【彼氏彼女がイケメン、可愛くて不安】人気者でモテる恋人に嫉妬

彼女よ恋

「彼氏がかっこ良くてイケメン」

「彼女が可愛くてモテる」

異性の友達が多く、誰にでも優しく接する人気者の恋人を持つことで生まれる悩みがあります。

それは

“嫉妬”

嫉妬をしても、何も良いことは起きないと分かっていても、自然と抱いてしまう嫉妬心。

その嫉妬心が増していき、自分でもどうにかなりそうな程に不安で

「もう嫌だー!!」

・・・本当にやっかいな問題ですよね。

ここでは実際に人気者の恋人を持ったことのある経験者の体験談とアドバイスを紹介します。

1.彼女が男から人気で嫉妬してしまう悩み

誰もが羨む彼女ができるのは嬉しいことですが、同時にやたらと男に声をかけられるのは心配でもありますよね。つい嫉妬してしまったり、浮気を疑ってしまったりしてしまうこともあると思います。そうした悩みを持っている人は、以下のアドバイスを参考にするといいですよ。

彼女が異性受けがいいという現実は、素直に受け入れるしかありません。そして、そんな彼女と恋人になれた自分を誇りに思うことが大切です。
やたらと自分を卑下する人がいますが、お付き合いをしている間柄では今更それは止めましょう。

もし自分より素敵な人が表れたらそちらに浮気するのではないか、という心配をする気持ちはわかります。しかしそれをいつまでもクヨクヨ、ギスギスしているよりは、俺がいるんだから他の男じゃ満足できないだろうくらいに大きな気持ちを持っている方がいいです。嫉妬に一度悩みだすと不思議なもので、どんどん悪い方向に考えてしまいます。

彼女が遊びに行くと言っても、もしかしたら男と遊ぶのだろうかとか、浮気の前兆ではないのかとか考えるのはつらいですよね。もし不安だったとしたら、自分がいかに彼女のことを大切にしているか、心配に思っているかを直接話してあげるようにしましょう。

私の彼氏もそうした悩みを持っていた時期があったそうです。そのことを聞かされた時はビックリしましたが、同時にとても嬉しかったです。
そして、私を思ってくれている彼のことがもっと好きになりましたね。

彼から悩みを打ち明けられた後にも他の男性から何度もアプローチされたことがありましたが、いずれも彼の魅力には叶いませんでした。彼女がモテて妬いてしまうと一口に言っても、心の中で思いを溜め込んでいるか、口に出すかで、心持ちは全く変わってきます。

どうせなら明るい気持ちでいた方が楽しいですし、交際も円滑にいくでしょう。なので彼女が男からモテて妬く、不安になるという悩みを持っている人は、上記のアドバイスを試してみるといいですよ。

2.人気のある人と付き合うと嫉妬して辛い

恋愛に関して特に女の子ってある程度似たような男の人に集まる感じがありますよね?

イケメンだとか優しいとかマメに連絡くれる等、似たような人を好きになる傾向があります。学生時代に私もその一員となり、その人気の人がとてつもなく好きになってしまったのです。実際私もそういう人が好きになって告白をして、その男性はOKしてくれました。

しかしそこからが地獄だったのです。

学生時代のことなのですが、学科柄男女比が1:9なのでクラスの女子にモテまくる上、他の男の人にこれを言うと申し訳ないですが、その人気の人以外は女性にモテそうではない感じの人ばかりでした・・・そのため周りに女の子がその人を放っておかないのです。しかも元々女友達が多いことも後々知ったので、学校でもプライベートでも嫉妬の心にさいなまれました。しかもその時が初めて付き合った男性だったので尚更でした。会いたくて会いたくて震えるではないですが、束縛するのは悪いことなのは分かっていても安心できないのです。でも他の女性と実際二人っきりで出かける事も結構あって(しかもそのほかの女性は同じグループの人)、でも好きで・・・というループをしていました。

とにかく毎日が嫉妬の嵐でもう毎日辛かったです。周りの女性が敵に見えたり、今じゃ考えられないですがもう黒歴史のようなことばかりでした。ですが結局別れて、今私は自分の好きなことに打ち込んでいたり、趣味を仕事にして毎日が充実しています。

