旦那,夫,彼氏がキャバクラに行く言い訳「付き合いだから、恋愛とは違うから」

彼氏よ恋

「旦那や夫がキャバクラに通い、ホステスと飲んでいるなんて許せない!」

「付き合いだから、恋愛とは全然違うと言い、彼氏がキャバ嬢と飲んでいるのが気にくわない!」

そのような女性に向けてここでは実際に旦那・夫・彼氏がキャバクラに行くことに悩んだ経験のある人たちの体験談とアドバイスを紹介します。

開き直る彼氏のキャバクラ通いの言い訳と向き合う

彼が浮気をしていると、女性は不安でいても立ってもいられません。今頃どこの誰と何をしているのかと思い、追いかけたい気持ちになります。それが浮気でもキャバクラでも、女性にとっては同じことですよね。

しかし彼がキャバクラ通いを「恋愛じゃないから浮気にはならない」と言い張ると、それ以上何も言えないです・・・。

確かに彼にとってキャバクラ通いは単なるストレス発散かも知れません。だからと言ってあなたがそのまま容認すると、彼は「恋愛じゃない」を盾に間違いなく浮気に走る様になります。

私の友人が、彼氏がキャバクラに通って一人の女性と親しくしていることを知り、問い詰めたところ「恋愛感情はないから」と言われました。しかし彼女は彼を許さずに、すぐに別れてしまいました。理由は「恋愛感情がどうのではなく、私がこんなに不快な思いをしているのにやめてくれないことに対して見切りをつけた。これからも違うことで私が嫌がることをやると思ったから」というものです。

私は彼女は正しいと思います。

これから長く付き合っていく上では、お互いを思いやる気持ちがあって当然です。相手が嫌がっていることを理屈を付けて堂々とするというのは、精神的苦痛が大きくなります。しかもそれが風俗に関することならば恋愛観の違いも大きくなります。

将来二人が結婚してから異性関係で大きな問題になることが考えられます。

もう一度彼と話し合ってみて下さい。

そして「あなたにとっては単なるストレス発散かもしれないけれども、私にとっては非常に精神的な苦痛なの。やめてくれないと、女性としてすごく惨めだから、あなたと付き合う訳にはいかない。」と言って下さい。

彼がどの様な反応を見せるかで、このまま付き合うかどうか決めましょう。

彼がまだ「浮気じゃないから」と言う様ならば、あなたの気持ちを理解してくれない男性です。残念ながら早いうちにあなたも次の男性を見つけた方が、幸せになれると思いますよ。

いいホステスは、家庭を壊さない

夫がホステスに通っていたりするのをよく思っている人もいれば、よく思わない人もいます。お酒の席の場でもありますし、女性と接触しているからです。

どのようなホステスかは、知っておく必要はあります。そして、家庭よりもホステスを優先させないようにする必要がありますよね。

ホステスでもプロの人ともなれば、家庭を壊さないようにしているとか。家庭を壊すような遊び方をしているとその配偶者からホステスが恨みを買いかねないことはもちろん、家庭を築く、結婚というのは法律のもとで成り立っているからです。

家庭を持っている男性はなぜホステスにいくのか。

ホステスは基本的には聞き上手ですし、人の相談や愚痴もたくさんききます。その中で相手がくつろげる時間を提供しているのです。だからこそ、大切な奥様の前では離せないけど、男のプライドとして同じ同姓には話したくない。と思うことも。

意外と、ホステスの前で奥様ののろけ話をしている、ということも。

奥様は、周囲の人には話せないことをお酒を飲みながら聞いてもらい、またキモチをリセットして次の日から頑張るという源になっている人もいます。

ホステスは経済の話や、話を豊富にできるところもあり理解をしてくれることもあるので、それが家庭ではなかなかできないことだったりするからこそ通える場所でもあったりします。

なので、一概にホステスの客になっていることは悪いこととも言い切れないのです。

しかし、家族よりもホステスとの時間ばかりを優先するようになり、奥様にさみしい思いをさせているとなれば別。キモチを我慢しすぎて、爆発する前に正直にキモチを打ち明けることも大切ですね。

家庭がある以上、家庭を大切にできずに、他に時間ばかり使っているのはいいこととは思えません。

わがままだと思い我慢して言えない方も、一度は自分のキモチを言ってみることで変わることもあるかもしれないので、自分を大切に、そして、旦那さんはどうして通っているのかなどを知ったうえで、対処していくのが好ましいですね。

関連記事:

バツイチ子持ちのキャバ嬢と付き合って同棲して結婚した俺の話聞いてみない?

2017.03.09