【失恋から立ち直る方法】彼氏,彼女に振られて離れたくない辛い気持ちを立ち直らせる

彼女よ恋

失恋をすると、誰しもが傷つき、辛く悲しい経験をすることでしょう。

そして次の一歩がなかなか踏み出せないこともあるでしょう。

「あの人のことがまだ忘れられない・・・」

「次の恋愛なんて始められない・・・」

などと地獄に落ちたような心情になりますよね。

ここでは実際に失恋を経験し、どん底を経験した人たちの体験談と、そこから這い上がったきっかけをご紹介します。

今現在、失恋をして悲しみに暮れている人の参考になれば幸いです。

1.失恋から立ち直るまでのステップ

恋愛はいつもうまくいくとは限らないもので、時には辛い失恋を経験することもあるでしょう。私も辛く悲しい失恋をいくつか経験してきましたが、今ではその辛さを乗り越え、笑って話せるようになりました。

失恋をした直後は、何を見ても悲しくなってしまうものです。無理やり「あの人のことはもう忘れよう」と思っても絶対に忘れられないので(そもそも「忘れよう」と思っていることは、まだその人に執着している証拠)、「ああ、私は失恋してこんなに悲しいんだな」と自分の気持ちをまるごと受けとめてあげましょう。

気持ちを心の中にしまい込んでしまうと、心のしこりが残り続けてしまうので、早く忘れるためにも、思い切り悲しみに浸りましょう。気持ちがどん底まで落ちたら、後は自然と上がっていくはずですから。失恋ソングを聞いたり、悲しい映画を見たりして、たくさん泣きましょう。泣けば気分も少しすっきりします。

少し気持ちに余裕ができたら、外に出て人に会いましょう。友達に自分の気持を話すことで、ごちゃごちゃしていた頭の中が整理されるはずです。また、友達の経験談を聞くことで「辛いのは自分だけじゃないんだな」と思えて励まされます。多かれ少なかれ、皆失恋の経験を持っているものですから。

ある程度冷静に考えることができるようになったら、どうして失恋したのか原因を考えてみましょう。

次に同じ失敗をしないためにも、分析することはとても大切です。自分に非があったのか、それとも相手に非があったのか、主観的ではなくなるべく客観的に考えてみてください。「失恋は自分を大きく変えるチャンスでもあるんだ」と前向きに捉えて、自分の良くない部分は、この際直すようにしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、今の私はむしろあの時失恋してよかったとさえ思っています。失恋していなければ自分の悪いところは直さないままだったでしょうから。元恋人に対して「振ってくれてありがとう」と思えるようになったら、あなたはもうすっかり失恋から立ち直っている証拠です。

2.私を失恋のどん底から救ってくれたのは、馬鹿みたいに笑える女性だった

%e5%a4%b1%e6%81%8b%e7%ab%8b%e3%81%a1%e7%9b%b4%e3%82%8a%e6%96%b9

現在30歳の男性です。

私は高校生の時に、手痛い失恋をしました。高校2年生の時に初めて1つ年上の彼女ができて、初めてだったものですから夢中になり、若気の至りで将来は結婚したいとまで考えました。

しかし、結局は高校3年の大学受験の3か月前に振られました。彼女が私を振って、ほかの男と付き合ったのです。それも私の同級生とでした。私は、最初の恋愛が降られる形で終わったことと、同じ年のほかの男と比較されてそれよりも劣っていると判断されたことを受け入れられず、苦しみました。

そして結局は受験直前にもかかわらず、それで受験勉強にも手がつかず、第1志望の大学受験に失敗してしまいました。幸い第2志望は受かっていたので、そこに進学しましたが、初恋を振られるという形で終わらされたこと、それによって大学受験に失敗したことが、手痛いトラウマにになって、その後の大学生活でも積極的に人と交わることも、ましてや彼女を作ることもできませんでした。

そしてそのまま大学を卒業して就職をしました。そこでも仕事以外では人と積極的に触れ合うことについては臆病になっていましたが、そこで私に対して妙になれなれしく、積極的にアプローチしてくる女性がいました。そこで恐る恐るですが、付き合い始めてみると、前の理知的だった彼女とは違って、どちらかというと天然で、一緒にいると馬鹿みたいに笑える子だということが分かり、それが救いとなって、いつの間にか、彼女と会うことを楽しみにするようになりました。そして、そういう風に自分の壁を壊してくれた彼女と一生一緒にいたいと思い、つきあって3年で結婚しました。今はとても幸せです。

