彼女から悩みや愚痴を相談された時のポイント!聞き方や対応の基本は共感

彼女よ恋

彼女から悩みを相談されるけど、

「相談後、いつも不機嫌になる」

「スッキリした顔にならず、どこか消化不良な感じだ」

「意見をぶつけ合って、喧嘩になる」

「正しいことを言っているつもりなのに、なんで変な空気になるの・・・」

等と彼女からの相談に対する受け答えに悩んでいる彼氏に対して、ここでは実際に彼女から相談を受けた時の対処法を実際の体験談と共に紹介します。

“彼女は単に肯定してほしいだけなのかもしれません。”

1.女性視点から、彼女は彼氏に「共感して欲しいだけ」

色々と友達に言えないようなちょっとデリケートな悩みなどを彼氏に打ち明けたのに頼りにならない、共感もしてくれないといった悩みをお持ちの方も多いかと思います。

実際筆者の元彼もそういうタイプの人が何人かいました。

彼氏なんだから自分の味方をしてくれるはずと思いますよね。

親身に聞いてくれたら嬉しいし、共感して、「大変だったね」っていう言葉をもらえたら心がとても軽くなります。しかし、女性の求める「共感」という感情が男性には分かりにくようです。どうしても男性は悩みを相談されると解決法を淡々と話し始めてしまう習性があるようです。

確かにそれも正しいですし、女性のことを想っているからこその言葉というのは分かっているのですが、まずは共感して、その労を労って欲しいというのが女性の感情ですよね。

そもそも解決方法なんて自分で大体分かっていますからね。

あの時こうすれば良かった、これからはこうしようっていうのは既に自分たちの中では定まっているのです。しかし、それでも尚、どこかやりきれない想いを吐き出したいだけなので、聞いてくれる、共感してくれるだけで良いのですがそれが男性脳からしたら難しいようです。

それは男性が女性に対して優しくないということでは決してないので安心してください。

そういう男性には悩みを相談する際に先に「私は今、心が少し沈んでいる。できれば聞いてほしい。解決法が欲しいわけじゃなくて、このぐちゃぐちゃっとしたものを吐き出させてほしいだけなの。」と言ってしまいましょう。

そうすれば落ち込んでいるあなたを慰めたいと想っている男性は話を聞いてくれるでしょうし、共感もしやすくなります。

そしてあなたも、「何で分かってくれないの!そういうことじゃないのに。」と更に落ち込むことも少なくなるでしょう。

確かに最初から女性の話を聞くのが上手で、共感力が高い男性もいますが、この能力は決して身につけるのが大変なものではありません。

何度か上記のことを繰り返せば、男性もあなたが悩みを打ち明けているときに取るべき行動ができるようになるので、是非試してみてください。

2.彼女の相談に乗ったらなぜか怒ってしまう

彼女が仕事や友人の事、その他の事で相談に乗って欲しいと話を持ちかけてくる時が多々あります。なんとか解決してあげたいと、親身になって相談に乗っていたのに、なぜか彼女が不満丸出しだったり、最悪怒り出したりした事はありませんか?

私は何度もあります。

全部が全部そうではないのですが、女性が相談に乗って欲しいというのは、解決策を導き出したいが為のものではありません。ただ話を聞いて欲しいだけだったり、自分が正しい事を認めてほしかったり、自分の味方になって欲しかったりするものです。

私も彼女が間違った事をした時に注意したら「あなたにだけは味方になってほしかった」と言われたものです。

そのため、その考え方はおかしい、もっとこうしたほうがいいとか、それをするくらいなら、こっちの提案のほうがよりうまくいくよ、などのアドバイスはNGである事が多いのです。基本は、彼女の話に同意する形で相談を聞くスタンスのほうがうまくいったりします。

さすがに、明らかにおかしいと思う事まで肯定してしまうと、今後の彼女とのつきあいにおいて影響を及ぼす可能性も低くない為、それは明らかに間違っている、という事はやんわりと否定する必要があります。あくまでやんわりです。強く否定したらいけません。

その気持ちはよーくわかる、でもこういう考え方もあるんだよ、みたいな感じで、まずは同意し、それから遠回しに別の案を出してあげるくらいがちょうどいいでしょう。違う、間違ってるといった言葉は使わないようにしましょう。

再度言いますが、女性が相談を持ちかけてきた時は、解決したいと思ってるわけではないのです。彼氏であるあなたに同意してほしい気持ちが大半なのです。

彼女を間違った方向にいかせたくない、だからこそ、強く否定したくなってしまうという気持ちはよくわかりますが、そこはぐっとこらえて、ちょっと失礼かもしれませんが、子供をあやすような感じで注意してあげる事が大事です。

3.男性脳が彼女の愚痴を聞く時注意すること

彼女との普段の会話は楽しいものでありたいですよね。

自分は日常的に愚痴を言わないので、愚痴を言いたがる人は、一体全体なんで愚痴を言いたがるのか理解に苦しむところがあります。愚痴を言ったところで、その問題はなにひとつ解決しないのになぜ愚痴をタラタラと言うのでしょう。

こんな自分なので、彼女の愚痴を聞くことが、つらいし、苦痛によくなります。女性は聞いて欲しい、吐き出したいから愚痴を言う人が多いのはわかっています。たまになら聞けますよ。

ただそれが、話すたび、顔を合わすたびに毎回毎回、愚痴ばかり話されると本当にげんなりしてしまいます。

そんな時に思いついた方法を紹介します。やり方はとても簡単で、彼女が愚痴を言ってきたら、聞いたふりをして、適当に「うん」「そうなんだ」「へえ」と返すようにしました。

彼女が愚痴を話している時は、適当なところで、合図とをして返事をするだけで、実際に愚痴はまったく耳に入れていなくて、頭で別のことを考えています。

彼女は愚痴を言い終わるまで、違うことを考えるのは彼女に失礼かもしれませんが、本格的に愚痴を聞き出すと、自分の場合は、その愚痴の根本原因を解決したくなってしまうので、まったく問題解決を望んでいない。ただわかって欲しい、聞いて欲しいという彼女に対しては、自分が愚痴を聞いて意見をするという行為は、彼女の求める本来の愚痴を聞いてもらうスタンスと違うので、自分は愚痴を聞いたふりをすることに落ち着きました。

それでも、明らかに、彼女自身に非がありすぎる愚痴の場合は、聞くふりをしていても、居ても立っても居られなくなることがあります。本当にまれですけどね。

あきらかに、彼女が悪いよねというケースの場合には、直接的に、彼女の言動、行動が悪いよね。と言いたいところを抑えて、彼女の気持ちもわかるし、大変だよね。でも、彼女ももっとこうしてたら、きっと違う結果になってただろうから、次からは気をつけようね。というように、一旦、彼女の愚痴を受け入れて、共感する言葉をクッションで挟んでから、彼女の改めたほうがいい部分を伝えるようにすると、彼女から逆ギレされることが減りました。女性の心理ってむずかしいものですね。