【彼氏と長く続かない原因と特徴】いつも振られる、振られてばかりの女性必見の体験談

彼氏よ恋

彼氏ができても、すぐに別れてしまう。全然続かない。

付き合っても、すぐに飽きられたり、冷たくされる。

「どうしたら良いの?私の何がダメなの?」

と悩んでいる女性に向けて、ここでは彼氏と長く続かず、振られてばかりだった女性たちの体験談とアドバイスを紹介します。

1.いつも振られて終わる恋

私は付き合った彼氏には、いつも同じように振られてきました。

物ごころついた頃から現在まで、すごく男性依存してしまう性格なので、彼氏がいなかった期間がほとんどありません。

その人が好き!というより、寂しいのに耐えられないという気持ちの方が強く、その結果、重たくなりすぎてしまい、最後には、会いたくない!と言われるほど、嫌われて終わってしまう恋がほとんどでした。

また、自分の容姿・学歴に合った男としか付き合わない!などと勘違いしていて、付き合う男性はみんなルックスや学歴などで選んでいました。

社会人になる前は、男性をとっかえひっかえ、20名くらいとお付き合いしましたが、どれも半年続けばいい方で、短命な恋でした。(本当に軽い女だったと思います。)

いつもどこで誰と何をしているか、ずっと把握していないと不安で、電話に出ないとかけ続けてみたり、彼の前で泣きわめいたり、物を投げたりと、今考えてみれば、相手の気持ちを全く考えない行動をして困らせていました。

そんな私だったのですが、社会人になり、初めての就職先で現在の彼と出会いました。

後で聞くと、初めて目が合った瞬間に、「あっこの人だ。」とお互いに思ったようです。

彼は私が求めていたお金持ちでも、ハンサムな男性でもありませんでしたが、ごく自然の流れで付き合うようになりました。

しかし、初めは、これまでの恋と同じだと思っていました。

すぐ愛想を尽かせて離れていく、どうせ嫌われる、と思い、これまでのように、束縛や嫉妬から彼を困らせる行動ばかりとっていました。

半同棲中なのですが、一度、彼の帰宅がいつもより15分遅れて、不安で堪らなく、電話をしても出ないので、怒りと悲しみで、彼の引き出しを
めちゃめちゃにしてしまったことがあります。(結局、会議が長引いていただけだったのですが…)

さすがにこれはもう終わったな、と覚悟していたのですが、

「人を困らせるのはいけないことだが、あなたを悲しませたのは僕の責任だ。」

と言って、抱きしめてくれました。

彼は、私の弱い部分を全部受け入れて、認めてくれています。

とても怖かったですが、彼の気持ちにこたえるために、私も信じてみようと思いました。

今は、出会った頃の気持ちは冷め、落ち着いた関係になっていますが、それが心地よく、無条件に人を信じられるようになったのはこれが初めてで、以前の私でしたら、考えられないことでした。

人を愛するとか(恋するじゃなくて)、信じるとか、一生出来ないと思っていたからです。

彼とのお付き合いはかれこれ4年になり、ゆくゆくは結婚できればと考えています。

私のように、いつも恋が続かない、振られて終わってしまう方には、初めは怖いと思いますが、出会って一緒になった人を、信じ続ける努力をしてほしいです。

また、自分に合った異性との出会いを、無駄にしないでください。

願わすとも、絶対に、続かない恋愛から抜け出せる日は来ると思いますので、その時を信じていれば、大丈夫です!!

2.彼氏とのお付き合いを長く続かせるコツ

せっかく付き合えたのに、長く続かない…。そういうお悩みを持っている方って結構いますよね?

特に嫌われるようなことはしていないし、こっちは真剣に付き合っているのに、なぜそういうことが起こるのでしょうか?

