初めてのホストやバーで恋愛!?ホストやバーテンダーに恋をした女性の体験談

彼氏よ恋

ホストやバーに行き、そこで働いている男性に恋をした。

「ホストとちゃんと恋愛できるの!?」

「バーテンダーってチャラいだけじゃないの!?」

等と感じている女性に向けて、ここでは実際にホストやバーテンダーに恋をした経験のある人たちの体験談とアドバイスを紹介します。

1.ホストの彼に恋をしました

当時私は、大学生で夜のアルバイトをしていました。夜は3時までのお仕事だったので大学にはほぼ行かず、家に帰り寝てまた出勤という生活を送っていました。

ある日、大学の友人からホストに行かないかと誘われました。私は、「ホストなんて高そうだし、チャラチャラした男性が女性をお金のために誘惑する所でしょう」と、乗り気ではありませんでした。しかし、友人が「初回は3000円だから大丈夫だよ」と言うので、とりあえずただの飲み会だと思い、行くことにしました。

行ってみると、部屋の中は薄暗く、髪の長いチャラそうな男性がたくさんいました。その雰囲気に最初から限界でしたが、とりあえず一杯飲むことにしました。こちらは2名だったので、男性スタッフも2名ついてくれました。

初めについてくれた男性が、少しタイプでした。金髪でしたが周りよりチャラチャラしていなく、口数の少ない私に話題を振ってくれました。彼の源氏名は私の本名と漢字と読みが一緒でした。私の名前は、漢字は珍しくありませんが、読みは少し珍しかったので、彼と同じ名前だったことに驚いた反面嬉しかったです。

名前の話からどんどん盛り上がり、場内指名しました。彼は、ホストとしてはそこまで売れていないようで、私は助太刀してあげようと軽い気持ちで指名しました。その日は、とりあえず1時間延長して、友人が泥酔したので帰りました。

翌朝目覚めると、1通のメールが届いていました。彼からです。「昨日はどうもありがとうございました。また遊びにきてくださいね。」という私もよく使うテンプレでした。しかし、なんとなくそのメールが嬉しく感じでいました。私はシャイなので、「気が向いたらね。」と返信しました。

しばらくして、やっぱりもう一度行きたいと思い、アルバイト先の女の子を誘って行きました。もちろん彼を指名しました。彼に会うと今まで抑えていた気持ちが爆発したかのように緊張して、言葉を発することができませんでした。彼もその日は口数が少なく、「あー嫌われちゃったな」と思いました。

それからは、お店には行きませんでした。でも、幸せでした。彼と付き合うことになったのです。普通の出会い方ではありませんが、思い切ってホストに行って良かったと思っています。勇気を振り絞って苦手な所に行ってみると、思わぬ経験ができるかもしれませんね。

2.バーテンダーの男性に恋をしましたが

私は過去に1度だけお酒で酔いつぶれたことがあります。友達と飲み屋街を飲み歩きしていた頃、私はどれだけ強いお酒を飲んでも酔わないのでお酒は強い方でした。

ある日友達とホストクラブみたいに接客をするバーテンさんがいるバーに飲みに誘われていくことにしました。そこはイケメンのバーテンダーばかりですごく緊張しました。私たちのテーブルにも藤木直人似の爽やかなバーテンダーさんが一人付き、ゲームで負けた人が飲むというルールで楽しく飲んでいました。

私はいつも負けてばかりでガンガン飲み、そのバーで酔いつぶれてしまいました。

その日は友達がタクシーに乗せてくれて何とか家に帰れました。気が付くと化粧ポーチをお店に忘れてきていたので、その夜にお店に連絡して見つかったら連絡をもらうことになりました。

すると、次の日の夕方、知らない携帯番号から連絡がありました。それは私達のテーブルに付いたバーテンダ―さんでした。結局化粧ポーチをもらうために、彼の仕事休みの日に会うことになったのです。

ただ会うだけではなく、ファミレスで夕飯食べることになりました。

会うまでは何も気にしていなかったのですが、実際に会うとすごくイケメンでドキドキしました。

彼は何かと私の事を褒めてくるので、終始好印象でした。それに、ご飯を誘ってくれたのも彼からだったのでもしかして、私の事を気に入ってくれているのかなとも思っちゃいました。

そして、彼からお店ではなくて個人的に会いたいと言われたのです。まさかの言葉に私の方が意識するようになってしまいました。それからメールを交換してからは彼と毎日メールをやり取りするようになったのです。

日に日に彼への思いが強くなり、メールだけでは物足りなくて、私からご飯に誘うようになりましたが、楽しく過ごしつつも男女としての進展はありません。

それでも私は彼の事が好きになっていたので、思い切って告白すると、答えはNOだったのです。

初めて会った時から、妹みたいで可愛かったというのです。ご飯に誘ったのも1人暮らしで1人でご飯を食べたくないけど、夜の仕事なので友達がつかまらなかったからだそうです。

接客業なだけあって、断り方もさりげなく悪い感じがしないものでしたが、私はもう2度と彼に会うことはやめました。

私みたいにホストっぽい接客上手な人や寂しがりな男性を好きになった人は、相手の言葉に一喜一憂する前に一呼吸おいて、相手の本心を探ることを頭に置いておいた方がいいですよ!私みたいに勘違いしてしまったら時間の無駄です!

関連記事:

【店員に一目惚れ】店員や美容師が好きになり恋に落ちた体験談

2016.09.18