彼氏の実家は非常識!彼氏の家族や両親とは価値観や考えが合わない

彼氏よ恋

「彼氏の両親の考え方や価値観がズレてる」

「彼氏の実家は私が育ってきた家庭環境と違いすぎる」

結婚も視野に入れて、彼氏の両親に挨拶に行き、仲良くなったものの・・・

“彼氏の両親(家族)と合わない”

と悩み、今後の将来のためにどうしたら良いのだろうと考えた経験のある人たちの体験談とアドバイスを紹介します。

1.彼氏が地元大好きで将来を悲観した友人

私の友人A子は30代前半の会社員です。A子の恋人も30代前半で優しく爽やかな男性です。付き合い始めて半年たっており、正式なプロポーズはまだでしたが、相性もよく結婚願望のある二人でしたのでそう遠くないうちにゴールインするだろうと私は思っていました。

そんなある日、A子が恋人の実家へ遊びに行くことになったと言いました。

A子は東京生まれの東京育ちですが、彼は地方都市の出身で大学進学の時に東京に出てきていました。年末年始やゴールデンウィークなど連休の時には「彼は帰省してるんだ」といってA子はいつも私と遊んでいました。

今回は彼の地元でお祭りがあるそうで、ぜひA子にそのお祭りを見せたいというのと家族や友人にA子を紹介したいという彼の強い希望ということでした。

A子は彼の生まれ育った街や彼の好きなお祭りを見られることを楽しみにしながらも、彼の家族や友人に会うのはかなり緊張していました。真面目なA子は彼にご両親の好みや友人のタイプなんかを質問したのですが、彼はそんなに色々気にしなくていいよとお気楽な返事ばかりしていました。
仕方なくA子はネットで「彼氏の実家に行く場合のマナー」等を調べまくっていました。

当日着て行く服は頼まれて私も一緒に買いに行きましたが、派手すぎず地味すぎず上品かつ動きやすい服装というのは本当に難しいものでした。
手土産をあれこれ考えて用意したり、ネットのアドバイスを参考にしてA子が泊まる宿の手配もしました。

彼は「俺の実家にとまればいいじゃん」とA子に言いましたが、婚約が決まったわけでもない女性が宿泊するのは彼のご両親や兄弟からしたらずうずうしいととられかねないだろうとA子は判断したのでした。

彼との帰省を終えて帰ってくるなりA子は私を呼び出して「彼のことは恋人として大好きだけど、彼との結婚には悲観した」と言ってきました。
どうやら彼の実家は親戚づきあいが濃厚らしく、お祭りの日もわけがわからないほど人が集まっていたそうです。それはお祭りの時だけでなく、他の連休でもそうらしいのです。

また、彼はお祭りへの参加を心底楽しんでいたようですが彼女からすると知らない土地で知らない人達がただ盛り上がっているように見えただけらしいのです。

そして彼は親戚や友人との集まりやお祭りはA子も楽しいだろうと信じきっていたというのです。

それでも二人は数か月ほどは素敵なカップルのままだったのですが、次の帰省のシーズンに別れました。意気揚々と帰省しようとする彼を見ていたら、とてもじゃないけど結婚は無理と思ったようです。

出身地がまったく違う恋人をもつ人はぜひ考えてほしいです。恋人が自分の実家や地元の行事を同じくらい好きでいられるとは限らないということを。

もし嫌だったとしても普通は恋人の地元のことを悪くなど言えないのです。無理して合わせて限界を超えて別れを告げることになる前に、相手に行事や集まりに参加したいかどうかをきいてあげてください。

相手の希望を知っておくことはあなたにとってもよりよい結婚生活につながるはずです。

2.彼氏の親がやたら介入してくる時の対処法

今話題の眞子さまと小室圭さんの結婚延期問題を見ていると、まるで私の20代で付き合っていた彼氏との問題と重なって仕方ありません。

そもそも両親が口を挟んでくるのは、金銭面で自立していないからです。

私は当時、すでに働いていましたが、自宅通勤だったため、家賃は私の両親が負担していました。一方、彼氏は大学院生。私立大学の授業料、家賃はすべて彼氏の両親が支払っていました。

さらには、自営業だったため、家業を手伝っていたのですが、おそらく融通をきかせてもらっていただろうし、他の社員よりもいい金額を貰っていたのだと思います。

こんな二人が婚約となった時に、一番に口を挟んできたのは、彼氏の両親でした。

なんと、彼氏の両親の自宅のすぐ近くのアパートを買い与えてくれるというのです!若い二人にとってこんな美味しい話はありません!しかし・・・私の両親は、警戒しました。つまり、彼氏の両親は「金を出す代わりに口も出す」だろうことを知っていたからです。

案の定、結婚式はどこで行うだの、招待客は何名だのを指定してきました。更には、結婚もしていないのに子供の数まで提案してきたのです!