その原因として、以下の二つが考えられます。

  1. 男性の心理を理解していない
  2. 彼氏に中身のない女だと思われている

まず、「1.男性の心理を理解していない」について説明します。

相手の心なんてわからないよ!と思うのは当然ですが、人間も動物なのでオスの習性を理解していれば恋愛関係もだいたい上手くいきます。

私の友達を例に挙げると、その子は可愛くてとてもいい子なのですが、彼氏ができると一途になりすぎてしまうタイプでした。一見、彼氏に対して一途に尽くすのはいいことのように思われますが、オスは元々狩りをする生き物なので、中々手に入らないものの方が夢中になります。「釣った魚にエサはやらない」という言葉が示すように、手に入ったものには途端に興味を示さなくなります。

実際、その友達も交際期間は持って3か月という短い恋愛ばかりを繰り返していました。

このことから、彼氏とべたべたしたい気持ちはわかりますが、飽きられない・ナメられないようほどよい距離感を保つのがポイントです。

次は、「2.彼氏に中身のない女だと思われている」についてです。

頭が良くて才能があって面白くて性格のいい人がクラスの人気者になれるように、恋愛関係においても「中身がある」「芯がしっかりしている」人の方が相手に手放したくないと思わせることができます。

恋人同士の会話でも、「へー」「そうなんだ」という反応しか見せない人より、その会話を無限に広げられるような引き出し(知識・表現力)がある人の方が一緒にいて楽しいですよね?

私はよく「話が上手い」と言われますが、最長で7年お付き合いしました。

やはり一緒にいて話が弾む、というのがポイントだったようです。日々の生活において生きがいのない人は恋愛に固執してしまう傾向にあります。そういう人は、相手に「つまらない人」と思われ、他にいい人がいたら逃げられてしまいます。

本気で長くお付き合いしたいのであれば、仕事(学業)・趣味の次くらいに恋愛を置くようなスタンスにしておいた方がかえって上手くいきます。

最後にまとめると、「今お付き合いしている彼とずっと一緒にいたい!」と思っている人は、

  • ほどほどの距離感を保つ
  • 彼氏以外にも夢中になれるものを持つ、自分を磨く

この二つに重点を置くといいですよ♪彼氏といつまでもラブラブでいられるよう頑張りましょう♪

3.男性目線から、付き合っても長く続かない理由について

これは男性目線で記載させて頂きます。

よく付き合っても一年以上続かないとう話を聞きます。

相手から、一方的に別れを告げられてしまい、どうしても継続不可能になってしまうケースであれば仕方がないです。しかし、こんなケースが続くようであれば自身の人間性も問題があるかもしれませんので、一度自分を見直してみましょう。

実際に男性友人であったケースなのですが、会うたびに身体関係を要求してしまい、内心嫌がられているのに気づかずにそのまま

相手を音信普通になってしまったという事例があります。

けど、恋愛が長く続かない大半のケースは

「相手を好きになれる為に工夫をしていないから」

だと思っています。

別れて自由になった時間を有効に使える自信があるなら別れるのもいいですが、そうでないなら踏み留まった方が無難です。

誰と付き合っても恋愛感情が冷める日はいつかは来ます。けど、そのたびに別れてしまうと、残念ながら結婚まで発展するのは難しいでしょう。

では、どうすればいいかというと、付き合った時に嬉しかった時のことをもう一度思い出すことです。出会った場所に行くのもいいし、出会った時に聞いていた音楽を聴くのも一つの方法です。

彼女のどこが好きで付き合うことになったか、その好きなところをもう一度見てあげて下さい。

あとは、彼女と居て一番楽しかったことをもう一度思い出して下さい。そして、その楽しかった時のことをもう一度してみて下さい。これだけでも恋愛感情が少しは復活するはずです。

何よりも自分自身が成長することです。自分が変われば身近な人つまり彼女も何かしら成長していくのです。

つまり、お互いが魅力を感じることが出来る方向性に付き合うことが長く継続する秘訣だと思います。女性はルックスが魅力の大半を占めていると聞きますが、実はそうでもありません。しつけや心理学を極めることにより、雰囲気や人としての感じが良くなり魅力向上に繋がります。男性側が成長すれば、必然的に女性もこんな風に魅力を上げるために努力をしてくれると思います。

4.相手と長く付き合っていくコツ

付き合って3ヶ月ほどすると、相手のいいところだけでなく悪いところや気になるところも見えてきます。恋の盲目も醒めてくる頃です。

初めは目をつぶれますが、徐々にパートナーとして直してほしいと思うようになってきます。

一緒にいても気になって、気になって仕方がなくなってきます。

そして相手への不満を言えず悶々として、急に爆発してしまったり、喧嘩の時についでのように前々から思っていたんだけど・・・と我慢していたことをぶちまけてしまったり・・・。しかし喧嘩の一部でも言えれば、まだ解決の望みはあります。一番最悪なのは相手に何も伝えられずそのままで、何が原因かわからないまま別れてしまうことです。

