嫉妬深い自分が嫌だ!彼氏や彼女への嫉妬心を治すおすすめの方法

彼女よ恋

「恋人に嫉妬しやすい自分が嫌い」

「すぐに嫉妬心が出てしまい、彼氏や彼女と気まずくなる」

“この嫉妬心をなんとかしたい!”

と思っている人に向けて、ここでは自分の嫉妬心を上手く対応できている人たちの体験談とアドバイスを紹介します。

恋愛は心理戦!嫉妬深い人の為に向けて

誰かを好きになると、自分って嫉妬深いなー。って思い自己嫌悪になることは誰にでもあるのではないでしょうか。

また嫉妬から相手への態度を冷たくしてしまったり、突然怒り出してしまったり、喧嘩分かれし後悔するなど・・・。私も体験しましたが、この感情は止められないですね。

こんな嫉妬深い私が、なんとか恋愛を攻略(笑)し、ゴールへ導けるそんな方法を紹介していきたいと思います。

不満があったら、溜めずに相手に伝える

まだまだ日本においては、我慢することが美徳だと言われており、文句を言わない女性が好まれますがもうこれは時代遅れです。多くの女性がストレスのある社会で働き、体力的にも大変だと思います。恋愛でも、大人しく我慢なんかしてたら、恋人と喧嘩したときヒステリックになって怒鳴ってしまいます・・・。

男性はこのヒステリックな女性は苦手で、ドン引きしてしまうそうです。

例えば、SNSの返事が遅くて、電話をかけても出ないときは、なぜ連絡とれないのか?何をしていたか証拠となる画像、動画を送ってもらいましょう。これを相手が断ったら、浮気しているか、大事に思われていない証拠で、将来性がなく恋愛だけならまだしも、結婚相手として信用できません。

仮に返事がなく「寝てた」と返事が来たら、次は寝る前にメッセージを送るよう旨を伝え、何時間寝るのか?どこで寝るのか?これも画像付きで送ってもらいましょう。

心配してた

また相手に疑いをかける様な質問する際は、怒り口調ではなく絵文字無しで、最後に「心配していた」と一言優しく添えるようにすれば、相手も自分が悪いんだと反省するようになります。

このような手段は、相手の浮気する意欲をなくし、自分の恋愛での嫉妬を解消できお互いに規律正しい生活が送れるようになります。

嫌われない努力・好かれる努力をするより、相手の浮気する意欲や、他への関心を低下させるようにすると、彼は自分には恋人しかいないという心理になります。

もちろんこれは結婚をしたら、やめましょう。

相手への健康や精神的な配慮を考え、変わった・優しくなったと思われるようにすれば、良い夫婦関係になると思っております。

嫉妬心が止まらない時

誰でも恋をすると臆病になるのかもしれません。好きな人から嫌われたらどうしようとか、好きな人が別の人を好きになってしまったらどうしようなどと不安に思うこともあるでしょう。

でも、それがあまりに行き過ぎてしまうと、本当に恋人から嫌われてしまいます。

恋人が、誰か別の異性と仲良く話をしていたり、笑いながら楽しそうにしている様子を目にすると、やはり良い気はしないかもしれません。そして、あれこれ妄想してしまう。

この気持ちが止まらずに、恋人の浮気を疑い責めまくった友人がいました。それまで、何度か相談を受けていたのですが、全て自分のただの妄想。事実確認しないまま行動してはいけないと何度も言っていたのですが、友人はある日恋人のところに押しかけ感情をぶちまけてしまったのです。

運が悪かったのは、その押しかけた場所です。周りに多くの人がいる中で、ひたすら恋人を怒鳴りつけてしまったので、恋人に恥をかかせてしまいました。

プライドが高い人だったこともあり、これがきっかけで二人の関係はダメになりました。友人は後悔していましたが、私は慰める気持ちになれませんでした。あれほど論理的にそういった行動をとってはいけないということと、事実を確認しないまま相手を攻撃してはダメだと伝えたのに、友人はそれを無視したからです。

友人は、自分に自信がないタイプです。本人はそれを認めていません。ですが、話しているとそれは手に取るように分かります。

嫉妬するのは、自分に自信がないから。恋人を信じることができないので、すぐに不安になって嫉妬するのです。でも、私が一つ言いたいのは、たとえそれが恋人であれ家族であれ、他人をコントロールすることはでないということ。

