彼氏と付き合っているのかわからない!私は本命じゃない?他の女がいるのかも

彼氏よ恋

「彼氏が私と付き合っていると言ってくれない」

「付き合っていると思っているのは私だけなのだろうか」

以上のように、私と彼氏が本当に付き合っているのか分からない状態の人に向けて、ここでは実際に進展のない関係にモヤモヤしたことのある女性たちの恋愛体験談とアドバイスを紹介します。

1.時期がくれば付き合えるかも…と期待するだけ無駄。

進展のない関係にモヤモヤしている恋愛を続けた事はありませんか?

何度か食事に行っても、一向に付き合おうとも言ってこない、そんな相手との時間が経過すると共に女性は段々不安が募ります。

以前、美味しい食事をご馳走してくれ、時にはドライブに連れて行ってくれたり、高いプレゼントを用意してくれたり、と尽くしてくれる男性がいました。ですが、ただそれだけでは付き合う気があるのか、進展するのか全くわからなくて、そのうち私はその関係性にイライラしてきました。そこで、ある時意を決して、お付き合いする気があるのか、はっきりと聞いてみたところ、連絡が途絶えました。

それ以上、無駄な時間をかけなくて良かったのですが、基本的に関係が進展しない相手との恋愛はどちらかがブレーキをかけています。なぜなら付き合えない何らかの事情があるからです。

そのため「時期がくれば付き合えるかも」という淡い期待ははっきり言って”捨てるべき”です。

これで10年という月日を無駄にした女性がいます。彼との出会いが30歳でも10年後には40歳です。

すっぱり諦めて、次に行けたその女性は次の恋で結婚しました。私の意見は結婚を望むのか、恋愛を望むのかによるので、ズルズルとした関係でも続けたいのであれば、そのままでもいいでしょう。ですが、結婚をもし望んでいるのであれば、相手に本当の気持ちをぶつけることは重要です。

男性はたとえ10年経っても年収面などで、その価値をカバーする事が出来るのですが、女性の価値はその間下がる一方です。10年前に出会った頃よりも、その女性の価値が下がっている事を相手の男性が1番よくわかっているのです。

それでも、万が一、逆転チャンスがあるとすれば、女性がバリバリと働いて管理職にでも上り詰め、その時にその男性がリストラにあって職を失っていたとか、立場の逆転が起これば結婚出来るかもしれません。その時にお互いまだ独身であるなら、です。

そこまでその男性を愛しているなら諦めない事をオススメします。でも、こういう女性はたいがい不倫相手やら都合のいい女にされやすく、結果本命にはなれません。モヤモヤした関係を繰り返しているなら冷静になる事も大事です。

2.彼氏にとって都合の良いセカンド女子から脱却するための方法

相手も私を好きだとは思うし、私も彼が好き…なんだけれど、”付き合っていない”と言われてしまうセカンド女子!つまりは、都合の良い女になってしまい悩んでいるけれど突破口が見つからない女子は沢山います。

最悪の場合は、自分は付き合っていると思っていたのに彼はその気が無かったなどお互いの認識違いも珍しくはありません。

諦めて別の恋へ進める場合は良いのですが、諦めきれない場合は何とかして正式な彼女になりたいものです。

大好きな彼から一番に愛されたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

①まずは、「自分には彼しか居ない!」と思わないことです。

嫌われたくないので、つい彼のウィークポイントまで愛してしまうところがありますが、紙に書き出してみると意外と一途に愛するべき男性ではないことに気づくことがあります。

高ぶった状態では彼のいいなりになってしまい、都合の良い女まっしぐらですから、冷静になるためにも彼のウィークポイントを書き出してみましょう。

②そして良くあるのが、「自分には予定があっても彼に誘われたらホイホイと付いて行ってしまうダメな状態」です。

セカンド女子から脱出するには、ハッキリと断ることです。

嫌われたくないので、予定を変更してでもオッケーしてしまいがちですが、ぐっと堪えて断りましょう。

③そして、セカンド女子で多いのが「常に受け身」であることです。

彼からの誘いや連絡を待つのではなく、堂々と自分から誘います。

最後は彼女として付き合っていくのか、もう会わないのか彼に決めてもらいましょう。

ダラダラと会っていた私の友人は、最後の最後に彼に決断させて結婚まで進みましたよ!

友人は嫌われたくないがために常に受け身で、彼が会いたい時にだけて会っていましたが、それが逆に彼を王様に仕立ててしまったのです。私達は対等なんだよ!とこちらが少し強気に出るだけで、男性はハッと我に返って真面目に考えるようになります。ダラダラ続けるのが辛くなってきた場合は、試してみて下さいね。

3.もしかして私彼氏の本命じゃない!都合のいい女にならない方法

彼とはとってもいい感じで、たくさん会ってるし、一緒に寝たりもしてる。

それなのになぜか付き合ってはくれない。

そんなことありませんか?

