彼氏や彼女とLineや電話の連絡頻度が減った、返事が遅いことで喧嘩ばかりで悩んでいる人必見

彼女よ恋

「彼氏からLineの返事がこないため、イライラするし、腹が立つ!」

「彼女との電話の連絡頻度が減って不安になってきた」

「彼氏はなんで返事をしてこないのかとついつい喧嘩腰になってしまう」

など、恋人とのLineや電話でのやりとりにおける不満を持っている人に向けて、ここでは実際にそのような経験をしたことのある人たちの恋愛体験談とアドバイスを紹介します。

1.LINEの返答で彼女とトラブルに

私が交際中の彼女とよくトラブルになったのはLINEです。ちょっとしたことでも気軽に連絡を入れれますし、メッセージ内容の確認もしやすいのでとても便利ですよね。動画や画像を簡単に送れるのもいいです。

ただ、LINEの返答速度とその頻度で彼女とよく揉めました。

これには男女の脳の違いが良く出てます。

男性は目的のない会話しませんし、女性は目的にない会話を好みます。これはLINEでも同じで、目的のある内容だと男性もすぐ返事をします。

もちろんスマホをすぐ観れない環境だったりもありますが、既読が付けば別ですよね。読んだということは返事出来るわけですしから、読んでるのに何で返事がこない?と女性はもやもやします。

まあこれが意味のある内容なら男性も理解出来るんです。

「明日何食べにいく?」程度の内容でもいいんです。しかし「寂しい><」とか送ってこられても”どう返事しろと?”になります。

もちろんこちらも暇してたらかまってあげられますけど、忙しい中そんなどうでも良いことの相手はしてられません。しかし女性側は、既読なのに返事をくれない、私はどうでもいい存在なのかな?とどんどんネガティブに考えていきます。

実際に困ったのは、彼女は暇になるとLINEしてきます。しかし気づいてない時もありますし、内容を見て後で返事したらいいか・・と放置する時もあります。

すると彼女からガンガンLINEが入ってきます。

「忙しいの?」

「返事くれないのね?」

「やっぱり合わないね?」

こんな感じで勝手に被害妄想を膨らませていくんです。私が気づいた頃には、さよなら・・というLINEでした。正直呆れました。

私の解決方法は、二つです。

まず私(男性)は女性の心理状態の移り変わりを把握し、女性は男性側の心理の把握です。

男性の知るべき事は、女性って生理周期が精神面に大きく影響する点です。

個人差もあるでしょうが、大体生理明けはスッキリ状態となります。そこから日を追うごとにどんどんモチベーションは低下し、生理まで折り返しを過ぎた頃になると被害妄想はMAX状態です。

生理前になると体調も悪くなりますし、こういう状態の時は出来るだけケアしてあげるようにします(LINEの返事を面倒がらずに出来るだけする、電話出来る時はする等)。

女性側は、男性は女性よりもコミュニケーション能力が低いことを理解してもらいます。

女性同士だと中身のない話でも楽しめるでしょうが、男性はそこまでコミュニケーション能力は優れてません。苦手なので必要なコミュニケーションは最小限、こう考えます。この辺りの心理をちゃんと説明し、納得させることでが重要です。

私と同じようにLINEでトラブルを発生させてる方は一度試してみてください。

2.付き合いだした途端に連絡頻度が減った彼氏

付き合う前は男性からのアピールが頻繁だったのに、お付き合いしてからは連絡頻度が減少したというお話はよくあります。

私もよくそのような恋愛をしていました。

最初は男性からメールや電話が毎日のようにきていて、好意をもっていることを知らされるのです。

女性は徐々に仲良くなる傾向があるので、すぐには男性の方に振り向くことは少ないでしょう。しかし毎日メールや電話でアピールされることで、よっぽどタイプの人でなければ嫌な思いはしないのです。

次第に男性のことが気になるようになり、最終的に好きになっていることがあるのです。

特に毎日男性から連絡が来ていたのに、突然全く来なくなることで相手が何をしているのか気になってくるのです。

そういう気持ちになっている時点で、既に気持ちは男性の方へと向かっている証拠になります。

そこからお付き合いすることになった途端、男性からの連絡頻度が減り悩む女性も多いでしょう。

男性は基本追いたい生き物で、手に入ると急にやる気がなくなってしまうことがあります。このような事にならないようにするためには、再び男性に追わせるように仕向けなくてはいけません。

