【彼氏,彼女との性格や価値観の違い】合わない恋人と別れる?我慢?話し合う?

彼女よ恋

付き合った当初はそうでもないですが、付き合いが長くなるにつれて発生する重大な問題の一つが、

「価値観の違い、考えの違い、性格の違い」

です。

お互い気を使わなくなり、素の性格や生活習慣が見えてきたときに発生する問題です。

“彼氏や彼女の〇〇〇なところが嫌だ。直してほしい”

と感じている方はいるかと思います。

そのように価値観や性格の違いという難しい問題にぶつかったとき、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

ここでは実際に価値観や性格の違いで恋人と揉めた経験のある人たちの体験談とアドバイスをご紹介します。

現在、彼氏や彼女と価値観や性格の違いで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

1.彼氏と一つだけの価値観の違いで話し合った結果

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e4%be%a1%e5%80%a4%e8%a6%b3

私が結婚相手に望む絶対条件として、「問題が起きても、何があっても、二人でちゃんと向き合って話し合える人」というのがありました。

彼とは最初ずっとうまくいっていて、特に気になることは何もありませんでした。

「一緒にいて、ただただ楽しかった。」

でも、彼と親しくなっていって、お互いの家族にも紹介したりしてから、少しずつ気になることが出てきました。

例えば、彼が私の家に遊びに来て、私の両親と四人で食事をしている時、彼はよく一人下を向いて誰かとメールしていたんです。そうすると、せっかく四人で食事をしていても、会話をしているのは三人だけ。それは、私が彼の家に行った時も大体同じで、彼は、私や家族といる時間をあまり大切に思っていないんじゃないだろうかとか、大切な人とコミュニケーションを取りたいと別に思わない人なのかもしれないと思い始め、心配になってきました。それで、親しい先輩に相談することにしたんです。

先輩がはっきり言ってくれたのは、そういう気になる部分は、絶対無視しない方が良いということ。特に結婚を考えているんだったら、価値観が合うことは大切だし、今気になることは今解決した方が良いと言ってくれました。解決の方法は、彼ときちんと向き合って問題について話すこと。

私は、彼の本当の気持ちを知るのがなんだか怖くて、彼とそういう話をしたことはなかったけれど、そもそも自分は何でも話し合える人と一緒になりたいのだから、自分もそういう人にならなければ、と思って先輩のアドバイスしてくれた通りに、勇気を出して彼と話し合ってみることにしました。

何度か話し合いの機会を作ってもらったけれど、最終的に彼はやっぱり違うなと思って、分かれることにしました。でもそれで良かったと思っています。あのままズルズル付き合っても、不安が募るばかりだったから。こうやってちゃんと向き合って話し合えば、相手が自分とぴったり合う人かどうかわかるんだって、勉強になりました。

2.社交的な彼女との価値観の違いで話し合った結果

%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e4%be%a1%e5%80%a4%e8%a6%b3

付き合いはじめの当初はお互い気を遣っているため、気付かないかもしれないが、歳月が経つにつれ遠慮というものがなくなり、お互いの見えなかった部分が見えてきたりします。

そうすると付き合うまでは気付かなかったが、その見えなかった部分が自分とは合わないということが起こり価値観の違いが生まれます。価値観の違いは受け入れられれば良いですが、価値観の違いが受け入れられなければ別れにも発展しますので重要なことだと思います。

私はインドアで大人しく、当時付き合っていた彼女はアウトドアで活発な人でした。一緒に家にいてゆっくりする日は問題ありませんでしたが、友人大勢で集まって遊ぼうとなる時は喧嘩になることが多かったです。なぜなら、友人大勢で集まった時に私は騒ぐのが得意でなく、当時付き合っていた彼女からすればそれが社交的でない風に見えていたらしく、もっと愛想良くしてほしいと言われたいたからです。

私自身は愛想を良くしているつもりですから、納得がいかず彼女と衝突することが多かったです。それ以外にも彼女は他の男友達で遊ぶことが多かったので、八方美人すぎる所に私は少し納得いってませんでした。

価値観の違いですから話し合って解決するしかありません。

ただ話し合っても喧嘩になって終わるので、ルールを作るように話し合うのが効果的でした。

例えば、私の場合友人大勢で一緒に遊ぶ場合一歩引く時が多いので、それをなくします。なくすといっても完全になくすことはできません。ただ、盛り上がる時にもう少し演技でも良いから三割増しで一緒に盛り上がるといったそんなルールです。