まずアドバイスとして自分から告白するということはある意味弱みを握られるのと同意義なので相手から好きだと言わせるような女性になりましょう。あとよく言われますが、簡単に手に入るものに価値を感じないというとこなので”軽すぎる、都合のいい女性は卒業しましょう”。実際私も尽くし過ぎた記憶があります。

また、自分自身を磨いて価値観の合う人を探すのもありですね。若ければ若いほど可能性はあるのですから、自分自身が好きになれる自分になれればきっと相手も好きになれると思うので追いかけたくなる女性を目指した方がいいと思います。

3.自分の彼氏がイケメンだと思い込み、周りにも嫉妬深いと友人まで失うかもしれません。

恋をしたり彼氏が出来ると異様に嫉妬深くなる友人の話をします。

恋をしたり誰かと付き合う事自体は、とても良い事だと思うのですが私の友人は昼ドラとかに出てきそうな感じの嫉妬をする人でした。私と友人は仕事場の同期で仲が良く、一緒に遊んだりしていました。そして友人に年下の彼氏が出来てから何だかおかしくなってきました。

私に「彼氏を紹介したいから今度一緒に遊ぼう」と友人が誘ってきてくれたので「いいよ~」と私は返事をしておきました。友人が「イケメンだから~」と自慢している彼氏の顔を拝むのを楽しみにしていたのですが、当日突然「やっぱり今日は無理」と連絡がきたのです。

体調が悪いとか、そういう訳ではなかったようで何か都合が悪くなったのかな?程度に思っていました。その後も何回か「彼氏に会わせる」と言っては当日や待ち合わせの時間直前に「やっぱ無理」と言ってきて結局彼氏には会えずじまいでした。

そんな事が何回かあったので友人に「なかなか彼氏さん見れないね~」と言ったら、友人は突然キレて「○○には絶対合わせないからね!私の彼氏イケメンだから狙ってるんでしょ!!」と言ってきました。

・・・”いえ、私彼氏いますから”と言いたくなりしたが友人は、それ所ではなく「何回も彼氏見せてって言ってさ~!絶対狙ってるんでしょ?」と畳みかけてきます。

“いや、イケメンだから見せたいと自慢していて誘ってきたのはアナタの方でしょう?”とツッコミを入れたくなりましたがキレた人間には何を言っても無駄なので友人が収まるまで大人しく聞いていてあげました。

結局、自分の彼氏がモテていて、他の女の子が寄ってくるので嫉妬のあまり私にもキレたらしいのですが、写真を見せてもらった所、そこまでイケメンではありませんでした(笑)多分、友人が嫉妬しすぎて彼氏の周りにいる女性が全員彼氏の事を狙っている・・・と思い込んでいたんだろうな~と思いました。

自分が思う程彼氏ってモテないと思うのですよ。嫉妬深くなり過ぎると彼氏もですが大事な友人も無くす可能性がありますから自分は大丈夫か?一度冷静になってみる事をお勧めします。

4.モテる男性との恋愛は相手に飽きられないことが大事

女性であれば、一度はイケメンで性格も良い、そんな男性とお付き合いしてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

まだ私が10代後半の頃の恋愛経験なのですが、当時出会った彼は3つ年上の男性でした。

学生だった私と比べて、彼は社会人として駆け出しのころで、一生懸命に仕事に取り組む姿勢に、私にとっては新鮮に映りました。そんな彼は、いわゆるモテる男性でした。高身長、顔もスタイルも良しで、一緒に歩いていると通り過ぎる人が男女問わずに彼のことを見ていることが度々あるくらいです。性格はどちらかというと俺様でした。付き合っていたころはこちらの手荷物を持ってくれたりとレディファースト的な部分もありましたが、基本は俺についてこいという感じでした。

そんなモテる彼と付き合って大変だったことは、いかに自分のことを好きでい続けてもらうかでした。

モテる彼は私と別れても次の相手に困ることはないです。私は飽きられないでずっと好きでいてもらおうと考えてばかりいました。メイクやファッションはいつも気を抜かずに、仕事の邪魔にならないように会う日はなるべく彼に会わせたりと、一人でがんばっていたように思います。今思えばその頑張りがうまくいかなくなった原因ではないかと感じています。

