【学校、塾、習い事の先生との恋愛】人妻や学生が男性教師を好きになり恋した実話

彼氏よ恋

学校、塾、習い事で女性は思いもよらぬ出来事にぶち当たってしまいます。

それは、

「先生との恋」

“いやいや・・・私は旦那がいる既婚者だし、他の男性に恋をするなんて絶対にない。そもそもそのようなドラマちっくな出会いがあるわけない”

と思いがちですが、そのようなトキメキはある日突然やってくるものです。

それは、新しい先生がやってきたときかもしれませんし、あなたが気弱っていた時に声をかけてくれた瞬間かもしれません。

いったいどのような時に先生との恋が発生し、その後どういう展開になっていくのでしょうか?

ここでは実際先生と恋に落ちた女性の体験談をご紹介します。

1.高校の先生と内緒で付き合っている女友達の恋愛話

大学時代の女友達は、知り合った当初は彼氏のことをあまり友達に話してくれませんでした。きっと訳ありな人なんだろうと思い、こちらも無理には聞きませんでした。しばらく時間がたち、友達としての絆のようなものも生まれてから少しずつ、彼女は私たちに今の彼氏のことを話してくれるようになりました。

実は、高校の先生と付き合っているとのことでした。

自分が高校生の時から、通っている高校の先生と付き合い始めたという話なのです。私たちは、本当に驚きました。ドラマのような映画のような、そんな話が現実にあるのかと、本当に実在するのかとびっくりしました。

しかし彼女はもちろんですが、そのことをずっと誰にも言えないまま今まで心に隠しておいたらしいのです。バレてしまったら先生はクビになること間違いなしです。学校や保護者や、社会全体にとって大問題になるかも知れません。とにかく絶対にバレてはいけない恋でした。

きっとデートなど、ものすごく気を遣って苦労しているのだろうと思います。不倫をしているわけではなく、独身の先生ですが、それでもやはり
周りの目は厳しいと思います。彼女のことがちょっとかわいそうにも思えました。好きな人と一緒にいたいという、たったそれだけの当たり前のことが自由に出来ない環境は、辛いだろうなと思いました。

先生の方も、苦しんでいたようです。彼女のことが好きな気持ちに変わりはないけれど、やっぱり付き合うのは辞めた方がいいと、先生から言われたそうです。お互いに好きなのに、別れなければならないって、残酷な話ですね。

そして、しばらく会うのはやめようと言われ、今はずっと会えない時間を過ごしていると寂しそうに言う彼女は、とても辛そうでした。

他の人を好きになれば良いと、先生も彼女もそう考えて他の人に目を向けてみるチャレンジをしてみたそうですが、辛さが増すばかりだったそうです。やはり、お互いの気持ちは変わらず、逆に、自分たちの気持ちが本物であることを思い知らされたことになったらしいです。

結局、一大決心をして、先生は彼女のご両親にご挨拶に向かいました。

自分の身分を明かし、申し訳ないと心から謝り、そして生半可な気持ちではないことを伝え、将来結婚させて欲しいと、挨拶をしてくれたそうです。

ご両親もびっくりしたようですが、先生の熱意が伝わり、交際を認めてくれたそうです。それから2年後に、彼女は先生と結婚をしました。

今でも幸せに暮らしています。このようなケースはきっと稀だとは思いますが、実際にあるのだと私も驚いています。

2.小学校の先生との恋

%e5%85%88%e7%94%9f%e6%81%8b

私の友人の恋愛中の悩みです。

その友人は40代前半の既婚女性。16歳で結婚し夫と娘3人と幸せそうに暮らしていたそうです。

彼女は早くに結婚したので娘達はすでに成人し、学校の給食のスタッフとして働いていました。そこへこれまた少し年下の教員が転任して来て、校内で時々話をする様になり次第に親しくなり外でも会う様になったそうです。

