【仕事と私どっち大事?友達と私どっち優先?】彼女も彼氏も直した方が良い点

彼女よ恋

彼女から「仕事ばっかり!休みの日は友達と遊びに行くし・・・私のことどう思っているの!?」とキレられた。

彼氏が「私のことを構ってくれない。仕事ばっかり、友達と遊びに行って、私との時間を作ってくれない!」と不安。

そのような状況に陥ることは、多くのカップルにあり得ることです。

ここでは実際に「私と仕事どっちが大事!?私と友達どっちが優先!?」という状況に陥ったことのある経験者の体験談とアドバイスを紹介します。

1.彼氏が仕事を大事にする理由、友達関係を大事にする理由

「仕事が忙しくて」「友達と約束しているから」そんな理由ばかりで、私のことはいつも二の次。

「私と仕事、私と友達、一体どっちが大事なの!?」と言いたくなる気持ちも分かりますが、ちょっと待って!!

マイナスにばかり捉えないで、前向きに考えてみましょう。

実際に仕事を二の次にされたら…仕事をクビになるかも知れないし、収入にも響きます。収入が減るということはデート代やあなたへのプレゼント代なども用意できなくなるのです。将来結婚というケースに繋げてみても、何よりしっかり仕事をして、家族を養ってくれることが一番重要な愛情表現と言えるでしょう。仕事にきちんと向き合える人は責任感があるという証拠でもあります。「仕事を大事にすること=自分との世界を大切にしよう」と考えていてくれる姿勢なのだと受け止めましょう。

友達との約束を優先させる男性は「人間関係」を大事にするタイプ。

自分のことに置き換えて考えてみても分かるように、付き合いの長い友達ほど様々な思い出を分かち合ってきた大切な存在なのです。そういった友達との付き合いを遠ざけてまで、彼女とひたすらベタベタする男性がいいとは思いませんよね。また信頼関係の築けている友達がいる人は、人間性も決して悪くない証拠とも言えるのではないでしょうか。友達を大事にする人は、必ず周囲の人のことも大切にします。友達を優先させていると腹を立てるのではなく、「友達を大事にする素敵な人」と捉えてみてはいかがでしょうか。

「仕事を大事にする人」「友達を大切にする人」そうやって考えてみると、どちらも本当は人間として非常に誠実で、まじめな人と言えるのかも知れませんよね。あなたの「会いたい気持ち」「一緒にいたい気持ち」も切ないくらい良く分かりますが、それぞれの世界を持つこともとても重要です。

いつもベタベタしているカップルを羨ましく思ってしまうかも知れませんが、「会いたいのに会えない」という気持ちが続くことも意外と新鮮。じっくりゆっくり愛を育んでいくのも、素敵なカタチと言えるでしょう。

2.「私と仕事?私と友達?」忙しい時、彼女へのフォローの仕方

男性の方に多い悩みなのかもしれませんが、学生を卒業して社会人になった時に、新しい経験が沢山あると思います。

新入社員の頃は、仕事をはじめとして会社の人の名前など覚える事も沢山あります。しかも、学生時代に比べてお金が沢山手に入り自由も手に入るので、色々と楽しい時期で新しく出来た同僚などの仲間と遊ぶことが楽しくなってしまい、恋人との時間がおろそかになる事があります。

これは、ある程度仕方のない事なのですが、今まで学生だった時には沢山時間があり恋人との時間も取れていたのに、急に連絡も少なくなり会える日も少なくなると相手は不安になるものです。相手も同じく忙しい時期が重なっていれば、ある意味大丈夫なのですが、相手はまだ学生だったり、そこまで忙しくない場合は、彼女はついつい恋人へ意識が行ってしまうので不満が生じてしまいます。

私の友人で、このような状況になり悩みを抱えていました。本当に仕事と新しく出来た仲間との時間を大切にしすぎて、いつの間にか彼女が不満や不安を抱えて別れてしまう事になりました。この時、友人が彼女にもう少しフォローが出来ていれば別れる事はなかったと思います。

忙しい毎日だとは思いますが、少しでもメールを打つ時間、連絡する時間があれば、今の現状を正直に恋人に話して、今一番大変な時期だけどしばらく経てば(出来れば具体的な日時を)落ち着くと思うのでその時には、○○しようね。など、きちんと説明する事で少し安心感を与える事が出来ます。

恋人が忙しいと、まず不安になる要素としては、『他に好きな人が出来たのかもしれない』という事なので、もしも休みの日に同僚や仲間と会う機会がある場合、一度恋人をその場に連れていくのも有効です。一度皆に会って紹介されている事で安心感が生まれる効果があります。

もう一つは、普段は、忙しい日々を過ごしていても必ずイベントだけは恋人を最優先するというのも効果的な方法です。クリスマス、誕生日、付き合った記念日等カップルには、節目があると思いますがそういう時に普段の分も盛り上がるイベントにすることで相手の満足感が高まり大切にされている気分になります。

新しく覚える事、色々あり大変な日々だと思いますがここを乗り切れば、落ち着いてくる日も近いので、大切だと思える恋人であれば少しの配慮をすることで長く付き合っていけると思います。

3.ワガママな彼女から仕事と私どっちが大事なのと聞かれた場合

%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e8%84%87%e8%87%ad%e3%81%84

恋愛をすると周りが見えなくなってしまうものです。相手のことが気になると、なにも手につかずに他のことに支障をきたす事もあります。しかしお互い生活する為に働かなければいけません。その辺はお互いの理解を持ってお付き合いすることが肝要です。

しかし私が一目惚れをして、お付き合いした女性はとてもワガママでした。特に私の会社は残業時間が長く休みが少ない事もあり会える日があまりありませんでした。しかし週に1回ほどのペースで会っていたのですが、向こうからしたら足りなかったらしく、なかなか自分の仕事の事を理解してもらえませんでした。

