デート代がきつい男性必見!金欠だから正直払えないと言った結果

彼女よ恋

デート代で貯金がピンチ!

楽しいデートには出費が付き物ですよね。でも収入には限りがありますし、貯金を切り崩すにも限界があります。そんな時は思いきって相手に現状を正直に話してみることをオススメします。

相手も同じような悩みを持っていることがわかったり、意外な相手の良さを新発見出来たりすることがありますよ。

例えば私の場合、付き合っている彼とは週に2, 3回のデートをしていたのですが、2人ともお酒が大好きで毎回の食事代に7千円ほどかかっていました。彼はいつも全額出してくれようとするのですが、当時私たちは大学生でお互いバイトはしていましたが、それほど稼いでいたわけではありません。なので2回に1回程は私も半分程支払うようにしていました。

2人ともお酒が飲めれば幸せだったので飲食代以外にデート代を使うことはほとんどありませんでしたが、それでもみるみるうちに貯金額が減っていきました。飲み会デートが3ヶ月程続いた頃には貯金が10万円を切ってしまいました。このままではデートばかりか普段の生活が経ち行かなくなってしまうと思い、思いきって彼にお財布がピンチだから飲みに行く回数を減らしたいと言ってみました。

私たちにとって飲みに行く=デートだったので、デートの数を減らしたいと言うことで彼が気を悪くしないか心配だったのですが、彼の答えは、実は僕も貯金が減ってきてどうしようかと思っていた、というものでした。しかもお金が無くて困っていることを男の方から言うのはカッコ悪いとこれまで無理をしていたそうで、言ってもらえて助かったと言われました。

それからは外で飲むのは月1回程にして、独り暮らしをしている彼のアパートで飲むことにしました。驚いたことに彼は料理好きで、友人を家に招いて料理を振る舞うこともよくあるのだそうです。彼はお酒を飲みながら、ぱぱっと気取らないのにおしゃれで美味しい一皿を次々と完成させていきました。

実家暮らしで料理経験の浅い私は驚くばかりです。聞いたこともないようなスパイスに初めて食べる料理の数々に、美味しい!どうやって作るの?を連発してしまいました。それからは彼に料理を教えて貰うことが増え、以前よりお金を使わないのに会話も弾み楽しく美味しいデートが出来るようになりいいことづくめです。

お金ないわ

以前交際していた彼女の中に、尽くすタイプの女性がいたんですよね。その時にトラブルが発生しました。

人それぞれの考え方はあると思いますが、私は男女関係なく奢ってもらったら同等以上のものをお返しをするものだと思ってます。社会人と学生のカップル、もしくは相応の年齢差があるといった場合はその限りではないと思いますが。

こういう考え方を私はしてるのですが、以前8歳年下の女性と付き合った時に大変な思いをしました。デート時の出費は8:2ぐらいの割合で私の方が多めに出す。プレゼントは彼女がくれたものの倍返しぐらいが妥当だと考えていました。

私の方が8歳年上である事を考慮すると、妥当か私の方が出したりないって状況だと思います。

問題となったのは彼女のプレゼントや食事に掛ける金額がでか過ぎたんです。当時私は一人暮らしをしていたので、そこへ彼女が遊びに来てました。一応私なりに飲み物やお茶菓子程度の物はは用意してますが、彼女の方も何か買ってきてくれます。

私としては近所のスーパーで購入出来る程度のアイスクリーム、お菓子、飲み物で十分だと思うんですよね。この程度なら予算1000円程度でも十分なものを用意出来ますし、デート中の出費も私が出す事を考えるとこんなものでしょう。

これに彼女は気を使い、チョコレートのブランドショップでチョコレートや有名スイーツ店でケーキ等を買ってきてくれるんですよね。2人前ならまだしも、彼女は私に色んな味を食べて欲しい!とばかりにケーキでも4つ以上は購入してきます。ちゃんと値段は把握してませんが、毎回3~5千円程度の物を購入してくれるんです。