そんなある日、教員である彼の奥さんが赤ちゃんを連れて学校に乗り込んで来て、彼に問い詰めたそうです。それだけではありません、友人の彼女の夫の所にも行って、奥さんが浮気をしていると告げたそうです。夫からは家を追い出され、娘達からは口も聞いて貰えず、彼も奥さんから追い出されて二人でバンで暫く生活をしていたそうです。

こんなショッキングな事もあるので、もし奥さんがいるのかも、子供がいるのかもと心配になったら怖くても早くはっきりさせた方がいいと思います。

延ばせば延ばすほど傷が大きくなりますからね。

3.旦那と違うタイプの習い事の先生

%e5%85%88%e7%94%9f%e5%a5%bd%e3%81%8d

結婚という契約を交わした相手と、生涯にわたって恋愛状態でいられるならそれにこしたことはありません。

ただ、私たちは感情を常に同じ状態にキープできる機械的存在ではなく、生存本能や生殖本能といった「本能」によって、自分の意思とははからずも全くことなった恋愛に心を乱されてしまうことがあります。

子育てに疲れた若い母親が、ある時突然、夫以外の男性に強烈に惹かれて恋に落ちてしまう…という現象についても、一度子どもを産んだ後に「別の男性による、異なった遺伝子を持つ子を持ちたい」という、原始的な生殖本能に基づいている、とする説があります。

つまり、恋の意識や感情は、人間が歴史の中で積み重ね育んできた理性の部分とは、時折かけ離れて、どうにもならないほどに暴走することがあるということです。

ですが私たちは原始時代に生きているわけではありません。この感情に飲み込まれ、既存の家庭を崩壊させるような真似は本来なら理性によって抑え込まれるべきなのですが、それを踏み外すから『不倫』はマイナスのネガティブなイメージで迎えられるのでしょう。こういった本能による生殖欲求を引き金とした婚外の恋は、現代人たるもの理性の力でどうにかして調節し、どこにも迷惑をかけずに済ませたいものです。特に、既存の家庭に何の不満もないのであればなおさらでしょう。

私の知人に、軽い育児うつに悩んでいる女性がいました。

ところが久しぶりに会うと、やたらに顔色がよく、健康そうなのです。ですがどこか悲哀を含んだ表情をしているのでわけを尋ねるた所、「実は、最近始めた習い事の先生を好きになってしまった」と涙ぐみました。

夫のことも子どものことももちろん大切なのに、どうして自分がこんな感情を持ったのかよくわからない。先生は夫とは正反対のタイプで既婚者、よく知りもしないけど、とにかく技量がすごくて憧れているうち、そんな感情を抱いてしまった…そう告白されました。

彼女の恋はまさに、本能がさせた恋だと思われます。ですが、真面目な彼女はその恋を成就させたいと願うわけではなく、とにかくその感情に困り果てているのでした。ですが一見してわかるように、彼女はこの恋のおかげで再び心身の活性化に成功したのです。育児うつから抜け出し、若々しく健康な取り戻しました。

彼女の場合、自分の感情を無理に否定しなくてもよいのではないでしょうか。家庭を壊すような無茶をする気は全くなく、ただ先生のそばにいると嬉しいという柔らかな好意です。夫に打ち明けでもしない限りは、誰かを傷つけるようなことはないでしょう。胸のうちにしまっておいて、そうして自分だけが暖まる恋なのですから。映画俳優や若手アイドルに胸がときめくのと同じことです。そうして自分を磨き育て、家庭をより幸せな場にするための、養分として活用するべき感情だと思います

4.講師と生徒、立場を越える恋愛

以前塾の講師をしていた時の話です。

これは本来立場上許されない関係の相手に恋をしてしまったとき、どうするべきかを個人的な経験から書いています。

当時勤めていたのは個別指導の塾で、一対一で講師と生徒がマンツーマンで指導していくタイプでした。僕が担当していた生徒は高校三年生、大人しめですが非常に真面目で頑張り屋の生徒。彼女は当時に目指していた大学は、その時の彼女の偏差値的に正直合格は厳しいレベルでした。

