分かりにくい文章の例と文章が下手な人の特徴

彼女よ恋

恋愛の体験談に関する文章において、分かりにくい文章の例と特徴を紹介します。

①自分の気持ちを羅列しているだけの文章。文全体にまとまりがなく、状況の展開がわかりにくい。

某大手ブログで知り合い、一年ほど経って実際に会うことに。そこでも意気投合して、しばらくして交際がスタートしました。変わってるけど穏やかで気の利く彼女で、とっても幸せでした。

ある時彼女から「資格を取りたいので、本業の他に飲食店でバイトを始めた」という連絡が。その時はそうか、頑張ってるなくらいにしか思いませんでした。

次のデートの前日になって、「体調不良で、職場に寄るついでに1時間くらいしか会えない」と言われ、ちょっと寂しい気持ちに。お互い家もそれほど近くなく、一月に1~2回が精々でなかなか会えないのにな。それでも普段なら、気の毒だからすぐ帰してあげよう、送れる所まで送っていってあげよう、と思えるのですが…先日の飲食店バイトの話に続いての事だったので、勝手に距離を感じてしまいました。

転機

新しいバイト先で良くしてもらい、気になる人ができたのかもしれない。それなら、それでいいじゃないか。自分といても将来の保証なんてしてあげられない。初めに彼女にも伝えたことでした。「他にいい人が見つかったら、遠慮せずそっちに行くといいよ」と。

でも交際スタートしてまだ1ヶ月だし、いくらなんでも早すぎないか。そもそも本当に病気で辛かったんだろうし、こんなことで悩む自分は小さいな。せめてもっと一緒にいたかった、と後からフォローの一言があったらな…などと色々な思いが重なり、自己嫌悪に陥るはめになりました。

それまでは楽しいことがあれば何でも、こちらから連絡を入れていたのですが、今の自分を見せて彼女に心配をかけるのが嫌で、それも止めてしまいました。

次回は初めて家に彼女を招くことになっていました。しかし今度は折り悪く、私の親戚一同が家に集まる日になってしまいました。

そのことを伝えると「じゃあ仕方ないね」となってデートは中止に。こちらとしては「あれ、『お家デートはダメになったんだけど、どうしようか』というつもりだったんだけど…『家族優先でお前とは会えない』って意味に取られたのかな?それともそれならそれで、彼女も内心気が楽なのかな」とまたも悩むことに。直近二回の出来事が、私を完全にネガティブ思考に追いやっていました。

その後の連絡にもどう対処していいかわからず放置し、それから3ヶ月の間、一切連絡を取りませんでした。彼女に対してモヤモヤしていたから、というより、こんな自分を見せたくなかった、という思いでした。文章でも何でも嘘がつけないので、どうしても普通に振舞う自信がなかったんですね。

このままではいけない、とメールを送ると、今度は彼女の方がなしのつぶてに。この時点で、ああ終わったな、愛想尽かされたんだ、と諦めました。

それから一年ほど経って、急に彼女からメールが。何でも私が連絡をいれたタイミングで、彼女も彼女で辛いことがあり、連絡しづらかったのだと。

正直嬉しかったです。ずっと忘れられないでいたから。でも、彼女の今の状況はどうなの?これは復縁メールなの?終わった事としてけじめをつけてるだけ?女性はフォルダを新規作成でなく、上書きするものだ、と思っていましたから、こちらの思いは一切書かずに、今どうしてるのかな、と様子を窺うような返事を送りました。

それきり彼女から返事がくることはありませんでした。本心は謎のままで、とうとう聞くこともできませんでした。

こうして改めて文にすると、何とも煮え切らない情けないお話ですね。

何がいけなかったんだろう?

自分がいけなかったのは火を見るよりも明らかです。後になって「認知のずれや癖、ゆがみ」という言葉を知りました。「相手の状況を勝手に想像したり、言われたことを何でも非難だと受け取って、勝手に悩む」という状況です。

まさに当時の自分だ。そして彼女も、そんな私のせいで、似たような状況に陥ってしまったのではないか。お互い気を遣いすぎて、ダメになってしまったんですね。

溜め込んだものを八つ当たりでぶつけるようなことはしなかったので、まだ救いがありますが…今でも彼女のことは愛していますし、また申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私たちの場合、ネットでつながった関係というのと、うっかり住所も電話番号もまだ教えあってなかった、というのもマイナスだったと思います。会えないのに文字だけのやりとりだと、悪い妄想がふくらみがちです。

「相手を自分の中で勝手に作らない」
「そして無闇にぶつけない。まずは肩の力を抜いて、自分の中で処理する。」

こんな簡単な二つのことが、どうしてできなかったのか…後悔とともに、もし同じようなことが現在進行中の方がいればと思い、ペンを取りました。せめてどなたかのお役に立ちますように。

