デート代がきつい男性必見!金欠だから正直払えないと言った結果

彼女よ恋

デート代で貯金がピンチ!

楽しいデートには出費が付き物ですよね。でも収入には限りがありますし、貯金を切り崩すにも限界があります。そんな時は思いきって相手に現状を正直に話してみることをオススメします。

相手も同じような悩みを持っていることがわかったり、意外な相手の良さを新発見出来たりすることがありますよ。

例えば私の場合、付き合っている彼とは週に2, 3回のデートをしていたのですが、2人ともお酒が大好きで毎回の食事代に7千円ほどかかっていました。彼はいつも全額出してくれようとするのですが、当時私たちは大学生でお互いバイトはしていましたが、それほど稼いでいたわけではありません。なので2回に1回程は私も半分程支払うようにしていました。

2人ともお酒が飲めれば幸せだったので飲食代以外にデート代を使うことはほとんどありませんでしたが、それでもみるみるうちに貯金額が減っていきました。飲み会デートが3ヶ月程続いた頃には貯金が10万円を切ってしまいました。このままではデートばかりか普段の生活が経ち行かなくなってしまうと思い、思いきって彼にお財布がピンチだから飲みに行く回数を減らしたいと言ってみました。

私たちにとって飲みに行く=デートだったので、デートの数を減らしたいと言うことで彼が気を悪くしないか心配だったのですが、彼の答えは、実は僕も貯金が減ってきてどうしようかと思っていた、というものでした。しかもお金が無くて困っていることを男の方から言うのはカッコ悪いとこれまで無理をしていたそうで、言ってもらえて助かったと言われました。

それからは外で飲むのは月1回程にして、独り暮らしをしている彼のアパートで飲むことにしました。驚いたことに彼は料理好きで、友人を家に招いて料理を振る舞うこともよくあるのだそうです。彼はお酒を飲みながら、ぱぱっと気取らないのにおしゃれで美味しい一皿を次々と完成させていきました。

実家暮らしで料理経験の浅い私は驚くばかりです。聞いたこともないようなスパイスに初めて食べる料理の数々に、美味しい!どうやって作るの?を連発してしまいました。それからは彼に料理を教えて貰うことが増え、以前よりお金を使わないのに会話も弾み楽しく美味しいデートが出来るようになりいいことづくめです。

金欠でデートできない男子へ!女性目線の解決法

男性は彼女の前で格好をつけたいものなので、デートをすると毎回彼が奢ってくれるというカップルは珍しくありません。

女性の立場からしても自分が出すより彼が出してくれた方が嬉しいと思う方も多いでしょう。しかし最近は、お互いにお金がないから無理をしたくないというカップルも増えており、最初からデートは割り勘で!と決めている男女も居ます。

それでもやっぱり自分の彼女には出させたくないという男気のある男性も居ますから、デート代は男性持ち!という意見もあるのです。

確かに女性に財布を出させないのは格好良いのですが、お互いに学生同士だったり同じように新社会人同士のカップルだと、男性側が特別余裕があるというわけでもないので、デートの回数が増える度にお金は減ってしまい、直ぐ金欠になってしまいます。

女性からすれば金欠の時くらいはお家でゆっくりしても良いのでは?と思うのですが、格好をつけたいタイプの男性だと金欠状態だということが格好悪くて、お金がないのにデートをするなんて…と深く考えてしまい、それならばデート自体をやめようと思うのです。

お金を使わないデートでも会えれば良いのに!と思う彼女からすれば凄く寂しいことですよね。

そんな時は共通の財布を初めから作っておくと解決します。

友達の彼氏がまさに格好つけの男性で、女性に財布を出させるなんて男の恥だ!と思うタイプの人でした。ところがまだ若かった二人なので、稼ぎ方も同じくらいだった為、直ぐに金欠状態になってしまい、その姿を見せたくない彼氏は「今日は予定があるから」と理由を付けてデートを断っていたのです。

友達は「私もたまには出すよ」と言ったのですが、それは格好悪いからと何度も断られたそうです。

そこで友達が考えたのが、デート用の財布を作るという物でした。

毎月の給料日にお互い決まった金額を共通の財布に入れます。

男性のプライドを傷つけないように割合は7対3くらいにしておくのです。

そこからデート代を出すので使える金額が明確になるので、やたらと高いレストランに行く回数は減ったそうです。

毎回頑張ったデートではなく、二人が遊べる金額内でどのくらい楽しめるか?とお互いが考えるようになり、節約をする癖も身についた!と喜んでいました。

お金を出している割合で彼は「俺のほうが多く出している」とプライドも保てるので、今のほうが楽しんでデートができるようになったのです。

お金がないカップルのデート方法

初めて男性とお付き合いをしたのは大学生の頃でした。相手も同じ歳で、話が合うとても感じのいい人だったのです。

最初の頃は学校帰りに数時間をカフェで過ごすだけで満足でした。しかしそればかりになると段々飽きてきてしまい、たまにはどこか遠出したいなと思うようになってしまったのです。

私達はお互いに一人暮らしで、バイトはしていたのですが家賃や食費などを支払うと手元に残る額はほんの少しでした。そんな中で遠出となると出費がかかるので現実的に叶うことは難しかったのです。

マンネリな生活になるとお互いに不満をぶつけるようになり、喧嘩が増えていきました。

会いたいけれど会っても喧嘩してしまうパターンになってしまい、これならいっそのこと会わずにいたほうがお金もかからないしいいかなと思うようになってしまったのです。

私はそんな投げやりな気持ちで過ごしてしまっていたのですが、彼はなんとか関係をうまく進めようと努力してくれました。

お金がなくても楽しくデートをすることができる方法を考えてくれていたのです。

私達が実践したことは、広い公園に行って1日過ごすことでした。

お弁当は手作りで、バドミントンなどの遊び道具を持参して過ごすのです。運動にもなるしお金もかからず、二人で一緒に楽しむことができました。持っていくお弁当も一緒に作るようにしました。

共同作業は二人の距離を縮めることができますし、自炊することで無駄な出費を防ぐことができるのです。少し環境を変えたデートをしたいなと思った時は、無料で体験できる工場見学に行きました。

勉強にもなるし、お土産や試食などをすることができるのでオススメなのです。

そんな風に過ごすようになってからは、喧嘩をすることも少なくなりました。

将来のことも考えられる関係になり、同棲をすることにしたのです。そのおかげで各自で支払っていた家賃を節約することができたのです。一緒に暮らすことで毎日会うこともできて良かったと思います。

関連記事:

【デートで出すお金の割合】デート代は男性が奢る?それとも割り勘?

2017.01.07