バー,居酒屋,レストランで出会った女性,男性の連絡先を聞き忘れた交換できなかった時

彼女よ恋

連絡先を交換しなかった異性が忘れられない、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

バーや居酒屋でたまたまそこに居合わせた異性(赤の他人)と話がはずんだりして、連絡先は交換できなかったものの、どうしてもその人の事が気になって忘れられない・・そんな悩みに著者の実体験からお薦めの解決方法を御紹介致します。

◆出逢った場所に連絡する◆

え?!と驚く方もいらっしゃると思いますが、気になって連絡がとりたいから悩んでしまっているんですよね。相手に引かれるんじゃないか、という恐れと、このまま連絡が取れずにもんもんとし続ける日々とのどちらが良いか、自分自身によく聞いてみて、やっぱり会いたいと思うのなら行動あるのみです。

もしそこが行きつけのお店、馴染みのお店ならその時に居合わせた店主さん等にさりげなく気になる相手の事を聞いてみます。「あの時お店に居た~な男性は時々来るお客さんなの?」という風に。こんな風に聞くという事は関心があるのだな、と察してくれます。あなたと気心の知れた店主さんなら、色々と知っている事を教えてくれるでしょう。

もしあまりプライベートな話をした事のない店主さんでも、あなたの体裁を傷つけないように、冷やかしたりする事なくさらっと知っている事を教えてくれるでしょう。もし店主さんとお相手の方が知り合いで相手も独身、そして良い人を探している・・という様な幸運なシチュエーションなら、一気に仲良くなれるチャンスになるでしょう。

私の場合、居酒屋で開かれた短大の飲み会で、隣のテーブルに居た他の大学の飲み会のグループの中の1人が気になるお相手でした。チェーン店の居酒屋で、自分自身初めて行くお店だったので、店主はもちろん、そこで働いているバイトの人達すら面識もありませんでした。しかし、1週間経ってもその時に話の盛り上がった彼の事が忘れられず・・思い切ってその居酒屋に電話をかけ、「~月~日の夜に飲み会でお店に行った~と申します。あの時に隣のテーブルで飲み会をしていたグループの方と連絡がとりたいと思っているのですが・・」と素直に伝えました。すると、そのグループの幹事に連絡をしてくれたのです。お店の方に伝えていた私の連絡先に、幹事の方がお相手の男性に伝えて下さったのでしょう、その日の内に電話をかけてくれました。話が盛り上がった=相手も多少は印象に残っているはず、そして感触としては好感を持ってくれているはず、と思い、思いきって良かったのです。

実際電話がかかってくると、大胆な行動をしかけた割にとても緊張してしまったのですが、かえってそれが良い印象を与えたそうです。電話でも話がはずみ、花火大会へ一緒にいこうと誘ってくれて、何度か会ううちに交際が始まりました。交際は1年も経たずに終わりましたが、あの時に行動をとれた事で恋愛に少し自信が持てるようになりました。

話がはずんだ相手には、思い切って連絡をとるべきだと思います。あなたが相手の事を考えている様に、相手もあなたと連絡がとりたい・・と思っている可能性が高いからです。

すれ違った女性に一目惚れ!連絡先はどう聞く?

私自身の恋愛体験を記述させていただきます。

私は現在はこの恋愛がずっと続いておりますがここまで来るまでかなりの大変なことと、思わぬことがありました。

今から三年前のことですが、僕の街で栄えているところで彼女を見かけたのがきっかけです。普通に生活していれば女性は見かけるのですが、今までにない恋愛感情を一瞬で抱いてしまいました。

私的にはかなり可愛いと思ってしまいました。そこでまず自分との関わり、友人などのコミュニティを使い、名前を知りました。正直自分でもこの時はストーカーしているみたいで気持ち悪かったです。

そこで名前を知ることができ、さらに共通の友達でつながっていることもわかりました。

ですが、いきなり一目惚れしました。連絡先教えてくださいとはいかず、毎日彼女のことは考える日々がしばらく続きました。

恋愛はあまりしない方ですが、ドキドキしてこの頃はかなり楽しかったです。

そして、ここで運命と呼べるのかどうかわからないのですが、普段行かないような小洒落たレストランに行ったところ、そこが彼女の職場だったのです。

ここしかないと思い、私は彼女に連絡先を聞きました。彼女はびっくりしていた感じで、お断りされてしまいました。

でもその頃の私はめげずに、共通の友達に事情を話して連絡先をようやく聞き出せました。

最初彼女はかなり怒っていました。なぜ連絡先を知っているのか、気持ち悪いなど色々言われて、これは流石に付き合うことに発展はしないんじゃないかと思っていました。

ですが、空気の読めない共通の友達が、お互いに知らずのうちに、ありがた迷惑という感じで、勝手にブッキングしてくれました。

私は共通の友だちと遊ぶつもりだったので、びっくりしたのと同時に嬉しかったです。

ですが、相手は露骨に嫌な顔をされ、私の話は無視され、正直最悪でした。

ですが、お互いいきなり帰ることもできず、一刻と時間が過ぎていく中で、お酒を飲む流れになりました。

最初相手は抵抗がすごかったのですが、飲んでいくうちに共通の趣味、好きなアニメのキャラなどの話で盛り上がっていき、時は流れて中を深めて現在は、付き合うことができています。ですが、今でもあの頃はストーカーみたいでキモかったと言われます。