同窓会で久しぶりに会った同級生(好きだった男性女性)との恋愛の行く末は?

彼女よ恋

「久しぶりに会った中学生や高校生の同級生に恋をしてしまった」

「学校で好きだった女性と男性と偶然出会ったしまった」

これは、運命!?と恋愛をしたいと思っている人たちに向けて、ここでは実際にそのような経験のある人たちの恋愛体験談とアドバイスを紹介します。

中学生の時の好きな男子と同窓会で再会した

私の初恋は中学1年生の12歳のころ。ほかの人よりちょっと遅いかなという時期でした。

父の転勤がきっかけで、中学校に知り合いはゼロ。そんな不安いっぱいの投稿初日に背の高くて坊主頭のすごく綺麗な顔をした男の子が目にとまりました。席は斜め前。ホームルームのあと、友達ができるかなと心配だった私に真っ先に話しかけてくれたのが彼でした。

ほとんどが小学校の同級生のクラスで、見慣れない私に「どこ小?」と聞いてくれました。隣の県から引っ越してきたことを伝えると、彼の周りの男女数人が、「何部に入るの?」「名前は?」「転校ってどんな感じ?」と話しかけてくれて、彼のおかげで友達ができました。

小学校のとき私は野球部の女子選手。そして彼は小学校・中学校と野球部。そんな共通点からときどき話すようになり、いつしか好きだなと思うようになりました。

次第に周りにカップルができるようになりましたが、話すのがやっとで付き合うなんて考えたこともありませんでした。3年間同じクラスでそのまま高校へ進学して別々に。高校生のときに一度だけ彼の高校の参加する甲子園予選を見に行ったりしましたが、お互い別の彼氏、彼女を作りながら社会人になっていました。

そんな社会人1年目の夏。近所の仲良しで久々に飲もうとなり、一人暮らしだった私の家に6人ほどの男女が集まりました。その中に彼もいたのです。

ちょうどお互いに付き合っていた相手とは別れていてフリーでしたが、最初は特に意識することなく、懐かしいななんて思っていました。すると友達の1人が、「3年以上も好かれてたなんて羨ましい」なんて過去の気持ちを暴露したのです。

もう何年もたってることもあり、私も「高校のときも野球見に行ったんだよ」「告白しておきたかったなー」と冗談みたいに伝えました。すると彼はすごく驚いて「全然知らなかったけど、すごくうれしいな」と言ってくれました。

その日みんなを途中まで送りに出て、その後家に戻る私を彼が追ってきました。「今はもう遅いかな?言われてから本当にうれしくて、急だけど付き合いたいと思った」と言ってくれました。あのころのようなドキドキはなくなっていましたが、私も初恋が叶うっていいなと思い、付き合うことに決めました。

それからはお互いの知らない期間の話をしたり、思い出話をしたり、楽しい時間を過ごしています。当時子供だった頃とは違って大人になって、新しく知る彼の一面もたくさんあって、新たなドキドキもあります。

再会した日、思い切って過去の気持ちを伝えてよかったと思っています。

偶然の再会!過去の思い出は美化しすぎていないか再確認

20代後半の女性です。現在は東京で編集職として働いていますが、学生時代は父の仕事の関係で、東北のあちこち転々とする生活。そのため、どこに行っても「転校生」で、物珍しかったのか少しだけ注目を浴びていました。

そんな私が小学校4年生から6年生まで過ごしたのは北東北の田舎町。そこでも転校生というちょっとだけ珍しい存在だったこともあり、話しかけてくれる子が多く、すぐに友達ができました。

「この辺のオススメの場所を教えてあげるよ」とはじめてその学校で遊びに誘ってくれたのは、同じクラスの野球部の男の子。運動神経抜群で、女の子からも人気があったようで、「私も行きたい!」という子も何人かいたのですが、その男の子は「ダメ」の一点張り。初恋もまだだったので、特に気にせず二人で遊びに行き、その後も時々誘われるようになりました。

「絶対好かれてるよ」なんて冷やかされることもありましたが、友達としてしか考えていなかったので、当時は仲良しとして卒業までを過ごしました。

卒業と同時に私はまた転校。隣の県でしたが当時の私たちにとってはすごく遠い距離だったので、彼とはその後メールで月に数回連絡を取り合うくらいでした。

転校してすぐは連絡をくれても、しばらくすれば彼からも来なくなるだろうななんて思っていましたが、大学生になるまで不定期ですが、やり取りは続いていました。

そして大学生になってすぐ、なんと彼は私の大学とすぐ近くの大学に進学したというのです。「数年ぶりに会おう」という連絡に、すぐ応じました。約5年ぶり、運命の再会かもなんて気持ちが高ぶって、好きかもしれないと思い始めていました。

そして再会の日、前よりも背が高く、声も低くなっていたことにドキドキしましたが、近況報告や思い出話で盛り上がりました。その日の帰り、「実はずっと好きだった。だから近くに進学した」と告白されたのです。漫画みたいな出会いと、長年想ってくれていたことが嬉しくて、すぐに付き合うことになりました。

しかし3ヶ月ですぐに破局。会わない期間でお互いに相手への記憶が美化されていたのか、ちょっとした意見の食い違いで、「なんか違う」「前はこんなじゃなかった」なんてダメなところばかり目がいってしまったのです。

5年もたてば人は変わるのは当たり前。それなのに美化された思い出とのギャップが大きくなっていたんだと思います。やっぱり恋愛においてコミュニケーションは大切なんだなと実感しました。

関連記事:

長年仲の良い友達、幼馴染が好き!だけど関係が壊れるから告白できない人必見!

2017.04.22