恋愛初心者必見!初めて好きになった人へのLine・連絡のアプローチ方法

彼女よ恋

「好きな人へアプローチをしたいけど、どうしたら良いか分からない」

「lineの連絡でアプローチする良い方法はない?」

「おすすめのアプローチのやり方は?逆にやってはいけないことは?」

などのアプローチ方法に悩んでいる人に向けて、ここでは実際にアプローチで悩んだ経験のある体験者の実体験やアドバイスを紹介します。

1.好きな人の連絡先を聞く、連絡頻度や誘い方

自分の経験から連絡に関して行ったことを書いていきます。

大きく分けて以下の3つのことを行いました。

①1つ目は、連絡先を聞くことに関してです。

恋愛している人は自分なんか相手にしてくれない、連絡先を聞くのは迷惑じゃないだろうか、と弱気になりがちです。私もそう思っていましたが、勇気を持って聞きました。

その時に行った言葉は「あの、よかったらLINE教えてくれませんか。」です。これならば高い確率で教えてくれるはずです。後はオドオドせずに堂々と言うようにしましょう。同性に聞くのと同じ感覚です。

私はこれで連絡先を交換することが出来ました。

②2つ目は、自分から頻繁に連絡を取らないことです。

連絡先を交換できたからいっぱい会話するぞ、といきたいところですが、下手をすると嫌われてしまいます。と言うのもしつこく連絡を取ると、相手は返事をするのが面倒くさくなって、返事が来なくなりそのまま終わってしまう、ということが起こってしまうからです。

相手が自分に好意を持っているか持っていないかがわからない段階ではなるべく自分から連絡するのは控えた方がいいです。ただ、全く連絡を取ってはいけない、ということはないです。映画や食事に誘うくらいなら大丈夫です。

問題は断られた時で、断わった理由を聞いたりどうしても一緒に行きたい、としつこくゴネたりするのが駄目なのです。断られた時はその場は身を引いて、また1週間くらい時間を置いた後に連絡しましょう。だからと言ってここは難しいところですが、毎回断られているにもかかわらず1週間毎に連絡を取るのは駄目です。

2人きりは不安だとか服装がだらしなくて一緒に歩くのが嫌だとか、断られているのは他に理由があるはずです。今一度、自分を見直して下さい。

③3つ目は、連絡が来てもすぐに返事をしないことです。

返事が来たら嬉しくてすぐに返事をしがちですが、これは重くなる原因になります。理由は返事をすぐに返さなければいけない、と相手が感じるからです。また、一生懸命さが出てしまい、相手は自分に興味がなくなる可能性もあるからです。

そのため、すぐに返事をするのではなく一旦時間を置いてから返事をするようにして下さい。最低でも5〜10分置いて返事をするのがいいです。2つ目と3つ目を実践したおかげか自分のときはあまり警戒されず相手からたくさん連絡が来る、という場面が何回もありました。参考になれば幸いです。

2.好きな人にアプローチしているのに気づかれない・反応がない

好きな人に対しては直接ストレートに好意を伝えるのではなく、それとなく伝えるといった手法があります。しかし、そういった手法を用いたときには相手が全く反応しないということがあります。

アプローチをそれとなくしているつもりなのに、相手のリアクションがほぼなく、アプローチをしているということに気付いていないのではないか?という悩みが恋愛ではあると思われるのですが、そういったときにはどうすべきなのでしょうか?

そういったときには相手の心情を読むことが重要になります。

具体的に言うと、アプローチしていることをどう思っているのか?という点について、見極めないといけないのです。

私が実際に経験したケースで言うと、そもそも普段からあまりリアクションをとらない子というのもいます。おとなしいという表現になりますけど、そういう子は感情などをあまり表に出さないので、アプローチに気付いていない可能性もありますけど、そもそもアプローチに気付いていても、それを相手に分かりやすく伝えるということをしません。

したがって、私は好きな相手がそういうタイプの人間だと分かったときには、それとなくアプローチをするという方法はとらないようにしています。

ストレートに好意を伝えて、確実に相手が何らかのリアクションをしないといけない状況に持っていくのです。

そういう子が相手の場合には、そこまでやらないと相手が考えていることが分からないので、そういった方法がおすすめということになります。

逆におとなしいタイプではない、喜怒哀楽が割とはっきりするような子の場合には、アプローチには気付いているが、そもそも自分に対して好意を抱いていないのでスルーしているという可能性が高いです。

