【彼氏に尽くしたい彼女は要注意!】尽くす女は彼氏が疲れる、別れる、逃げる

彼氏よ恋

「これまで彼氏一筋に尽くしてきたのに、彼氏に逃げられた」

「彼氏に尽くし続けることで愛情をささげてきたのに、彼氏が急に冷たくなって、ついに疲れたから別れようと言われた」

”こんなに私が尽くしているのに、なんで!?”

と感じている女性に、ここでは実際に尽くし過ぎる彼女は彼氏に逃げられる経験をしたことがある人たちの恋愛体験談とアドバイスを紹介します。

1.尽くし過ぎる彼女に疲れてしまった彼の話

私の学生時代の友達が、最近彼女と別れました。

とても仲が良いカップルに見えましたし、私は友達の彼女とも何度か会っていて、とても家庭的な素敵な人だと思っていましたので、別れたと聞いた時は意外でした。

先日友達とふたりでゆっくり話す機会があった時ので話を聞くと、なぜ彼が彼女と別れたか理由が見えてきました。

彼女は「尽くしたい」タイプの女性です。

そして彼がそのことに疲れてしまったのが別れることになった原因でした。

彼女はもともと家事が好きな家庭的なタイプの女性で、料理も上手ですし、洗濯も掃除も苦にならない女性です。結婚をしたい男性にとって、理想的な女性と言えるでしょう。

実際に彼女は彼の部屋に来ては溜まった洗濯物を洗い、部屋を片付けて掃除をして、料理を作って食べさせました。そしてそれが彼女の楽しみだったようです。

しかし彼は自分の時間を大切にしたいタイプで、彼女がいつも部屋に来て片づけ物をしたり、洗濯機を回しているのがわずらわしいと思うこともありました。

そして、「結婚をしていないのに、結婚をした後の将来のふたりの姿が浮かんでくる」ようで、怖くなってきたと言います。

まだ結婚する気がなかった友達は、彼女が自分に尽くし過ぎることにプレッシャーを感じ始めてしまったようです。

ついには彼女が部屋に来るのも嫌になり、ふたりでいても不機嫌な態度をとるようになってしまったようです。

友達がもっと年を取り結婚願望が強くなった時に、彼女のような尽くすタイプの女性が登場したなら、どんなによい組み合わせだっただろうと思います。

友達がまだ未成熟だったことが、別れを迎えたいちばんの問題だったと思います。

結局、彼の心が冷え切ってしまい、別れを切り出しました。彼女は何も悪いことをしていませんので、別れることにしばらく納得しなかったといいます。

しかし、彼が謝り続けて別れてくれるように頼んだため、彼女はしぶしぶ別れることに同意しました。

友達は一度だけでも、彼女との結婚について真剣に考えて、理想の相手は彼女かもしれないと思う機会があったらよかったのではないかと思います。

将来、彼女のことを思い出して後悔しない事を祈ります。

2.男は追えば追うほど、尽くせば尽くし過ぎるほど逃げていくのはどうして?

女性って恋愛をすると彼が一番になり、仕事や友達や家族よりも優先してしまう傾向になるのに対して、男性は多くの人から認められたいという思いが強いため、彼女も大切だけと、友達も仕事も同じように大切だとの考えが多いものです。

私もそのことに気づくまでは、男性だけでなく、自分自身の心を苦しめてしまったと思います。

男性は本能から、追われたら逃げたくなるようですね。つまり、男性に愛される女とは、追う女よりも追われる女なのです。

自分に夢中になってくれることは嬉しくても、ずっと自分ばかりを見つめられていては正直鬱陶しい。これが男性の本音です。

愛と依存をはき違えてはいけません。彼がいないと生きていないというのは、愛ではなく、依存です。

男は依存されれば、それはそれは居心地が悪いでしょう。

それよりもしっかり自立して、仕事に恋に一生懸命な女の子の方が魅力的です。

そのためには「向上心」は欠かせません。

仕事でスキルアップを目指すのもいいですし、料理教室や陶芸、スポーツジムなど趣味を楽しむことも良いと思います。

もし彼から愛されているか不安という女性がいましたら、大切なことは彼を縛ることではありません。彼が自分から離れないように尽くすことでもありません。

まずは自分が自分を愛してあげること。そのためには自分に自信を持てることが必要です。

男性は満たされていない女性よりも、幸せそうで満たされている女性に魅力を感じますし、安心感を得ることがあります。それは自分と付き合っていることで彼女は幸せなんだとと思えるからです。

もっと分かりやすく言うと、あなたが幸せそうにしていることで、彼の承認欲求が満たされるのです。あなたのも幸せ、そして彼も幸せ。そんな関係が一番大切です。尽くす女性が軽く扱われたり、幸せになれないケースがあるのはそのためです。