私は彼女に提示したルールは男友達と遊んできても良いけど、一線を超えないようにするということでした。ルールにしなくても一線を越えれば浮気というものになるので、私から彼女に提示したのはルールというより当たり前のことかもしれません。

価値観の違いはお互い納得いかなければ別れるしかありません。ですがお互い受け入れられれば問題ないわけです。部分的に理解できない価値観があっても話しあえば、もっと深い関係に私はつながっていくと思います。

3.価値観の違いは受け入れることも大切

%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%a8%e9%81%95%e3%81%86

私は20代前半の頃に4年間付き合った女性がいました。大学の同級生でとても可愛らしい女性でした。片思い期間が1年程ありましたが、努力の末にカップルになることが出来たのです。

しかし付き合ってみると、友人の頃とは違い、知らなかった部分も多く出てきて、喧嘩をするようになりました。それも些細なことでの喧嘩が多かったです。何度も話し合いをしたり、ルールを決めたりしましたが、あまり効果はありませんでした。

しかしお互いに好きという気持ちは変わらず、結果的には4年間も付き合いました。最初の頃は順調で、不安になったりすることもありませんでしたが、交際二年目から同棲を始め、お互いの距離が近くなった分、その前に比べると喧嘩の回数は増えていくばかりでした。

でも今思えば、本当にあの頃は子供だったなと思います。

喧嘩をして自分の想いを伝えてみたり、価値観を理解してもらおうとしたり、大きな喧嘩の時には必要なことですが、些細な喧嘩の時にもそのようにしていたら、やっぱり疲れますよね。

「価値観は理解するものではなく、受け入れるもの」

そんな言葉を当時の私が理解できていたら、おそらく喧嘩はなくなっていたでしょう。

育った場所も、環境も、性別も違うのだから価値観がまったく同じということはありえません。価値観というのは合わせるのではなく、受け入れるものだと思います。

価値観が合わなくて喧嘩が多いと嘆いている人を多く見かけますが、そのような悩みをお持ちの方は、自分の意識と考え方を上記のように少し変えてみてください。スーッと楽になるはずです。

「喧嘩するほど仲がいい」こんな言葉があるように、喧嘩の多いカップルはお互いのことを想いすぎて喧嘩をしてしまうがゆえに喧嘩になるのだと思います。ただ、価値観は無理に合わそうとせずに、相手の良いところも悪いところも受け入れていけるとより良い関係が築けるでしょう。何事もポジティブに考えればいいですよ。

4.価値観の違いは、分かち合うことができなくても話し合いが大切!次のステージへ進める

人はそれぞれ違う考えを持っていて、それがまるっきりすべて一致する他人と出会うなんてことは難しいことです。長く付き合っていく上で彼や彼女との価値観の違いに気づく場面が出てくると思います。

例えば、食事のマナーやお金の使い方。事によってはその価値観の違いから別れてしまうカップルも多いです。

私の場合は、社内恋愛だったので仕事のことでの価値観の違いが出てしまい、当時は喧嘩することも多々ありました。しかし、凄く彼のことが好きだったのでそのことで彼を諦めることはできませんでした。

また彼も同じ気持ちでした。そこで私たちはその価値観の違いをお互いとことん話し合い、2人で解決することにしました。譲れるところは譲り、譲れないところはその理由を明確に相手に伝え、2人の納得できるところを見つけたのです。

その話し合いですべての価値観が合ったわけではありません。

もちろんこれから先も色々なことで意見が分かれたりすることもあると思います。しかし、その話し合うということが付き合っていく上でのステップアップになりました。お互いを知ることができ、喧嘩をしても相手を大事に想う気持ちは変わらないということに気付けたのです。

私は彼と付き合うまでは真剣な付き合いをしたことがなく、価値観の違いは致命的な別れの原因だと考えていて、実際に長く人と付き合うことができませんでした。安易に気持ちが足りなかったのもありますが、私は言い争うのが面倒で避けてきただけなんです。

どんなに仲のいいカップルや夫婦でも2人の違いは必ずあるものです。しかしお互い尊重しあえる仲であれば価値観の違いはそんなに大きな問題ではありません。私のように喧嘩してでもお互いを分かち合う必要がない方たちも、もちろん多くいると思います。ただ相手との違いを受け入れればいいのです。

もし、その違いが受け入れれない場合は話し合うこと、ただそれだけです。価値観の違いで悩んでる方は一度相手とじっくりそのことを話し合ってみて下さい。

5.時間に対する価値観が違う彼にビックリ!