当然お返しは必要です。

お茶菓子等の間食系の物は沢山あっても食べ切れませんから、その分デート時はお高めの飲食店へ連れていったりプレゼント等で釣り合いを取れるように調整します。

私の誕生日等の記念日で彼女エスコートで飲食店で奢ってもらった際も、値段高めのお店に連れていってくれるんです。二人で3万円以上はします。それだけの金額を自分の誕生日に出してもらってるわけですから、彼女の誕生日・記念日には相応のお店やデートプランを用意しなくてはなりません。

お互い潤沢にお金使っても貯金に回せるだけの余裕がある・・ならこれも問題ないでしょう。彼女の収入について聞いたことはありませんが、職業的にどれぐらいの収入なのかは想像つきます。恐らく彼女は貯金をほとんどせず、私とのデート代や洋服代にお金をつぎ込んでいたと思うんです。私の方もデート時の出費が多すぎて、以前ほど貯金は出来ず困りました。

結局彼女にはちゃんと事情を話してわかってもらいました。

気を使って美味しい物をご馳走してくれるのは嬉しいけど、お金の管理をしっかりするようにと。毎月ちゃんと貯金をし、余ったお金で奢れる範囲内でいいからと。決して無理はしないで欲しい。無理して奢ってもらうと奢り返す方も大変だし、その皺寄せが来るんだよと。

こういうお金絡みの話ってなかなかしにくいと思うんですよね。でも無理をしてもお互い良い事はありません。彼女の奢り方で困ってる人は、言いづらい金銭的な話(お返し等含む)をちゃんとして説得するのをお勧めします。

金欠でデートできない男子へ!女性目線の解決法

男性は彼女の前で格好をつけたいものなので、デートをすると毎回彼が奢ってくれるというカップルは珍しくありません。

女性の立場からしても自分が出すより彼が出してくれた方が嬉しいと思う方も多いでしょう。しかし最近は、お互いにお金がないから無理をしたくないというカップルも増えており、最初からデートは割り勘で!と決めている男女も居ます。

それでもやっぱり自分の彼女には出させたくないという男気のある男性も居ますから、デート代は男性持ち!という意見もあるのです。

確かに女性に財布を出させないのは格好良いのですが、お互いに学生同士だったり同じように新社会人同士のカップルだと、男性側が特別余裕があるというわけでもないので、デートの回数が増える度にお金は減ってしまい、直ぐ金欠になってしまいます。

女性からすれば金欠の時くらいはお家でゆっくりしても良いのでは?と思うのですが、格好をつけたいタイプの男性だと金欠状態だということが格好悪くて、お金がないのにデートをするなんて…と深く考えてしまい、それならばデート自体をやめようと思うのです。

お金を使わないデートでも会えれば良いのに!と思う彼女からすれば凄く寂しいことですよね。

そんな時は共通の財布を初めから作っておくと解決します。

友達の彼氏がまさに格好つけの男性で、女性に財布を出させるなんて男の恥だ!と思うタイプの人でした。ところがまだ若かった二人なので、稼ぎ方も同じくらいだった為、直ぐに金欠状態になってしまい、その姿を見せたくない彼氏は「今日は予定があるから」と理由を付けてデートを断っていたのです。

友達は「私もたまには出すよ」と言ったのですが、それは格好悪いからと何度も断られたそうです。

そこで友達が考えたのが、デート用の財布を作るという物でした。

毎月の給料日にお互い決まった金額を共通の財布に入れます。

男性のプライドを傷つけないように割合は7対3くらいにしておくのです。

そこからデート代を出すので使える金額が明確になるので、やたらと高いレストランに行く回数は減ったそうです。

毎回頑張ったデートではなく、二人が遊べる金額内でどのくらい楽しめるか?とお互いが考えるようになり、節約をする癖も身についた!と喜んでいました。

お金を出している割合で彼は「俺のほうが多く出している」とプライドも保てるので、今のほうが楽しんでデートができるようになったのです。

お金がないカップルのデート方法

初めて男性とお付き合いをしたのは大学生の頃でした。相手も同じ歳で、話が合うとても感じのいい人だったのです。

最初の頃は学校帰りに数時間をカフェで過ごすだけで満足でした。しかしそればかりになると段々飽きてきてしまい、たまにはどこか遠出したいなと思うようになってしまったのです。