私が実際にそういう子を好きになったときにはそれとなくアプローチをして反応がなければ、自分に気がないということで、そこで一旦態勢を整え直します。

アプローチをしていることに相手も気付いているはずで、それで反応がないのに、さらに改めてストレートに気持ちを伝えようとすると、しつこいと思われる可能性があるのです。

だから、私はそういった子が相手のケースで、リアクションがほぼないと感じたときには、一旦好意を伝えようとするアプローチはやめます。

それ以降は嫌われないようにふるまいながら、またチャンスを窺うという姿勢でいるようにしているのです。こういったケースでは慎重にいった方がいいと思うので、そういった判断をすることをおすすめします。

3.片思いの好きな男性や女性との連絡頻度

恋愛をし、気になる相手と連絡先を交換が出来た後、必ずと言っていいほど発生するであろう、相手との連絡頻度についての問題。自分が前のめりになればなるほど、多くやり取りをしたいと誰もが思いますよね。

私も以前、片思いをしていた時期に、連絡頻度について悩みを抱えていたことがありますので、体験談と、アドバイスをさせていただきます。

前提を説明すると、連絡に関しては私の方がマメで、相手の方がマイペースでした。もう少し詳細に書くと、私はLINEでしたら、朝・昼・晩の3回くらいが理想かなと考えているタイプですが、相手は2〜3日空いても平気なタイプ。

当然片思いの期間ですから、返信がなかなか来ないと「相手は好意的には捉えてくれていないのかな」「他にも連絡を取っている異性がいるのかもしれない」などとマイナスなことばかり考えてしまっていました。

やっと返信が来ても、「すぐにこちらが返信してしまうと負担にならないだろうか」という心配がよぎり、こちらも時間を置いてから返信し、相手のペースに合わせるように心掛けていました。

とはいえ、私としてはやはり連絡が少ないことへのネガティブ思考が止まることはありません。そこで私は、同じく連絡がかなりマイペースな10年来の友人に悩みを打ち明け、次のようなアドバイスをいただきました。

①マイペースな人は、用件がある時しか連絡を返そうと思わないもの。
②例えその相手が好きな人であっても、仕事で忙しい時は、用件のある連絡ですら返さないことも多い。
③何よりも、連絡頻度は人それぞれなので、気にする必要は全くない。

連絡がマメな私にとって、上記の特に①②のアドバイスはとても貴重なものでした。どんなに疲れていても、自分の立場であれば、一言連絡を入れてから一日を終えるので、かなり余計な心配をしていたのかもしれないという気になりました。

それ以降、連絡頻度に関する細かいことは気にせず、相手と会える時間を大事にしていった結果、お付き合いいただけることとなりました。

片思い相手との連絡頻度で悩む方も多いと思いますが、「連絡頻度は人それぞれ」ということを覚えておくと良いと思います。社会人ともなれば忙しい時期はどうしてもありますので、細かいことは気にせず、会える時間を何よりも大事にしましょう。

4.行動あるのみ!

自分には可愛いなと思う素敵な女性の方がいました。

いつも明るく爽やかな笑顔を振りまいてみんなに元気を与える彼女に完全に惹かれていました。

けど、関係は顔見知りくらいで普段から仲良く話したりする中では決してなくて、自分は遠くから眺めているので精一杯で高嶺の花のような存在でした。

ある日のことです。自分はこんなに気になっているのに自分は何もしないでいていいのだろうかとふと感じたのです。

いつも、彼女のことが気になっていたのに他にもっと可愛い人がいるんじゃないかとか、変に強がって彼女に声をかけたり、アプローチしたりするのを心のどこかで遠ざけている自分がいました。

やっぱり正直に伝えたい・後悔したくないと思い、勇気を出してラインを送って見ました。すると意外にもラインは続いて他愛のない話をしたり、最近の出来事を話したりとても楽しい時間を過ごせました。

勇気を出して彼女に食事を誘ってみるとなんと「いこーいこー!」と言ってくれて食事の約束まで取り付けることができました。

その時はめっちゃ嬉しかったのですが、いや待てよと。なんの服を着ていくんだ。体型まずくないか、髪型もイマイチで、なんかだらしない。

僕は体を改善するために部活に通う友達と一緒にジムに行って筋トレをしたり、ファッションの雑誌を買ってみておしゃれに気を使い始めたり、髪型も整えたり、肌の手入れに気を使ったりと自分磨きを必死にしました。

そして食事の日。

初めは緊張していましたが、だんだん打ち解けられて会話も弾んでめっちゃ楽しかったのを今でも良く覚えています。これも頑張って自分に自信をつけようと努力してきたからだと思いました。

