【彼氏,彼女のわがままがウザいし疲れた】恋人の自己中な考えに振り回されない!

彼氏よ恋

「彼氏が自己中でウザい」

「彼女のわがままに疲れた」

と恋人に対して思っている方や、

「最近、彼氏に対して甘えすぎかな…」

「彼女にわがままを押し付けているのではないだろうか…」

と自分自身に素の自分を出し過ぎて嫌われるんじゃないかと思っている方に向けて、

ここでは実際に”恋人に対するわがまま”について悩んだ経験のある人たちの体験談やアドバイスを紹介します。

1.彼氏の急なお願いに振り回されて悩んでいる方へ

付き合っていくと、相手の考えや要求に振り回されることがあります。大事な人であるが故に、鵜呑みに出来ず、深刻に捉え過ぎてしまい、それがストレスに発展することも・・・。健康な関係を続けるためにも、あなたの意見をちゃんと伝えて、あなたの状況なども考慮してもらいながら、二人で一緒に解決の糸口を探りたいところです。

まず、彼氏に振り回されないために最優先したいことを決めます。

一緒にいたい気持ちとか、ここでは感情的なものがいいと思います。その後、現実的に自分が応えられる範囲を伝えます。この時に、具体的なデータや数値など裏付けをちゃんと付けます。男性は、理性に訴えられた方が納得しやすい傾向があります。そして、あまり彼の考えをジャッジしないで、一旦は受け入れてあげることに始終徹するとよりベスト。

以下私の経験談です。

ある日、彼から「引越ししたい。田舎に行きたい。仕事も辞める。」突然言われました。しかも、泣かれながら。「君がいなければ、とっくの昔一人でどっか田舎へ消えてる」と。同棲して1ヶ月ぐらいのことでしたので、ショックでした。「私は邪魔になるのかな…別れるべきなのかな…」と悩みましたが、まず、関係を続けることが大前提であることを彼に確認しました。それがクリアしたところで、「遠いところへの引っ越しは難しいけど、通勤できる範囲なら東京を離れてもいい」と自分が出来る範囲を投げます。

彼はそこのことに了承し、引越しの物件探しが始まりました。色んな物件を見て回り、それにかかる費用など現実的な部分もシミュレーションしてみるなど、とことん付き合ってあげます。そうすると、気持ちもだんだん落ち着き、周りも見えてきて、現実が分かってきます。私たちは、金銭的に引越しが難しいという結論に至りましたので、引越しは1年先というところに落ち着きました。

さすがに別れるタイミングかな、と思いましたが、冷静になって考えてみると、そうでもなかったりします。こっちがパニックにならず、しっかり自分を持っていれば、いい結果に転じると思います。

2.ついつい彼氏にワガママを言って困らせてしまうのを改善するには、彼氏を親代わりとして扱わないようにしましょう!

彼氏ができて何ヶ月かすると、今までの新鮮さや遠慮がなくなってきて、ついつい素の自分や本音が出てきてしまいますよね。今まではあまり興味がなかったことでも、うんうんと同意していたけれど、だんだんと「私は興味がないんだけど」「私はこっちの方がいいと思う」なんて否定の言葉が多くなり、しまいには「彼氏は全然私の好みがわかっていない!」「なんでこんなこともしてくれないの!」とワガママモードに突入してしまうことも…。

実は、私の友人も毎回このパターンで彼氏と破局していました。別れた彼氏曰く「最初はにこにこして付いて来てくれていたのに、最後の方はワガママばかり言われて疲れた」のだそうです。

でも友人はまったく自覚なしで「ワガママなんて言っていない、いつも通りにしていただけ」とのことでした。

こんな悩みを持った方、結構いらっしゃいませんか。自分ではワガママを言っているつもりはなく、正直な自分の気持ちを伝えただけなのに傍から見るとわがままを言っているようにしか聞こえない…。

私が思うに、こういうタイプの女性は家族に恵まれていて、まるで彼氏を親代わりとして無意識に扱っているパターンが多いです。

例えば食事の場所を決めるときは、たいていの親は外食前に子供に「今日は何を食べたい?」と聞き、子供の好みを優先させてくれますよね。天気の悪い日は「送っていこうか」「迎えに行くよ」、こんなに尽くしてくれるのに、子供からは見返りを求めないで無償の愛情を注いでくれる…。