相手がモテるからといって、飽きられない女でいるように、何でも彼のためにと気を使ったり、常に気を張りすぎていると逆に相手には負担になってしまうのです。そのため飽きられない方法を間違えてしまうとダメなのです。

ときには気を抜いたメイクやファッション、ときには相手のことを考えすぎずに、自分本位な意見や要望を言ってもいいんです。むしろモテる男子が惚れた自分ということを誇らしく思って堂々としていることが大事だと思います。自由気ままな方がモテる男性は飽きません。変に遠慮することはないです。

結果的に私は当時のモテる男性とは数か月で破局しましたが、良い教訓になりました。彼以降の恋愛では相手がどんな男子であろうと、私は自由奔放です。

5.モテる芸術系アーティスト彼氏との付き合い方

モテる芸術系のアーティストとの付き合い方は、「割り切れるかどうか」が大事です!

私自身の経験ですが、決して外見はジャニーズタレント系でもなければ、今流行りのさわやか系イケメンでもない、芸術系アーティストの男性と付き合ったことがあるのですが、何といってもモテる…モテまくるのです!それは礼儀正しくて、真摯な対応ができて、仕事もできて、目上の人にかわいがられて、芸術の才能もある。そしてなぜかわからないけど色気もありました。

そんな人に一目ぼれしてしたため、本人に直接ではないにしろ、バレンタインデーに贈り物をして手紙で告白して、付き合うことになりました。ただ、この人は、モテまくるのでたくさんの人から告白もされていたでしょうし、後日談として、私以外に6年と3年付き合っている彼女がいると分かり、かなり驚きました。モテる芸術系アーティストはわりと全国的に活動もしているため、都心だけでなく各地の地方にも行っています。もしかしたら全国都道府県で彼女がいるなんてこともあるかもしれません。

そんなモテる芸術系アーティストと付き合うにはどうしたらいいかというと、とにかく普通の女じゃだめだということです。

ちゃんと芯があって、男に依存しなくても生きていけるくらいのしっかり者の女性であること、さらに他に付き合っている人がいるとわかってもおおらかでいられること、割り切れること、さらにオプションとして、そのモテる男性を引き付けるだけの魅力がある、モテる女子であることなどがあげられます。

一人でも自立してて(=依存しない)、なおかつ割り切って付き合えることが最低条件になるでしょう。ただ、はっきり言って結婚には向きません。こういうモテる系芸術アーティストとは割り切って、付き合うほうが楽しいのではないかと思います。

こういった人と結婚するのはそれこそ大変だと思います。なのでアドバイスとしては、付き合うだけ、恋愛だけでとどめておくことが良いと私は思います。

6.モテる彼氏に近づく女性に嫉妬して怒ってばかりな悩みの解決法

私は本当に好きな人ができたときに恋ってこんなに辛いんだという経験をしました。それまで恋愛ってもっと楽しくてホワホワしたものだと思っていたのです。しかし、本気で好きな人に対してはそんな柔らかいものではないと知りました。

私が当時付き合っていた男性はクラスでとてもモテる人でした。クラスで男性人気を調べたら必ずトップ3に入るようなモテる人だったのです。それだけに彼の周りには女性が良く近寄ってきていて、仲良くしゃべっていました。私はそれを見る度に胸がざわざわして、とても恨めしく思うようになりました。

彼がちょっとでも女性としゃべったら、眉間にしわが寄りました。そして彼と二人切りになったときに思わず「嫌だ!」と言ってしまうのです。私が彼と女性がしゃべる度に目くじらを立てていたら彼はいつの間にか困り果て、やがて私と距離をおくようになっていました。

多分私があまりに嫉妬深かった事が彼の負担になったのです。

私は彼があまりにモテるので、女性といる時に気が気じゃなくて、いつも彼の女性を追い払ったり、きつく当たるようなことをしてしまったのです。そのせいでどんどん彼との距離が開いて行って、一時は呆れられて別れる寸前まで行っていました。

けれど私はそこで何とか持ち直しましたね。嫉妬深さのせいで、私は自分がいつの間にかきつい顔ばかりしていることに気が付きました。彼と話す時にあまりに心配でイライラしたり、怒っているところばかりなのに気がついたのです。このままじゃだめだと思った私は心機一転しましたね。彼に近づく女性を排除するのではなく、もっと自分磨きをして、もっと可愛げがある嫉妬深さを身に着けるようにしました

