【兄弟や姉妹の恋愛嫉妬】結婚相手の彼女に嫌がらせしたり嫌味を言ってくる

彼女よ恋

私の近所のクラスメイトの女性の息子さんの話です。

彼女が決まって口にしたのは、

「末っ子の息子さんにお嫁さんが来ない・・・」

と言う悩みでした。

とうに50歳を過ぎた中肉中背の息子さんを時々、見掛けることがありましたが、結婚ができないのは頷けました。

何しろ、いつ見ても口ひげは伸ばしっぱなしで、1つに束ねた長い白髪の混じった髪によれよれの着衣がトレードマーク、そんな姿から清潔感なんて微塵も感じられず、生活を共にしたいと言い寄る女性が現れる筈もないと思えました。

その上、お腹だけが異様にプクッと飛び出しているんですから、これではまるでメタボタイプの冴えないおじさんを地で行くようなものです。しかし、ご近所さんの間では、決して悪い評判ではなかったんです。

結婚して隣町に居住する姉が2人、そして息子さんと同居する両親の家には未婚の長男もいたんです。お酒好きで頻繁に出歩き、酔っ払い運転などで逮捕歴もある長男や、用事のある時以外はなかなか実家に顔を見せない姉たちに比べ、学生時代から両親の面倒をよく看る孝行息子だと言うのは、私の耳にも入って来ていました。

そんな息子さんが数ヶ月の間に、お腹もへこみ、髪やひげも短く切るなど、 大変身を遂げていたんです。30回以上のお見合いの末に、同年代の女性が交際を承諾してくれたと聞きました。

息子さんのそれまでの生活を見直すきっかけにもなったのでしょう。見違えるほど素敵な男性に生まれ変わった息子さんは、いずれ結婚するつもりで女性を家族にも紹介。その後、女性もよく息子さんの元を訪れていたようで、私も何度か挨拶を交わしたりしましたが、とても感じのよい、心配りのある女性、そんな印象を持ちました。

ところがいつの間にか、結婚の話しは立ち消えになってしまったんです。

息子さんの家は元々、この地域の地主でかなり広大な土地を所有していました。居住する家屋や土地もかなりの資産額に相当するものだったようです。

その家をそれまで両親の面倒を一人で看て来た息子さんに、土地は1/4ずつそれぞれ4人の子どもに遺産として遺言することを、生前の両親は子どもたちを前に明言していました。

どうやら未婚の長男は弟の結婚を快く思ってはいなかったようで、女性が訪れる度に、引っ掻いたり、突いたりして、女性の車にキズを付け、いたずらを繰り返していたんです。

それを目撃した女性が何度、息子さんに訴えても、子どもの頃から一緒に育った長男がそんなことをする筈がないと、一切、信じてはくれず、調べることもしなかったと言うのです。女性は恐怖心はもちろん、息子さんへの不信感から結婚を断念したようだと、噂が未だに囁かれています。

昨今では晩婚化が当たり前のようになっていますが、遺産相続などの家族間のトラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。

兄弟姉妹やその家族との付き合いは避けて通れないのが世の常です。そんな中で発生する理不尽な発言や行為に対して、立場や年齢を越えてきちんと違うことは違うと発信できる男性なのかどうかが、女性の幸せな結婚に直結する大きなポイントだと言えます。

結婚後に悩んでも取り返しが付かない訳ですから、結婚する前、つまり交際中に相手の男性が家族の中でどんな存在か、どんな立ち位置かを見極める必要があるのです。

[karen postid=2220]