でも彼女の熱意は本物で、周囲の講師や塾長は他の大学を勧めていましたが、僕は彼女のその熱意に打たれて、自分の責任で目標の大学を目標とすることを周りに納得させました。

そこから受験まで二人三脚で頑張るうちに、明らかにお互い惹かれあっていることを感じ始めたのです。

しかし当然それは許されない恋愛です。

時が過ぎていき、お互いの気持ちを隠しながら、でも伝わってほしいという矛盾を抱えて受験までの迎えます。恋愛のことを抜きにしても、彼女のそれまでの頑張りを見ていた僕は、受かってほしいという気持ちでいっぱいでした。

結果は合格。

精一杯の気持ちを込めて、彼女におめでとうという言葉を伝えました。涙をいっぱいにためた目で、それでも笑って僕にありがとうと言う彼女を見て、これ以上自分の気持ちを隠すことができないと思いました。

でも、仮の彼女がここを卒業し、社会的にも立場的にも講師である僕と付き合うのは非常に困難です。彼女もそれをわかっていたのか、合格後に連絡先を交換して、メールで僕らが結ばれるための困難さを話してきました。

明らかに両思いなのに、というもどかしさがありました。

多くの人はここで諦めると思います。そうすれば困難もなくこれまで通りの生活が送れるし、面倒もないでしょう。もちろんそれも間違った選択ではないですし、社会人としてはその方が普通なのでしょう。

しかし恋というのはそんな風に理性や損得で割り切れるものではないと思います。そんなことで諦めて、大人として冷静な決断ができるなんて、真の恋愛ではないのではないでしょうか?

こうした立場による恋愛の壁を越えるには、今あるものを失う覚悟を持つしかないと思います。そう考えた僕は、講師の仕事を辞めたのです。別の仕事に就き、彼女と真剣に向き合う覚悟を決めました。

もう立場に基づく縛りはありません。

もう以前の同僚とは会えないけれど、僕は満足でした。きっと大人の判断をしていたら、ずっと後悔していたことでしょう。立場を越えた恋愛をするとき、こうして今あるもの、その立場を失う、捨てる覚悟を決めて、その恋愛に挑むのが成就のコツではないかと思います。

それが正しいかはわかりませんが、どっちにしろ後悔や試練はあるものなので、今好きな人と共にいるかどうか、それを基準に選んでみてもいいのではないでしょうか。

5.好きな高校の先生との距離の詰め方

自分が通う高校の先生を好きになってしまった。告白したいけれど、そんな勇気がないし、勇気があったとしても、先生に迷惑がかかる。そもそも、生徒なんて、恋愛対象じゃないかもしれない。

と、二の足を踏んでいる人もいますよね。でも、好きな気持ちは止められない!

そんな方へ、高校時代の教科担任とお付き合いしている私の友人の実話をもとに、アドバイスさせていただきます。

いきなりの告白は絶対にNGです!

先生は、教え子は教え子、異性として見てはいません。見てくれていないので、いきなりの告白は成功しません。

そして、先生にも迷惑がかかってしまいますね・・・。

先生の担当する教科で良い成績をとることやわからないことは、積極的に聞きにいくなど、まずは、自分の存在をアピールすることが大切。

ここで注意したいのは、わかりやすい恋愛アピールは避けること!あくまでも、いきたい大学に行くために、より良い成績をとるために、と、まじめな学生という立ち位置が、適切です。

下手に恋愛アピールすると、先生のほうが意識してしまって、きっぱりと距離を置かれてしまいます。

さて、卒業の時期でも、告白はNGです。卒業したといえど、まだまだ生徒としてしか見てもらえません。

お世話になりました、というお礼を伝えて連絡先を入手しましょう。何も電話番号やLINEでなくても大丈夫です。

むしろ、電話番号やLINEのほうが先生が警戒して、教えてもらえない可能性が高いです。

住所を教えてもらえたらラッキーぐらいな気持ちで挑みましょう。住所ぐらいなら、あっさりと教えてもらえますよ。

さて、連絡先を教えてもらえたら定期的に、絶えず、先生と接触することが大切です。

折に触れて、近況報告しつつ先生をいたわる文言を入れるのも良いですね。

そして、卒業して最初の夏休みのころぜひ、会ってみてください。

高校時代とは違う、ちょっと大人っぽい華やかなメイクをして、違う印象を出しましょう。

一生徒、としてしか見ていなかった先生もほんの少し、大人になった様子を見せると次第に異性として見てくれるようになりますよ。

意外に、教え子と結婚している高校の先生は多いそうです。

先生と付き合うことは、絶対に無理ではありません。ですが、焦らないで!