つまり、もし恋人に嫌われても、他の人の所に行ってしまったとしても、仕方がないのだと覚悟を決めて付き合わなければ、このように自分で関係を壊し、一番大切な人を傷つけるということです。嫉妬心が強くて悩んでいる方は、是非そこを分かってほしいなと思います。

付き合ってくれて当然。恋人になってくれて当然といった考えではなく、恋人にこんな素敵な時間を経験をくれてありがとうと言う気持ちで接することが大切だと私は思っています。

嫉妬を治す!

嫉妬という感情は自分に対しての自信のなさからくるものがほとんどです。

自分より周りの女友達のほうが可愛く見えたり、性格が明るくて魅力的な人に憧れたり。その悩みの1番の原因は自己肯定感の低さです。

「自分なんて」が口癖の人は要注意です。行動もせずあきらめてしまうことも多々あります。

自己肯定感を高めるために必要なことは今の自分を否定しないことです。

容姿もその一つで、コンプレックスに異常に反応し続けると卑屈になっていきます。一度卑屈になると抜け出すのが大変で時間がかかります。

私も以前は自分に自信がなく、人に嫉妬し孤立していた時期がありました。

恋愛も上手くいかないのは容姿のせいで生まれ持った環境が全てだと思っていました。

ですが実際は自分の心の問題で、過去に傷ついたやり場のない怒りを目に見てわかりやすい理由に押し付けていました。そのことに気づいてから、私は自分の好きなところを鏡の前に立って10個言うようになりました。

なぜかいうと、自己肯定感が低い人は自分のことを褒められないからです。

人から褒められても自分が納得出来ないので受け入れられません。だから自分で自分を褒める練習から始めなければなりません。

急に口頭で思いつかない方は紙に書き出してください。長所ではなく短所ばかり出てしまう人は少し見方を変えてみてください。

例えば短気で、すぐいらいらしてしまう短所を、周りの言動に敏感で感受性が豊かだと長所に言い換えればいいのです。

自分にとっての短所は誰かにとっての長所でもあります。これが恋愛の場合逆転して別れることが多いです。

具体例を挙げると、決断力のある思い切った行動が好きで付き合い始めたはずが、自分勝手で自己中心的な性格が嫌いで別れるようなもの。一人一人空いてる心の穴は同じでも見方が変われば180度違って見えます。

自分を褒める練習のほかにも特技や趣味、自信をもって他人と対等に話せる能力を身に着けるのも方法です。試行錯誤しながらそれぞれのアイデンティティを探してみてください。それが今の自分に自信をつける近道になります。

とにかく嫉妬してしまう人へのおすすめの直し方

私はこれまで五人の人とお付き合いをしました。その全ての人で発生した悩みがタイトルにもある、嫉妬です。

好きで好きで仕方なくなってしまい、とにかく相手を自分に縛りつけておきたくなります。

そして、少しでも私以外の人や物に興味を示そうものなら全力でそれを否定したい気持ちに苛まれ、いてもたってもいられなくなります。これまで何度もお付き合いした方を傷付け、ひどいことを沢山言ってしまいました。

私のこれまでの人生経験上、そんな私と同じような方へのアドバイスが3点あります。

嫉妬を克服する方法の1点目は、

①他の人を好きになるです。

いきなり極論のような話になってしまい、大変恐縮なのですが、最も効果がある方法のため、記載しました。これまで私は大好きで仕方なくて、嫉妬ばかりした人でも他にいいなと思う人が現れたら、全く嫉妬しなくなりました。これまでの自分が嘘だったように何も思わなくなります。

②2点目が自分が納得するレベルまで相手に譲歩してもらうです。

私のこれまでの経験でどのレベルまでを相手に求めたかというと、例えば携帯電話の異性の連絡先を全て消去してもらうのはもちろんのこと、学校や仕事している時間以外は全て私に費やしてもらい、私と接している時間をとにかく圧倒的に増やしてもらっていました。抜き打ちチェックも何度もして、1年くらい経過するとかなり嫉妬心は無くなり、相手を心底信用できるようになっていきました。