彼から連絡が来ないと何をしているのかと気になり、メールを頻繁に送ってしまうものです。もう一度振り向かせるためには、彼から連絡がくるまでこちらからアクションすることをやめるのです。

やっと彼から連絡が来ても、すぐに返信するのではなく1日放置してみることにしました。

すると次の日彼の方から電話がかかってきました。

何をしていたのかと聞かれても、事細かく言う必要はありません。少し濁すくらいの感じで伝えることで、彼は気になってしょうがなくなるのです。

男性と女性の恋愛の考え方は違うのです。男性は一つのことしか考えられず、女性はいくつものことを同時に考えることができます。仕事で忙しくしている彼がいる場合は、連絡が減少しても責めずに待ってあげるといいでしょう。

3.男女間の連絡頻度問題

「彼からたくさん連絡がほしい。交際期間が長くなるうち、最初のように連絡が来なくなった。どうして連絡くれないの?」

何度も何度も、携帯の画面を見る。前日に送ったLINEは既読スルー。もう私のこと、好きじゃないのかな・・・。何をするにも、彼からの連絡が気になってしまう。そんな女性は多いのではないでしょうか。

冒頭は私自身が経験した状況です。男性と女性は脳の作りが違うもの。連絡頻度の違いも、生態系の違いと言われたらそれまでですが、もっと具体的に状況を理解したい!これまで連絡頻度から喧嘩になったり、最悪の場合、別れに至ったこともあり。30代を迎え、安易な失敗を回避し、ゴールインを目指す為に、私はあらゆる恋愛バイブルを読みあさりました。

10冊程読んだところでいくつかの共通点が。女性は、ただ好きな人と連絡を取りたくて、四六時中繋がっていたくて連絡を取るものだが、男性は用事を足す為に使うツール。愛を確認する作業はモバイル上ではなく、会って行うもの。まず、ここの使い分けが異なるからズレが生じています。

次に、あまりに愛情を連絡で語ると、男性は次第にお腹いっぱいになり、追いかけたい欲求が薄れていくとのこと。それでも彼女のことは好きであるが、愛されているという充足感で用事がない限り連絡頻度が雑になってしまうとか。ちょうどいいのは、基本的に用事があるときに連絡し、毎日の連絡は具体的な連絡頻度を二人の間であらかじめ話し合っておくのだとか。そんなこと話し合ったことはない。業務的だが、確かに約束としておけば少ないとか、多いとか悩む必要がなくなりますね。

実際に私はこの方法を利用して、今非常に落ち着いた恋愛をしています。連絡頻度ひとつとっても、感情的になりやすい恋愛の中では大問題に発展しかねません。様々な価値観の男女が交わり合う恋愛。ひとつ言えることは、恋愛も勉強することができます。書店に行くと大きな恋愛バイブルコーナーが。それだけ悩んだ末に前向きな努力をしている女性が多いということです。

むやみに悩んでこじらせるより、勉強した方が効率的です。わたしは20冊の恋愛本を読み終える頃には、彼との間の悩みがほど消滅しました。本当に声を大にして言いたい。悩むあなた、是非とも恋愛バイブルを一冊読んでみてください。劇的に恋愛の仕方が変わって、早く読めばよかったと思うくらい楽になりますよ。

4.彼女からの返事が遅い!彼女は本当に自分の事が好きなのか?

恋愛中っていつも相手が自分の事をどう思っているか、不安になってしまうものですよね。

僕も付き合っている彼女が本当は自分の事、好きなのかいつも不安になってしまいます。彼女とデートで会っているときは、楽しそうにしている彼女の姿を見ているとそんな不安はどこかに吹き飛んでしまいます。

けれど、日常の生活では彼女に会っていない時間の方が長く、そんな時間の中でLINEを送っても既読にならない事が多かったりすると、あまり僕のことは意識してないのかな?実際はあまり好きでいてくれないのかな?ととにかく不安になってしまうんです。

ひょっとしたら自分以外にも好きな人がいて、LINEの返事をくれないのはその人と会っているからじゃないか・・・なんて変な想像をしてしまう自分がいたりします。

たまにそんな不安が募ると直接、彼女の真意を聞いて見たくなる衝動にかられることさえあります。

実際に彼女に聞いて、そんな事ないよ、ちゃんとあなたの事好きだよ!と言ってくれればそれだけで安心が出来るような気がします。一方で万が一、本当はあなたのことが好きじゃないと言われてしまったらどうしよう?と考えてしまうことがあります。