別れてしまえば、自分はそれでおしまいになります。しかし、相手はこの先も同じような失敗を気づかず続けてしまうのです。

不満があるのに言わないのは、一緒にいてくれている相手にとっても失礼になります。今後もその人と一緒にいたいと思うのであれば、タイミングを見て怒鳴らず丁寧に、思った事を伝えてあげましょう。

その時に大切なのは、必ず三つの前置をしてあげましょう。

  1. 相手のことが好きであるということ。
  2. これからも長く一緒にいたいから、そのために言うということ。
  3. 自分も本当は言いづらいけれども勇気を出して伝えているということ。

相手の育ちや考えを頭から否定するのではなく、「私はこう思うんだけど、どうかな?」という伝え方をしてあげてください。丁寧に言葉を選んで、相手をできるだけ傷つけないようにしてあげましょう。そういった優しさも、言い方で伝わるものです。

相手も自分も一人間です。育ってきた環境の違いなどから考え方の違いもあります。話してみると案外自分の考え方が間違っていたということもあるのです。

もしくは正しい間違いではなく、二人の新しい考え方が見出せることもあります。そして、話し合いの末に相手がどうしても直せない事はお互いにサポートしてあげましょう。

それこそパートナーなのではないでしょうか。

Aというトラブルが発生したら自分も相手もそれに対して対策をする。そして急に直ることを期待しないで下さい。直ってないから怒ると 、一緒にいて常に緊張する相手になってしまいます。

相手は長年それでやってきたのです。やっとあなたによって気付かせてもらったので、同じように長年かけて少しずつ直していくのです。直す意志が全くない場合は別ですが、相手の頑張りを認めてあげながら長い目で見てあげましょう。

せっかく出会ったご縁。すぐ別れてしまうのではなく、大切に育てていきたいですね。

5.好きな人と長く続かない時

「2番目に好きなものを選びなさい」

これがうちの親が私に教えた唯一の生きる教訓でした。

なんでも迷う時は、2番目にいいなと思うものを選ぶと人生は大抵うまくいく、というのです。その教えを守り、私は好きなお菓子で悩む時には、二番目に好きな方を選ぶようにしていました。

正直その結果に心底満足したかどうか?といわれると、そうではなかった時もあると思いますが、大きく外したことがなかったのも現実です。そして親の真意がわかり始めたのは、大人になって恋愛をするようになってからでした。

すごく好きになる人がいて、その人とうまくいくことがあっても長く続かないことが、私の悩みでした。こちらの方から好きになったくせに、いざ振り向いてもらうと急に冷めてしまうのです。

片思いの期間が長ければ長いほどそうでした。

この原因は明確で、好きになっている間に相手に対する妄想が膨らみすぎて、美化しすぎてしまってるゆえんです。勝手に相手のハードルを上げてしまっているのですね。

そのことに気がついてから、あまり大きな期待を相手にしないように試みましたが、好きになってしまっている時点で心の暴走を止めることは難しいのです。

そんな時、2番目に好きな人というより、「まあいいかな」と思っているレベルの人と付き合うと、その後2年も3年も長続きすることが多かったです。付き合っていくうちに、どんどん好きの度合いが増していくのです。

あまり相手のことを知らないまま付き合うので、いいとこばかりが胸に響いてくるのですね。嫌なところがあっても、付き合う前にいらぬ想像をしていないので、「まあこんなものか」と自然と受け入れることができました。

もしかしたら、親が私に教えたかったのはこういうことなのかもしれない・・・そう思うようになりました。飛び抜けて好きなものを選んでしまった時に、想像とは違った時のギャップ、虚無感。そういったものから二番目に好きなものは解放してくれます。

ちなみに現在の旦那さんは、二番目に好きだった人なのかどうか?本当のことはちょっと言いにくいのですが、結婚10年目を過ぎて、毎年どんどん好きになっていることだけは付け加えておきます。