②ストーリー展開は良いが、結局言いたいこととストーリーが関係ない、もしくは薄い

これは私の男友達の体験なのです。

私の友達はクラブミュージックが好きで何人かでクラブに行きました。すると、ある1人の女の子から声をかけられたそうなのです。2人はとても音楽の趣味が合い意気投合しました。少し時間が経ち一緒にいった友達がその彼を捜すといなかったのです。

後々分かった事なのですが、その彼は出会った女の子と外へ先に出てたそうなのです。そして、朝まで連絡が取れなくなって友達達は心配になったそうですが、結局何事も無かったかのように次の日の夕方、「昨日はごめん』という連絡が返ってきました。

詳しく聞くと、2人はその後飲みに行ったそうです。その数週間後に2人は付き合いました。私はその彼女さんとあった事があるのですが、とても明るく誰とでも仲良くなれる女の子でした。

しかし、彼女の恋愛話を彼のいない所で聞いたのですが中々アクティブな子で学生の頃先生と関係をもったりと驚く事が多かったです。

ある日、彼女から私に連絡がありました。突然何かと思ったら『私、別れようと思うの』一体何があったのかというと、付き合って既に3年程が経っていたのですが、働き先にとある男性が現れ「あなたがタイプです。付き合って下さい」と突然連絡先を渡されたそうなのです。彼女も今の彼が好きではあるけれど、まだ若いという事もあり将来の事を考えるとその年齢が近かった彼と付き合いたいという考えが強かったそうなのです。

すでにその人と2人きりで遊んだりもしたことがあるそうで関係は進んでいたそうなのです。私は『それは今の彼に失礼だからはっきりと言った方がいいよ。その代わり、何があってもよりは戻せないと思った方がいいからな』とだけ言いました。

結果的に彼女は別れる事を決め新しい彼氏と一緒に同居しているようです。恋愛の仕方は色々とあります。男性側も3年付き合っていて将来の為に、お金を少しずつ貯めていたようです。しかし、結婚はまだまだ先という事で別れてしまったそうです。

束縛もよくありませんが、相手の事をもっと知らないといけないと私は思いました。しかし、こうなってしまった以上友達にはすぐに忘れるようにと伝えました。

③結論とストーリーが関係ない、もしくは薄い

良くドラマや漫画なんでもあるのですが、幼馴染との恋愛です。

小さい頃から兄弟のように育ってきた者同士、恋愛感情が芽生えるかという問題になってきます。友達としてしか見られないという人もいますが、いざ自分に何かあったときに助けてくれたなどがあると、恋愛感情が湧きあがってくるようです。

幼稚園の頃から、家が隣同士で喧嘩ばかりしている友人同士がいます。私も家が近所だったので、他に数人と毎日のように遊んでいました。高校になると、行っている高校も違うし、部活やバイトなどであまり会う機会がなかったのですが、25歳くらいの頃に、その中の一人の親御さんが急逝してしまい、葬儀に参列したときに久しぶりに会って、葬儀の後に飲むことになりした。

大学を卒業して仕事が落ち着いてきたくらいでしたが、みんな多忙でした。その中の1人の女の子が、その時に高校から付き合っている彼氏に浮気されて、その浮気相手が妊娠しているということを泣きながら話してくれて、みんな可哀想になったのですが、隣の家のガキ大将みたいな男の子は何も言わずにいました。

それから、半年くらいして、そのガキ大将が連絡をくれて、失恋を泣きながら話した子のことが気になると言っていたので、それから連絡を取っていた私は彼女に聞いたまま、今は転勤になり、大阪にいるということを伝えると、なんと彼、週末に大阪まで遊びに行ってしまったらしいのです。

後日聞きましたが…。そこから、二人は頻繁に連絡を取り合う仲に、ガキ大将の方は彼女に気持ちがあるのが分かるのですが、彼女の方は、昔遊んでいた頃の記憶がそのまま蘇ってきて、今も楽しく遊んでいる感じで、付き合いたいとは思っていないということでした。それを分かっていて、また恋愛に消極的なガキ大将が告白することはありませんでした。

しかし、或る日、ガキ大将がバイクで事故に遭ってしまい、入院することになりました。彼女は大阪なので、心配すると思い、誰も連絡をせずにいたのですが、1週間も連絡がないと心配になって、私のところに連絡が来たので、話すと、すぐにお見舞いに帰ってきたのです。そこから恋愛に発展するまでには早かったです、彼女の方から告白して、ガキ大将も勿論OKで、付き合って半年で結婚しました。

今でも、ガキ大将と彼女が結婚したなんて考えられませんけど…。

男女の友情は成立すると言っていた彼女。友情は成立しても、愛情に変わることもあるんだなと思いました。だって、友情の中に愛情も含まれているから。気持ちは伝わる、そう思った出来事でした。

④そのストーリーいる!?っていう文章だし、結論も意味不明

友人で、資格マニアの友人がいます。民間の資格を取得することが大好きで、仕事をしながら色々な資格を取得しているのです。仕事に生かせないものでも、取得するので、なんでそんなに資格を取得するの?と聞いたら、特に意味はないけど、資格を取得すること自体が好き、勉強するのが好きだそうです。