恋人と親しくなってくると、価値観の壁にぶつかりますね。付き合い始めは、ある程度我慢できても、長く付き合うには、価値観の違いをどのように埋め合わせるのかが大切になってきます。

私は彼とは、「時間に対する価値観」が大きく違いました。

待つことが嫌いな彼は、待ち合わせの時間には、もうそこにいませんでした。その頃の私は、人と待ち合わせると、数分は遅れることが普通でしたが、まさか数分で帰ってしまったと思わなかった私は、「まだかなぁ」と思い待っていました。来ないので連絡してみると「電車に乗って帰宅中」や「もう会うのはやめよう」と怒っていました。

はじめ、どうして怒るのかわからなかったのですが、「待ち合わせの時間の5分前には来て、5分も待っていたから、もう来ないと思った」そうです。

これまで付き合った友達には、そんなにシビアな考え方をする人がいなかったので、とてもびっくりして、この人とやっていけるのかと不安になりました。

とにかく、私が時間に遅れないように気をつけました。でも、たまに遅れてしまう時もあります。1秒でも遅れそうな時は、あらかじめ連絡をしました。

プライベートだからと言って、人に失礼な態度をとってはだめですね。会社勤めなら、開始時間にいないと無礼者です。これまで、待つのが普通だった私には、プライベートでは待つのも楽しみの一つじゃないのかなと思っていましたが、彼にとっては、時間に遅れるのは失礼だという概念しかなかったようです。

人それぞれ価値観は違います。

自分の価値観の方が正しいと思ってしまいがちですが、正論なんてないのだと思います。お互いが自分の考えを通していては、ぶつかってしまうだけです。相手の考えを理解したいときは、とりあえず相手に合わせてみると良いですよ。どうしても譲れないところは、自分の考えをちゃんと伝えて、自分に合わせてもらえないか、心のうちを聞いてみましょう。

ちゃんと話し合うと、お互いの譲りあうポイントが見えてきます。お互いの距離感がつかめてくると、きっともっと相手を知ることが楽しくなりますよ。

6.恋愛をしていて、恋人との価値観、性格、考え方の違いが分かった時の対処法

男性や女性が恋愛として付き合っていく中で、必ずと言ってよいほど起こるトラブルは性格や考え方の違いによる喧嘩などでしょう。また、喧嘩に発展しないまでも気持ちに中でこの人とは合わないと感じることは多々あるはずです。

それが小さな悩みであっても、性格や考え方の不一致な部分が多くなってしまうことで好きな人だけど別れてしまったということになってしまうはずです。

では、こうした問題を解決するにはどのようなことに注意するべきでしょうか。

性格や考え方が合わないと自分が感じた場合、ほとんどのケースで相手も同じように感じていることがあります。つまり、お互いが同じような悩みになっていることが多いということです。

ここで重要なことは、まずはこうした悩みを口に出して相手に伝えることです。自分の思いを相手にしっかり伝えることで、どのような問題が自分の中に起こっているのかを明確にしましょう。一番悪いパターンとしては、どの性格などが合わないという感情を自分の中で抱えてしまうことです。悩みは間違いなく近いうちに爆発してしまうでしょう。

相手にその感情をしっかり伝え、どのような解決をするべきなのかということを二人で話し合うことが大切なのです。深刻な悩みのように話をするのではなく、ラフなスタイルでもよいのでそのことについて会話をすることが重要なポイントになってくるのです。

こうした会話を持ち出した場合、相手も同じような感情になっていることが多いので解決に向かいやすい会話になっていくでしょう。ほんとに相手のことが好きだという感情があるのならば、この問題を解決しようという方向に進んでいくはずなのです。

また、自分が満足できる解決方法ばかりを提案することは避けましょう。自分の生活に合わしてくれ、自分の考えは正しいということを主張するのではなく、相手の考えを交えてちょうど真ん中を取るような気持ちで解決をしていくことが恋愛を続けていく中でとても重要なことになるのです。

7.彼氏と恋愛スタイルや価値観が違いすぎて・・・

いきなりですが、人にはそれぞれ価値観や好みがあると思います。それは恋愛にとっても同じだと思います。

例えば、連絡の頻度。

皆さんは恋人と連絡は毎日とりますか?恋人からのメールやLINEはすぐに返信しますか?

