【恋愛の執着心に困った】彼氏や彼女への依存、束縛、嫉妬、不安をやめたい

彼女よ恋

「毎日彼氏のことばかり考えてしまって、これって依存?」

「恋人が今何をしているのか気になって、すごく不安になる」

「彼女への嫉妬や束縛をやめたいのにやめられない!」

などと悩んでいる人たちに向けて、ここでは実際にこのような経験をしたことのある人たちの恋愛体験談とアドバイスを紹介します。

恋人への執着心は自信のなさの表れです!

私がまだ10代の頃の話です。高校3年生の時、私は複数の大学を受験したものの、ほとんどが不合格でした。仕方なく唯一、合格通知を手に入れた大学に入学したのですが、挫折感にさいなまれていました。

そんな中、トントン拍子に彼氏ができ、彼と会っている時間だけに幸せを感じていました。希望していた大学には合格できず、自分に自信がなくなっていた時期でもあったので、彼だけがありのままの自分を認めてくれているような気がしていました。

彼との付き合いが始まると、私は彼に過剰な執着心をみせるようになってしまいました。彼が誰かと電話で話をしているとその相手が気になってしまいます。そのうちに、彼の携帯電話の履歴をこっそりと見るようになりました。電話をしたときに彼が出てくれないと不安になりました。イライラするようになりました。後日、どこで誰と何をしていたかを問い詰めるようになりました。

彼も私と同い年でまだ若かったため、はじめの頃は私の執着心を喜んでくれていたように思います。それが、だんだん付き合いが長くなってくると、執着しすぎる私に対し、彼の方がイライラし始めるようになりました。私は彼を束縛しているという自覚はなかったのですが、彼の方は激しく束縛されていると感じていたようでいた。しばらくして、彼の方から別れ話を切り出されました。疲れたとのことでした。

当時の私は、大学受験に失敗したことで自信を失っていましたから、彼に女性として認めてもらうことで安心感を得ていたのだと思います。それだけに、彼に対して過剰に執着してしまったのです。彼と別れてしばらくしてから、もっと自分自身を認めた上で、心の余裕を持つことができていれば良かったなぁ…と反省しました。

恋人への執着心は、自分自身への自信のなさの表れだと思います。ひとりで夢中になれる趣味を見つけたり、他の人には負けない分野を見つけたりして、まずは自己実現に努めましょう。女性として、ひとりの人間としての魅力が増せば、彼の方ももっとあなたに惹かれるはずですよ。

自分に自信を付け、自分を好きでいる

私はこれまで何度か恋愛をしてきましたが、いつも自分が原因でダメにしてきました。それは浮気したとかそういうことではないのです。

自分に自信がなくて、不安になってしまい、相手を信じることができなくなってしまい、関係が終了してしまうといったような感じでした。恋が終わるたび、後悔し反省するのですが、それでもそれを繰り返してしまっていました。

ついには、あまりにも疲れ果ててしまい、しばらく恋愛するのをやめようと心に決めました。

そして自分の何がいけないのか、どのような自分になれば幸せな恋愛ができるのか、考える時間を持とうと決めたのです。

幼い頃から現在までの自分を思い返すと、私は昔から自分に対する自信がないことに改めて気がついたのです。私なんて・・・とか、私には無理だから・・・と言ったようなことが口癖であることにも気がつきました。

そして何より私は自分自身のことが好きではありませんでした。

自分のダメなところはいくつでも思いつくけれど、自分の良いところはどんなに考えてもなかなか思いつかないのです。私自身が自分のことを好きじゃないのに、誰かに私のことを好きでいて欲しいだなんて、おこがましいなあと思いました。

また同時に、自分に自信がないから相手に嫌われるんじゃないかと怯えてしまうのだと気がつきました。そんな気持ちが相手にも自然に伝わり、鬱陶しがられてしまうのだと思いました。

また自分に自信がないから、相手に依存的になってしまっていたように思います。

そのため、まず自分のことを好きになってみよう!愛してみよう!と思いました。そのためには自分の好きなことを積極的に楽しんで、そしてそれを極める努力をすることにしました。

大切なことは、どんなことも自分で決めることだと私は気がつきました。自分で決めて、物事をやると全て自分の責任ですし、上手く行ったら自分に自信が持てますし、上手くいかなくても自分で決めたのだから、と後悔がないのです。

