【遠距離恋愛を成功させ、結婚までした話】決めてや具体的な方法は?

彼氏や彼女と遠距離恋愛中、先のことを考えると不安でいっぱい。

特に結婚までいくのかな・・・?結婚するのかな・・・?結婚したいな。などと考える人も多いかと思います。

ここでは実際に遠距離恋愛から結婚までいった方の体験談を紹介します。

遠距離恋愛を成功させた秘訣

私は今の旦那と結婚するまでに、遠距離恋愛を続けていました。正直、遠距離恋愛は続かないと友人からも言われていましたので、私自身も結婚まで漕ぎ着けるとは思っていませんでした。

旦那は東京で私は関西在住というものでした。交通の便が良いとはいえ、どちらかの居住地に行くまでは数時間はかかるため、なかなか会える機会も少なかったのです。デートにしても月に1回できるかどうかと言うところで、お互いの愛を育むにしては時間が足りませんでした。

また、面と向かって会えないため、すれ違いも多かったと思います。会っていればこんなにこじれなかったのと思うこともしばしばでした。

それでも遠距離恋愛を続けられたのは、一重に信頼性か重要で合ったと言えます。ここがものすごく重要で、会えない時間が多いからこそ相手への信頼度が大きく物を言うのです。例えば、彼氏が毎日仕事で帰ってくるのが遅くても、浮気かどうかを確認するすべがありません。相手を信頼しきることこそが、恋愛を長続きさせる秘訣だと思いました。

また、あえないことが多かったため、私たちはテレビ電話を活用していました。やはり、相手の声を聞くだけでなく顔を見れると言うことは安心に繋がります。最近ではスマホで簡単にテレビ電話をすることができますので、多用してもらえればと思います。

最後は、結婚に至るときの踏ん切りでしょう。遠距離であると言うことは、どちらかが現在の居住地を離れることとなります。お互いが遠方から出てきているだけなのでしたら、それほど大きな問題にならないのですが、どちらかの実家の近くだとなるとそうは行きません。親の面倒を見たりや、はたまた結婚して子供ができたあとに自分の親が近ければサポートしてくれることもあります。一過性だけではなく、今後の環境変化に追随した思考を持つことによって判断も変わってくると思います。

以上が、私の遠距離恋愛をある意味成功させたときの体験談でした。皆様のお役に少しでも立てることを願っています。

遠距離恋愛で彼女と結婚することができた極意

私は職業柄転勤が多く、その転勤先も全国と、彼女ができても遠距離恋愛になってしまいます。
ひどい人の場合、鹿児島と青森というケースもありました。

会社の先輩達を見ていると、転勤先で彼女を作っても別れてしまうといのを繰り返す人が多く、私もその一人でした。

そんな中、3年の遠距離恋愛を耐え抜き、無事、結婚した先輩が現れました。私はその頃、彼女ができたばかりで、結婚を意識し始めた時期だったので、成功者である先輩に遠距離恋愛の極意を尋ねました。

すると先輩は言いました。

「小まめな連絡と会った時に多くのことを期待しないことの2つ」

初めは「それだけ?」と思いましたが、自分の経験に照らし合わせると、腑に落ちるところがありました。

付き合い初めを除いて、基本的に私は連絡をせず、連絡待ちです。近距離なら連絡しなくても、会えばチャラになるのですが、遠距離は会えないのでチャラにする機会がありません。連絡を待っている方は楽ですが、彼女の方には限界があります。

彼女の力が尽きてしまうと音信不通になってしまい、終わりを迎えてしまいます。遠距離の場合は、浮気をしないとのと同様小まめな連絡は、ある意味、義務なのかもしれません。

2つ目は、久しぶりに会った時に起こる相手に対する失望を回避するための手段です。

久しぶりに会うとそれまで我慢していた分、相手に対していつも以上に期待してしまいます。

綿密に期待のすり合わせをしていれば、問題ないのでしょうが、大抵、お互いが自分の期待を優先し、相手からの期待は蔑ろにしてしまいます。それによって、「自分の期待に応えてくれない」、「無理な要求ばかりしてくる」というすれ違いを生んでしまいます。