6.彼と長続きしない女性の話

私が20代前半だった頃、それなりに人生を楽しんでる方だと思っていました。仕事も好きなことをしてお金に困ることもなく、適度な出会いがあり彼氏もいました。

しかし彼氏が出来ても長続きすることがなく、最長でも半年…。それに気づいてからは自分に自信がなくなり、消極的になってしまう時期もありました。

しばらく彼氏がいない生活を送ること2年。久しぶりに彼氏が出来た時のことでした。

彼とは歳も近く、共通の知り合いもいたしなんとなく上手くいく気がしてたんです。彼は会えない日は電話やメールをくれるし、休みになれば必ずデートをしていました。

そんな時に私が転職をし、彼との関係のバランスが崩れていきました。私は新しい仕事に夢中になり、彼はそれを嫌がり…次第に連絡も少なくなっていきました。なぜ彼が私の仕事の話を聞いてくれないのかわからず、一緒にいても私は黙るようになってしまったんです。

もともと彼と深いことを話すことはなく、一緒にいる時はお互いで楽しめるように努力をしてたんだと思います。だから少しでもズレが発生すると補えない。そんな状態でした。

そして彼から別れを切り出され、私はすがることもせずにそれを受け入れました。自分にはやはり欠陥があり、人と付き合うのが向いてないのではないかと悩みました。

今思えばもっとお互いのことを知り合う努力をするべきだったとも思うし、気が合うな~程度で付き合いだしたのがそもそもの間違いだったのではないかと思います。

その後、好きな人が出来て必死の想いで両想いにまでこじつけました。好きな人が自分を好きになってくれたということだけでも感動で、彼との時間は凄く大切することができたんです。

新しい彼とはよく色々な話をしましたし、時には無言で過ごす時でさえ安心や幸せを感じることもできました。その彼とは2年間付き合いその後別れることになりましたが、原因は色々あり納得しているので、昔のような自分自身にガッカリするような落ち込みはありません。

もし、誰と付き合っても長続きしないと悩んでいる方がいたら、自分を責めないでください。本当に好きな人にまだ出会っていないだけかもしれません。周りの人達に惑わされずに、自分のペースでいい人との出会いを待ちましょう♪

7.告白されて付き合うのに長続きしない女性へ

パッと見て多くの人が「可愛いな」と思うくらいの女性は基本的にモテます。

見た目の容姿から付き合ってみたいな…と思う男性もいますから、当然告白されることも多いでしょう。しかし、告白されて付き合ったのにも関わらず、いざお付き合いが始まると長く持って二カ月…なんて方も少なくないのです。

相手から「付き合ってほしい」と言われてオッケーしたのに、気づけばフラれて恋愛が終わってしまうという悲しい結末を迎えてしまいます。

自分自身は特に何も変わっていないし、これと言って大きなケンカもしていないのに毎回フラれてしまい長続きしないという場合は、自分が相手よりも上の立場だと思い続けているのが原因です。

告白されたイコール、相手は自分にぞっこんだと思いがちですが、実はそうではないのです。

付き合って本当にすぐは、相手が「付き合ってほしい」とお願いしたのでちょっとした上下関係はあります。しかし、男性も興味本位であることも多く、可愛いし付き合ったら楽しいだろうな~と期待に胸を膨らませているわけです。

それなのに、いざ付き合ってみると、付き合ってあげていると言わんばかりに上からの態度で、自分にとってのメリットは全くない…と気づいた時、付き合っていても楽しくないなと思い恋愛を終わらせます。

丁度この頃、告白をオッケーした側の女性は、色々と尽くしてくれるし優しい彼にハマっていくのですが、彼の気持ちはどんどん離れていく状態なので上手くいかずに長続きしないのです。

私の親友がまさにモテる女性だったので、数多くの男性から告白されて、そのたびに付き合っていましたが、最短では一週間で長くても三か月しか持たずに、必ずと言って良いほどフラれて終わっていました。

