【異性とのメッセージのやりとり】男性や女性とのメールの頻度,返信,続く気を付ける点

彼女よ恋

「好きな男性とのメッセージのやりとりで気を付けるポイントは?」

「気になる女性との上手くいくメールの頻度や返信のコツが知りたい!」

等、異性とのメールでのメッセージのやりとりを成功させたいと願っている人に向けて、ここでは実際にそのようなことで悩んだ経験のある体験者のアドバイスを紹介します。

1.異性とLINEのメッセージをやり取りするのが苦手な女性必見!

最近は気軽に連絡を取れるスマホを誰もが持っているので、恋愛にもスマホが不可欠です。でも、正直異性とLINEなどのアプリでメッセージのやり取りをするのが苦手という人もいると思います。実は私も結構苦手な方でした。今回は、異性とのメッセージのやり取りが苦手な人のための克服法をご紹介しましょう。

①まず、メッセージはなるべく明るい内容を心掛けましょう。

長文だと重たい感じがしてしまうので、簡潔で分かりやすい内容がベストです。お互い顔が見えないから、スタンプや絵文字を活用して明るい雰囲気を出しましょう。面白いスタンプも良いですが、女性は可愛い系のスタンプを使うと、男性に「女の子らしくていいな」と思ってもらえるのでおすすめです。

丁寧な言葉遣いも大切ですが、あまり畏まり過ぎるとビジネスライクな感じが出てしまうので、その相手と親しくなりかけている時は、ちょっとフランクな感じを意識してみましょう。

②また、私の経験上、無駄な駆け引きはしない方が賢明です。

以前、食事に誘ってくれた男性に対して「すぐに返信しないで、ちょっと焦らしてみよう」などと思ってわざと翌日返信したことがあったのですが、脈なしだと思われたのか、「ごめん、用事が入っちゃった」と逆に断られてしまいました。

日本人は他人の反応を気にする繊細な人も多いので、無駄に時間は置かずになるべくすぐ返信する方が、「自分と会うのを楽しみにしてくれているのかな」と思ってもらえます。間髪入れずに相手に返信するのは「前のめりな感じがして嫌」と感じるかもしれませんが、それくらいの方が逆に好印象だと思います。

その他には、必要事項のみの簡素なメッセージのやり取りだと、相手に「つまらないな」と思われてしまうこともあるかもしれません。男女問わず、お互い必要なことだけのやり取りでOKという人もいれば、コミュニケーション手段として普段からやり取りを楽しみたいという人もいます。相手がどちらのタイプなのか見極めて、ある程度は相手に合わせてあげると良いでしょう。

2.彼女にどれくらいメールやメッセージを送ってよいかわからない男性必見!

恋愛をしているときというのはついつい相手のことを構いたくなってしまうものですね。そのため今何しているのかなと気になり、たくさんメールやメッセージを送りたくなるものです。

しかし忙しいかな、あまりたくさん連絡したら面倒な人だと思われるかなと考えてなかなか連絡ができないこともあるでしょう。

そのようなとき、まず相手がどのようなタイプなのか知ることが大切です。例えばメールやメッセージのやり取りが好きなタイプで、上手にメッセージを切るタイミングが分かる方であればあまり気にせず連絡をして大丈夫でしょう。自分のペースでやり取りを楽しんでくれるはずです。

しかし反対にどちらかといえば連絡されるのが面倒だと感じる人もいます。そのような人の場合、頻繁にメッセージを送ってしまうと相手のことが嫌になってしまうこともあるのです。

これは私の友人の話なのですが、友人はあまり連絡をとりあうことが好きではありません。古くからの友人である私とのやり取りだと2日に一度返事が来るような、まるで紙の手紙でやりとりしているようなペースです。

そんな友人に彼氏ができたとき、とても頻繁にメッセージを送ってこられるのがひどく憂鬱だと話していました。

返事が来ないと心配になるタイプの彼氏だったようで、催促のような連絡もきていたようです。まだあまり友人のことを知らないような彼だったので不安になるのは仕方がない部分もありますが、あまりにも度が過ぎると送られる人間は疲れてしまいますね。

その友人は最終的にそれが嫌になり別れてしまいました。私の場合は頻繁に連絡をされたら、そんなに送られても返せないからとはっきりいってしまうものですが、友人は真面目ゆえにそのようなことはせず、別れる道を選んでしまったのでしょう。

つまり、どんなに好きでも連絡をされすぎてしまうと嫌われてしまうことに繋がる場合があるのです。

もちろん相手のタイプによって異なる部分も多い問題ですが、もし好きな方があまり連絡を取るのが好きではないタイプだった場合には、しっかりと見極めて連絡をすることが大切になるのではないかなと思います。

3.片想いの男性や女性とのメッセージのやりとりが苦手な方に

片想いしている相手とメールやSNS等で連絡を取っていると、どうしても気にしてしまうのがそのやりとりをどう続けるかということでしょう。

意中の相手だからなるべく終わってほしくないけれど、あまりに長く続けると鬱陶しいと思われるかもしれない。あるいは短く切っておきたいけど、あまりに素っ気ない態度だと嫌われてしまうかもしれない。

