離婚経験のあるバツイチの彼女,彼氏との結婚は両親に反対される体験談

彼女よ恋

離婚歴のあるバツイチ男性や女性と付き合うと、父親や母親に反対される。

バツイチは恋人の家族に毛嫌いされて、両親は喜んでなさそう、結婚は不可能?

などと不安に思っている人に向けて、ここでは実際に離婚歴のある彼氏と彼女と恋愛した人たちの体験談とアドバイスを紹介します。

離婚経験がある人との恋愛を反対される方へ

ある程度の年齢になり、恋愛をする時に、相手がバツイチだったり、それ以上だったりする状況はよくあります。そして自分はバツイチの相手でも抵抗がないのにも関わらず、親がバツイチの相手に抵抗があると言うことから、大反対されることもあります。

それまでは、「結婚しろ!」と口をすっぱくして言ってきたのに、彼氏だと言って連れてきた相手に離婚歴があると、たちまち反対してしまうのです。

私の場合もそうでした。

会社の上司と飲んでいるときに、たまたま上司の友人に会い、一緒に飲むことになりました。それから頻繁に飲みに行くようになり、それから二人のみで飲みに行くようになり、いつの間にか好きになっていて、付き合うようになりました。

付き合って、初めて彼氏の家に遊びに行きました。

2LDKのマンションを購入したということでした。話を聞くと、離婚歴があり、前の奥さんと一緒にマンションを購入したようです。奥さんが家を出て、残りのローンを彼が支払うことになったようです。

弁護士をつけることもなく、円満離婚だったようです。離婚の理由は、元妻が会社経営者で、多忙を極めていて、すれ違ってしまうことが多かったようです。そこで、結婚の意味を見いだせなくなった彼氏から離婚を切り出したらしいです。

彼氏が浮気をしたことが原因だった、またはDVなどの理由があれば、離婚歴があると抵抗が私自身もありますが、そうではなかったので抵抗はありませんでした。一緒にいて楽しかったですし、真面目な人柄だというのは、付き合って行くうちに分かっていましたから。

でも、母親は反対していて、今まで実家に彼氏を連れて行くと快く歓迎してくれたのですが、離婚歴がある彼氏は、素っ気ない態度と取られてしまい、私自身もすごく気持ちが良くありませんでした。

結局交際期間2年を経て、彼氏からプロポーズされて、私たちは結婚しました。2年間で、彼氏の紳士的な態度を分かってもらうために、彼氏もすごく頑張ってくれたと思います。

結婚して、子供が出来て、今では母親は孫をとても可愛がってくれて、年に二度は私の家族と一緒に家族旅行も行きます。私は授乳中なので、お酒は飲めないのですが、家族で食事をする機会などがあると、母と旦那さんで、楽しそうにお酒を飲んでいるので、良かったなと思いました。

真面目な態度で接していると、どんなことでも理解してくれるんだなと思いました。

最初は動揺されたが受け入れてもらえた

バツイチの女性との結婚は、もはやハードルの低いものになっていると思います。今や離婚率は高まり、3組に1組の夫婦が離婚している時代。知らずにお付き合いをして、たまたま彼女がバツイチだった、というシチュエーションは驚くようなことでもなくなってきています。

友人も、そんな経験をした一人。職場で知り合った女性といい関係になり、幾度か食事をした後にバツイチであることを告白されたそうです。

しかし、子どもがいなかったこともあり、友人は全く気にしませんでした。友人が気にしたことは「自分が気にしなくても、周りが気にするのではないか」ということです。

結論から言うと、友人の心配は大体が空振りに終わりました。

まず、友人関係ではなんの問題もなく受け入れられました。それこそ、現代社会でバツイチなど珍しいことではありません。普通の社会生活にはどこかしらにいるものですし、仲間内では本人こそバツイチという人間もいましたので、離婚歴があることは単なる話題の一部として流れていきました。

更に心配していた両親ですが、これもそこまでの抵抗はなかったようです。確かに最初、「結婚を考えているが相手はバツイチだ」と言った時には動揺されたようです。しかし、それも一瞬のこと。結婚に反対されることもなければ、結婚後の関係も非常にうまくいっているようです。

これらは、友人の年齢も大きかったかもしれません。友人自体は初婚ですが、年齢はすでに30半ば。今まであまり浮いた話もなく、特にご両親はやきもきしていたことでしょう。相手がバツイチであること以上に、結婚して身を固めてほしいと思われていたのは明白です。生涯一人でいるかもしれない息子に伴侶が現れたとなれば、人柄さえ良ければ過去などどうでもいいと思っていたのかもしれませんね。

しかし、たった一つ気を付けなければならなかったのが親戚だったそうです。両親が彼の叔父へ報告をすると、「最近は簡単に離婚してしまうから気をつけるように」との言葉があったとのこと。すでに離婚を経験している女性が嫁に来るとはとても言えなかったとのことです。もちろん、そんなことをわざわざ言う必要もないので、これは言わなければいいだけの話ですが。

総じて、友人はバツイチの女性と結婚して幸福に暮らしています。離婚歴は目に見えるものではありませんし、それによってなんらかのデメリットを被ることもありません。そもそも人間関係の基本である「込み入ったことは本当に親しい仲でだけ」という原則さえ守れば、なんの問題もなく結婚生活を送れるのではないでしょうか。

関連記事:

[kanren postid=”3435,1765,2684,1039,3228″}