ただこれは諸刃の剣でして、抜き打ちチェックなどに引っかかるとなんとも言えない怒りがこみ上げ、一気に別れまでいく可能性もあります。

ただ、そんな相手とは早々に別れた方がいいという考えもあるのでそれはそれで良いと私は思っています。

③最後に3点目は、とにかく私のことを好きになってくれる人とお付き合いをするです。

これは2点目にも繋がる話なのですが、嫉妬をすると無茶な要望をどうしてもしてしまいます。そんな時にそれを何でも許してくれるくらい好きだと思ってもらえる人とお付き合いすると、うまくいきます。

以上3点、皆さんも嫉妬しなくても良い人を探してみてくださいね。

嫉妬することに疲れたら世界を広げてみる

嫉妬というものは、とてもやっかいなものです。特に若い頃は嫉妬に苦しむものではないでしょうか。

私の場合は、18歳から25歳くらいまで嫉妬に悩まされました。その間、2人の女性とお付き合いしました。どちらにも多大な迷惑をかけましたし、私自身も苦しみました。

今でも時おり、嫉妬心を持つことはあります。ですが、それはなるべく表には出しませんし、それはそれとして、頭のワキの方に追いやっておく。ということも出来るようになりました。

何も見えない。頭の中が嫉妬でいっぱいで、何も手につかない、ということはなくなりました。そんな状態になりそうな時には自分である程度コントロールできます。

なぜ、嫉妬しなくなったのか。あるいは、嫉妬をコントロール出来るようになったのか。

それは、経験だと思います。

生きていく中で時間の経過とともに、誰しも経験が増えていきます。信じたものに裏切られたり、永遠に続くと思っていたことが終わったり、形を変えたりします。

それを実感することで「物事は常に変わり続ける」と理解していきます。自分の心だって変わっていきます。

好きだったものを、それほど好きではなくなったり、嫌いだったことが好きになることもあります。そうした経験が積み重なっていくことで絶対はないということを誰もが知ります。すると、物事を色んな角度から見ることが出来るようになります。

なぜ、それが嫉妬を抑えることにつながるか。それは、なぜ嫉妬するのかを考えると分かります。好きな人が、自分の思うように動いてくれないから嫉妬します。自分の望むようの形で愛してくれないから嫉妬します。今のあなたの価値観以外が世界には想像しないと思うから嫉妬します。

だから、世界を色々な角度から見ることが大切です。自分と恋人の2人だけでは生きていくことが出来ないと知ることが大切です。

とはいえ、そういった理性が上手く機能しないことが嫉妬心であり、若さです。悪いことばかりではありません。激しく嫉妬するほどの恋をすることは素晴らしいことかもしれません。

もし、嫉妬することに疲れたら世界を広げてみましょう。知らない場所に行ってみましょう。嫉妬することで、あなた自身が傷ついていないか考えてみましょう。

男性必見!恋愛時の嫉妬心を解決する、コントロールする方法

男性は女性よりも嫉妬心が強い生き物だと言われています。

私自身、男ですが過去に恋愛した際、「自分だけを見て欲しい」「元カレに対する嫉妬心」「別れたのに未練タラタラ」などの気持ちがありました。

このような気持ちに陥った時、素直に「もっと自分を見て欲しい」と言葉で伝えることができれば楽なのですが、男は女性に比べプライドが高い生き物です。プライドが邪魔をし、素直に自分の気持ちを伝えることができないため、嫉妬心が態度に出したりします。

機嫌が急に悪くなったり、無視をしたり、強がってみたり。このような態度をとられると、誰しもが嫌な気持ちになりますよね。

「自分はそんな幼稚な考えはしていない」と思っても、無意識に上記のような行動や言動をしている男性は多いです。

しかし、当たり前ですが、上記のような態度をしていると彼女に面倒臭いと思われ、お互いの関係はギクシャクしてしまいます。

そのため、嫉妬心を上手にコントロールする必要があります。

そのコントロール法とは、ずばり『自分に自信を持つ考え方』です。

嫉妬心とは、いわば自信のなさが表れとなって出る気持ちなのです。「自分は他の男性よりも劣っている」といった自信のなさなどが原因となることで、強い嫉妬心が出たり、彼女を束縛したりします。そうならないためにも、自分に自信を持つ考え方が必要になってくるのです。