先生にご迷惑をおかけしないように、じっくり、じっくり生徒と教師、という関係から抜けだしていきましょう。

6.塾に先生が好きなのは恋?それとも尊敬?

私が中学2年生の時、当時通っていた塾の先生に恋なのか尊敬なのか、どちらかの気持ちを抱き困惑したことがあります。

よく学校や塾の先生、または自動車の教習所の先生に恋をしてしまったという話をよく聞きますが、時が経ってよく考えてみると本当に好きだったのかと思うこともあるのではないかと思います。

それは知識が豊富で博学、皆をまとめ上げるリーダーシップや分け隔てなく気遣いをしてくれるそのようなところに恋をしたのか、それとも自分にないものを持ち合わせた人への尊敬という気持ちなのかわからなくなる瞬間が、先生を好きになった方なら誰でもあるのではないでしょうか。

私自身も先生に対する想いが恋なのか尊敬からくるものなのかわからず悩みました。

塾に行き、先生に会い、その姿を見るだけでドキドキと胸が高鳴り、先生の声を聞いたり、黒板に向かって字を書く一つ一つの動作やしぐさを見ていても、ポーっとしてしまいました。その時から急に意識するようになり、先生とろくに会話もできなくなるほどで、目が合うのが楽しみのような恐いような曖昧な気分になりました。

しかし、そのような状態が続いても本当に好きなのか自分でもよくわかっていませんでした。

また、男女問わず人気の先生でしたので好きや尊敬の気持ちを持つ子も多かったのではないかと思います。私の友人は先生を好きになりその気持ちを隠していました。そのことを知ったときは、もやもやした気持ちが胸に広がったのを覚えています。

その時、わからなかった気持ちが私はもしかして友達に嫉妬しているのではないかと感じ、先生に対する気持ちが好きなのだと実感しました。

先生に対して好きなのか尊敬なのかわからない時は、知り合いや友達が先生を好きかもしれない、取り合うかもしれないと考えてみると気持ちがはっきりすると思います。

嫉妬を覚えたら先生をとられたくないという気持ちですから好きという気持ちであり、友達の想いを肯定するような気持でしたら先生に対する想いは尊敬であることがわかります。先生を好きなのか尊敬なのかわからない時はぜひこの方法を試してみてください。

9.中学校の男性教師、先生のことが好きになった中学生の女の子の恋愛話

私が中学2年生の時、13歳年上の独身の担任の先生を好きになりました。

他の科目もそうですが、先生は英語の先生だったので特に英語は必死になって勉強しました。おかげで、私も先生もビックリするぐらいテストの点数が上がりました。

その頃から先生は、放課後私に勉強を教えてくれるようになりました。

また、業者からの試供品ですが、参考書や辞書・問題集などを私にくれるようになりました。これぐらいのことなら、他の生徒にもよくやっていることだと思います。

さらに、先生が出張で京都の修学旅行へ行かれた時に、私だけに刺繍が縁どられているメモ帳を買ってきてくれました。その時はさすがに驚きましたが、とても嬉しかったです。

また、剣道部を指導している先生を待ち伏せしていると、先生のポッケトマネーを渡され、「剣道部員と私の分のアイスを学校近くのお店で買ってきて。」と頼まれました。別に私は剣道部のマネージャーではなかったのですが。