このように心がけて生活していくうちに、私は自分のことを認めることができるようになりました。そして自分を愛することができるようになったのです。

今度誰かに恋をするときはきっと自分らしく、素敵な恋愛ができると信じています。

彼氏への依存のしすぎがダメな理由

女性の場合は特に恋愛をすると、どうしても相手に合わせてしまうために、依存傾向になる人が私の周りでも少なくありません。自分や友人との予定よりも、後から入ってきた恋人との用事を優先してしまうことも珍しくはないと思います。

これは将来もしかしたら結婚するかもしれないという想定のもとに、自然と恋人に合わせた生活になってしまうのかもしれません。しかし、相手に合わせ過ぎてしまい、また尽くし過ぎてしまうと、逆に恋人に鬱陶しく思われてしまいがちです。

恋人がいない時は自分の意思で動いていたのに、恋人ができたら恋人の意思が無いと動けなくなってしまうようでは困りものです。どんな関係でもそこに対等の気持ちがなければ、良好な関係は築けないと思います。

いわゆる相手が負担になるような重い女性だと、すぐに逃げられてしまうかもしれません。

逆に自分中心で相手のことをほったらかしなのも問題ですが、そもそもその状態では最初から恋人関係は成立しないでしょう。

中には恋人に振り回されすぎて(本当は自分が勝手に振り回されているだけなのですが)、それが原因で心身ともにダメになってしまう場合もあります。恋愛依存とまではいかなくても、恋愛中もお互いの時間を大切にできるようなら関係を築いていきたいものです。

私の知人の中でも最初は相手への依存傾向が強く、振られてしまいましたが、自分が精神的に自律をしたことで恋愛が復活し、結婚した人がいます。

おそらく知人が精神的にも成長したことで、同じ相手でも恋愛関係が上手くいくようになったのだと思います。

結婚も同じでやはり個人を尊重できるような関係でいるのが理想です。しかし、実際は相手が身内になると距離が近くなりすぎてしまい、嫌な部分が多く見えてしまうかもしれません。

恋愛でも結婚でも、相手に依存してしまうと上手くいかなくなってしまいます。相手に合わせ過ぎず、自分自身を上手くコントロールできれば、恋愛もその先の結婚も上手くいくようになり、その結果、幸せを手に入れやすくなるのではないかと思います。

恋人に依存しすぎちゃうのを直したい!やめたい!

大好きな人とお付き合いできたら、まさに天にも昇る気持ちですよね。いつでも一緒にいたい、相手の事を知っていたいと思うものです。しかし、それが行き過ぎるとだんだんと依存していくことに。

スマホのチェックがしたい、どんな相手と遊んでいるのか気になる、私だけを見ていてほしいと、依存が止まらなくなってしまいます。

では、なぜ恋人の行動が気になるのでしょうか?

ひとつは、自分に自信がないことが挙げられます。

恋人から本当に愛されているのだろうか?新しい人と知り合ったら自分は捨てられてしまうのではないか?

恋人の周りが魅力的な人ばかりに見え、自分がちっぽけな存在に感じて辛くなってしまいます。だから相手のことをすべて知り、安心したいという面もあるでしょう。

私の場合、嫉妬深く相手に依存しがちな自分を脱するために趣味をたくさん作りました

恋人のことを考える余裕がないくらい、とにかくスケジュールを詰めます。正直、そういった趣味の時間を過ごしていても、恋人のことばかり気になります。

でも、ここで負けてはいけません。自信がなく、依存してくる相手を、この先も恋人として付き合いたいと思ってもらえなくなってしまいます。

駆け引きなんて難しいことはできません。会いたい、連絡したいと思う気持ちを止める必要もありません。

それ以外の時間を趣味に没頭することで、「恋人なしの時間も楽しいし輝いている」と自己肯定をしましょう。

恋人といる時間が一番楽しくても、二番目、三番目をきちんと作っておきます。何もないからっぽの時間がなくなりますよ。

「最近依存されすぎて重たくなってきたな……」と恋人が感じ始めていても、趣味に没頭する姿を見れば反対に「寂しいな」と思われることもあるでしょう。

趣味が特にないという方も、まずは日常生活を少しだけ深堀してみましょう。

たとえば、毎週楽しみにしているドラマがあるとします。いつもだったら見るだけで終わる行為も「感想をSNSで発信したり、読んだりする」としていれば立派な趣味になります。