彼女が、心理学講座を学びに行ったときの話です。心理学講座は、家でテキスト以外でも、週に一度仕事終わりに教室で学ぶという事らしいのですが、心理学講座は今はとても人気で、教室もいつも満員だとか…。資格によっては、スカスカな教室もあるらしいですから。

仕事終わりに、心理学を学ぶのですが、軽くパンなどを食べてから講座に行くということらしいのです。仕事終わりに来ている人が多いですみたいです。そこで知り合った人で、隣の席に座った方がいたらしくて、気軽に話かけてくれる男性がいたようです。

物腰が柔らかく、当時彼氏がいなかったので、「良い人だな~」と思うようになり、教室に行く度に探してしまう自分がいたようです。二度目に一緒の席になった時に、授業が始まる前に話すことがあるようですけど、話していて、その後に食事に誘われて、飲みに行くことになったようです。

話がとても面白くて、職場も大手だったので、結婚するならこの人が良いな~と思っていたらしいのですが、向こうが優しくて、ぐいぐい来れば来るほど、彼女は引いてしまったようです。周囲からしてみると、そんなに気が合って、良い人いないよと言うんですけど、話すことが心理学で学んだようなことばかりで、どうもしっくりこないということでした。

最終的に彼から告白されたので、年齢も年齢だったので付き合うことにしたのですが、付き合って初めて彼の部屋に行ったら、彼の部屋の本棚が心理学、しかもほとんどが恋愛の心理学だったので、すごく引いてしまって、その日は何もしないで、翌日にすぐに帰宅したようです。

それから、すぐに彼に別れを告げたらしいのですが、どうも引き下がらない。恋愛心理学に書かれているようなことで、気を引こうとするのがバレバレですごく嫌だったそうで、友人に頼んで彼氏の振りをしてもらったらしいです。それで、何とか引いてくれたらしいです。

彼女いわく、家に恋愛の心理学の本がある男は、信用ならないだそうです。人それぞれですけど、みんながみんなそれに当てはまるとは限らないですから、自分が思うように、相手のことを大事にするのが大事だなと思いました。

⑤◯◯のようです、◯◯みたいです、◯◯ですね等、あいまいな文章ばかりで全然響かない

男性の皆さん、今好きな女性はいますか?職場や学校、趣味の集まりなど出会いの場はさまざまですよね。そこで出会った好みの女性。仲良く話をしてくれるけど、僕の事を好いてくれているのかな?そんなモヤモヤした気持ちになった事のある男性は多いのではないでしょうか。

特に、感情がストレートな傾向にある男性と違い、女性は本心をストレートにあまり出さない傾向が強いようです。

凄く仲良く接してくれていけるかも!と思っていたのに振られたり、自分の事を嫌いなのかな?と思うくらいそっけない態度な女性が意外と自分の事を想っていてくれたりと。女性の心理は少しミステリアスですね。

つまり、デートに誘ってコミュニケーションをとって、こちらの好意をはっきりと伝えないとはっきりとした好意の有無がわかりずらいのが女性なんですね。

女性の思考は複雑で、相手の事が好きなのかもよくわかっていない状態の時もあるようで、デートしているうちに好きになってしまうパターンもあるようです。

男性と少し違い、繊細で複雑な思考回路をもっているんですね。

ましてより良い遺伝子を探すのが本能に組み込まれているようですので、単純に好き!よりも、一緒に行動し観察してみてこの男性なら好き!という恋愛傾向も強いようです。

もしかしたらより良い子孫の遺伝子を残そうとする本能がそうさせているのかしれませんね。男性はデートにこぎつけたら、女性にしっかりと子孫を残せる遺伝子を持っている強い男性である事を主張する必要があるのかもしれません。

女性が全てそのような思考を持っているとは申し上げませんが、少なくとも男性よりは冷静に異性の事を観察、判断する傾向は強いようです。

あと、女性は思考が複雑な分だけ「気まぐれ」である事が多いようです。デートしていても突然怒りだしたり、さっきまで怒っていると思ったら急に機嫌が良くなったりと。もしかするとさまざまな自分に対応してくれる男性のふところの深さ、包容力などを無意識のうちにデートの中で品定めしているのかもしれませんね。

一人の男性に絞るという事は、一度に一人の子供しか身籠れない女性にとって大きな賭けなんです。男性よりも冷静に異性を見定める部分は当たり前の事なのかもしれません。

男性は意中の女性をデートに誘い、そこでアピールし女性にとってプラスの部分を持った男性である事をアピールする事が、意中の女性を口説く近道なのかもしれません。女性は男性をよく観察しています。では、デートに誘って逆に自分の事をよく観察してもらいましょう。そこから先にすすんだ方が、意中の女性をゲット出来る可能性は高いのではないでしょうか。