【私の恋人は潔癖症】潔癖症の彼氏彼女を持った人たちの解決策

彼女よ恋

優しいし社会生活はきっちりこなしているし、表面上は大きな問題はない彼。表面上でない問題を挙げるとしたら、とんでもない潔癖症であることです。

何かをするたびに必ず手洗いとうがいをする。

他人が履いたスリッパなど絶対に履けないので、常にマイスリッパと靴下の替えを持参する。

不特定多数が入った温泉なんてとんでもないと、温泉に行っても内風呂にしか入りません。これでは何のために温泉旅行に来ているのかと途方に暮れることも数回……。

飲み会ですらマイグラスを持参しようとしていた時はさすがに止めました。そういった潔癖症から発展して全般性不安障害ともいえる症状がチラホラ垣間見えるようになってきました。

持ち前の気質・性格に由来していると思うのですが、家や車の施錠をしても必ずスマホで撮って確認します。しかし写真を撮ったにも関わらず、車を置いた商業施設で買い物をしている最中にさえも「鍵かけたっけ……?」とそわそわしはじめてしまうのです。

「かけたでしょ」と写真を確認させてみても、もう一度駐車場まで確認しないとどうしても落ち着くことが出来ない。これは病的な領域かも……と思いつつも、彼自身が苦しそうでもないのに精神科の受診を勧めるわけにもいかず、私や彼の友人たちにも手洗いなどを強要するわけでもないので周囲に弊害もありません。

彼の潔癖症は『彼の性格』と片付けられてしまっている節が多かったです。けれど、同じような環境で育った彼の両親や兄にはそういった傾向は見受けられません。

これは彼固有の気質に違いないけど、生き辛くないだろうか。もしかしたらいつか何かのきっかけでこの潔癖すぎる性格によって彼が壊れてしまうのではないか。そう心配した私でしたが、こういった潔癖症な性格ごと『彼』という人間の個性だと受け入れるように考えを変えました。

彼の性質は見方を変えれば石橋を隅々まで叩いて回って渡るような『極度に用心深い』と言えるものだし、今後の人生において大きな失敗をしなさそうです。

『極端に潔癖症な彼』という人物を受け入れることによって、『彼の潔癖症なところが嫌』と実は思っていた自分の心にも気づきました。

彼がその状態が心地よく、私などに苦痛が及ばなければそれでいいじゃないかと受け入れることにより、私自身もラクになりました。もし彼のマイナスな点が気になることがあってもそれを補って余りある良い点や好きな点があれば、個性だと思って受け入れればいいと思います。

いくら仲が深まっても結局のところ生まれた環境が全く違う他人ですから、長い時間かけて形成された性格までは修正しようがないし相手をどうこうしようと思うことは傲慢だし尊厳を傷つけてしまうことに発展することもありえます。

お互い心地いい心の状態に身を置くということで、本当の意味で相手を尊重することが出来るのではないかと思います。