この連絡する頻度が違うとせっかくお互いが好き同士でも嫌な思いをしてしまいます。現に私がそうでした。私たちが付き合い始めたのは20代後半、高校生のような初々しさはなく、どちらかと言えばドライな付き合いだったと思います。私は、連絡は豆に返す方でできればお互いに時間をゆっくりと持ちたいタイプでお付き合いしていた相手は一人の時間が長かったためか、自分の時間を大切のするような人でした。なのでデートのお誘いをしても自分の時間のために断られることもありました。(部屋の掃除や洗濯物がたまっている等)

さらに、こちらが連絡してから1日後に帰ってくることも多々ありました。そうなってくると私とては寂しくなってしまってそのことをさりげなく、LLINEで伝えてみたことがあります。その際の返信が「〇日に会えるよ」といった返答、私は今寂しいんだけどなぁ・・・と思ったこと覚えています。

会っている間もできるだけ二人一緒にいる時間を大事にしたかったのですが、その人は「友達のところに行こうか」となんのためにデートしているのかわからなくなることもありました。付き合っているのか怪しい関係でしたが、その人は友達には恋人として私の話はしているようで、一応恋人として認識はされているようではありました。

さすがに、このような状況が長く続くはずもなく、結局はお互いの気持ちがすれ違ってしまい、その人とはお別れしてしまいました。

その恋でお互いの恋愛の価値観は大事なんだなと学びました。毎日のように連絡は必要はないけれど、一緒にいるときは二人だけの時間を大事にするとか(携帯をあまり触らない等)、恋人同士の特別なことをするとか、そういったものがないと長続きはしないのかなあと感じました。

8.彼氏と価値観「異性との交遊」が合わない

「価値観の不一致」。離婚や破局の理由としてよく耳にする言葉です。ですが、この言葉が表す状況は、恐らく一様ではないですよね。

別れにつながってしまう「価値観の不一致」もあれば、逆に2人の絆を深めるような「価値観の不一致」もあるのではないでしょうか。

恋人同士の価値観の違いをポジティブに捉えるにはどうすれば良いか、私自身の経験から考えてみたいと思います。

恋愛は「あ、この人私と似ているな」というところから始まることが多いと思いませんか?自分にとって楽しいことや辛いことを、相手と共有できそうだと感じるからです。私が彼氏に惹かれたきっかけも、そんな思いからでした。

ただ、付き合って一緒に居れば居るほど、相手の新たな一面が見えてきます。ここは似ていると思ったけれど、ここはこんなに違ったんだ…と、自分と相手との「不一致」にだんだん気がつくことになります。私たちの場合は、特に異性との交遊に関して価値観の違いがありました。

簡単に言えば、異性間での友情は成り立つかどうか?というテーマに対して、お互いの認識が全く逆だったのです。

もしこの点に関しての価値観が2人の間で一緒だったなら、それに越したことはないと今でも思います。その方がお互いストレスがなかったのはきっと事実です。ですが、私はこの「価値観の不一致」によって彼との関係を諦めたくはありませんでした。彼にはたくさんの魅力があって、彼のことが大好きだったからです。

そこでふと、彼の魅力は何なのかと改めて考えました。

確かに私と思いを共有してくれる=価値観が似ていることも魅力なのですが、それ以上に、私には無いものの見方・考え方=価値観の違いが、私が感じる彼の良さだということに思い至ったのです。つまりは、彼と私の価値観は同じところもあれば違うところもあって、だからこそ2人で一緒に居たいと思えるのかなと。

それであれば、異性との友情に関しても、他の価値観と同様に、彼がどう考えているかを知って、私がどう考えているかを彼にも知ってもらうことが必要なんだと気付きました。

私たちはもう一度、お互いの価値観の違いについて話し合いました。

当初は自分のことを否定されているようで、恐らくどちらもイライラしてしまっていました。なので、お互いを大切に思っていること・その上で互いの認識に違いがあること・認識が違うからこそ双方に説明しなければ理解し合えないことを2人で確認し、冷静に話し合うことができるよう努めました。

文章で書けば簡単なようですが、やはり頭でわかってはいても、イライラしたり悲しくなってしまう感情は抑えきれません。それでも大好きな相手を理解したい、2人の関係をより良いものにしたい、という気持ちを2人ともが持っていれば乗り越えられることもあります。私たちがそうだったので…。

