彼氏が影で私の悪口や愚痴を友人に言う!振った後別れた後もそれは続く

彼氏よ恋

「彼氏が私の悪口や愚痴を友達に言っているみたい」

「別れた元カレが私の悪口を言いふらしている」

“むかつく!どうすれば良いの?”

などと悩んでいる女性に向けて、ここではそのようなエピソードを知っている人たちのアドバイスと体験談を紹介します。

彼が友人に私の悪口を言っている

恋愛関係になると、二人で一緒にいる時には心の絆を感じて、余計なことは考えずにその時間を精一杯楽しみたいと思います。しかし後から冷静になると「あの時の相手の態度がちょっと気になる」「もっとこうして欲しかった」等の不満が見つかります。

友人から「うまく行ってるの?」と訊かれると「もちろんだよ」と言えずに、つい不満をポロリと口に出すこともあります。

日本人は謙遜をする民族で、目上の相手に対しては謙遜語を使って話します。普段からどんなに素晴らし手土産でも「つまらないものですが」と渡します。自分の身内に関しては決して自慢せず、むしろ「愚妻・愚息」や「デキが悪くて」など卑下するのが美徳とされているのです。

これが海外になると「あなたの為に素晴らしいプレゼントを買ってきたから是非見て!」と言ったり、「私の妻はこんなに素晴らしい」と自慢するのが普通です。

あなたの彼があなたの悪口を言うのは、二つの理由が考えられます。

一つ目は「普段からちょっとしたことが気になっているけれども、面と向かって言う程ではない」、二つ目は「友人に謙遜してネタを探している」というものです。男性は単純で言葉の使い方良くわからず、他の男性に自分の彼女について話す時に取りあえず「ワガママなんだよ」「天然でさ」等と言ってしまうこともあります。

どうしても気になる様ならば、彼に「もしも私に不満な点があるなら、治す様にするから早目に教えてくれる?」と言って下さい。

彼を非難するのではなく、これから良いお付き合いをしていく為にも、思ったことがあったら我慢はせず早めに言った方がお互いの為になるから、という気持ちを伝えるのです。

それで彼が何も言わなければ、彼は単に友人達にあなたのことを謙遜しているだけで深い意味はないと思いましょう。彼は調子に乗り易く、その場の雰囲気でつい喋りまくってしまうタイプの様です。時折釘を差しながら大きな気持ちで見守ってあげて下さい。

振って、別れた後、彼氏が友達に私の悪口を言っている

付き合っている時は、とても幸せで楽しかったのに、理由があり別れることになったときに円満に別れることが出来ればいいのですが、人間なのでそうはいかないこともいくらでもあります。

その時に、別れた時に悪口を言われたときの対処したエピソードを紹介していこうと思います。

自分から振って別れて悪口を言われた

自分からもう彼とは合わない気がする。と、付き合ったもののすぐに別れてしまった女性がいました。相手は、別れるときにもこれから楽しくしていけないかな?と言っていたのですが、女性のほうはもう冷めてしまったようで、もう無理だからごめんね。と、別れることに。

そしたら後日には、とても悪口を言われ広められていて、ひどい女だ。というふうに周りにもみられてしまったとか。その後も会うたびに気まずくなり、ずっと悪口を言われ続けるので、女性の方から連絡をしたのです。

私は、本当に傷つけてしまったことは後悔している。でも、友達だった時の方が楽しくて、付き合ってからはなんか違った。正直、悪口をたくさん言われてむかついたし悲しかったけど、自分の振り方も良くないなって思った。だからごめんね。と、連絡をしたのです。

そしたら彼のほうからも、自分もごめん。と、言っていることとやっていること違うし正直むかついてた。でもだからって悪口言うのはよくなかったよな。これからは、友達でいよう。またたくさん色々普通に話そう。

と、仲直りをすることができたとか。

もちろん相手も好きだったからこそ、納得がいなかったり、他にも言っていることとやっていることが違う。というところにも文句があったそうですね。ただ振られたから悪口を言っているのではなく、振る時の態度であったり、言葉であったり、相手を不快にさせてしまったことに気づけたからこそ、仲直りをすることができたのです。

別れたらもう関係ない。と言えばそれまでなのですが、同じコミュニティ内であったら放っておける問題でもありません。

そういう時は、自ら解決していくことが大切だということですね。

別れたことにより、それまではいい関係だったのに、それがきっかけによって思わぬ方向にいくこともあるのが恋愛。

そこで、別れた男性に嫌がらせをされたときの撃退方法エピソードをまとめていきたいと思います。

別れたとたん!振った男性に嫌がらせされる時

①馬鹿にされた

別れたとたんに相手がとっても自分を人に悪口を言ったり、自分の姿をみて馬鹿にしてきた時に、助けてくれたのは友達だったようです。

悲しくて泣いている友人をみていて、耐えられなくなったのか、その日は、彼が家に忘れていった本を返しにいかなければならなくて、教室まで持って行ったときに隣の友人が、うちが返してくるから。と、本を持って男性の席までいき「くたばれ!!!!」と本を机にたたきつけて出ていったそうです。

それからは、その友人のおかげで女性は嫌がらせをされることはなくなったとか。いじめではよくありますが抵抗をしたり、反撃をしない限りは続くこともあるので、友人に感謝なエピソードですね。

②なんと別れた彼氏が違う男にあいつは都合のいい女だと言いふらしていた

別れた腹いせなのか、都合の良い女だと言いふらして他の男性から妙なアプローチをされるようになる。という嫌がらせがあったとか。

そういう時に、その女性の撃退方法は「全部嫌い」で答えるというもの。

ねえ、あなたは何が食べ物すきなの?

うどん。ふーん私は嫌い。

パスタは?それも嫌い。

俺、可愛い女の子好きなんだよね。ふーん、でも私はあなたみたいなかっこ悪い男は嫌い。

など、とにかく全てを嫌いで答えたとか(笑)そしたら、一緒にいるのがつまらなくなり簡単に撃退することが出来たようです。

③ストーカー

軽くストーカーをされるようになってしまったようで、いつもこっちを見ていたり帰りに一緒に帰れるように待っていられたりとかされて、すごく気持ち悪かったそうです。なので、その男性の前で女の子同士でいちゃついて、実はレズなんだよね~とアピールしたとか。

それによって、男性はあきらめざる負えなくなり興味がなくなり、ストーカーも収まったようです。

色々な撃退方法のエピソードの紹介でした。