結局、直接、彼女に真意を聞き出したことなんてないのですが・・・。

そんな不安を抱えたままずっと今の彼女と付き合っていたのですが、最近、少し考え方を変えるようにしました。

自分が不安にかられてしまうのは、彼女のことを信用していないことが原因じゃないかと思うようになったのです。彼女は僕と会っているときは確かに僕のことを好きだと言ってくれます。そして僕との時間を本当に楽しそうに過ごしています。そんな彼女をもう少し僕は信用すべきじゃないかと思うんですね。

そして彼女のことを疑う前に、自分自身、もっと彼女に好かれる男になるよう成長する必要があるんじゃないかと考えるようになりました。

LINEで既読にならないとか返事が来ないのは彼女がたまたまそのとき、忙しかったからという事だけだと思います。

何も僕のことを無視している訳じゃないはず。そんな不安にかられる暇があったらもっと彼女に好かれる良い男にならなくちゃいけないんだなと最近は思うようになりました。

そんな考え方をするようになってから、以前の不安はどこかに消し飛んでしまったような気がします。恋愛って、相手に何かを求めるだけじゃなくて、自分が相手に何をしてあげられるか、いつも考えなくてはダメですね。

5.彼女からのメールの返信・LINEの返信が減ってきた理由

誰しも恋人とお付き合いをした際にはメールやLINE、電話などで会えない間の穴埋めをしますよね。今日起こった出来事の報告や会えなくてさみしい気持ちを伝えたり、今日食べたご飯の話や今度のデートの行き先の話だったり様々だと思います。

そんな毎日の日課だった彼女とのやり取りが徐々に少なくなってきたら不安に思いますよね。

実際わたしも経験したことがあるのですが、毎日30往復ほどのLINEのやりとりがあったのが徐々にその回数は減っていき15往復10往復となっていきました。最終的にはLINEのやりとりは2日に1回程度となってしまいました。

そのような場合わたしなりに経験に基づき考えた・実体験したものが下記になります。

①「ただ単純に私に興味がなくなった(嫌いになった)」

これは正直、LINEの頻度が減る前から何かしらのサインが彼女から出ているはずです。一度悪いことをしてしまっていないか自分の行動を振り返ってみましょう。もし思い当たる節があれば、即刻謝罪して改善し、関係の修復に全力を注ぐのをお勧めします。

②「彼女はそもそもメールやLINEを好きじゃない」

経験上、体育会系女子やサバサバした姉御肌の女性などに多いように思いますが、お付き合いしているのであれば、会話の中で携帯でのやり取りが好きでないとどこかで聞いている可能性もあります。一度そのようなことを言っていなかったか思い返してみましょう。その場合心配する必要はありませんね。

③「忙しくてメールやLINEをする暇がない」

彼女の私生活に最近変化はないでしょうか?仕事が忙しくなっていたり、学生なら試験前だったり、彼女がこまめに返信する時間がない状況になっていないか考えてみてください。その際は、あれこれ言わず彼女を支えてあげるべきでしょう。

このように簡単に①~③で返信が少なくなってきた要因を考察してみました。もちろんどれにも当てはまらないケースはあるかと思います。いずれにせよ一度ゆっくりと彼女のこと・自分のことを考え直しどこかに原因がないかどうか考えることが一番大事だと思います。

関連記事:

遠距離恋愛でのメールやラインの連絡頻度や内容

2017.10.20

彼氏のLine(ライン)やメールの返信が遅い!返事が遅くて不安な時の対処法

2017.06.11

好きな人や彼氏,彼女からのLineの連絡,返事,返信がこないと何も手に付かない状態の人必見!

2017.04.06

連絡が多い!恋人(彼氏,彼女)からのメール,ライン,電話が多すぎてめんどくさいウザい時

2017.03.24

【遠距離恋愛でも続く方法、長続きするコツ】浮気,喧嘩,連絡頻度の不安も解消

2017.02.08

恋人(彼氏彼女)とのメールやラインの連絡頻度は?返事がないけど送りたいときの対処方法

2016.11.18