好きな人との「価値観の不一致」にぶつかった時は、辛いですがチャンスかもしれません。

何が自分と違うのかを知ることは、相手をよりよく知ることになるからです。よりよく知った結果、2人は一緒に居ない方が良いという結論になるかもしれませんが、それはそれで2人にとってのポジティブな結論と考えても良いのではないでしょうか?何が理解できていないのか、どうして理解してもらえないのかがわからないままで居ることが、多分お互いに一番辛いと思うので…。

恋人と「価値観の不一致」があった時には、それでも彼と一緒に居たいかどうか、まず自分の気持ちを自分で確かめてみてください。一緒に居たいと思えたら、腰を据えてとことん話し合いましょう!自分の気持ちを伝えて、相手の考えを知ることです。それができれば「価値観の不一致」は怖いものじゃなくなるはずです。

「価値観が違うのに互いに好きで一緒に居られる」という奇跡を、ぜひ大切にしてくださいね。

9.上手くいかない言葉のキャッチボールでイライラ!

私が以前お付き合いしていた男性とのお話です。

その彼とは、共通の趣味を通じて知り合いました。年齢は同い年で、顔の見た目や体型も私の好きなタイプでした。互いに痛い失恋をした後だったので、付き合ってごく初期の頃はとても喜びました。

彼は、おっとりしたタイプで、話をしているとマイペースなところがあり、悪い意味で頑固なところがありました。普段は人当たりのいい人でした。

一方私は、不安症なところがあるせいか、少し短気です。会話のリズムが崩れるのをとても嫌います。依存体質でもあるので、器の大きい年上のタイプの男性が好きです。

付き合い始めてさほど経っていない頃、二人で遠出のドライブをすることになりました。道中、車内で特にすることもなくて、会話も続かなくなってしまいました。話すネタが切れてきたのです。打開策として、私から連想ゲームをしようと提案しました。この時、彼は運転手、私は助手席に座っていました。

おっとりしていて、考えるのに少し時間がかかる彼。運転をしながら頭を使うゲームをするなんて、いささか不安だったのですが、彼は承諾。早速、連想ゲームがはじまりました。

しかし、ゲームが始まって早くもつまずきます。彼が私が投げた言葉から、上手く連想できないのです。戸惑いを感じてしまう私。それでも何とか続けようと、別の言葉を投げてゲームは続行しました。しかし、一向にスムーズなやりとりができません。結局、このゲームは中止することになりました。

私は「運転しながら他の事を考えるのは、大変だから仕方ないか」と、自分の戸惑いを無かったことにしました。

ドライブの帰りの道中のことです。

ゲームではないのですが、今度は彼の方から悩み相談をしてきました。しかし、その会話のやり取りも上手くできないのです。彼が頑固でマイペース、私の言ったことが呑み込めないのか、私がだんだんとイライラしてしまうのです。しまいには、「私には関係ないからいい!」と彼に暴言を吐いてしまいました。

このドライブの一件から、互いの会話のリズムが合わないことが決定的になってしまいました。言葉にこそ出しませんでしたが、内心「リズムや言葉のやり取りが合わない人と一緒にいるべき?」と悩みを抱えることになってしまいました。

その後、結局彼とは長続きせず、別れてしまいました。別れる際に、ドライブで私が吐いてしまった言葉に、傷つけられたと言われました。私は情けないことに、自分の悩みにだけ重視して、彼を傷つけてしまっていたことに全く気付かなかったのです。

人間同士、互いに合わないことがあるのは当たり前です。特に、言葉とリズムが大事な会話では、顕著になります。しかし、自分を過信し過ぎると、私のように相手を傷つけてしまったり、相手に合わせるのが苦手ゆえに、イライラがつのることもあります。

今、お互いのやり取りでしっくり来ていない方は、本当にしっくり来る相手か考えてみること。そして自分にも過信はないか、考えてみてはいかがでしょうか。

10.すれ違いの起因「なんで男と女ってこんなに違うの?」

恋愛で発生するすれ違い。悩み。ずばり、「男と女の違い」に起因するものがほとんどではありませんか?

