がある人なら一度はみんな体験した事がある出来事だと思います。

どうすれば素直になれるのか、もっと仲良くできるのか頭を悩ませるところです。

好きすぎる故に素直になれないと場合、第三者を交えて話しを行う事で上手くいく事があります。

好きな人と自分の間に壁の役割として第三者を交える事で、案外素直な言葉を口に出せる事があります。

自分だけが頑張らなくて話さなくてもいいという状況なので余裕も生まれてきます。そうする事で好きな人が他の人と話すときどんな表情をするのかを近くで見る事もできるのでお得感もあります。

徐々に慣れてきたら二人で話すようにすると第三者を交えた時と同じように素直な言葉が言いやすくなります。後は極端に意識しない事も大事です。素直になれないという事は相手を好きすぎる故に起こる行動なので、どうしてもいつも通り接する事が出来ない場合、相手を同性として接することでも上手く行きます。

同性の友達だと思い話すことで、緊張感も解け顔をまっすぐに見て話す事も叶えられます。意識し過ぎてしまうと顔が真っ赤になったり、好きだという事が簡単に相手に伝わってしまいます。

その事実に動揺してしまい、折角好きなのに素直になれず最悪の場合避けてしまう事もあります。なので話すときはほどほどに気持ちを抑え冷静に話をする事で関係も良好になれます。

落ち着いて話すことを重ねていけば、二人の関係も徐々に近づき、恋人同士になれる確率も上がります。相手に対して素直になれない場合、なるべく意識をしないように心がけ、第三者を交えて話すことでいつも通りの自分でいられます。人を好きになるということとても素敵なことなので何も恥ずかしいと感じる事はありません。

3.自分の想いや気持ちを正直に伝えよう

大好きな人と両思いになれた時、世の中の全てがバラ色に見えませんか?毎日が幸せでいっぱいですよね。

もしまだ想いを寄せている段階なら、自分自身の胸の内に秘めておけば何の問題もありません。しかしいざお付き合いの段階がスタートすると、好きな気持ちが大きい分、相手に嫌われたくない一心で自分の本心が言えなくなります。

当然です、私もそうでした。本当はその映画は見たくない、デートの時の食事もそれは好きじゃないし食べたくない、一緒にいる時間は楽しいけれど自分一人の時間も満喫したい、など言葉にできない本心がたくさんありますよね。

伝えれば簡単だけど、伝えた瞬間に終わってしまいそうなこの恋愛に臆病になってしまいます。そして我慢して相手に会わせて、最後に爆発してしまいジ・エンドになってしまうこと、今までなかったでしょうか?私は一つの恋が終わってからいつも思うのです。

どうせ終わるなら修正可能な時期になぜ伝えなかったのか。想いを爆発させて怒りに任せて伝えるよりも、冷静な時にどうして相談という形で相手に伝えなかったのか。それができていればもしかしたら今も続いていたかもしれないのに。

今現在進行形で大好きな彼氏彼女がいるあなたへ、今不安に思っていること、悩んでいること、相手を傷つけたくないがために押し殺している感情を持っているのなら、いっそ今この瞬間に相手に伝えてみませんか。

きっと心が軽くなりますよ。だってあなたの大切な人は、あなたを苦しめるために側にいるわけでは決してないのですから。

あなたのことが愛おしくて大切だからこそ、守りたいから側にいるのです。いろんな事に対して共感したい、理解したいと考えているはずです。深呼吸をしてゆっくりと丁寧に言葉にしてみたら、きっとあなたの本当の想いは伝わるはずです。

そして付け加えてください、あなたとこの先もずっと一緒にいたいから伝えます、と。いくつもの失敗をしてきた私だから、伝えられるのかもしれません。さあ、頑張ってください。

4.彼氏に本音を伝えられず、一人で抱え込んでしまう女性へ効果的な行動

心の奥の感情や、本当に伝えたいことをパートーナーに伝えられない時って、あるのではないでしょうか。例えば、相手の態度に傷ついて悲しくなったり、好きなのに気持ちとは裏腹なことを言って相手を怒らせたり。