恋だけが人生ではありません。恋人に自分の人生を乗せるだけでなく、自分で自分の人生を歩めるようにすれば、依存することもなくなりますよ。

束縛をコントロールした私の方法

誰かを好になってお付き合いすると、いろんな事が楽しくて、生きていることがとっても幸せな気持ちになります。でも、その好きな気持ちが度を超えてしまうと、相手に引かれてしまうこともあります。

そして引かれていると分かっていても、相手がいつも何をしているのか気になって気になってしょうがない時ってどうしたら良いのでしょうか。

そんな時は、自分で自分の気持をコントロールするのです。コントロールできなくて困っているのかもしれませんが、気持ちはコントロール出来るものなのです。

まず、相手と繋がりのない友人や知り合いに相談しましょう。

行き場のない気持ちを一人で抱えていると暴走しかねません。私はその時の自分の気持ちに正直でわがままなタイプだったので暴走ばかりしていました。それで相手が離れていくこともたくさんありました。

実際、相手が何を考えているのかなんて誰にも分かりません。家族だって分からないのですから、他人なんてもっとわからないはずです。自分の気持を相手にズバズバと伝えさえしなければ、自分が何を考えているのかなんて伝わらないのです。

まして男の人って言わなきゃ分からない人ばかりです。

そこで私は、彼氏に伝えたいことや聞きたいことなんかは思ったらすぐに口に出さないで、一旦心に留めてから携帯や紙にメモをするようにしました。

そして、友人に相談して、相手に話してもいいのか、自分の中で処理すべきかを考えるようにしました。そういった相談事も彼氏に知られてしまうと重い気持ちが伝わってしまうので必ず相手と一切繋がりのない友人に話していました。

どうしても、相手のことを束縛したくなる時って喧嘩腰になっていたので、聞きたいことや言いたいことがあったら心の中で10秒数えていました。10秒数えているうちに気持ちが落ち着くことが何度もあったので、カッとなりやすい人には是非実践していただきたいです。

だんだん癖がついていくもので、私は今も怒りそうな時や相手の事を感情的に言ってしまいそうな時には、口に出す前に必ず少し時間をおくようになりました。

この方法も心がけ次第かとは思いますが、相手を束縛してしまい悩んでいる人、それを本当に改善したいと考えている人にはお勧めしたいです。

彼氏の浮気が不安で、束縛したら愛想を尽かされてしまった

好きになればなる程、不安になるのが彼氏の浮気です。男性は浮気するものだと女友達は言いますし、過去に彼氏に浮気された経験があるせいで、好きなのに信じることができなくなってしまいます。

彼氏が出かけることを極端に嫌がったり、浮気をしていないかしつこくメールや電話をしたりすれば、彼氏だって「信用されていないんだ」と愛想を尽かしてしまうものです。こういう不安ってどういう風に解消するべきなのでしょうか。

そもそも彼氏のことが信じられないという女性って、自分に自信がないという人が多いものです。

愛されることに対して不安を感じたり、「どうして私なんかと付き合っているのだろう?」とどうしても自分の価値を低く見積もってしまいがちです。そのため不安を解消しようとして彼氏に無理なお願い、例えばメールは5分以内に返す、出かけている時には本当に彼氏が男友達といるのか確認に写メを送らせるなどの強要をしてしまいます。実際に私の女友達もいつもこれが原因で別れていました。

こういうことって結果的に彼氏の心が自分から離れていくことにしかなりません。そして他の女性に取られてから「やっぱり浮気された」と思うのですが、自分の行動が彼氏を浮気に走らせてしまったのだと気付くことが出来ないと次の恋愛もうまくはいきません。

自分に自信が持てないというのは、そう簡単に変わることは出来ません。でも今自分と付き合っている人は確かにいるのですから、愛されているということに慣れて、自信を持つべきなのです。どうしても不安だとしたら、どうして不安になるのかということを彼氏に打ち明けてみて下さい。

彼氏も好きな人に安心してもらいたいという気持ちがありますので、何とか歩み寄ろうとするはずです。

恋愛はどちらか一方に偏ったお付き合いでは結局うまくいかなくなってしまいます。

お互いに歩み寄ろうとする姿勢があることで、関係が対等に続いてくものだということが分かれば、疑ったりせずに素直に彼氏を信じることもできるようになります。彼氏が浮気をする原因の一部は自分が作っているかも知れないことを忘れないようにしたいですね。