もし当てはまる方は、残念ながら彼に都合のいい女だと思われていますよ。一度彼に「都合のいい女」認定されてしまうと、なかなか本命になるのは難しいでしょう。

そこで今回は、都合のいい女になってしまわないためのコツを教えます。

①彼からの誘いに毎回応じない

気になる彼から連絡が来ると、うれしくてついつい予定を空けてでも彼とのデートに行っていませんか?

彼からの誘いに毎回応じてしまうと、いつでも手に入る都合のいい女だと思われてしまいます。用事がある時ははっきりと断りましょう。

また、用事がなかったとしてもあまりに頻繁に会っている場合は断ってしまってもいいでしょう。

②体を許してはダメ

彼と付き合う前に体を許してしまうのは絶対にNGです。

男性は一度体の関係になると、「もう手に入った女」だと思ってしまい、あなたに対する興味をなくしてしまいます。その後何度も誘われるかもしれませんが、それはあなたのことが好きだからではなく、単純にセックスがしたいから、です。

好きな彼にそんな風に思われて体の関係だけ続けるなんて、さみしいですよね。彼に都合のいい女だと思われないために、絶対に付き合う前に体の関係を持つのはやめましょう。

③いけそうでいけない女になる

体を許してはダメだからと言って、ガードを硬くし過ぎる必要はありません。

もう少しでいけそうなのに手に入らない…となると、男性は燃えます。

その性質を利用しましょう。

家に遊びに来てなんとなくいい雰囲気にした後に、絶対にキスやセックスはせず、夜遅くなる前には絶対に帰りましょう。こうして男性を焦らせば、だんだん彼は本気になってくれますよ。

男性は好きではない女性とでもセックスできます。風俗に行かなくてもセックスができる女友達ができれば、男性にとってはとてもラッキーですよね。そんな関係になってしまわないように、好きな彼には簡単に体を許してしまわないように気を付けてくださいね。

4.遊ばれている可能性もあるので、聞きましょう

誰でも人を好きになる事はありますし、仮に「付き合っている」という宣言をしなかったとしても、まるで付き合っているかのようなことをしてしまうことがありますよね。

しかし、「付き合っている」という宣言が必ずしも必要であるというわけではありませんが、それなりにお互いに自覚が必要だということが事実です。

最近、中学時代の友達から相談を受けました。彼女は大学時代の友人ととても良い雰囲気になり、最初は喫茶店に行き、次にレストランに行き、居酒屋に行くようにもなりました。そしてディズニーランドに誘われ、2人で出かけたこともあったそうです。手をつなぎ、彼は彼女に対して彼女のどこが好きなのか、彼女の魅力的な点を語って聞かせたそうです。彼女は2人は付き合っているものだと思い込んでいたそうです。ちょうど年齢も年齢でしたので彼女はそれなりに結婚を意識するようになりました。

しかし、居酒屋で彼とイチャイチャしていたとき、彼から「俺に彼女ができても泣くなよ」とわけのわからないことを言われたそうです。彼女にとっては寝耳に水でした。つまり彼にとってはディズニーランドに出かけるなどという事はデートではなく、ただ友達と遊んでいた感覚だったのです。手をつないだではないか、キスをしたんではないか、というのは本当に彼の不誠実さが現れた言動です。

2人は付き合っているのだと思い込んでいた彼女に対し、彼は「自分は付き合っているとは思っていない」ということをはっきりと述べたのです。

ですから、「付き合っている」ということをはっきり表に出さず、それでも女性を自分のものであるかのように扱うとする男性には注意が必要です。

仮に男性があなたに愛を囁き、まるであなたのことを愛しているような行動をとったとしても、もしかしたら彼は付き合っているとは思っていないかもしれません。

悪い言い方をすればただ遊ばれている可能性もあります。ですから、やはり「付き合っている」という自覚をお互いに持つことが重要です。片方は付き合っていると思っていてももう片方は思っていなかった、などという誤解はあってはなりません。

関連記事:

【自分が彼氏の本命かどうか不安】確認する方法は?

クラブでナンパするチャラい彼氏(男)が本気で恋に落ちた!浮気性の本命になるには

私は尽くす都合のいい彼女?彼氏に尽くしすぎる、利用されていると感じている人必見

【彼氏が付き合っていることを隠す】秘密に内緒で付き合う恋愛体験談

告白ないけど体の関係はあるのは付き合ってるの?告白なしで付き合うカップル