ついつい彼氏にワガママを言って困らせてしまう女性は、無意識に親がしてくれることと同じことを彼氏に求めてしまいます。しかも親がいつもやってくれることだから、彼氏にしてもらっても当然のことと、あまり感謝の気持ちもありません。これでは彼氏にワガママだと思われても仕方ありませんよね。

この解決方法はただ一つ、彼氏は親とは違うとはっきり自身が認識することです。親が当たり前にやってくれるのは我が子への深い愛情があってのこと、彼氏からの愛情とは質も熱量もまったく違います。

自分が彼氏の気持ちになって、自分が要求してきたことを振り返ると「私はあんたの母親じゃない!」って言いたくなりませんか。親は親、彼氏は彼氏、あなたのことを好きな気持ちに変わりはありませんのでついつい役割を混同してしまいがちですが、両者はまったく違うベクトルの存在です。

そのことを意識してお付き合いするようにすれば、ワガママな行動も少しは減らせると思いますよ。

3.彼女のわがままで悩んでる人は、男女逆転例で説明してあげるのがお勧めです。

恋人への依存度って個人差がありますよね。これは男女限らず、どちらにもいえることだと思います。

ただ問題となるのが、恋人への依存度に違いがある場合です。この依存度というのがクセモノなんですよね。

わがままといっても色々ありますが、私の場合は彼女から会いたいと強く言われることのが億劫でした。

私の実体験で言いますと、私は月金が休みでした。彼女も月曜日は休みなのですが、彼女は月曜午後で二時間程度の習い事を入れてたんです。大体彼女が習い事を終えてから会うようにしてたんですが、ある日彼女から月曜はどうする?と聞かれました。

私は休日ですし、彼女と会うだろうと思って予定は入れてません。でも彼女は習い事もあるし、正直彼女次第なんですよね。ですから私は、彼女にお任せで~と返答しました。

すると彼女から、じゃあ習い事があるし今回はやめておこうと言われました。

私は暇でも、彼女は前日の仕事や習い事で疲れてるんだろうと考えました。なので、私はわかりました。じゃあ木曜の夜ぐらい(私は翌日休みですし、彼女も木曜は昼までなので会うことは可能)に会おうということで話は終わりました。私としては、彼女の意見を尊重して月曜日はオフにし、木曜日に会うようにしたわけです。

しかし彼女は違います。

何故か月曜に私に会いたい会いたいとLINEをしつこく送ってきます。挙句にお酒を飲んでるから車で向かえに来てとも(もちろん帰りも送れということです)。これがせめて早い時間帯ならわかりますが、夜19時頃から言われてもどうしようもありません。

誰とも会わないってことでお風呂は入ってませんでしたし、ヒゲも伸びたまま。お風呂を沸かしてヒゲ剃って~となると軽く1時間はかかります。その上で彼女を迎えに行くとなると、今から準備しても彼女宅へ到着するのは1時間半後です。しかも部屋の掃除とかしてませんし、そういうのもを加味すると21時ぐらいでしょう。

翌朝の仕事は5時からですから、私としては辛いんですよね。ですので今急に言われても無理だな~と返事をすると、彼女はすねまくります。

お酒を飲んでる影響もあるんでしょうが、こちらがLINEメッセージを返さなくてもガンガン着ます。

未読のまま30件ぐらいメッセージ着てたりとか。しかも月曜会わなくなった原因は彼女であって、私ではありません。なのに彼女は自分が被害者だと言わんばかりに責めてくるんですよね。

このわがままにはほんとウンザリしてました。

結局この月曜にはLINEで文句は言わず、木曜に実際会った時に色々話をしました。LINE履歴を見ながら、これ男女逆だったらどう思う?と。
元々会う予定だったのに、男から会わないと言ってきた。なのにデート当日に会いたい会いたいをLINE送りまくってきた上、迎えに来いとかありえなくない?

そして会えないのは彼女がウチに来てくれないからだと言い出す始末。呆れて放置してると30件以上も立て続けにLINEでメッセージを送ってくる。お酒を飲んでるからといっても、それは免罪符にはならない。

普通に彼女を説得してもダメなので、男女逆で考えて欲しい、自分がこのようにされたらどう感じる?と説得したわけです。

こう言うと、ハっと彼女は我に返って猛反省をしました。まあこれ以降も彼女のわがままモード発動は時折ありましたが、その度に男女逆で考えてみ?と説得すると理解を示すようになってくれました。