そして何度か二人で食事をして・・・ついに告白を決意しました。

告白する前は本当に緊張しました。失敗したら俺終わりだな。。とか、成功したらどんだけ楽しいんだろうとか、いや告白しないで今のままでもいいんじゃないかなとか

自分の中で葛藤してました。

けど最後は思いを伝えることにしたのです。

そして自分の緊張を抑えて伝えた告白は見事失敗に終わりました

しかし降られたのにも関わらず、清々しい自分がいました。こんだけ努力して思いを伝えてみてダメだったんだからしょうがないと。いい意味で諦めることができました。

さらに自分はしっかりと思いを伝えられる人間なんだと自分に強い自信が持てたし、続けていた筋トレがいまでも続いて自分の中の習慣になったり、降られたことでまた別の出会いがあり、意外とあの時降られてよかったなと思えます。

思いを伝えることはめっちゃ緊張します。けど告白が自分の人生を変えたし、自分の視野が広がりました。

告白しようか迷っている方。

勇気を出して告白してみてはいかがでしょうか。

5.デートしたのに、その後の連絡で好きになった女性から引かれた理由

人は誰しも恋に落ちる瞬間があると思います。その恋の仕方は人それぞれで、順風満帆にいく恋愛があれば、紆余曲折の恋愛もあります。そんな中、私が体験した我慢することの大切を知った恋愛経験をお伝えします。

私が大学生の頃。今まで勉強しかしてこなかったため、恋愛に関してはまったく無頓着でした。そんな中サークルに入り、日々楽しく活動をしていていました。ある時サークルの女の子から声をかけられ、「一緒にご飯行かない?」と言われました。

生まれて始めて女性からご飯の誘いを受けたので、どうしてもいいかわからずクールな表情で「うん」と二つ返事をしていました。私自身、その子は恋愛対象としては見ていなくて良い子だなとしか思っていませんでした。連絡先も交換してなかったので、本当に意外すぎる形のお誘いにただ動揺を隠せませんでした。

そして、何回か連絡を取り合った後次の週に2人でご飯と言う名のデートをすることになりました。女性と2人でデートなんかしたことのない僕は、戸惑いの連続でどうしていいかわからないことが多くありました。でも、そんな僕を気遣ってか、彼女は優しく接してくれ、普段サークル内で見せる姿とは違った側面を見ることができ、初めて人を好きになるという感覚が芽生えました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰路に着いた後、余韻に浸りながら彼女にお礼のメッセージを送りました。

その日から、私の彼女に対する思いはかなり増して行き、連絡が返ってこなくても頻繁に連絡を送るようになってきました。しかし、なかなか返事が返ってこずサークルも休みがちになった彼女。

心配になった私は、彼女の友人に何かあったのか?と尋ねました。すると、あなたからの連絡がしつこすぎてサークル行くのも嫌になったみたいよ。と衝撃的な発言を聞き、絶望の淵に追いやられました。もっと連絡を返ってくるのを我慢しながら、仲良くしておけば良かったと思った瞬間でした。今でも後悔しています。

関連記事:

好きな男性振り向いて!セクシーで色気ある女性の服装やメイクをした結果

2018.05.09

【片思いの人、好きな人と遠距離恋愛】告白すべき?続く?不安な人必見!

2018.04.26

好きな男性に初めてLINEのメッセージを送る時の文章やポイント

2018.04.18

【異性とのメッセージのやりとり】男性や女性とのメールの頻度,返信,続く気を付ける点

2018.03.20

好きな人に好きと言わせる!好きな男性に告白させる方法は?

2018.01.15

同じサークルの男性女性、先輩後輩を好きになった時のアプローチ方法

2018.01.13

好きな男性のタイプは?と聞かれた時に答える好みのタイプの回答例

2017.10.12

通勤電車で一目惚れ女性や男性、好きな人へのアプローチや話しかける方法

2017.09.27

【草食系男子との恋愛】受け身で奥手でシャイな男性にアプローチ!誘い方や落とし方

2017.08.20

【好きな人は恋人持ち】彼氏,彼女がいる男性女性を好きになった片思いのアプローチ方法

2017.04.24

片思いの好きな男性や女性を振り向かせる!告白を成功させるまでの方法

2017.03.07

【大人しい静かな女性の落とし方】成功した恋愛経験のない女性へのアプローチ方法

2016.12.20

【恋愛下手な女性のデート術】好きな男性に好かれる成功方法やコツ

2016.11.24