長い話になりましたが、ここから私が体験したことを振り返ると、大学のころにもっと人とふれあっていてもよかった、もっと積極的に恋愛に対して踏み出していれば、また違った人生もあったと思っています。今の結婚については全く後悔していませんが、失恋しても一歩踏み出せば、また違う人生が始まる、ということを遅ればせながら感じているということです。

ですので、失恋した人にも、その体験で臆病にならずに、勇気をもって一歩前に踏み出してほしいと思います。

3.裏切られた!恋愛で傷ついても次の一歩を踏み出すために

%e5%a4%b1%e6%81%8b%e7%ab%8b%e3%81%a1%e7%9b%b4%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%96%b9%e6%b3%95

誰しもが経験する恋愛ですが良いことばかりではなく、悪いこともたくさんあります。

時には嫌な別れ方をして次の一歩をなかなか踏み出せないといったこともあると思います。

私自身も恋愛で嫌な別れ方をしたせいで好きな人ができてもなかなか一歩を踏み出すことができなかった経験があります。

私には彼女がいるのですが、その人と付き合う前の元彼女と嫌な別れ方をしてしまいました。その元彼女と付き合っていた頃はそれなりに仲良くやれていたのですが、いつからか急に服装の好みが変わったり何かと理由をつけて会わない日が増えました。気になって調べてみると、何と彼女が共通の友達で自分にとっては親友だった人と浮気していたことが発覚し別れることになりました。

知らない人ならまだ良かったのですが親友と浮気していたのは凄まじくショックでした。

そんな落ち込んでしまった自分に親身になって接してくれたのが当時は友人だった今の彼女でした。

色々と気を使ってくれたお陰で救われた面もかなり大きく次第に彼女に惹かれていきました。しかし彼女と親友が浮気していたというショッキングな出来事で別れてしまったこともあり、次の恋愛に向かう勇気を持つことができませんでした。

それからしばらくの間悩んだりしていましたが、よく考えて勇気を出して告白して無事に付き合うことができました。恋愛をしていると人に裏切られてしまったりしまうなど嫌なことが原因でなかなか次の恋愛に向かっていけなくなってしまうこともあると思います。

人に裏切られて傷ついてしまった恋愛のトラウマを乗り越える方法は勇気を出して次の恋愛に向かうしかありません。

それはとても難しいことで簡単にできるようなことではありません。私自身も次の一歩を踏み出すのは大変でしたが世界には70億人近い人がいるのだから一人や二人に裏切られたっていいじゃないかと考えることで乗り越えることができました。一度や二度の裏切りなんて長い人生で考えれば大したことはないし世の中にたくさんいる人の中から数人に裏切られたくらいどうでもいいと気楽な考えを持つことが大切です。

その上で勇気を出して一歩を踏み出せば自分の悩みなんて小さなものだったと思えるようになるので頑張ってください。

4.失恋から立ち直る方法「紙とペン」

どれだけ大好きだと思っていた相手でも、些細なことからお互いの歯車がずれて、失恋という結果になる事もあるんです。辛い失恋から早く立ち直ってすっきりしたい。そんな人にすごくオススメの方法があります。

その方法は、紙とペンがあれば、簡単に行うことができます。

失恋した相手との付き合っていたときの状況や、思っていたことなどを細かく紙に書いてみること。大事なのは、その時に自分が彼のことをどう思っていたのかを正直に書くこと。書いているうちに悲しいという気持ちがこみあがってくるなら、ひたすら泣けばいい。そして、書いているうちに彼が思っていたことや、自分自身が思っていたことなどが冷静になって分かってくるのです。

そして、そこから本当は自分がどうしたいのかが不思議と見えてくるのです。失恋することには必ず理由があります。自分がどうしたいかがはっきりと分かれば、そこから動くことができるのです。

私は、この方法で、辛い失恋から立ち直ることができました。

彼といる時間は、すごく楽しい時間で、彼と触れ合っているときにはすごく幸せに感じた時間でした。彼と会えるってだけで、その日1日がすごく楽しく感じ、彼からメールが来るだけですごくうれしい気分になっていました。でも、時がたつにつれて、彼と私の関係性にずれが生じ、お互いに求めていることが違っていたことが分かり、彼から一方的に別れを告げられました。

悲しくて、彼との復縁を考えたことも何度もありました。こんな状態で別れたくないと何度も思いました。

思っていても、彼はもう戻ってはこない。自分も前に進まないといけない。そう思って、自分の気持ちを紙に書いて整理することにしたのです。
書いているうちにペンのインクがなくなりました。それでも、こみ上げる気持ちを、ひたすら紙に書き続けていると、不思議と彼に対する気持ちに整理をつけることができ、すっきりとした気分になったのです。