「広い心と余裕を持って、彼女の立場になって考える寛大さ」や「彼女を誰よりも幸せに出来るのは自分だけ」

上記のような、自分に自信を持つ考え方や彼女のことを信頼する気持ちをしっかりと持つことができれば、嫉妬心を上手く抑えることができます。

とは言え、人間なのでどうしても強い嫉妬心に襲われることもあるでしょう。誰かを好きになるということに嫉妬は付きものなので、恋愛をするにおいて、嫉妬心は避けては通れない道なのです。

しかし、大事なのは嫉妬心を抱いた時に、「いかに、彼女の立場になって考え、言動・行動に移せるか」だと思います。目先の感情に左右されず、『自分に自信をつける考え方』『彼女を信頼する気持ち』を実践し、素敵な恋を実らせてください!

あふれ出る嫉妬心との付き合い方

恋愛において私たちの心を乱す感情には「嫉妬心」があります。

「彼が女友達と話しているとモヤモヤする」や「彼が他の女性をほめるのが何となく嫌だ」といった悩みは嫉妬心から生じるものです。

嫉妬心はモヤモヤや怒り、悲しみといったかたちであらわれますが、必ずしも悪い感情ではありません。

嫉妬心をおぼえるほど相手のことを愛しているという証拠なのです。

しかしそんな嫉妬心も行き過ぎれば「束縛」となります。嫉妬心をいつもむき出しにしていれば「重い女」と思われてしまう危険もあります。

そこで、嫉妬心とうまく付き合う方法をここでは紹介します。

①一つ目は、自分が嫉妬しているということを彼に伝えることです。

適度に嫉妬をしてもらえることはたいていの人にとってはそれほど嫌なことではありません。嫉妬という感情を通じて相手からの愛情を実感することもできます。さらに実際に相手に伝えることで一人で悩んでいる時よりもモヤモヤが解消されます。

私自身、彼が他の女性と仲良くしているのを見て嫉妬を覚えたことがありました。やはり一人で我慢している間はモヤモヤや怒りが晴れず苦しいままでした。しかし一度勇気を出して「他の子と仲良くしてるの見たら嫉妬しちゃった」と伝えたところすっきりしました。

ポイントはできるだけフランクに伝えることです。怒りを見せると、めんどくさいと思われてしまいます。

②もう一つは、「冷静になるようこころがけること」です。

嫉妬心を感じている瞬間は自分自身のことが見えなくなるものです。嫉妬心を覚えたときには「なぜ自分は嫉妬しているのだろう」と考えてみましょう。

嫉妬している相手は「彼の友達」で自分は「彼の恋人」です。どちらが特別な存在なのかは一目瞭然でしょう。

どれほど女友達と楽しそうに話していても自分だけが特別なのだ、と気づけばきっと心にゆとりが生まれます。

せばまった視界を広げることは自然にできるものではありません。意識して「冷静になろう」と思うことが大切なのです。嫉妬心とうまく付き合うことができれば自分自身のストレスを軽減できます。

嫉妬心から喧嘩してしまうときの対処法

嫉妬心から喧嘩をしてしまう、このようなことは恋愛をしている方にはよくある悩みではないでしょうか。

相手の事が大好きで、周りの同性と親しい姿を見るとつい心がモヤモヤとしてしまう、そんな経験はないでしょうか。

傍から見ると「とても好きなんだな」と簡単に片付いてしまうことではありますが、当事者にとっては笑い事では済まない時もあります。

女性が彼に嫉妬する、男性が彼女に嫉妬する、どちらも本当に相手のことを想っているからこそ起こってしまう喧嘩です。

ただの喧嘩でも言葉足らずや言い方によって取り返しのつかない事にもなってしまいます。

実際に私も、学生時代にお付き合いをしていた彼が女性にとても優しくモテる人だったので不安を感じることが多くありました。逆に、当時の彼は私に対して不安を感じていたようで、すれ違うことも少なくありませんでした。