前は嫉妬したらつい怒りで声を荒げていたりしたのですが、その姿は客観的に見てかなりドン引きだと思ったのです。だから代わりにもっと可愛げがある嫉妬深さに変換しました。

彼の前で「この子と仲良くしすぎて寂しい」とか「嫉妬しちゃった」とかそういう素直な発言を取り入れていったのです。それを言うようになったら彼の対応も優しくなったし、私のことを少し理解してくれるようになりました。

やっぱり女性は「可愛げがある」人がモテるのです。私は嫉妬深さはなるべく可愛げがある感じに表に出すようにしましたね。そして自分に自身が着くようになるべく容姿を磨きました。そしたら段々自信がついて、あまり嫉妬をしなくなりました。嫉妬で辛い時はこういう努力が大事だと思います。

7.可愛い彼女に常に嫉妬し続けた結果「自分がノイローゼになった」

以前付き合っていた彼女の話になります。私が大学時代にSNSを通じて知り合った1人の女性がいます。当時彼女は前彼と喧嘩別れした後でした。

最初は、たわいもない世間話や、元カレとの喧嘩別れ話などで盛り上がりました。偶然にも歳が同じという事もあり初日から電話だけではありますが仲良くなりました。次の日また次の日と気付けば毎日を電話する仲になってしまい、いつしか気付けば彼女に恋してしまってました。

顔も見たことない想像だけで期待が膨らむ感情に毎日モヤモヤしていました。ちょうど夏休み前中という事もあり、会う機会がやってきました。待ち合わせは駅前でドラマ気分。声しかわからないし、ほんとに来るんか? 待ち合わせ時間になっても姿はみえない。来ないのかと諦めていたら
遂に到着!第一印象は疑う程の美人でした。俺にこんな子は不釣り合いだなと相手にされる事はないなと思うと嬉しいような悲しいような複雑な気分にさせられた。

初日は食事をして海へドライブへ行った。気持ちだけが高まりいざ告白を決意した。結果はオッケーをもらい付き合う事になった。

彼女の仕事は百貨店の店員で広告モデルになるような美貌を持つ自慢の彼女だ。彼女といるとすれ違い様に振り返るような感じで、気分が良かった。

だが、それは最初だけでやがてその優越感が嫉妬に変わる。他の店員と話す事は仕事柄あるのだかその姿をみると彼女に追求してしまう。『なぜ男と話す?』とまだこの段階は良かったが、そのうち私の行動がエスカレートする。

仕事の連絡が彼女の携帯にくるのだか内容が気になる。彼女が家に遊びに来た時はトイレや風呂に入ってる時に内緒で携帯をみてしまっているじぶんがいた。だがこれでは終わらない。女の子と買い物に行くと言われても相手が本当に女の子か心配してストーカー行為に出る。待ち合わせ場所へ先回りして確認し、帰りは最寄り駅で待ち構える。そんな自分にやがて疲れが出て、ノイローゼになりました。

信用してないわけではないが気付けば好きすぎて彼氏なのにストーカーをしていた。彼女はその行為を知らない。

結果その行為が5年以上続き疲れはてて別れました。あまりにも自分勝手な行為と結末です。結婚してたらおそらくもっと酷くなっていたかも知れません。私は今回の件でかなり独占欲が強く恋愛とか一生できないのかと思っていました。

そんな私も今は二人の子供を持つパパです。過去の経験を活かし妻と仲良くしてます。

ストーカーはしてませんよ(笑)

8.嫉妬心を抑えるには「自分磨き」

人によっては嫉妬深い人っていますよね。恋人ができたらどうしてもその恋人の周囲が気になってしまって、いちいち気にしてしまうのです。

私もそうでした。私も嫉妬に狂って小さなことでイライラして、相手を何度も困らせました。そして一時期はこのせいで別れの危機も訪れたのです。

そんな私のような嫉妬深い女性が別れの危機を回避した出来事をご紹介します。みなさんも嫉妬に狂ってしまった時はこのようにして嫉妬心を緩和してください。

まず結論から言いますが、嫉妬に狂って恋人を困らせてしまった場合の対処法は、心にゆとりを持てるくらいに自分を磨くことです。

実は嫉妬深い人って自分に自信がない人なんですよね。自信がないから彼が他の女性といい感じになってしまうのではないかと不安になったり、彼が自分に飽きてしまうのではないかと不安になったりします。すべて自分への自信の無さが招いた余裕のなさが嫉妬に表れてくるのです。