彼氏への依存は、彼との時間:自分磨きや他のことにかける時間=4:6

恋愛中、頭の中はつねに大好きな彼の事でいっぱい。いつも会いたくてそばにいたくて、他の事なんかする気になりませんよね。会ってるときはいつもべったりくっついて、会えないときはついつい長電話をして、一日を通して、彼のために多くの時間を費やしてしまう方も多いと思います。

お互いそれで充分幸せで、そのままいつまでもラブラブな状態を保てるようであれば心配いりません。しかし、人間というものは、変わり映えしない同じ環境がしばらく続くと、悲しいかな、「慣れ」や「飽き」という感情が芽生えてしまうものです。

恋愛の初めのころは、お互い熱を持った状態で、出来るだけたくさんの時間をお互いの為に使いたいと思うでしょう。しかし、時間が経つにつれ、あなたがずっとそばにいることに彼が慣れ、飽きられてしまうかもしれません。

そうならないためにも、恋愛中は、彼との時間:自分磨きや他のことにかける時間を4:6に保つことをおすすめします。

これまで10回会っていた回数を4回に減らし、あとの6回は他の事に使うのです。友達と出掛けたり、家族と会っても良いでしょう。

また、興味のある分野のセミナーや勉強会に出かけたり、憧れている人の講演会を聴きに行くでも良いでしょう。

また、一人で過ごす時間にして、美容室やエステに行き、あなたを綺麗にしてあげる時間を作ってあげましょう。

美術館や博物館、芸術を見に行き、あなたの内面を磨く時間を過ごしても良いですね。内面磨きの勉強ができるスポットは、町中にたくさん存在しています。女子ひとり旅もおすすめします。

また、その時間で、自宅でできる自分磨きをしても良いでしょう。料理の腕を磨いたり、好きな映画を見たり、雑誌や本をたっぷり読んでも良いでしょう。本は特に、あなたの内面磨きにはとても役に立ちます。著者の価値観や生き方が一冊にぎっしりと詰まっており、様々な人の人生を疑似体験することが出来るからです。きっと引き出しの多い女性になれますよ。

このように、彼と過ごしていた時間のうち、数割を自分磨きや他にかけることで、あなたの内面が少しずつ成長していきます。知性や内面が磨かれ、引き出しの多い女性はとても魅力的です。

彼は、自分と過ごしていない時間にあなたが何をしているのか、また、どんどん素敵な女性になるあなたの事が気になって仕方がなくなると思います。彼は、きっとあなたに更に興味を抱き、追いかけ続けてくれると思いますよ。もちろん、彼と会える時間も大切に過ごしてくださいね。

白黒だけでなく、グレーゾーンもあって良いじゃない

恋をすると、誰でも相手のことをもっともっと知りたいと思うものです。しかしカレのことをつい詮索し過ぎたり束縛したりしてしまう癖はありませんか?

例えば…

「元カノがどんな人だったのか聞き出さないといられない。」
「連絡が取れないと悶々として居ても立っても居られなくなる。」
「自分のいない飲み会に彼氏が参加する時女性がいることが不安でたまらない。」
「キャバクラなど女性店員が接客行為をするお店に行くことを許せない。」

等です。

実は私も昔はそうでした。しかしもちろん自分に束縛癖があるなどとは思ったことはなく、それは単純に相手のことが好きだから、あるいは自分のつき合っている人にはこうあって欲しいという願望が強かったからだと当時は自分に言い聞かせていました。

私の場合なお悪いことに、彼氏をそのように束縛した上、相手が自分の思うような行動をしなかったり、理想通りの答えが返ってこなかったりすると、一気に気持ちが冷めたり別れ話を切り出したりするようなところがありました。

そんなある日、ある方からこんなことを言われたんです。

「君はなんでも黒白つけたがる。だけど世の中グレーゾーンも必要なんだ。」

その方は、タイミングからして自分のお子さんが血がつながっているのか非常に怪しい、奥様と他の男性の子供である可能性が極まて高いのだが自分は死ぬまでDNA鑑定を行わずその点をグレーゾーンにしておくつもりだ話してくれました。

