【面倒くさい女やこじらせ女子の特徴】男性や彼氏から言われないための行動

彼氏よ恋

彼氏や片思いの相手から「面倒くさい女」「こじらせ女子」などと言われたことがありませんか?

男性は、しつこくアプローチされたり、干渉されたりすると、このようなキツイ一言を吐いてしまうものです。

今回は、キツイ一言を浴びせられた女性に向けて、どう改善すれば良いのか、具体的な方法についてまとめてみました。

■面倒くさい女度チェック!

面倒くさいと言われても、何が良くなかったのか分かりづらいですよね。そこで、一般的に男性から面倒くさいと思われやすい言動をまとめました。

まずは下記の表でチェックしてみてください。

・毎日電話をしないと気が済まない
・LINEを1日20回以上送る(既読スルーは許せない)
・週に3回以上会わないと寂しくなる
・デートコースは毎回違う場所にしたい
・毎月、何かしらの記念日がある
・友人や仕事仲間より自分を優先してほしい
・泣いたり怒ったりしやすい

ざっくり例をあげてみると、このようば言動が面倒くさいと思われがちです。

3つ以上当てはまる人は男性に煙たがられるので、なるべく控えるようにしてくださいね。

■自分のルールを押し付けない

面倒くさい女というのは、自分なりのルールを相手に強要してしまう癖があります。

例えば、毎日電話して声を聴くのが当たり前で、忙しくて無理と断られたら、ルール違反とみなしてしまうのです。でも、よく考えてみれば恋愛にルールなどありませんし、押し付けられると嫌な気分になるのは当然ですよね。

相手の立場にたってみれば、理解できないルールに振り回される辛さが分かるでしょう。安らぎや癒しを奪ってしまうことになるので、知らない間にルールで縛っていないか確かめてください。

■面倒と言われたら距離をとる

男性に面倒くさいと言われたら、まずは一旦距離を置くようにしましょう。

焦って何か行動を起こしても、面倒と思われているうちは、何の効果もないのです。

片思い中なら1ヶ月くらい、交際中なら1週間程度の冷却期間をとるようにしてください。

男性側が「あれ?最近連絡ないな・・」と感じるくらいがベストで、面倒という感情が薄くなるまで待つのです。

適度な距離を置くことで、気持ちが冷めきってしまうのを回避できますから、必ず守るようにしてださい。

面倒くさいなどのキツイ一言を浴びせられると、弱気になってもうダメだと落ち込んでしまうものです。でも男性の心理としては、嫌いになったわけではなく、縛られるのがイヤだと伝えているだけなのです。

言葉通りに受け止めて落ち込むよりも、改善するべきことを見直して、程よい距離を保てる女性になってください。