出会いの場や恋人(彼氏彼女)に自分がオタクだと秘密にする?隠す?

彼女よ恋

自分はアニメや漫画が大好きなオタク。

「出会いの場では秘密にしといた方が良い?」

「異性には自分がオタクであることを言わない方が良いの?」

「恋人(彼氏彼女)に黙っているが、打ち明けた方が良いの」

など疑問に思う人もいるでしょう。

ここでは実際に、”実はオタク”の人たちの恋愛経験談とアドバイスを紹介します。

実体験に基づいているので参考になります♪

1.出会いの場でオタクであることを隠すか否か

これは、私の友人C子(女性、当時26歳、事務職)のお話しです。

私は以前、別の友人に誘われてホワイトキーという婚活パーティーに参加したことがありました。当時別で気になっている人がいた私は、そこでは良い人を見つけられなかったのですが、一緒に行った友人はそこで上手くパートナーを見つけお付き合いをしている、という話を、C子にお話ししたところ、C子も別の友人とホワイトキーに参加したそうです。

実はC子、ホワイトキーに行く半年ほど前、当時付き合っていて婚約までいった男性(以下Aとします)に婚約破棄をされていたのです。

(しかも、Aとは一度、Aの浮気が原因で別れた後の復縁だったにも関わらず、です。)

公務員だったAは、何の資格もない高卒のC子の事をバカにするような態度を何度も取ったり(その男の家は両親とも公務員だったらしいです)、結婚してからも家事と上手く両立するには今からでも公務員になるべき、と彼女に試験を強要したりと、とにかく話を聞く限りではひどい男で、別れて正解だったのだと思います。

だから次に付き合う人は、ありのままを受け止めてくれて、優しい人が条件だったのです。

案外立ち直りも早くちゃっかりしていたC子は、初めて参加したホワイトキーで良い男性(以下Bとします)と話が弾み、付き合い、約一年後にはトントン拍子で結婚までいってしまったのです!

過去に同じ男と二回もひどい別れ方しているのに、こんなに早く上手く行くなんて、やはりご縁はあるものなんですね。

私の友人の中で、出会いから結婚までの最短記録をかもし出したのがC子でした。

C子にホワイトキーでの秘訣を聞いてみました。

C子は兄の影響もあり10代の頃からアニメや漫画好きのオタクです。(私ともその関係で仲が良い)ひどい男Aともそっち関係の趣味が合って付き合ったとのことで、やはり今後付き合ったり結婚まで視野に入れると、最初から言っておいた方が良い、という彼女のパーティーへの臨み方が結果として幸運を呼び寄せたのです。

ホワイトキーの最初のトークタイムは一人二分ずつなので、その二分で気になる人にいかに印象づけられるかが勝負です。そこでC子はエントリーシートにもオタクであることを書き、色々な男性と話している中で、Bも割と濃いオタクであることが判明し、会話が盛り上がったのがキッカケだったそうです!

C子の経験から、例え人には少し言いにくい趣味でも、出会いの場で最初から言っておいてしまえば、それがキッカケとなるケースもあるということを学びました。

(もちろん、会社の人と合コンにいく!ような場面ではTPOを考えるべきですが…)

オタクであることもC子のように、出会いの場で武器にしてしまいましょう!私と旦那もオタク同士ですが、趣味が分かった上で発展した恋愛はとても楽しいですよ♪

2.オタクの自分と合った人との出会い方は「掲示板」だった

私は現在、結婚して約1年になります。実は、30代になって初めて付き合った彼氏と結婚しました。

そもそも出会える機会がなく、「どうすれば異性と出会えるの?」というところで悩んでいた私。同じような方は案外多いのではないかと思います。

出会う機会がないことで悩んでいた私は、当時よく会っていた友人に相談しました。すると、「出会い系サイトに登録してみたら?」との一言。出会い系サイトは怖いと固く信じていた私は、その一言をなかなか受け入れられなかったのですが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、思い切って、とある出会い系サイトに登録。プロフィールをしっかり書き込み、アバターの設定もきちんと行いました。

しかし今度は、「どうやったらメッセージをもらえるのか?」というところでつまずきました。そこで、漫画やアニメが好きな私は、「大人になってもこれらが好きということは、きっと一生好きでいるに違いない。だとしたら、この趣味を理解してもらえない人とは付き合えない。むしろ、オタクの男性を探せばいいのでは?」と考え、その出会い系サイトにあった「オタク掲示板」に、同じような趣味を持つ男性と出会いたい旨の書き込みをしました。そうすると、少数ではありますがメッセージをいただくことができ、毎日メッセージのやりとりを安定して行う相手も数人できました。

その中からお2人と実際に会い、そのうちのお1人とお付き合いを始めました。それが、今の主人です。いまだに二人で、「こんなこともあるんだねえ」と話しています。

「出会いたいけれどどうやって出会ったらいいのか分からない」という方には、出会い系サイトという方法もありますよとおすすめします。中にはもちろん、明らかに体目的であろうという男性もいらっしゃいましたので、そういう出会いを求めていない場合には用心する必要があります。しかし、じっくりと探してみると、案外自分に合う人が見つかったりします。

自分の好きなこと、譲れない趣味などを明確にすると、より出会いやすいと思います。頑張ってください。

アイドルオタクの彼女、二次元アニメオタクの彼氏にドン引き!気持ち悪いと思った時

2017.07.04