その理由は、外見上全く似ていない子だが、例え僅かな可能性でも我が子かもしれないという可能性を信じていたい、もし真実が判明して我が子でないと発覚したら子供を愛せなくなるし離婚などとんでもないことになるからだと。

この言葉が私を変えてくれました。

自分の束縛する行動は、相手を信じていない、つまりは本当に愛していない証拠だったことに気づかされました。そして彼氏の何もかもを知らなくてはいられないのは、自分自身の自信のなさから来る行動であり一種の依存であることに気づいたのです。

結婚しても「良い夫婦のコツはほどよい距離感」なんて言われます。

どんなに頑張っても変えられない運命はあるし、どれくらい相手を思ってもその人はあくまでも他人でありコントロールすることなんてできない、つまり見えない私生活の部分はグレーゾーンに留めておくべきなのだと知りました。

つい束縛してしまう癖のある方は、彼氏のすべてを、自分の知らない悪い部分も含めて愛するという大きな気持ちを持って接することをおススメします。

また、自分は愛されている、彼氏が彼女として選んだのはあくまでも自分であることにもっと自信を持ちましょう。

そして、なるようにしかならないことってあります。

上手くいかなければそれまでで、運命の人じゃなかった。

それだけです。

しかし運命の人ならばあなたが束縛しなくてもどのような障害物があれど必ず一緒になれます。そのことを信じましょう。

彼氏への依存心をうまくコントロールする方法

恋愛は、人生の中では欠かせないビックイベントであり、同時に今後の人生を左右するようなビッグな要因でもあります。

そんな恋愛において、多かれ少なかれ自分のパートナーに、単なる恋人という認識を超えた依存の気持ちを持ってしまう人が多く存在します。あくまで個人の偏見ではありますが、恋愛において心的依存に陥りやすいのは比較的女性の方ではないかと思います。

私も実際に他人に依存しやすい性格であったため、初めての恋愛では大変苦労しました。

一番最初に出来た彼氏が、「君は可愛いから自信を持って良いよ」と言ったのを今でも覚えています。当時の私は純粋でその言葉をありのまま受け入れ、こんな私でも存在価値を認めてくれる人がいるのだと非常に喜び、彼の要求全てに答えるようになりました。

最初は彼の喜ぶ顔を見るために色々な要望に答えていましたが、次第に自分を認めてくれた人に嫌われたくないという気持ちの方が強くなっていきました。今思えばその頃には既に彼への依存心は芽生えていたのだと思います。

英語ではAll I think about is youなんて表現もありますが、響きが非常にロマンチックなだけで、ああいった表現は依存心の初期段階ではないかと近頃は強く思います。一度依存し始めると恋人を次第に所有物のように考えてしまい、「私だけのもの」という認識が芽生えてしまいます。これは私個人の考えだけではなく、私の周りの友人も同様に経験したことのある感覚でした。

そして付き合って数ヶ月後、完全に恋人に依存してしまった私は、極端な表現ではなく実際に、24時間常にその人の事を考えている状態になってしまいました。まさに少女漫画で出てくるような、頭の中が彼のことでいっぱいという状況を体現したような感じでした。

しかしそんな状態に陥った頃、彼はあっさり他の女性と浮気し、私とは完全に音信不通になりました。あまり人には言えませんが、あの頃は私の世界の全てだった何かが突然失われたようなショックと虚無感で数ヶ月間心療内科に通いました。そんな経験をした私だからこそ言えることがあります。

特に依存心の高い女性に聞いて欲しいアドバイスなのですが、

  • ⑴恋愛をする時は相手が常に他人であると覚えておくこと。
  • ⑵自分の世界の広さや可能性を限定しないこと。

この2つが非常に大切だと自身の経験を通して心の底から思いました。

私のような女性が少しでも良い恋愛が出来るように日々祈っています。

関連記事:

【彼氏や彼女の突然の心変わりが不安、心配】理由は?振られそうなサインは?

2018.07.06

嫉妬深い自分が嫌だ!彼氏や彼女への嫉妬心を治すおすすめの方法

2018.05.29

【彼氏、彼女の行動を気にしない方法】気になる不安な気持ちを抑えるには?

2017.11.11

彼女の行動が気になる、把握したいなどの束縛や嫉妬は別れの原因になるので注意

2017.02.01

【彼氏や彼女を束縛すると続かない】恋人に束縛されると別れる例を紹介

2016.09.11