そんな時、どうしたらいいのでしょうか。

私はパートナーと喧嘩をすることがよくありました。

うわべだけの感情を相手にぶつけたり、本当は寂しいのに、重たい女だと思われたくないがために、感情を伝えられなかったり。喧嘩の理由の大半が、本音を伝えていないから、でした。

また、私だけではなく、相手もそうでした。

本当の気持ちを伝えられなければ、表面的な関係になってしまうし、心からの幸せは感じられません。それに気づき、危機感を得ました。

「このままではいけない!」

そう思い、様々な行動を試してみました。その中から効果的だったものを紹介します。

まず大前提として、自分の本音に気づいていることが大切です。

様々な情報を見たり、いろんな人の話を聞いたりしていくうちに、どれが自分の本音かわからなくなっている、もしくは勘違いしている、ということがよくあります。そこで、相手とどんなコミュニケーションをとり、その時にどんな感情が自分に芽生えたか、というのをノートに書き出します。

相手に伝えるわけではないし、じっくり行えるので、本音が出てきやすいです。

書き出すことで自分の本音を確認したら、相手に伝えます。例えば「あの時話したかったのに、あなたはスマホをいじっていたので、同じ時間を共有できていない気がして寂しいと感じていた」という具合です。

よくないのは、「なんでスマホをいじっていたの?」と相手を攻撃するような言葉を投げかけることです。すると、相手も警戒して、本音を言ってくれません。なので、丁寧に自分の気持ちを取り出し、丁寧に伝えることがとても大切なのです。

とはいえ、面と向かって言いにくこともあります。ですので、私たちは交換ノートをしています。相手が目の前にいない状況は、冷静になれます。冷静になれると、一時的に湧き上がった感情の奥に、本当の感情があることに気づきやすいのです。

そうやって、自己対話と交換ノートを行うことで、本音が伝えらえるようになりました。本音を伝え合うことは、より絆を深めます。ぜひ試してみてください。

5.好きな男性に言いたいのに上手く伝えられないとそのままではダメ!

皆さんは恋愛で一番困ったことってなんですか?私自身も経験したことがあるのですが、一番悩んだことは、言いたいことを素直に言えないことです。

この悩みは恋愛をした人なら必ず行き当たる悩みであるのではと思います。ですが、伝えるところは伝えないと相手に気持ちは伝わりませんし、恋愛もうまくいかなくなるものです。

好きな人が目の前にいるとまるで自分じゃなくなるようなもう一人の自分が誕生してしまいますよね。恥ずかしくて相手の顔が見れなくなったりいつもよりも話がうまく進まなくなったり。それは当たり前なんです。

ですが、恋愛をするうえで一番大切なことって、気持ちを自分の口から伝えられるかどうかだと思うんです。

一番難しいけど伝えられたら一番大切でお互いの気持ちを確かめ合える最高に幸せな時間になるんですよ。例えば「好き」この一言って普段から言い慣れてなかったり好きな人が目の前にいたら恥ずかしくて絶対言えない、って思ったり、言わなくてもわかるでしょ、と思って言わないでいたらアウトですよ。

なぜかというと、男性と女性ではとらえ方が全然違うからです。女性からしたら、もちろん付き合ってるんだから言わなくてもわかってくれる、恥ずかしいから言えないってことわかってくれる、そう思う人が多いと思います。

ですが、男性側からしたら、好きって言ってくれないけど、本当に自分のこと好きなのかな、とだんだん疑い深くなってしまうのです。男性からリードをとれるととてもかっこいいですが、それに頼りっぱなしの女子もいけません。

お互いの気持ちを口で言いあうことがどれだけ大変で恥ずかしいか、だけど、伝えられた後に来るのはいいことのほうが多いはず。付き合う前なら勇気を出して伝えないと先には進めないし、相手と長く一緒にいたいと思うのであればすぐにでも気持ちを言葉にして伝えるのが長続きの秘訣であると思います。

言いたいのに言えないという方にとって勇気の出る記事になれたらうれしいです。

関連記事:彼氏や彼女に素の自分を出せず、本当の性格を隠し、偽りの自分を作り出す体験談