私達はお互いに一人暮らしで、バイトはしていたのですが家賃や食費などを支払うと手元に残る額はほんの少しでした。そんな中で遠出となると出費がかかるので現実的に叶うことは難しかったのです。

マンネリな生活になるとお互いに不満をぶつけるようになり、喧嘩が増えていきました。

会いたいけれど会っても喧嘩してしまうパターンになってしまい、これならいっそのこと会わずにいたほうがお金もかからないしいいかなと思うようになってしまったのです。

私はそんな投げやりな気持ちで過ごしてしまっていたのですが、彼はなんとか関係をうまく進めようと努力してくれました。

お金がなくても楽しくデートをすることができる方法を考えてくれていたのです。

私達が実践したことは、広い公園に行って1日過ごすことでした。

お弁当は手作りで、バドミントンなどの遊び道具を持参して過ごすのです。運動にもなるしお金もかからず、二人で一緒に楽しむことができました。持っていくお弁当も一緒に作るようにしました。

共同作業は二人の距離を縮めることができますし、自炊することで無駄な出費を防ぐことができるのです。少し環境を変えたデートをしたいなと思った時は、無料で体験できる工場見学に行きました。

勉強にもなるし、お土産や試食などをすることができるのでオススメなのです。

そんな風に過ごすようになってからは、喧嘩をすることも少なくなりました。

将来のことも考えられる関係になり、同棲をすることにしたのです。そのおかげで各自で支払っていた家賃を節約することができたのです。一緒に暮らすことで毎日会うこともできて良かったと思います。

愛だけでは成り立たないのが恋愛

恋愛をする上で、愛する恋人とのデートは避けて通れないイベントです。これはお互いがとても楽しみにする楽しい恋人の時間です。しかし、このデートを行うには一つ問題が浮かび上がるのです。それはお金の問題です。公園で仲良く歩いていれば楽しいというのは極初期の段階であって、恋仲が深まるにつれてデートのクオリティも上げていかなければ、男として頼ってもらえないし、好きになってもらえません。

厳しい話ですが、それなりにお金をかけて、それなりに楽しい時間を提供しなければ女性としても飽きてしまうことがあるのです。愛する気持ちがもちろん一番大事ですが、私の実体験として、恋愛をそれのみで切り抜けるのは厳しいです。

デートにをするならどうしてお金が発生します。やはり、デートをするならケチくさく割り勘ではなく、男の方で全額負担してあげたい。私はひとり暮らしをしていて、その状態で彼女を持っていました。そんな私は決して、社会一般的に見て実入りの良い仕事をしている人間とは言えません。

そんな私がデートのためにお金を残すためにできることは節約です。なるたけ自炊して、洗濯は週一回にまとめるなどしてお金を浮かせました。そして現在ここうして書いているようなネット記事をこなすことで副収入を出しました。

初心者でも簡単にお小遣いを稼げるので、おすすめです↓



クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドソーシング「ランサーズ」

少しの額で愛を大きく育てられるデートが一番ん理想的です。節約して作ったお金で食事にいくときは、次々頼む店でなく、食べ放題の店で食事することをしました。

最初に定額を払っておけばあとは長時間たべられるからです。彼女が女子の割には大食いだったのでこれには助かりました。映画を見に行くのも結構良かったです。2時間程のあいだ、一つどころにいるので、次々別の店にいってお金をつかうこともありません。一箇所に長くいる、それを想定してデート場所を選ぶのもよいかもしれません。

とにかくデートにはお金が必要、しかし工夫すればデートに使えるお金を増やせますし、低額で住むデートスポットも見つけられます。

関連記事:

【デートで出すお金の割合】デート代は男性が奢る?それとも割り勘?

2017.01.07