私は一度嫉妬に狂って、彼の交友関係に口出ししたり、誰かと出かけるときは逐一報告を求めたりとものすごく束縛してしまいました。そのせいで彼に呆れられてしまって、別れそうになったのです。そんな自分が嫌で嫌で、変わりたいと思いました。そんな時に私がしたのは「自分磨き」だったのです。

私は自分の見た目をなるべく小奇麗にしたり、メイクを練習したり、おしゃれに気を使ったりして、外見を磨きあげていきました。そしたら他の男性からもちょっかいをかけられるようになって、ドンドン自信がついていきました。私がモテるようになると彼の方も今まで少しもしてくれなかった嫉妬をしてくれるようになって、嬉しくなりました。立場が逆転したのです。

自分磨きを集中してやっていると彼のことに逐一目を光らせることが減らせるし、磨いた結果男性受けがよくなると、彼氏に嫉妬してもらえます。こうすることで嫉妬に狂った自分の姿を見せなくて済むのです。こういうところに力を入れると、嫉妬に狂う場面が減っておすすめです。

私はこの方法で彼の注目を惹きつけることに成功して別れずに済みました。こういう努力が行きすぎた嫉妬悩みを改善してくれました。

8.モテる彼を好きになり振り回されている時

好きになった男性がいわゆるモテ男だった場合、恋愛を始めることが困難であることが多くあります。

人間的にも魅力がある人なので、彼の周りには女性の友達が多いし、自分も友達としての立場までがいっているけれど、なかなかそれ以上には進めずに辛い…と悩んでしまうのです。

誰が見てもモテる男性の場合、いくら性格の良い男性であっても、自分がモテているという事には気づいているので、周りからちやほやされることに慣れています。

つまり、彼の周りにいる女性と同じようなテンションでアピールしても効果が薄く、大勢の中の一人としてしか認識されないのです。

そして追いかけられることが日常茶飯事なので、追いかける恋愛をしているといつまでたっても前に進めません。

しかし、彼をモテる男だと意識している時点で彼は自分よりも上の存在だと思っているので、そんなつもりはなくても気持ちが焦ってしまい、いつの間にか彼を追いかけてしまっているのです。

女性に追いかけられることに慣れている彼からすれば、自分に言い寄ってくる女性ほど下の存在に見えてしまい、益々恋愛対象外になってしまいます。

ではどうすれば彼の気持ちをこちらに向けることができるのか?と言いますと、周りの女性が気遣って言わないようなことを指摘したり、女性目線ではなく彼の周りにいる男性のノリで近づくと一歩前に出ることができるのです

私の経験談ですが、漫画のようにモテるサークルの先輩が居て、好きになってしまいました。

最初は周りの取り巻きの女性と同じように追いかけていたのですが。もっと自分を認識してもらいたいと思い、敢えて先輩の性格について一言「先輩って結構言い方きついですよね~」と指摘したのです。

周りの女性は「え?」っというような感じでしたけれど、言われた先輩は笑いながら「やっぱりそうか~」と私の背中を軽く叩きながら突っ込んできてくれました。

そこからこの女の子は面白い!と認識してもらうようになり、周りの男友達に加わって一緒に遊ぶようになったのです。

三か月後には先輩から「付き合ってみよう!」とちょっとノリもありますが告白されましたよ。

関連記事:

【彼氏や彼女と仲の良い女友達や男友達に嫉妬】嫉妬心や不安の対処方法

【彼氏,彼女の過去の恋愛が気になる】元カレ,元カノへの嫉妬,ヤキモチ,不安をなくす方法

彼女の行動が気になる、把握したいなどの束縛や嫉妬は別れの原因になるので注意

【彼氏の事が好きすぎる】彼氏中心の生活に依存し、優先し、重い女になった結果

彼氏、彼女に夢中!恋人のことで頭がいっぱいな時に読んでほしい体験談