久しぶりに会って、それまでの不足分を補うための時間が、逆に溝を生んでしまいます。
近距離の普段のデートのように自然体で望むことが重要です。

この2つを心に秘め、私は2年半の遠距離恋愛を乗り越え、結婚することができました。

この場合、乗り越えたのは会えない辛さだけでなく、恋愛関係を維持する辛さも含みます。
大変ではありますが、努力次第ではどうにかなるのではないかと思います。

具体的なビジョンや計画を共有する

私は一年間、遠距離恋愛をしていました。私が東京で彼が広島という、かなりの遠距離です。

出会いは会社全体の研修会で意気投合し、彼はグループ会社の人でした。意気投合した私たちは付き合い始め、最初から遠距離恋愛でスタートしたことになります。月に1〜2度会えるか会えないかという頻度でしたが、毎日電話をくれるマメな彼が好きで、不安になることはあまりありませんでした。

しかし、遠距離恋愛だと一緒にいる時間が少なく、将来についての話をしたり相手の生活スタイル等を知る機会がかなり限られてきます。「いつまでこの遠距離恋愛を続けるのだろう?」「いつか私たちは結婚するのかな?」「するとしたら何年先?」といった、未来への漠然とした不安が渦巻くようになりました。

こんな時、遠距離恋愛から結婚した先輩から聞いたアドバイスは、『思っていることは素直に伝えて、結婚するのか?結婚する気があるなら、いつまで遠距離恋愛を続けるかなどふたりで計画を立てる』ということでした。

確かに、彼に結婚する気がないのなら遠距離恋愛を続けても無駄だという気持ちもあり、はっきりさせたいと思っていました。また、いつまでこの遠距離恋愛を続けるのだろうかという疑問はいつも心にあったので、結婚までの目処や計画性があれば不安も消えると思い、そのアドバイスにとても納得した記憶があります。

実際にアドバイスを実行し、不安に思っていることを直接彼に話しました。すると、彼は結婚を考えていること、私が望むならいつでも結婚していいと思っているし、こちらに来てくれるならすぐにでも同棲を始めたいと思っていることを知ることができました。それを聞いた時はとても嬉しかったです。

私も東京で仕事をしていたし親にも相談したかったのですぐに動くわけには行かなかったのですが、それでも話してからは結婚に向けた話ができるようになり、ふたりで計画を立てたりとトントン拍子で話が進みました。

それから少し時間は経ちましたが、今では地元を離れ、彼と幸せな結婚生活を送っています。遠距離恋愛で将来に不安を抱えている方には、その不安を素直に相手に相談することをおすすめします。

関連記事:

ネットで知り合った人と付き合う恋愛はアリ?遠距離の場合の付き合い方

彼氏や彼女は海外住み!外国に転勤、留学中の恋人との遠距離恋愛を続けるコツ

遠距離恋愛は不安でもう無理!会いたい、辛い気持ちになった時に読んでほしい体験談

【遠距離恋愛で彼氏に二股された女性の体験談】兆候や特徴

【お金がかかる遠距離恋愛】交通費の負担は折半?

遠距離恋愛でのメールやラインの連絡頻度や内容

【大学卒業時に今の彼氏や彼女と遠距離恋愛になる】別れる、付き合う、どっちが良い?

遠距離恋愛が上手くいかない人必見!経験者から学ぶ上手くいくコツ

【遠距離恋愛でも続く方法、長続きするコツ】浮気,喧嘩,連絡頻度の不安も解消

遠距離恋愛で彼女や彼氏と会えなくて寂しい、悲しい時にすること

【大学生の遠距離恋愛体験談】お金がなくて会えない不安や悩みを解消

【彼氏や彼女と仕事の転勤で遠距離恋愛に】別れ?結婚?の決断