彼と別れたことはすごく辛いですが、楽しい時間をくれたことに対してはすごく感謝しています。次は、お互いに心の底から大切にしたいと思えるような関係の人と、出会いたいと思っています。

5.「もう恋なんかしない!」大恋愛の彼との別れから立ち直る方法

今まで大好きだった彼はもういない。彼と別れてしまうと、もうこんなに苦しい思いはしたくないと思ってしまうはずです。

自分から別れを告げた、相手から別れを告げられた。どちらにしても気分は喪失感や孤独感でいっぱいになってしまいます。楽しい時間を過ごしていても、”もう彼はいないんだ…”と、別れた現実を受け止めることができずにいるのです。

失恋での苦しみは、「趣味や仕事などに打ち込んで忘れましょう」などといわれていますが、それでもいいと思います。でも、根本の解決にはなりません!

悲しいときは悲しいと自分の気持ちを認めて、気が済むまで思い切り泣いても良いのです。そして、思い切り泣くことによって、少しずつ心が晴れてきます。自分の気持ちに正直になることが、失恋の悲しみを乗り越える一番の近道だと言われています。

私の友人は、失恋をした時に、仕事や好きなことをしたり、友達と遊んだりして、気分を紛らわしていたそうです。何かをしているときや、誰かといるときは、楽しいのですが、独りになると、孤独感や喪失感でいっぱいになったそうです。

そしてある日、友人と一緒に温泉旅行に行ったのですが、失恋した彼氏のことを話してくれました。私は、友人の話を全部聞いていました。すると、友人は突然泣き出したのです。

私が「悲しいときは泣いたらいいよ」と言うと、友人はずっと泣いていて、朝近くまで泣いていました。

「せっかくの温泉旅行だったのにごめんね」と、すごく申し訳なさそうにしていましたが、私自身は、私に心を開いてくれているのかな~なんて少しうれしい気持ちでもありました。

それからは、沢山泣いたからか、彼女は徐々に立ち直っていき、今では新しい彼氏とラブラブです。

失恋から立ち直るには、「別れた」と言う事実を受け入れることが一番の近道なのではないかと思います。事実を受け入れる勇気はなかなか出ないと思いますが、受け入れることができることによって、自分自身もより強くなっていくのではないでしょうか。

6.何度裏切られても好だった彼氏に振られた

恋愛って思い通りに行かないものですよね。相手があるものでその相手の気持ちは生ものですから日々変化していきます。昨日大好きだったのに今日になったら大嫌いになった何てザラに起こる事ですよね。

自分の気持ちもコントロールするのが難しいです、特に恋愛に至っては損得勘定だけで考えられる人も居ますが結構な割合で損得勘定だけではない意味の分からない感情が心を支配してきます。

周りの人からどんなに反対されてもそれでも貫き通してしまう人が沢山いる事は、損得勘定だけでは割り切れない恋愛感情というものがあるからなのです。

いつまでもラブラブで相思相愛のカップルが居ればそれは大変幸せな事ですが、相手が心変わりしたり自分に他に好きな人が出来る事もあります。そんな時、あなたはどうしますか。

すっぱりと諦めて他の恋人を探せる切り替え力のある人は大丈夫ですが、そう簡単に相手を好きだった感情を切り替えられない人も居ると思います。

私も長年付き合っていた彼氏からある時心変わりをしたことを聞きました。物凄くショックで現実がしばらく受け止められなくて気が付けば放心状態でおりました。電話で聞いた話だったのですが、相手の声が途中から聞こえなくなっていてすごく呼びかけている声はたまに聞こえるのですが声が出ないのでした。

今まで、そういう友達の相談に乗っていた事もありました。そんな時、そんな男とはすぐに別れちゃいなよ!浮気なんて最低だしほかにもっといい男がいるよ!って感じで励ましていたのですがいざ自分に災難が降りかかるとそんな気持ちは全くなく、自分でもびっくりする事に他に好きな人が居てもいいから別れたくないなんて事を言ってしまっていました。

とにかく、この人と離れたくない気持ちが凄く強かったのですが、現実的に考えて先の事を考えればそんな裏切りをするような男とは早急に別れるのが一番です。その時の私はそんなアドバイスにも耳を傾ける事が出来ず、またほとぼりが冷めた頃に相手から付き合ってと言われてそれを繰り返すことになり疲れ切って日常生活にも支障が出てしまう程でした。

そんな事を繰り返していると人間不信になりますし、疑心暗鬼にもなります。誠実な男性が沢山世の中にはいるのですが、周囲が見えなくなってしまう状態になっていました。

その時に、相手ときっぱり別れるのは身を引きちぎられるような痛みを伴いますが必ず時間とともに傷はいえていきます。是非、そんな相手とはきっぱりと別れる事をお勧めします。

7.リバウンド恋愛は避けよう!