男と女って、違う惑星から来たのでは? と思うほど、違いますよね。

気になる所、考え方のプロセス、求める目的・・・ありとあらゆることが違い過ぎて、頭が痛くなってきます。理解できないポイントを見つけ出すと、今までステキに見えていた相手が急に嫌なヤツに思えてきたり・・・。

けれど、同性でも好みが千差万別なんだから、男女だったらもっと違うのは当たり前。男女は、根本的な欲求が違うんです。

よく離婚の原因に「性格の不一致」なんて挙げられますが、性格が一致する方がおかしいのです。「自分と違うんだ!」ということを知り、そこを理解してあげれば、関係はぐんぐん良くなるはず。

苛々しているばかりでなく、違いを楽しむ気持ちで臨みましょう!

男女の考え方の違いでよくぶつかりがちなのは「時間の捉え方」。

彼女は、彼に「○日までにこれやっといて!」と頼んだら、すぐにやってくれることを期待します。そして、なかなかその作業に取りかからない彼にイライラ。

しかし、彼としては「○日までなんだから、その当日でいいか」と、その日ギリギリまでやることを伸ばしても全然平気。彼女は「なんですぐやってくれないの?どうせ私のことなんか愛してないんだ…」と落ち込み、彼は「ちゃんとやったのに怒られた!」とイライラ。あらら、まさに悪循環ですね。

実はこれも男女の違い。性格差もあるとは思いますが、深い原因を探っていくと、次の両者の欲求に辿り着きます。

  • 男性は主導権を常に握りたい。
  • 女性は気持ちを大事にして欲しい。

これが正面衝突!彼女は「私の気持ちを大事にして!」と彼にかみつき、彼は彼女にかみつかれて「主導権を奪われそう!」と防衛行動に走ります。

私は男性ですが、これをなかなか理解できず、苦しんだ時期がありました。両者共に「自分が正しい! なんで相手は分かってくれないんだろう?」と思っているため、負のスパイラルですよね。

なので、彼女と共に上記のような体験を話したら、先輩から男女の根本的な欲求を説明され、すんなり納得。どっちが正しい、というよりも、どっちも正しいんですよね。

これが分かれば、あとはうまくそれを噛み合わせてあげればいいんです。

彼女は、彼をあまり急かさない。彼自身のペースを考えてあげましょう。じれったく思えても、彼も色々考えているのかもしれません。男性は社会的な生き物。色々な責任を漕ぎ分けながら毎日を生きています。そのペースを尊重し、時にはゆっくり一緒に歩いてあげるといいかもしれませんね。

彼もまた、彼女の気持ちを無視してはいけません。

彼女は主導権を握りたいのではなく、安心させてほしい、愛されているという実感が欲しいだけなのです。なので、自分一人で考え込まず、しっかり気持ちを伝えてあげましょう。彼女のことをどうでもいいと思っているのではなく、もう少し自分のペースでやってみたいと思っているだけなんだ、と言ってあげるだけで、彼女も彼に安心してついていきやすくなります。

男女の差は生活のあらゆるところに発見できます。一つ分かって解決すれば、次はもっと楽にその違いを受け入れることができますよ!

関連記事:

今の彼氏、彼女と別れようかどうか迷い悩んでいる方に読んでほしい体験談

【彼氏と別れて後悔】後悔しないためにあなたが取るべき行動

【彼氏と別れたいのに別れられない】関係が切れずだらだら続いている人へ

【彼女と喧嘩した、彼氏と喧嘩ばかり】仲直り、別れる?しない方法は?

【彼氏や彼女を束縛すると続かない】恋人に束縛されると別れる例を紹介

彼氏に浮気されたら別れる?許す?二股を発覚した時の対処方法

食事が合わないから別れる!食の好き嫌いや味の好みは彼氏彼女の関係性を左右する

結婚願望のある男性,女性必見!30代の恋愛は結婚前提のお付き合いじゃないと別れた方が良い理由

【20代で引きこもりニート彼氏との将来が不安】別れた方が良い?結婚できる?

【ヒモ彼氏が短気ですぐ怒る】暴力や遠慮ない暴言が嫌で別れたい人必見!

【別れた元カレ,元カノとよりを戻す!?】復縁する前に考えてほしい事と体験談

価値観の関連記事:

【結婚前に彼氏、彼女と同棲する意味】お互いの価値観や生活習慣を知る

喧嘩しない方法!恋人(彼氏彼女)に自分の好き,考え,価値観,願望を理解してもらう

【彼氏、彼女と趣味や好みが合わない】合わせる?趣味が合う恋人と付き合う重要さ

自分に合う結婚相手とは?経験者が語る結婚相手の選び方と決め手