一緒に遊んでいる時は楽しく時間を過ごせるのですが、いざ学生生活の中に入ると女性と談笑している姿等が目に付き落ち込むこともありました。

そんな時決まって、私は不機嫌になってしまい、棘のある言い方ばかりしてしまっていました。

売り言葉に買い言葉で喧嘩がヒートアップしてしまう、なんてこともありました。結局その彼とはたくさんの行き違いでお別れをすることになってしまいましたが、その後は今までの反省を活かして、積極的に相手に自分の気持ちを伝えるよう心がけてきました。

例えば、少し嫉妬心が出てしまった場合は冗談風に、妬けちゃうなと伝えたりモテるねーと伝えてみたりすることで楽しくコミュニケーションを取ることができるようになりました。

相手が自分を大切に想ってくれる気持ちも聞けることもあり、嫉妬心で喧嘩をすることは殆どなくなりました。

嫉妬をするとどうしても暗い気持ちになってしまい、相手に辛く当ってしまいがちですが、そんな時だからこそ明るく相手に伝えてみてはどうでしょうか。私はこんなに好きなんだよ、と素直に伝えることでお互いの感情がより良い方向へ進み、更にお互いを大事に出来るようになると思います。

嫉妬深い性格で嫉妬心が湧き上がる自分を直したい

今回は、嫉妬心が湧き上がってきてしまった時の対処法についてお話ししたいと思います。

以前、私はとても嫉妬深い性格でした。そして、その嫉妬心を抑えたいと思いながらもなかなかできませんでした。そのため、彼にその嫉妬心や不安な気持ちをぶちまけて、地雷を踏んでしまって関係が悪化したり、それが原因でお別れしてしまうこともありました。

そんなことを繰り返してきて、ふと、どうしてそんなに私は嫉妬してしまうのかと考えました。

よくよく考えると、まず、私は自分自身に自信がないことに気がつきました。自分自身に自信がないから、彼が他の女性と話しているのを見ると、とても楽しそうで、私といるより楽しいのではないかと深読みしてしまっていました。

そこで、私は自分自身に自信をつけたいと思いました。

まず、最初に始めたのは、スキンケアに手をかけるようにしたことと、メイクアップ教室に通い、自分を魅力的に見せるメイク法を学びました。

そのことにより、自分自身の変化に驚いたとともに、自分自身に少しづつ自信が持てるようになりました。

そして、もう一つ考えたことは、付き合う相手のことを心から信頼していないのではないのかということです。これまで、お互いに好きになり付き合い始めたはずなのに、次第に不安な気持ちにさいなまれるようになっていました。

これでは、本当に相手のことを愛していることにならないと思い、もし、彼が去って行くことになっても、それはそれで仕方がないと思うことにしました。

そう、心に決めるとなんだか心が穏やかになり、ありのままの自分の姿を見せることができるようになったのです。そのことにより、彼との距離がグッと近づいたように思います。

彼には彼の世界があり、私には私の世界がある、その重なった部分を大切にしようと今では思うことができるようになりました。

自分自信に自信を持ち、相手を信頼し、委ねると恋愛を始め、さまざまなことがうまくいくようになりました。

関連記事:

男性諸君!彼女のやきもちや嫉妬を察して、上手に対応する方法

2018.05.12

嫉妬や否定はダメ!ジャニーズ大好きなジャニオタ彼女との付き合い方

2017.11.15

【兄弟や姉妹の恋愛嫉妬】結婚相手の彼女に嫌がらせしたり嫌味を言ってくる

2017.10.18

彼氏や彼女の好きなアイドル、歌手、芸能人、憧れの人に嫉妬してしまう

2017.10.02

【彼女の束縛や嫉妬がきつい例】束縛彼女がウザいと思った男性たちの体験談

2017.05.11

彼氏は好きだけど、やきもち・束縛・嫉妬がうざい!止めさせる治し方は?

2017.02.07

彼女の行動が気になる、把握したいなどの束縛や嫉妬は別れの原因になるので注意

2017.02.01

【彼氏彼女がイケメン、可愛くて不安】人気者でモテる恋人に嫉妬

2017.01.28

彼氏や彼女と仲の良い女友達や男友達、他の女や男に嫉妬!嫉妬心や不安の対処方法

2017.01.23

【彼氏,彼女の過去の恋愛が気になる】元カレ,元カノへの嫉妬,ヤキモチ,不安をなくす方法

2017.01.07