彼氏、彼女の息がドブくさい原因を言う!自分も口臭のにおいで悩んでいる人も必見

彼女よ恋

「彼氏や彼女の口臭がドブくさくて悩んでいる」

「自分の息の臭さがコンプレックスで悩んでいる」

人たちに向けて、ここでは実際に恋人の口臭や彼氏彼女と付き合っていく中で自分の口臭に悩んだ経験のある人たちの体験談とアドバオイスを紹介します。

大好きな彼氏の口臭問題

20代の時に付き合っている彼氏がいました。顔もどんぴしゃの好みで、性格も口数の少なく、ますます私のタイプの人でした。

彼とは特に大きな喧嘩もなく楽しく穏やかな付き合いを続けていました。タバコとコーヒーが大好きな人で、ジャズが流れるような素敵な喫茶店に色々連れて行ってくれたりしました。

本当に申し分ない人だったのですが、どうしても1つだけ彼に直してほしくても言い出せないことがありました。
それは彼の口臭だったのです。

見た目では分からないのですが、彼の歯の裏側は落ちきれていないタバコのヤニで真っ黒になっていました。また1日に何度も飲むコーヒーも口臭を強くしていたと思います。

かくいう私もけっして無臭なわけではありませんが、下手したら自分の父親よりも匂う彼の口臭に、思わず顔をそむける時がありました。

もしも彼が営業職など人と関わる職種であったら、状況は変わっていたかもしれません。誰かが指摘をすることで、自覚を促していたとも思います。しかし、残念ながら当時の彼は一人で作業場で黙々と仕事をこなす技術屋でした。彼の口臭を人頼みにすることはできませんでした。

このままでは、キスすることも憂鬱になってしまうかもしれない・・・そう思った私は、一緒に歯のクリーニングに通うことを思いつきました。

しかも彼の口臭がどうとかではなく、あくまでも自分が一度歯のクリーニングを本格的にやってみたいけど、一人で初めての歯科医院に行くのは緊張するから、一緒に体験してほしい!とお願いをする作戦です。

この作戦に彼はまんまと乗ってくれました。むしろ私よりもノリノリな感じでした。

口を開けた瞬間1秒で「タバコ歴永いですね」ときれいな歯科衛生士さんに言われていた彼は、少しショックを受けていました。「しめしめ」と思いました。

クリーニングが終わった後、「なんだか口臭も少なくなった気がする」と嬉しそうに自分のことを報告する私に向かって「俺は、今日だけじゃ無理だと言われた・・」と彼。

そして次の予約を入れてきたとのこと。

作戦成功でした。

彼が喫煙もコーヒーも控えることはその後もありませんでしたが、歯のクリーニングできれいになっていく自分の歯を目の当たりにして、口内ケアに対する意識が変わってきたようです。

以前よりは口臭が気にならなくなってきました。

その彼とはお別れして数年たちますが、たまに「今でも、お手入れちゃんと続けてるかな?」と思い出す時があります。身体の問題は、相手に指摘をするのではなく、自分が先頭きってやってみたい!と誘ってみることも、1つの方法だと思います。

自分の口臭のにおいが気になっていました。

私は学生時代、原因がわからない口臭に悩み恋愛に前向きになれませんでした。しかし、ある人の助言で解決しましたのでそのエピソードを紹介させて頂きたいと思います。

私は中学生ぐらい頃から口臭が気になり出しました。もちろん歯磨きはキチンとしていましたし虫歯もありませんでした。しかし友人に指摘されるほど臭う時もありました。

それもあって人と話すのが怖くなりもちろん女性には近づくのさえ難しかったです。対策としては給食後も歯磨きをしたり、口内用の消毒液でうがいしたり、胃の中に常に何か入れておくように気をつけてたりしました。

その甲斐あって、しばらくは口臭を指摘されることはありませんでしたし、女性に対しても少しずつ前向きになっていきました。

高校生になり、教室で何人かの女子と話をしていると女子の1人が明らかに嫌な顔を一瞬したのがわかりました。僕はハッとしてすぐに口臭だと気づきました。その場をすぐに離れたのを今でも覚えています。ずっと口臭対策は続けていたのでどうして、と疑問に思いました。

そんなある日、共通の友人がいて仲良くなった隣のクラスの女の子と付き合うことになりました。

その女の子は明るくて何でもハッキリと言うタイプの女の子でした。

僕は口臭は気にしながらも彼女にはそんな悩みは言えずにいました。しかしある時彼女に「口が臭うよ」と指摘されました。僕はやっぱり、と観念して彼女に今までの経緯を話しました。

彼女も真剣に解決に向けて悩んでくれました。そして結論として、医者に診てもらうことになりました。その結果、僕の場合は胃や腸の荒れが歯茎に出てしまうタイプのようで歯茎の消毒や薬を服用すればある程度改善するとのことでした。

それ以降、彼女にチェックしてもらっても問題がないほど口臭は改善しました。もし彼女に指摘された時、誤魔化したりしてたら自信をなくし彼女とは別れていたかもしれません。

彼女を信じて悩みを打ち明け、いっしょに悩んだから問題が解決したのだと思います。

体質の悩みは言いにくいですが1人で悩むよりは信頼できる友達や恋人がいるなら打ち明けた方がいいですよ。

恋にも人生にも前向きになれるので。

関連記事:

【自分のコンプレックスや劣等感】彼氏,彼女と釣り合っていないと不安に感じている人必見!

2017.03.24

自分の外見や容姿に自信がなくて恋人(彼氏彼女)や好きな人に積極的になれない

2017.01.14