追うことよりも追われる女になれるように自分磨きをすることで、わざわざ彼を縛ったりしなくても、彼はあなたから離れたりしないことでしょう。

3.尽くしすぎはNG!男性を自立させることも大切です

学生時代からの友人の話です。彼女は地元の国立大学を卒業と同時に高等学校の教員免許を取得し、その後は同じ大学の大学院へと進学しました。

大学院で勉強を続けながら、週に数回、地元の高等学校で講師のアルバイトをしていました。大学院生とはいえ、一応は学生ということで親御さんからの仕送りもあったと聞いています。大学近くのマンションで一人暮らしをし、その家賃も親御さんが支払っていてくれたそうなのです。

にもかかわらず、彼女は家庭教師のアルバイトも始めました。生活費が足りないというのです。親御さんからの仕送りもあるのになぜだろうと思いたずねてみると、マンションで彼氏との同居を始め、彼氏の生活費も自分が負担しているとのことでした。

彼女が当時付き合っていた彼氏というのは、いわゆるフリーターだったそうですが、彼女のマンションで同居を始めるとそれまでしていた仕事をやめて家でゴロゴロするようになったそうです。週に数回は男友達と飲みに行くようにもなったそうです。どうやらその彼氏の遊ぶお金も彼女が負担していたようでした。

彼女は高校時代・大学時代ともに運動部のマネージャーをしていて、とても面倒見が良い子でした。学生時代から付き合う相手は年下が多く、いつも何かと世話を焼いていました。学生時代は理系科目が得意でとても優秀だった彼女ですが、いつも男性関係では苦労していました。

付き合った相手にとにかく尽くし、世話を焼きすぎるせいか、だんだんと男性の方が彼女に甘え、頼ってしまうようでした。彼女が何でも器用にこなしてしまう優秀なタイプだからこそ、こんな風になってしまうのかなぁ…といつも複雑な気持ちになっていました。

器用なタイプではなく、苦手な分野が多い私の場合は、頼られるというより、逆に男性に頼ってしまう方なので、理解に苦しむこともありました。

同居している彼氏がいろんな意味で自立できるように、少し突き放してみたらとアドバイスしてみたのですが、聞き入れてもらえませんでした。そのうちその彼は、お酒の席で出会ったという別の女性と付き合うようになり、彼女のマンションを後にしたそうです。

能力が高いがためについ何でもしてあげてしまう彼女でしたが、その好意が男性をダメにしてしまうことも多いものですよね。

4.彼氏に尽くして失敗

友人は好きな人に尽くしてしまうタイプです。尽くすことで相手に利用されているような気がします。

愛が欲しければまずは自分から愛を与えることが大切です。自分が欲しいものを手に入れるためには、まず自分から与えなければならないのです。

しかし、友人の場合は愛を与えているというよりも、本来は友人がやらなくてもよいことをしているように見えます。

「俺のことが好きならこれをやれ」といったような指示されて、言われたとおりにしてしまうのです。これでは愛を与えているというよりも主従関係です。

本当の愛は見返りを求めるものではありません。友人と彼の関係は、愛して欲しいから彼に尽くしているもので、何かを得るために自分を犠牲にしているし、見返りを求めています。

上下関係ではうまくいきません。上から目線でいわれたら嫌な気分がしますよね。でも、友人の場合は好きな人に尽くしてしまうので、上から目線で命令されても従ってしまうのです。

それでいろいろなことで損をしてきたようです。これが欲しいといわれれば買ってあげたり、相手の家に遊びに行ったときに家事をいろいろやらされたりなど。

そして、いつか別れることになります。こういったことを繰り返しています。

好きな人には尽くしてあげたくなるかもしれません。しかし、尽くしているとお互いにとってよいことはありません。尽くしている方は疲れてしまうし、尽くされている方は怠けることになります。相手が尽くしてくれなくなったら、尽くしていた方は捨てられてしまう可能性もあります。

こういったことを避けるためには、尽くすことをやめることが大切です。好きな人と一緒にいると視野が狭くなってしまい、相手のいいなりになってしまうことがあります。そうならないために、一歩引いて冷静になって考える時間を作ってみます。

そこで上下関係になっていたなということに気がつくことができれば、お互いよい関係を作っていくことができるのではないでしょうか。

関連記事:

彼女が重い、重い女と別れたいと悩んでいる男性必見の対処法

2018.04.09

【彼氏と長く続かない原因と特徴】いつも振られる、振られてばかりの女性必見の体験談

2017.07.07

【彼氏,彼女が冷めた態度を取ってきて不安】冷たい時は引いてみる対処方法がおすすめ

2017.03.07

【彼氏の事が好きすぎる】彼氏中心の生活に依存し、優先し、重い女になった結果

2017.01.24

彼氏、彼女に夢中!恋人のことで頭がいっぱいな時に読んでほしい体験談

2017.01.19

【私たちの彼氏はダメ男】ダメンズの特徴と改善方法を体験談とともに紹介

2017.01.13