リバウンド恋愛という言葉をご存知でしょうか?

彼氏と別れた直後にとりやすい行動で、何かと無茶なことを巻き起こすのです。

身のまわりに1人くらいは必ずいる、リバウンド恋愛をしやすい女性の特徴と、行動パターンについて検証してみます。

1.合コン三昧の生活になる

彼氏を失ったショックから、次なる恋へと勢いよく進もうとします。

毎日のように合コンや街コンの予定を入れて、他の男性と会話をすることで心を埋めようとするのです。これは一時的なシェルターのようなもので、元カレの事を考えない時間を作りたいだけです。なので、結局、新しい彼氏ができるどころか、何かと比べては不安定になる結果に終わります。

2.親密度が高いほどリバウンドする

リバウンドを起こしやすい状況は、元カレとの親密度によって変わります。

長期間付き合っていたとか、同棲していたなど、元カレに尽くした時間や労力が強いほど、リバウンドしやすいのです。努力してきたことが、全て終わってしまったと失望して、ヤケを起こすことが多くなります。

逆に、短期間でそれほど親密でなければ、別れた後もリバウンドを起こさず、やみくもに行動を起こすことはありません。

3.復縁することで頭が一杯になる

別れてからすぐ、復縁しようと考えやすいのが特徴です。

元カレのことばかり考えて冷静になれず、何とかして事態を元も戻そうと躍起になるのです。復縁という言葉に縋りつき、ハウツーを調べては、テクニックを駆使しようと考えます。しかし、好きだから復縁したいのではなく、自分の寂しさを埋めるために元サヤを希望しているので、成功する確率は低くなります。

あなた自身、もしくはあなたの身のまわりで、彼氏と別れても、すぐに新しい彼氏ができる人はいませんか?

モテモテでスゴイな・・と感じるくらいでしょうが、実際はリバウンド恋愛を続けている可能性が高いのです。この行動を治めるためには、引きずっている彼氏との関係を整理する必要があり、想像以上に難しいものだと考えておいたほうが良いです。

ご紹介した特徴が当てはまっていないかどうか、ぜひ自分で再確認してみてください。

8.失恋した後はなかなか立ち直ることが出来ない人へ、立ち直る方法

「失恋した後はなかなか立ち直ることが出来ない」と悩んでいる人は闇雲に落ち込んで引きずるのではなく、段階を経て立ち直っていきましょう。

まず基本的な気持ちのスタンスとして、恋には必ず終わりが来るということを理解しておきましょう。付き合った当初はどんなにラブラブでも、そのうちマンネリしてしまったり、喧嘩をしてしまったり、他の人のことが好きになってしまったりと何らか形で終わりは必ず来るので、我慢してダラダラと付き合わなくてよかった、と前向きに切り替えることが大事です。

①気持ちを発散させる

ここで切り替えれる人でしたら自分で立ち直れるのですが、頭で思っていても現実はなかなかそうはいかないものですので、そんな時はまず最初に、思いっきり感情を出しましょう。

昔を思い出して怒ったり、泣いたりしてまずは心の中にある感情を吐き出し、スッキリすることが大事です。

頭がスッキリしたあとは運動して身体もリフレッシュさせてあげましょう。身体を動かすことは良い気分転換にもなりますし、体調も良くしてくれて余分なことも考えなくて済みます。

また女の友達がいる人でしたら、その友達を呼んで、お酒を飲んだりカラオケに行ったりして大いにはしゃぎ、なんだったら元彼の愚痴も聞いてもらって下さい。

②上手くいかなかった原因を知る

次は、2人の関係が何故終わってしまったのか、彼氏の悪かったところ、何らかの原因など上手くいかなかった理由を紙に書き出してみましょう。

あとで読み返して見ると、次に同じ失敗をしなくなりますし、何で別れてしまったのか理解することが出来ます。

ある程度過去と向き合えて余裕が出来たら、身だしなみやオシャレなど自分磨きをしていきます。彼氏がいないからとジャージやスウェットを着て髪の毛もボサボサの状態だと、いつまで経っても次の恋にはいけませんので、自分を磨いて少しでも自分に自信を持つようにしましょう。