これには、私もびっくりしました。

私たちは、ただ自分たちが決めた婚約相手を両親に紹介しただけの軽い気持ちだったのですが、こうも口を出してこられたのは、隙があったからに他ありません。

つまり、自分たちだけでなんとか結婚生活をしていけるだけの財力がなかったからなんです。逆を言えば、両親を納得させるには、結婚費用から生活費をすべて自分たちで賄えるようにすればいい訳です。

眞子さまと小室圭さんの結婚延期が2年に伸びたのも2年あれば、自力で借金が返済できるという計算からです。なので妥当なこと。私たちも場合も、結婚を急がず、まずは彼氏が学業を終え、無事に就職して、住宅ローンが借りられるようになってから結婚式を挙げました。

もちろん、その頃には、お互いの両親を閉口させることに成功しましたよ。

3.彼氏のご両親から渡される手土産のお返しに困り、しんどい思いをしている

私の後輩Sちゃんは20代後半のOLで、2年ほど前にTさんという男性と知り合いました。Tさんは素朴で優しい人柄で、二人はすぐに交際をスタートさせ順調にデートを重ねていました。ところが最近Sちゃんの元気がないのです。どうしたのかきいてみると「Tさんは本当に優しく穏やかな人で、理想の結婚相手だと感じているんです。でもTさんのご両親と私の両親がどうも…」というではありませんか。

詳しく話をきいてみると、Tさんはのどかな田舎にご実家があるそうで、Tさんが帰省するたびにTさんはご両親からSちゃんへと大量の手土産を受け取ってくるのだとか。その内容はTさんのご実家のご近所さんが育てた野菜だったり、Tさんのお母さんがつけた漬物だったり、地元の特産の食品だったりといろいろだそうです。

Tさん本人がちょっとしたお土産を買ってきてくれたのならともかく、Tさんのご両親からのお土産となるとお返しはどうしたらいいものかSちゃんは悩みました。

Tさんに相談しても「田舎は親戚や知り合いやご近所さんに野菜なんかを渡すのが習慣なんだよ。お返しなんか気にしないで受け取って」とのんきにいうばかりだそうです。

気にしないでと言われても、もらってばかりというわけにはいきません。

Sちゃんは都会のマンションでご両親と暮らしています。ご近所同士の付き合いはほとんどありませんし、野菜を作ってご近所さんとわけるようなこともありません。さらにSちゃんのご両親の考え方としては、結婚しているわけでもない子供の恋人にあれやこれやと親が手土産を持たせるなんてやりすぎだという感覚だそうです。

とはいえTさんの実家に「やめてくれ」とも言えず、Sちゃん家族はお返しをどうするかで頭を抱えてしまったのです。今ではTさんがお土産をどっさり持ってくるたびにSちゃんのご両親はうんざりするようになり「Tさんのご実家とは色々合わないわ…」と愚痴をこぼされているそう。

TさんもTさんのご両親もよかれと思ってやっているだけに、非常にやっかいな状態となっています。

誰しも恋愛中なら知らず知らずのうちにTさんの立場になっていることがあるかもしれません。

交際中に自分の親が恋人に手土産を持たせたり誕生日の贈り物などをしたがった場合、交際相手や交際相手の家族の反応をしっかりとみきわめてください。

価値観の違いから嫌がられている場合もあるのです。せっかくうまくいっていた交際が親の好意でこじれてしまっては大変です。自分の家族の常識を相手の家族の常識と思わずにいましょう。

恋人の両親や家族に関する関連記事:

彼氏の両親(家族)との二世帯住宅が結婚の条件?同居は嫌だ!女性たちの体験談

彼女の両親が借金を抱えていることが判明!それでも結婚を決意した理由

彼氏の両親(父親、母親)に挨拶に行き問題発生!考え方、家庭環境の違い

【彼氏,彼女,夫(旦那),嫁(妻)の家族がおかしい話】会いたくない程嫌い!

【嫁の家族と合わない】嫁(妻)の実家に行きたくない!帰るのが嫌い、嫌だナウ

【彼氏の家族に好かれて、仲良くなる方法】彼の父親・母親が嫌いな人も必見!