【年齢差5歳以上で生まれる歳の差恋愛問題】年下彼女との付き合い方

彼女よ恋

「世代が違うと付き合うのは難しい?20~40代の年齢差がある恋の悩みと解決法」

あなたはこれまでに年齢差のある恋をした経験がありますか?

プラスマイナス5歳くらいまでなら、それほどジェネレーションギャップも感じないでしょう。でもそれ以上に年齢が離れていると、会話や生活スタイルに違いがあり、気になるのではないでしょうか。

今回は、20~40代で年齢差のある恋をしている人によくある悩みや、その解決法について説明していきます。

■友人に紹介された時に馴染めない

年上や年下の恋人をもつと、相手の友人に紹介された時に違和感を感じやすいです。

まず会話のテンポが早い、もしくは遅いといった差が気になるでしょう。年下のほうが次々に話題が変わり、考えている間に置いていかれるような印象をもちます。年上なら同じ話題でいつまでも話をしているので、少々退屈に思えるかもしれません。

内容についても「世代あるある」の壁を感じ、ついていけないと感じやすくなるのです。その場に馴染めないのが辛くて、友人を交えて遊ぶデートは、避けたくなるのが本音でしょう。

■結婚に対する考え方が違う

親しい関係になれば、将来結婚したいと考えるようになりますよね。ただでさえ、男女では結婚に対しての考え方が違うのに、年齢差まで加わればより複雑になります。社会人としての経験や収入に納得できていなければ、結婚することに不安を感じやすくなるのです。

それだけでなく、40代ともなれば年上の恋人は両親の面倒を見なくてはいけないという、現実的な問題があります。年下の恋人なら、結婚はまだまだ早いと考えており、何年付き合っても考えを変えてくれないことも多々あります。

結婚をいつにするかという問題で、破局してしまうケースはとても多く、その理由に年齢差が大きく影響しているのです。

■「共通の趣味をもつ」+「話し合いの時間を多くする」で解決

年齢差があっても関係のない話題といえば、共通の趣味ではないでしょうか。

それは交際のキッカケになったものかもしれませんし、何か1つくらいは同じ趣味をもっているでしょう。その話題を中心にしていればギャップに悩むことは減りますので、二人で楽しめる趣味をもってください。

それから、相手の「世代あるある」について理解するため、普通の恋人同士の2倍、3倍の話し合いをしてください。お互いの立場にたって話し合う習慣をつけていると、些細なことで落ち込んだり、喧嘩することもなくなります。

5歳以上、年齢が離れていると、会話の内容や価値観に違いを感じることが増えます。

また、交際中は気にならなくても、結婚という現実的な将来を考えた時、年齢差のある恋人はいろいろなトラブルを抱えます。

違いやトラブルを最小限におさえるためには、年齢差を感じさせないことが大事なので、共通するものをたくさん作って仲良く過ごしてください。

【年の差10歳の恋愛体験談】年下彼氏・彼女と結婚できる?できない?不安な私が出した答え

2017.02.09

【40代,50代男性・女性の大人の恋愛体験談】高齢者の恋は尋常でない!

2016.10.12