過去を精算して、自信も持てたら次は、新しい趣味や新しい場所へと出かけて行くようにします。

料理教室に行ったり、ジョギングサークルに入ったりと、何でもいいので今までやっと事のない分野に行けるとベストです。そうした充実した毎日を送っていると、自然と新しい恋に出会えることでしょう。

9.私の辛い失恋から立ち直った3つの方法

付き合いが長ければ長いほど、別れの時はつらいものです。自分が振った場合なら自分が決めたことですし、傷も浅いかと思われますが、振られた場合は、自分にとっては本当に突然すぎて、まさに青天の霹靂といった感じです。明日から何を支えに生きていけばいいかすらわからなくなってしまいがちです。

そんな失恋から立ち直るためにはどうすればいいか?誰もが考えることだと思いますし、頭でわかっていても心がそれを許してくれないものです。そのうえで、私が大恋愛の末、失恋した時になんとか復活できた方法をお教えします。

まず、相手のことを恨まない事です。たとえばそれが、相手に浮気相手がいて、その人と今後つきあっていく事にしたなどというひどい結果だったとしてもです。別にきれいごとで言っているわけではなく、相手を恨むという事は、いつまでもその相手が心に残り続けるという事にほかなりません。復活するためには、振られた相手の事をいちはやく忘れるのが何よりの特効薬となります。

次に、しばらくのうちは、極力一人にならない事です。家族でも友人でも誰でも構いません。そばにいてくれる誰かと一緒に過ごす時間を増やします。一人になってしまうと、どうしたって考え込んでしまいます。考えれば考えるほど、どんどん思考がネガティブになっていきます。特に失恋の直後などは、一人でポジティブに過ごす事のほうがはるかに難しいので、自分側にたってくれる誰かと一緒にいて、一人にならない事も大事です。

最後に、時間を忘れて没頭できる何かを探して下さい。失恋後はそんなアクティブになれないという気持ちは痛いほどわかりますが、そこをぐっとこらえ、とにかく自分に合った趣味を探してみましょう。もともとある趣味なら、その趣味をさらに掘り下げてみましょう。私の場合はゲームやプラモデルでした。一人の時間はとにかくその二つの趣味に没頭し続けました。失恋の事を考える隙を自分に与えないくらいにやり続けるのです。

私が失恋から立ち直った方法は、以上の三点です。気が付けばその傷は完全ではありませんが癒えてきています。

8.30代女性の失恋から立ち直る方法

みなさんの恋愛はどのタイプですか?

お友達から徐々に好きになっていく人もいるし、嫌いだった人が意外に優しかったりしてギャップを感じて好きになる人もいるし、一目惚れから恋愛が始まる人も居るでしょう。

私はお友達から徐々に信頼を感じて好きになっていくタイプなのですが、一度だけ一目惚れをしたことがあり、長年お付き合いしたため失恋したときは身も心もボロボロになった経験があります。

10代から20代の一番いい時期を彼に費やしていたため失恋したときはアラサーで、もう出会いは無いかも…と思っていました。その後、職場で出会いがありとんとん拍子で結婚に至ったのですが、アラサーの私が新しい出会いを受け入れるまでに立ち直った方法をお伝えします。

元彼を見返すために綺麗になるぞ~、とよく聞くのですがアラサーの私はそんな体力はなく、出来ることから始めることにしました。

まずは仕事です。

独り身なので残業や接待で遅くなっても全然気にならないし、疲れて休日が潰れてしまっても何のために働いているの、とはなりませんでした。なぜならやればやるだけ自分への評価につながるからです。

そんな毎日を淡々とこなしているうちに、自分のために何かした事ってそういえば少ないなと気づいたんです。例えば仕事が終わったら彼とディナーだ!とか、休日は彼とデートだ!とか、お給料の使い道に関しても自分のためだけに使った事ってあまりないな、と気づきました。

そうしたら一人の時間を少しずつ楽しめるようになって来たのです。一人で飲食店にも入れなかった私が一人で食事したり、映画を見て感動したり…一人の楽しみ方もたくさんあるのです。

そうしているうちに心の傷も癒え、美容室に行ったり、休日はネイルをしてみたりストレッチをしたり、磨きをかける程ではありませんが楽しめる範囲でやれるようになってきました。

きっと、失恋して吹っ切れない人って相手のために色々やってきた人で自分より相手の事を第一に考えている人なんじゃないかな、と思います。

ですから、まず自分を好きになって自分のために何かをしてみましょう。自分のために何かが出来る芯のある人はやっぱりアラサーでも、アラフォーでも年齢関係なく輝いて見えますよね。