英検の授業料も私が知らないところで出してくれていたようで、しかも受験番号が学校の中で1番目でした。

中学校卒業後も、私は頻繁に先生に会いに中学校まで足を運んでいました。

「何日に学校に行きます。」と連絡すると、日・祝の部活動のない日も必ず先生は学校に来てくれました。中学校でですが、食事もご馳走になったことがあります。何度か職員玄関を2人だけで出てカギを閉める、ということもありました。そうなんです。学校の校舎には、本当に先生と私の2人きりだったのです。

だからと言って、別にやましい関係になったことはなく、キスもしたことはありませんでした。このままの関係を続けていければ、きっと良い関係になっていたと思います。

でも、先生は私が高校を卒業するのを待って、実家のある500キロ以上離れた中学校に転勤されました。先生のお父様は地元の中学校の校長先生だったのです。また、私の親もとても厳しい人でした。もしかしたら、私との付き合いは立場上とても難しかったのかもしれません。

結局、場所的に離れてしまったこともあり、先生とは自然に会わなくなってしまいました。

でも、それ以降、私は先生以外本気で男性を好きになったことがありません。私が悪者になれば良い、先生がなかなか踏み切れないなら私が周りを気にせず強引にでも先生の後を追っていたら、と思うと少し後悔してしまいます。

それにしても、不倫でもなし、ましてや体の関係もないのに、先生と生徒の恋愛ってそんなにいけないことなのでしょうか?別に悪いことではないと思うのに…。本気で好きなら思い切りも大事なのかな、思います。

最後に不倫の危険性(リスク)

運命の相手というのは、何も独身の頃だけに現れるものではありません。結婚していても素敵な男性を見かけると、つい心が揺れ動いてしまうものです。

ここでは許されない禁断の既婚者の恋愛の悩みについて、解消するためのアドバイスをご紹介します。

1.リスクの高さを認識する

どちらか一方が既婚者である、または2人とも既婚者である場合、恋愛をするにはリスクが付いてまわることを忘れてはいけません。

万が一、相手や自分の家庭に関係がバレたら離婚だけでなく裁判沙汰になる可能性があります。子供が居れば精神的トラウマを植え付けることになるかもしれないし、離婚後は養育費の支払いなども発生してきます。

恋愛は甘い夢を見ているような感覚ですが、結婚は現実的なもので成り立っている為、両立するのは難しいといえるでしょう。好意を持ってしまうと想いを伝えたくなりますが、出来れば心の中に留めておくべきものだと思います。もしも交際中ということであれば、離婚を視野に入れていない限り、早めに関係を終わらせる方向に持っていくべきです。

2.三年後に関係が続いているか予想する

既婚者の恋愛というものは一過性であることがほとんどです。何十年も長く続けているケースは少ないと思います。ほんの出来心で始まった恋は、予想よりも早く終結するパターンが多数なのです。お互いにどれだけ好意を抱いていても、家庭を壊す気がないのであれば、いずれ煙のように立ち消えてしまうものです。

このまま関係が続くかどうか不安になったら、三年後にまだ一緒に居るかどうか予想してみてください。男女の仲は三年おきに区切りがつくというジンクスもあります。予想してみて相手の顔が浮かばなければ、高い確率で別れが待っていると判断して良いと思います。続かないと分かっているのにリスクを負ってまで恋を求めるのは、責任が伴っていないので誰かを傷つける前に別れたほうが良いのです。

結婚していても予想もしないタイミングで恋心に火がつくこともあります。恋愛をするのは素晴らしいことですが、既婚者に関しては悩みが尽きず苦しい想いのほうが大きいかもしれません。誰にも言えずに悩んでいるなら、アドバイスを参考にもう一度心の整理をしてみることをお勧めします。

不倫の関連記事:

【既婚女性(人妻)と既婚男性との不倫体験談】関係を上手く保つための方法

旦那(夫)の携帯を見て不倫、浮気(二股)を発見!私が許す考えに至った理由

知らずに付き合った男性が結婚している既婚男性だった不倫体験談

女性が不倫をする理由は?実際に独身女性が既婚男性と不倫した体験談