おそらく皆さん悩んでいることだと思います。

かくいう私もとにかく悩んだもので、メッセージが多すぎて鬱陶しい、少なすぎて嫌われてるのかと思ったなど、両方を経験したことがありました。では、いったいどうすればこの悩みを解消することができるのでしょう。

率直に言って、この悩みにはこれ、という解決方法はありません。というのも、メッセージを多いと感じるか少ないと感じるかは意中の相手次第としか言えないからです。

とは言え、解決策がない訳ではありません。方法のひとつは、その人が普段口にしないことを文字で伝えているかどうかです。

と言うのも、人は気持ちを言葉にするとき、口では言えなくとも文字では書き表せるといったことがあります。普段の会話とは違う個人的な内容を伝えてくれていれば、意中の相手があなたに心を開いてくれている証拠でしょう。そうした時は、なるべく話を聞いてあげることが重要です。

人間は話を聞いてくれると「自分を受けいれてくれた」と感じて安心するという性格があるため、すぐに自分の好きという気持ちを伝えるのではなく、まずは相手のことを知るように努めましょう。

方法の二つ目は、会話を続けさせる技術です。

これは少し難しいのですが、例えばメッセージを疑問系で返して相手が返答しないといけないような雰囲気を作ってみる等です。

その時、相手から聞き出すだけではなく、自分のことなどもそれとなく伝えることができればお互いのことをより知り合えますので、距離を縮める上で有効です。ただ、これはやり過ぎると鬱陶しいと思われることもあるので数回程度にしておくとよいでしょう。

ただあくまでもこれは一般的な解決方法に過ぎません。基本的には、意中の相手によると考えましょう。特に、互いを知らないうちは何が好きで何が嫌いかも分からないことかと思います。かと言って怯えて行動しないと距離が縮まることはありませんので、時には思いきって行動してみることが大切です。

4.なんで返信してくれないの?と思ったら

恋人との対話はなるべくたくさんしていたいし、相手のことをたくさん知りたいし、自分のこともたくさん知っていてほしい。恋愛して、まして相手との距離が縮まってきたら、もっともっと仲良くなりたいから、ついついLINEを連投してしまう。

よくきく話です。とてもわかりやすい愛情表現ですよね。

でもLINEやメールが放置されているのかなかなか返信が来ないことで悩んだりする話もよく聞きます。

自分のことを話すのが好きな人は、相手にも自分が話したのと同じような相手の話を聞きたがります。それがマナーでもあると思っている方もいます。

でも本当にそれはマナーなんでしょうか。

LINEもメールも対話なのですから、相手のペースを尊重することが大事です。たくさん話したいのはわかるけれど、相手の都合を無視してそれを強要したら、相手はあなたとの時間が楽しめなくなってしまいます。中には口下手な人だっています。

言葉の数が多ければ満足するなら、そういう相手を選ぶべきです。

相手は読んでいるはずなのに返信をくれないからといってそこで不安になる必要はありません。相手が返事をくれないのは、恋愛モードにスイッチを入れられない状況にあるからです。仕事中であったり、家族や友人と一緒にいる時間なのかもしれませんし、あるいは寝ている、食事中、入浴中、お腹を痛めてトイレに行っているのかもしれません。

それが数日続いていて「忙しい」と返事されたり、あらかじめ言われていたのならそれは忙しいのです。忙しくなくなったら返信してくれるはずです。

信じて待つことができなくて焦って大量のメッセージを送りつけたりしたら、相手はどう思うでしょうか。なかにはそうやって催促することが愛情の証だと喜ぶ人もいるでしょう。

でも負担に思う人もいるのです。

せっかく仲良くなったのに、あなたが不安だからと言って相手のことを考えないふるまいをしたら、相手はどう思うでしょうか?

しつこく返信が欲しいと強請ることを繰り返してたら、相手はだんだん面倒くさくなるかもしれません。

忙しさにかまけてあなたにろくな返信をしてこない状況が続いている間は、恋愛モードではないからまさに「放置」の状態です。

でも忙しい状態から平素の状態にもどったときに、放置していたことに申し訳ないと思って、感謝や労いをこめたメッセージをくれるはずです。

私もそうでした。クリスマス時期が忙しいお店で当日までメールの返信は一か月なかった。でもちゃんとクリスマスには連絡をくれました。似たような状況で、キレて別れてしまったという友人は私の話を聞いてまってればよかったと後悔していました。

プライベートにシフトできるときにきっと丁寧に返信をくれます。たとえ表立ってごめんねといってくれなくても、忙しかった相手をあなたが労ってあげれば感謝してくれます。

そういう対話は心を結ぶに違いありません。相手に負担になっていないかどうか、自分の都合や不安ばかりおしつけないで、相手のペースを考えることは恋愛を長く続けていく秘訣です。

関連記事:

好きな女性から返信が来ない!Lineやメールが返ってこず無視される男性必見

2018年2月8日

彼氏のLine(ライン)やメールの返信が遅い!返事が遅くて不安な時の対処法

2017年6月11日

連絡が多い!恋人(彼氏,彼女)からのメール,ライン,電話が多すぎてめんどくさいウザい時

2017年3月24日

恋人(彼氏彼女)とのメールやラインの連絡頻度は?返事がないけど送りたいときの対処方法

2016年11月18日

【彼氏がメール(ライン)の返信しない】Lineの既読無視、そっけない悩み

2016年9月23日