恋愛をすると必ず起こる、相手を自分の思い通りにいかないと機嫌が悪くなる人は多いと思います。特に女性は多く、私と仕事どっちが大事なのというフレーズは男性なら一度は聞いたことがあると思います。

男性にも言えることで、彼女に会えないとなぜ会えないのかと理由を聞いてくる女々しい男子も多いです。とにかく私の彼女は自分の思い通りに行かないとすぐ起こりすぐ泣き、情緒不安定になってしまいます。

そんな相手との向き合い方は、一つは「説得する」ことです。2人の問題という事もあるので話し合いで自分の仕事内容を知ってもらい理解してもらうしかありません。

もう一つは「自分が折れる」という事です。仕事と相手を天秤にかけると答えは人にもよりますが、自分で考えて彼女の事が仕事よりも大事だと職を失ってでも彼女と痛いというのであれば、彼女を優先的に考える事も一つの選択です。自分自身に問いただし解決する方法を試すしかありません。

私は彼女とよく話し合い、自身のことを分かってくれるように説得しましたが、なかなか分かってくれませんでした。でも私は彼女の事を愛していたので説得をやめるつもりはありません。相手が説得に応じてくれなくても続ける事が肝要です。いつでも大切なのは自分自身の意志です。彼女が好きでもその通りに言う事を聞く必要はありません。

4.相手が自分のことを一番に考えてくれないと嫌と思っていた私を変えた方法

「仕事と私、どっちが大切なの?」とか「私より友達を取るんだ?」などという会話から喧嘩に発展するという話を、一度は聞いたことがありますよね。

実は私もそんな考え方をするタイプで、今まで似たような発言をしたことは1度や2度ではありません。

大抵は相手に「そんなことないよ。」とか「しょうがないじゃん!」などと言われるのですが、結局状況は変わらずモヤモヤも晴れず…。自分も相手が常に一番というわけではないのに、相手には自分が一番じゃないのは嫌というのはワガママだとは分かっているのですが、それが恋愛というものな気もします。

実は私の夫も仕事は忙しいし休日には習い事もしています。なのでやっぱり「私が一番じゃないの?」と思うことが未だにあります。でもそれってどうしようも出来ないことと言うことに、結婚してから初めて気が付きました。

夫がきっちり働いてくれなければリストラされてしまうかもしれないし、習い事でストレス発散が出来なければ、他で支障が出てくるかもしれない。そう考えたら「自分が変わるしかない!」と思うようになったんです。

具体的にどのような行動をしたかというと、私は専業主婦だったのですがパートをするようになりました。じっと家で夫の帰りを待っていると「まだかな〜。どうして私を一人にするのかな?」などと、どうでもいいことを考えて悶々としてしまいます。ですが仕事に出て働くと、余計なことを考える時間が少なくなるんです。

また職場の人たちと話をすることにより、自分自身のストレスも自然と発散できるんですよね。さらに自分で働いたお金を自由に使えることにより「今日は夫が遅くて家には早く帰ってもつまらないから、ちょっと外で一人ケーキでも食べて帰ろうかな。」など、精神的にも余裕が生まれます。自分の感情を相手に押し付けて無理を言うのは簡単ですが、相手にはどうしようも出来ないこともあります。そんなときには自分が変わろうと努力&行動すれば、自分自身が成長できるし相手を束縛しなくなるし、自分も悩まなくなりますよ!

5.彼氏が大事か?仕事が大事か?

働く女性が抱える恋愛の悩みで多いのは、仕事との両立をどう図るかということだと思います。

年齢を重ねるほど、会社においての自分の責任は増していきます。特にやりがいをもって仕事をしている女性にとっては、彼氏と仕事のバランスをうまくとっていくことが課題になっていくでしょう。

私も過去に、同じような悩みを抱えたことがあります。結婚を考えるほど、のめり込んでいた男性がいました。ただ逢いたい一心で、どんなに翌日が早くても夜中まで彼氏との時間を作っていたものです。

当時、責任ある仕事を任せられたばかりの頃で、仕事の相談をよく彼にしたものでした。最初のうちは私の話に熱心に耳を傾けてくれていた彼氏ですが、そのうちだんだん、 私が仕事の話をしても表情が浮かないようになってきました。

そしてある日言われたのです。「そんなに頑張って何になるの?」

彼氏からのこの言葉はとてもショックでした。仕事に対する価値観が違うことは、うすうす感じていました。しかし情熱を傾けてやっていた仕事だけに、好きな彼氏の言葉でも素直に受け入れることができませんでした。

それでも別れることまでは考えていなかった私は、仕事で疲れているときも、彼との時間を優先しようとしていました。彼と逢っている時も、残している仕事のことを気にかけたりしていました。

そんな2人の仲は、結局結婚まではいきませんでした。無理する私に疲れた彼の方から、別れを切り出されました。別れた悲しみは2年ぐらい引きずりましたが、その心の傷は仕事がちゃんと 癒してくれました。

今なら冷静に思うことができます。あの時もし私が、彼に合わせて仕事に対する情熱をセーブしていたら、もしも結婚できたとしても、自分自身には何も残っていなかったと思います。

子供が出来て幸せな家庭を築いたとしても、いつかきっと虚しさを感じていたはずです。

もしも仕事と恋愛で同じ悩みを抱えている女性がいたら、頑張った分だけ結果が出る仕事の方を優先させることをお勧めします。その上でなお自分の事を愛してくれる、受け入れてくれる相手こそが、本当の運命の人だと思うからです。

「その人といる時の自分が、本当に好きか?」

悩んだ時は自分にそう問いかけるように私はしています。