彼女は見た目が可愛くて魅力的なのですが、付き合う相手に対して自分より下だと思い込んでいたのです。

相手が告白したのだから自分の方が上だと思っていたので、自分が大切にされるのは当然だと思いながら接していました。

最初は男性も色々と尽くして頑張るのですが、頑張りの割に彼女からは何も返ってこないので、ツマラナイ女となってしまいフラれていたのです。

そこで、告白されるのはあくまでも恋愛のスタートだと思うようにして、告白をオッケーしたら真面目に相手のことを考えるように!とアドバイスしました。優しくされたら「ありがとう」相手に迷惑を掛けたら「ごめんね」と当たり前のコミュニケーションをとり、ちゃんと向き合うようになってからは彼女も一般的な恋愛ができるようになりました。

少し変えるだけで恋愛は長続きしますよ。

8.そばにいてくれる人と妥協で付き合ってみるものあり

お付き合いしても長く続かず、悩んでいる人は多くいます。

そんな状況がある程度続くと、「周りの友達の中には何年も交際が続いていて、将来のことさえ考えているのに…」と、焦る気持ちも出て来てしまいます。

そこで、長く交際を続けていくための1つの解決法について述べたいと思います。

この方法は、恋人に対してこうであってほしいと期待してしまう人や、理想と現実のギャップに悩んでしまう人にオススメです。

そして、この方法を実践するには初めに少し勇気がいる場合もあります。

肝心のその方法とは、2番目に好きな人、もしくは自分はあまり好きではないけれど熱烈な好意を抱いてくれる人と付き合うことです。

普通誰もが1番好きな人と付き合いたいと思うはずです。それは我慢できない感情ですし、我慢する必要もありません。次に付き合う人とは上手くいく可能性も十分にあります。

しかし、その人に失恋してしまった時やその人との恋が叶わなかった時、そばにいる別の人が未来の恋人候補だったりします。

そこまで好きではない人なら、変に期待してしまい落ち込むことがありません。また、自分に対して好意を抱いてくれている相手なら、その人からの愛で失恋のショックを拭うこともできるかもしれません。

実際に私は、今の恋人と出会うまでに3人ほどお付き合いしましたが、すべて1年未満で別れてしまいました。どの人も、付き合う前からとても好きだと思える人でした。

3人目の人と別れ、「もうこの先誰と付き合っても長く続かないんだろうか…」と悩んでいた時、とても好きだと思える人が1人現れました。

しかし、その想いを打ち明けないまま長い間遠くから眺めていたところ、その人は急に結婚してしまいました。私は本当にショックで心が空っぽになりました。

そんな時、私に好意を抱いてそばにいてくれる人が1人いました。その人は私が失恋したことなど全く知りません。

私は失恋のショックに耐えられず、自分の気持ちを紛らわすために、申し訳ないと思いながらもその人と付き合うことを選択しました。

もちろん最初は好きではなかったのでお互いに気持ちの差を感じることはありましたが、その人から好意で気持ちが変わり、お付き合いしていくうちにどんどん好きになりました。

結果、今その人とは2年以上続き、お互いに将来を考えるまでになっています。

「2番目に好きな人と幸せになれる」という言葉がありますが、これはあながち間違いではないようです。

一番好きな人への気持ちに嘘をつく必要はありませんが、失恋してしまった時など、妥協でも前を進んでみると良い出会いがあるかもしれません。

関連記事:

【彼氏の事が好きすぎる】彼氏中心の生活に依存し、優先し、重い女になった結果

彼氏や彼女に素の自分を出せず、本当の性格を隠し、偽りの自分を作り出す体験談

【好きな人や彼氏,彼女に素直になれない】素直に気持ちを伝える方法

【彼氏,彼女が冷めた態度を取ってきて不安】冷たい時は引いてみる対処方法がおすすめ

彼氏、彼女に夢中!恋人のことで頭がいっぱいな時に読んでほしい体験談

【彼氏、彼女が好きすぎて泣く】恋愛や失恋に不安で臆病になった理由

【彼氏に放置され始めた】忙しいから?飽きられたから?対処法は!?

【彼氏に嫌われやすい彼女の特徴】振られる不安がある女性が取るべき行動

【彼氏,彼女に嫌われず長続きする方法】恋人と仲良しで居続けたい!

【付き合ってもすぐに別れる、別れてしまう】短期間で飽きる、冷める人必見のアドバイス